ニュース
» 2010年03月03日 15時30分 UPDATE

ソフォス、2012年7月までのWindows 2000サポートを表明

ソフォスは、7月にマイクロソフトのサポートが終了するWindows 2000について、2012年7月までウイルス対策製品のサポートを継続すると表明した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のソフォスは3月3日、マイクロソフトのサポートが7月13日に終了するWindows 2000について、2012年7月31日までウイルス対策製品「Sophos Anti-Virus」でのサポートを継続すると表明した。

 サポート対象とするのは、Windows 2000 Service Pack 3および同4。Sophos Anti-Virusは、Sophos Endpoint Security and Control、同Security and Data Protection、Sophos Anti-Virus サーバーライセンスに含まれるという。

 今回の対応について、同社では企業でのWindows 2000からほかのOSへの移行が遅れている実情があり、緊急措置だと説明。マイクロソフトのサポートが終了するまでに、なるべく早期に移行してほしいとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -