ニュース
» 2010年04月01日 08時40分 UPDATE

JavaのアップデートをOracleが公開、27件の脆弱性を修正

OracleがJDK/JRE 6 Update 19を公開。Java SEとJava for Businessの脆弱性27件を修正した。

[ITmedia]

 米Oracleは3月30日付でJava SEとJava for Businessのクリティカルパッチアップデートを公開し、合計27件の脆弱性に対処した。

 脆弱性はImageIO、Java 2D、Java Runtime Environment、Java Web Start、Pack200、Sound、JSSE、HotSpot Serverなどのコンポーネントに存在する。危険度は最も高いもので、CVSS 2.0のベーススコアが7.5(最大値は10.0)となっている。

 影響を受けるのはJDK/JRE 6 Update 18までのバージョンと、JDK 5.0 Update 23までのバージョン、SDK/JRE 1.4.2_25までのバージョン。脆弱性を修正したのは、それぞれ更新版のJDK/JRE 6 Update 19、JDK 5.0 Update 24、SDK 1.4.2_26となる。

関連キーワード

Java | 脆弱性 | Oracle(オラクル)


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -