ニュース
» 2010年01月28日 13時50分 UPDATE

サイボウズとMSの提携に進展 CRMとグループウェアの同期サービスを提供へ 

サイボウズ総合研究所とマイクロソフトは、2社が提供するCRMとグループウェアのスケジュールを同期するサービスを4月1日に提供すると発表した。2009年9月の業務提携が進展した形だ。

[藤村能光,ITmedia]

 サイボウズ子会社のサイボウズ総合研究所は1月28日、マイクロソフトのCRM(顧客関係管理)「Microsoft Dynamics CRM」とサイボウズの大規模企業向けグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」のスケジュールを同期するサービスの提供を、4月1日に開始すると発表した。価格は50人が利用する場合、110万円。

 新サービスの名称は「サイボウズ ガルーン スケジュールSYNC for Dynamics CRM」。Dynamics CRMおよびガルーン 2に入力したスケジュールを、「Microsoft SQL Server 2008」を介して同期する。利用者はCRMとグループウェアへのスケジュールの重複入力を省ける。Active Directoryによる利用者の一元管理やシングルサインオンの機能も提供する。

サイボウズ ガルーン スケジュールSYNC for Dynamics CRMのイメージ サイボウズ ガルーン スケジュールSYNC for Dynamics CRMのイメージ(出典:マイクロソフト)

 サイボウズとマイクロソフトは2009年9月に業務提携し、「Microsoft Office SharePoint Server」を開発基盤にした新しいグループウェアを開発すると発表した。新サービスは、CRMとグループウェアのスケジュール連係を望む企業の要望を反映させたものであり、業務提携による新サービスの開発が進展した格好だ。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -