ニュース
» 2010年03月24日 13時28分 UPDATE

NEC、Webアプリケーションの脆弱性診断サービスを拡充へ

診断で発見された脆弱性を一時的に保護するなどの新メニューを追加した。

[ITmedia]

 日本電気(NEC)は3月24日、従来から提供しているWebアプリケーション脆弱性診断サービスに新メニューを追加し、4月から順次提供すると表明した。

 新メニューは、再診断セットと脆弱性対応ソフトウェアの適用の2つ。再診断セットでは、1年以内に2回以上の診断を受ける顧客を対象に、2回目以降の再診断1回分の料金を初回診断の半額するもので、4月5日に始める。

 脆弱性対応ソフトウェアの適用では、診断で見つかった脆弱性を、NECが独自開発した脆弱性対応ソフトウェア「IncidentArmor」で一時的に保護する。提供開始は7月7日。両メニューとも価格は個別相談で対応する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -