ニュース
» 2010年02月17日 07時58分 UPDATE

Adobe ReaderとAcrobatの更新版がリリース、深刻な脆弱性に対処

Adobeはユーザーに対し、脆弱性を修正したReader/Acrobat 9.3.1またはReader/Acrobat 8.2.1にアップデートするよう呼び掛けている。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは2月16日、予告通りにAdobe ReaderとAcrobatの更新版をリリースし、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 Adobeのアドバイザリーによると、今回の更新では、ドメインサンドボックスをかわして不正なクロスドメインリクエストをできてしまう脆弱性と、アプリケーションをクラッシュさせて攻撃者にシステム制御を可能にさせてしまう恐れのある脆弱性を修正した。いずれも危険度は4段階で最も高い「Critical」となっている。

 脆弱性が存在するのはAdobe Reader 9.3までのバージョン(Windows、Macintosh、UNIX版)とAdobe Acrobat 9.3までのバージョン(Windows、Macintosh版)、およびAdobe Reader/Acrobat 8.2までのバージョン(Windows、Macintosh版)。

 Adobeはユーザーに対し、これら脆弱性を修正した更新版のReader/Acrobat 9.3.1またはReader/Acrobat 8.2.1にアップデートするよう呼び掛けている。更新版は、デフォルトで有効になっている自動更新機能を使って入手できる。

関連ホワイトペーパー

Adobe Systems(アドビシステムズ) | Acrobat


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -