ニュース
» 2010年03月09日 16時32分 UPDATE

日本PGP、暗号鍵と証明書を一元管理する新製品を発表

日本PGPは、暗号鍵や証明書を一元管理するための「PGP Key Management Server」を発表した。

[ITmedia]

 日本PGPは3月9日、PGP暗号の暗号鍵や証明書を一元管理するための新製品「PGP Key Management Server」を発表した。併せて既存の暗号化製品群のバージョンアップを実施した。

 PGP Key Management Serverでは、非対称鍵や対称鍵、独自形式の鍵の各種暗号鍵や、KMIPおよびOPAL、IEEE 1619.3、PKCSなどのプロトコルをサポートする。また、SSLやVPNなどの各種証明書のプロビジョング、ライフサイクルの管理などを一元的に行える。

 既存製品群では、バージョンアップとなる「PGP Universal Server 3.0」「PGP Desktop 10.0」「PGP Whole Disk Encryption Workgroup Edition 10.0」「PGP Command Line 10.0」を発売。サーバ製品では拡張性の強化、クライアント製品ではプラットフォームの拡張や拡張性の強化などを図ったとしている。

関連キーワード

PGP | 一元管理 | 暗号化 | ライフサイクル


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -