ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セキュリティ診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セキュリティ診断」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:あなたのWebサービスは本当に安全? 手軽に使える脆弱性診断ツール「VAddy」でWebの健康診断
(2020/9/23)

脆弱性対策・管理入門(終):
脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来とは
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。最終回は、脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来について。(2020/7/21)

PR:「侵入されている前提」で考えるセキュリティ診断のあり方──脅威が既にそこにあるとしたら
(2020/6/24)

「自社で脆弱性診断」をかなえられる
「脆弱性診断をしたくてもできない」予算や専門家不足はどうすれば解消できる?
Webアプリケーションのセキュリティ対策はますます需要が高まっており、最近では提供側が「脆弱性診断実施の有無」を問われることも少なくない。客観的基準に即した説明体制を、限られた予算と人材の中で実現する方法とは。(2020/4/13)

ビルシステムのセキュリティ:
経産省ガイドラインに準じ、内外部からのサイバー攻撃に対応した三菱電機の「OTGUARD」
三菱電機は、ビルシステム向けのサイバーセキュリティソリューションの提供を開始した。経産省が2019年6月に策定したビルシステムに関するサイバーセキュリティのガイドラインにも準じ、外部からだけでなく、過失や故意による内部脅威も含めたサイバー攻撃の防御策として有効で、システムの脆弱性診断から改善提案までをワンストップでサポートする。(2019/10/4)

なぜ、セキュリティを意識したサイトでも「認証に不安が残る」のか
セキュアスカイ・テクノロジーが、Webサービスの認証を取り巻く「攻撃」と、それに付け入れられる隙となる「脆弱性」の実態を紹介するセミナーを開催。積極的に脆弱性診断を受けるほどセキュリティに気を配っているサイトでも、不備が多々見つかったという。(2019/9/27)

半径300メートルのIT:
「偽メールかどうかのチェック」よりも重要? “1億総脆弱性診断”NOTICEの結果通知を開く前に見直すべきこと
東京五輪のチケット抽せんや、総務省主導の脆弱性チェック「NOTICE」の結果通知について、“当局を装った偽メール”に注意を呼び掛ける報道が相次いでいます。攻撃に対抗するために、ユーザーにできることをまとめました。(2019/6/18)

IoTセキュリティ:
IoT機器をサイバー攻撃から守るセキュリティ対策サービスの提供開始
テュフ ラインランド ジャパンは、サイバー攻撃からIoT機器を守る「IoT機器セキュリティ対策サービス」の提供を開始した。セキュリティ診断、IoT機器のGDPR対応などを通じて、IoT機器のセキュリティレベル向上を支援する。(2019/3/5)

IoTセキュリティ:
IoTファームウェアをサイバー攻撃から守る、脆弱性診断プラットフォーム
ソリトンシステムズは、Refirm Labs製のファームウェア脆弱性自動診断プラットフォーム「Centrifuge」の提供を開始した。ソースコードなしで脆弱性を自動解析し、詳細な診断レポートを作成。脆弱性を発見した場合は、重大度に応じた警告をする。(2019/2/13)

@ITソフトウェア品質向上セミナー:
静的検査ツールの弱点だった過剰検知を、機械学習で補正する――テクマトリックス
@ITは2018年12月14日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー」を開催した。本稿ではテクマトリックスの講演「ソースコード診断で手戻りを防ぎ、開発スピードを早めるためのヒント〜開発ツールとの連携による脆弱性診断の早期発見と自動化〜」の模様をお届けする。(2019/2/5)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
インシデントの芽をつぶせ 脆弱性診断のプロが語る、企業セキュリティの“よくある盲点”とは
さまざまな企業の脆弱性診断を重ね、現在はさくらインターネットのCSIRTも運営するゲヒルン。創業者の石森氏が、インシデントの被害抑止に役立つ企業セキュリティの“盲点”をどう見つけてきたかを語った。(2019/1/15)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
企業のIoT環境を守る切り札? 「脆弱性スキャナー」「ゼロ・トラスト」「暗号化」3つのツールを紹介
IoT化やクラウド化が進む一方、ますます高度化するサイバー攻撃から企業を守る、有効なセキュリティ対策とは? 脆弱性診断ツールで知られるテナブルをはじめ、セキュリティ製品を手掛けるアカマイ、キヤノンITソリューションズから、専門家が講演を行った。(2019/1/11)

情シスも開発者もWebデザイナーも使える
Webサービスの安全性を底上げする脆弱性診断、誰でも手軽に実施できる時代に
自社のWebサービスやWebアプリケーションの安全性を高める必要性は理解していても、開発スケジュールや予算の制約で脆弱(ぜいじゃく)性診断を行うのは容易ではない――この前提を覆し、時間や費用を抑えた診断ができるとしたら?(2018/11/6)

本当に安全か Hyperledger Fablicに潜む「不正な操作」を行える可能性
米Synopsysがセキュリティ診断ツールを使って「Hyperledger Fablic」を解析。残念ながらいくつかの問題が明らかになったという。エンタープライズブロックチェーンを安全に運用するためには「これまでのITセキュリティトピックから学ばなければならない」と同社は指摘する。(2018/10/30)

車載セキュリティ:
大手サプライヤーとIT企業の車載セキュリティ協業が進む、デンソーと野村総研も
デンソーと野村総合研究所子会社のNRIセキュアテクノロジーズは、車載電子製品のセキュリティ診断を中心としたサイバーセキュリティ事業を行う共同出資会社を設立することで合意した。(2018/9/28)

NRIセキュアテクノロジーズ:
LPWA、LTEなどの無線通信を対象にしたセキュリティ診断サービスを開始
NRIセキュアテクノロジーズは、IoT分野で活用が進むLPWAやLTE、Bluetoothなどの無線通信を対象にした、セキュリティ診断サービスの提供開始を発表した。(2018/7/30)

つながる工場と高まるリスク:
PR:生産ラインが止まるかも!?「つながる工場」のリスクに対処するIoTセキュリティ診断とは?
山積する製造業の課題解決として、「つながる工場」が注目されている。しかし、その代償として高まるのが、「稼働停止につながるウイルス感染」に代表されるセキュリティリスクだ。ラックでは、IoT機器に特化したセキュリティ診断サービスを開始し、その解決を図ろうとしている。(2018/5/31)

認証を受けた状態と認証を受けない状態を比較
Windows脆弱性スキャンで“見えなかった欠陥”が見えるようになるチェックリスト
Windowsの脆弱性をスキャンする場合、IT担当者はあらゆる角度から確認できるよう、認証を受けた状態と認証を受けない状態の両方でスキャンを実行する必要がある。(2018/2/3)

1人で脆弱性試験ができる:
Raspberry Piでホワイトハッカー育成、スペクトラム・テクノロジーが「ホワイトハッカ育成ツール」を発売
スペクトラム・テクノロジーは「ホワイトハッカ育成ツール」を発売した。ポートスキャンやWebの脆弱性診断、パスワードクラッキング、ハッキングなどの各種ソフトウェアを備え、ホワイトハッカーの育成ツールとして使用できるという。(2017/10/10)

SCSKとベリサーブが提供する、ソースコード診断サービスの狙い:
PR:「ものづくり」においてもソフトウェアが重要な今、ソースコードに「品質」プラス「セキュリティ」で企業の価値向上に
10年以上にわたって脆弱性診断サービスを提供してきたSCSKと、そのグループ会社で、製造業を中心にソースコードの品質検査サービスを実施してきたベリサーブ。両社はFortify SCAといった診断ツールを活用してソースコードの脆弱性検査サービスを提供し、ソフトウェアがもたらす価値をさらに高めようとしている。(2017/8/17)

「スマートコントラクト」の脆弱性を診断:
NRIセキュアテクノロジーズ、国内初の「ブロックチェーン診断サービス」を開始
NRIセキュアテクノロジーズが、ブロックチェーンを対象としたセキュリティ診断サービスを開始。「改ざんが困難」とされるブロックチェーンだが、穴がないわけではない。まず「スマートコントラクト」の脆弱性を診断するメニューを用意した。(2017/7/5)

PR:現状のサイバーセキュリティ対策で大丈夫? セキュリティ診断でチェック
サイバー犯罪の中身は、時代と共に変化している。先日話題になったランサムウェア「WannaCry」のように、ある日突然未知の攻撃が爆発的な勢いで増えることもある。(2017/6/1)

脆弱性をレポートで報告:
「EC-CUBE」特化のECサイト脆弱性診断サービス、ロックオンとHASHコンサルティングが提供
ロックオンは、セキュリティ企業のHASHコンサルティングと協業し、「EC-CUBE」のユーザー向けに「EC-CUBEセキュリティ診断サービス」の提供を開始した。(2017/2/10)

セキュリティのアレ(37):
「セキュリティ診断」を受ける前に知っておきたい基礎知識
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第37回のテーマは「セキュリティ診断」です。業者にお任せにせず、セキュリティ診断を賢く受けるためのポイントを解説します。(2016/11/7)

無償の診断サービスで解説
セキュリティ第一人者が伝授──Webサイトの「脆弱性診断レポート」はこう読み解くべし
Webサイトの脆弱(ぜいじゃく)性を見つけ出す「脆弱性診断サービス」。Webセキュリティの第一人者、HASHコンサルティングの徳丸 浩氏が具体的なサービスを例に、その使い方やレポートの見方を解説する。(2016/4/13)

Webサイトのセキュリティ診断サービス選びを再考する
“人も技術もないWebセキュリティ診断サービス”を容易に選んではいけない理由
Webサイトの脆弱性を突く不正アクセスを受け、情報流出を招く例は後を絶たない。既にWebセキュリティ対策の必要性が指摘され、診断ツールやサービスも普及しているにもかかわらずだ。問題はどこにあるのか。(2016/3/30)

コンテナのセキュリティ対策を支援:
CoreOS、コンテナイメージの脆弱性スキャンツールの正式版「Clair 1.0」をリリース
CoreOSは、コンテナイメージの脆弱性をスキャンするオープンソースツールの正式版「Clair 1.0」をリリースした。(2016/3/22)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
特集は、今どきのSEO事情解説と、使えるWeb診断・分析サービスの紹介。さらに、話題のランサムウェア防御法を伝授する。他に、Hadoop導入事例、AirbusがHPとの長期IT契約を解除して他ベンダーを探した理由などの記事をお届けする。(2016/2/29)

同社製品ユーザー向けのセキュリティ・リスク・アセスメントサービスを無償提供開始:
オラクルの考える「データベースセキュリティ」とは
日本オラクルは2016年2月10日、Oracle Databaseユーザー向けに、データベースや周辺システムに関するセキュリティ診断を無償で行う「Oracle Database セキュリティ・リスク・アセスメント」サービスの提供を開始すると発表した。(2016/2/10)

Google、今年も「インターネット安心デー」でドライブ2GBプレゼント
Googleが「インターネット安心デー」を記念して、Googleドライブのセキュリティ診断を実施したユーザーに容量2GBをプレゼントするキャンペーンを2月11日まで実施中だ。(2016/2/10)

経営層のためのSEO再入門
SEOに今すぐ使えるWeb診断・分析サービス集
SEOに1年前の常識は通用しない。SEOの現状を簡単にまとめつつ、各社が公開しているWeb診断・分析サービスを紹介する。(2016/2/9)

「診断」をベースにWebサイトの安全性を保ち続けるコツ
今更聞けない、「脆弱性診断」とは何か? 効果的な診断の受け方とは?
Webサイトを狙ったサイバー攻撃が相次いで明るみに出る中、重要性が高まっているのが「脆弱性診断」だ。脆弱性診断とは何か。手法によってどのような違いがあるのか。徹底解説する。(2015/10/13)

ホワイトペーパー:
3000万円の個人情報漏えい損害想定賠償額をどう防ぐ?最初の1歩はセキュリティ診断から
情報漏えいや、Webサイトの改ざんニュースを目にするたびに自社のWebサイトは本当に安全なのか気をもむ情シス担当も多いだろう。本資料では、セキュリティ診断リポートの詳細サンプルを情報漏えい被害額などの最新調査情報とともに紹介する。(2015/4/3)

Googleドライブが無料で2Gバイトもらえる「セキュリティ診断」キャンペーン、2月17日まで
Googleが、Googleアカウントの「セキュリティ診断」をするだけで期限なしのGoogleドライブ2Gバイト分をもらえるキャンペーンを2月17日まで実施中だ。(2015/2/12)

脆弱性対策の“時短”をサポート、テナブルが検査ツールをバージョンアップ
脆弱性スキャンツール「Nessus」の最新版ではポリシーの自動更新などが可能になり、運用性の向上やリスクへの迅速な対応を支援する。(2014/11/20)

組織のセキュリティレベルを無料診断、トレンドマイクロがWeb診断ツール
トレンドマイクロが、企業・組織のセキュリティ対策状況をWeb上で診断できる無料ツールを公開。IT担当者が現在のセキュリティ対策実施状況に関する設問に回答すると診断結果が得られる。(2014/10/29)

従来型ペネトレーションテストを超えて:
SBT、システム内部からの侵入も想定したセキュリティ診断サービスを開始
ソフトバンク・テクノロジーは、ホスト単体の脆弱性の有無にとどまらず、現実の攻撃のシナリオを想定し、システム全体の耐性まで確認する「セキュリティ診断サービス」の提供を開始した。(2014/10/20)

日本IBM、モバイルアプリの開発・実行基盤をリリース
アプリ開発や継続的な品質改善、脆弱性診断などの機能を備えた「IBM Worklight Platform」を発表した。(2014/6/24)

一元管理ツールやパッシブスキャナなども展開:
東陽テクニカ、脆弱性スキャナ「Nessus」の国内販売を開始
東陽テクニカは2014年2月14日、脆弱性スキャンツール「Nessus」の開発元である米テナブルネットワークセキュリティ(Tenable Network Security)と国内総販売代理店契約を結んだ。(2014/2/17)

ホワイトペーパー:
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
サイバー攻撃の対象として狙われやすいのがWebサイトの脆弱性だ。Webサイトを攻撃の脅威から守るために必要なセキュリティとして、脆弱性診断やWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の選択基準と主要WAF製品/サービスを紹介する。(2013/10/17)

適切なセキュリティ対策を講じるためのはじめの一歩:
25問で診断! 自社のセキュリティ対策レベルと弱点
外部からの攻撃が多様化・高度化する中、適切なセキュリティ対策はできているだろうか? 自社のセキュリティ対策のレベルと弱点を把握するために、まずはセキュリティ診断を受けてみよう。(2013/8/1)

ホワイトペーパー:
サイバー攻撃の脅威に備える。脆弱性診断スタートガイド
Webアプリケーション診断を実施したWebサイトの内、93%が何らかの脆弱性を抱え、約30%のWebサイトで危険度の高い脆弱性が検出されている事実に、どう対処するか?(2013/7/3)

コンサルティングサービスも用意:
ソースコードの脆弱性を診断、みずほ情報総研がサービス提供開始
みずほ情報総研は、「ソースコード脆弱性診断サービス」の提供を開始すると発表した。みずほフィナンシャルグループ内で培ったソースコードの静的解析に関するノウハウを活用するという。(2013/6/18)

JPCERT/CC、制御システムのセキュリティ診断ツールを無償提供
制御システムの現場担当者が、システムのセキュリティ状態を自己診断できる。(2013/3/7)

ゲームロジック自体も診断:
ソーシャルゲーム特有の脆弱性を検査、MBSDとリンクトブレイン
リンクトブレインと三井物産セキュアディレクション(MBSD)は2月5日、ソーシャルゲームに特化したセキュリティ診断サービス「LB Check!」を提供する。(2013/2/7)

イントラの脆弱性診断と対策を提供へ、KCCSとウォッチガード
京セラコミュニケーションシステムとウォッチガードが協業し、イントラシステムの脆弱性診断と対策を展開する。(2012/12/13)

LAN診断の負荷を軽減するサービスも
【製品動向】iOS/Android対応が進む「脆弱性診断サービス」
システムに潜む脆弱性を早期に発見したい。ただし、必要なシステムを自社で用意するのは難しい。そうした企業に最適な「脆弱性診断サービス」の現状や最新動向を示す。(2012/9/7)

KCCS、クラウド型のネットワーク脆弱性診断サービスを提供
企業内ネットワークの脆弱性を可視化するシステムをSaaS型で提供する。(2012/8/7)

ホワイトペーパー:
Webアプリケーション診断実績による傾向分析とセキュリティ対策「2011年版Webアプリケーション脆弱性傾向」
2004年からWebサイトの脆弱性診断と対策を支援する「Webアプリケーション診断」を展開しているKCCSが、2010年1月〜12月に実施した約200のWebサイトの診断に基づき傾向を分析。95%のサイトに脆弱性が存在した。傾向分析結果だけではなく継続的なセキュリティ対策を紹介する。(2012/5/28)

Windowsの脆弱性対策に役立つ無料ツール【前編】
無料で使える、Windows向けパスワード解析/脆弱性スキャンツール9選
コストを掛けずにWindows環境のセキュリティ対策をするのに役立つのが、無料で利用できる脆弱性対策ツールだ。前編は、パスワードやシステムの脆弱性解析に役立つ無料ツール9個を紹介する。(2012/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。