ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle(オラクル)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

クラウドニュースフラッシュ
「脱クラウド」に前向きな国内組織は8割超、その理由とは?
インフラの利用動向やサントリーのAWS移行、UQコミュニケーションズの「Oracle Cloud Infrastructure」導入事例など、クラウドに関する国内の主要なニュースを6つ取り上げる。(2020/11/30)

グローリーが基幹システムにOracle Fusion Cloud ERPを採用
通貨処理機の開発や製造、販売をグローバルに手掛けるグローリーは、経営基盤システムにオラクルのSaaS製品群を採用した。急変する経営環境に対応した次世代製品や新規事業の推進を目的とする。(2020/11/12)

頼りたいのは、人ではなく「ロボットやAI」:
61%が「2020年は最もストレスを感じる」と回答 日本オラクルがコロナ禍の働き方とAI利用に関する調査
日本オラクルは、コロナ禍の日本における働き方とAI(人工知能)利用実態に関する調査の結果を発表した。2020年は最もストレスを感じる年だと回答した割合は61%。メンタルヘルス支援として、人よりもロボットを望む割合が高かった。(2020/11/5)

Oracle WebLogicの脆弱性を狙った攻撃を観測 ラックが注意喚起
ラックは、Oracle WebLogic Serverの脆弱性を狙った攻撃を観測した。悪用されるとデータの改ざんや流出といった被害を受ける恐れがある。インターネットから管理コンソールへのアクセス制御を適切に設定することで影響を緩和できる。(2020/11/4)

スポーツ用品のファイテン、DB基盤をOracle Cloudに移行 受注データの取り込み時間を40分の1に
スポーツ用品などを展開するファイテンが、販売管理システムのデータベース基盤を「Oracle Database Cloud」に移行。従来は、データ量が増えるにつれて処理性能が低下していたが、移行後は受注データの取り込み時間を約10分から約15秒(40分の1)に短縮できているという。(2020/10/29)

製造IT導入事例:
高機能プラスチックメーカーが海外複数拠点にクラウド型ERPを導入
日本オラクルは、同社のクラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」を住友ベークライトが海外4拠点で導入し、マカオで稼働を開始したと発表した。(2020/10/27)

住友ベークライトがサプライチェーン管理を一元化へ OracleのクラウドERP採用
住友ベークライトは、主力事業の海外4拠点の経営基盤を「Oracle Fusion Cloud ERP」で刷新した。経営資源の一元化による迅速な意思決定や、サプライチェーンから会計に至る業務の最適化、内部統制の強化を目指す。(2020/10/15)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

今日のリサーチ:
「メンタルヘルスのサポートを人よりもロボットに頼りたい」 回答者の82%――Oracle調査
コロナ禍が世界の従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えています。問題解決に(上司より)ロボットに助けてほしい人も多いようです。(2020/10/12)

製造IT導入事例:
鉄鋼メーカーが事業継続性からDXを選択、経営管理業務の自動化を推進
日本オラクルは2020年10月6日、鉄鋼関連事業を展開する濱田重工が新規事業立ち上げに向けた経営の迅速な意思決定や社内人材の活用ができるように、クラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」とクラウド経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を導入し、2020年8月に稼働を開始したことを発表した。(2020/10/9)

Oracle Cloudから運用監視ツール登場 マルチプラットフォーム対応 ログの一元管理、分析、分散トレーシングなど可能
米Oracleが、新サービス「Oracle Cloud Observability and Management Platform」を発表。さまざまなログの収集、解析、アプリケーション監視などを行える包括的な運用監視ツール。DevOpsなどの現場で役立つとみられる。(2020/10/8)

在宅勤務の一歩先:
うるさくないの? オープンな会議室を作ったら、意外な効果 日本オラクルの革新的なオフィス
新規事業に取り組むために、社外から若手を中途採用した日本オラクル。こうした人材を集めるためには「きれいなオフィス」が必要と考え、2019年に「Oracle Digital Hub Tokyo」を開設した。どんなオフィスかというと……?(2020/10/7)

「2カ月で導入展開までを実現」 UQ WiMAXの基地局建設業務システムが刷新
UQコミュニケーションズは、日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」と「Oracle Database Cloud」を導入し、「UQ WiMAX」の基地局建設業務を担うシステム基盤を刷新。システム運用効率の向上と災害発生時の事業継続性を強化するとともに、運用/コスト効率向上を図った。(2020/10/5)

UQ、WiMAX基地局整備システムをクラウド移行 運用コスト3分の1に
UQコミュニケーションズがUQ WiMAXの「基地局建設業務システム」を日本オラクルのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」に移行する。システムの運用コストを3分の1に減らせる見込み。(2020/10/2)

オープンソース版もある:
Oracle、「Java 15」をリリース
Oracleは、「Java 15」の一般提供を開始した。新機能の「エドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズム」(EdDSA)と隠しクラスの追加など、14の主要な機能強化/変更が特徴だ。(2020/9/30)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

TikTok、米国での配信停止を回避へ Oracle・Walmartと提携、新会社「TikTok Global」を設立
配信停止騒動もやっと一段落。(2020/9/21)

TikTokとOracleの提携案、トランプ大統領が暫定的承認 TikTok Globalは米国でIPOへ
トランプ米大統領がTikTokとOracleの取引を暫定的に承認した。TikTokは世界のユーザーにサービスを提供する新会社TikTok Globalを設立し、1年以内に米国で株式公開する計画。(2020/9/20)

TikTokの米事業、Oracleが(買収ではなく)「テクノロジープロバイダーになる」と正式発表
トランプ大統領が「9月15日までに買収交渉をまとめよ」としていたTikTokの米国事業について、OracleがTikTokのテクノロジープロバイダーになると発表した。ByteDanceから米財務省への提案によるものとしている。(2020/9/15)

米紙が報道:
TikTok米国事業、買収先はオラクルに? マイクロソフトは断念
米マイクロソフトが、中国バイトダンスからTikTok米国事業をマイクロソフトへは売却しないという報告を受けたと発表した。米国では、米オラクルが買収する見通しだとも報じられている。(2020/9/14)

Microsoft、TikTok買収を断念
Microsoftが、TikTok買収で交渉中のByteDanceから、同社にはTikTokを売却しないと通告されたと発表した。9月15日までに交渉中のOracleなどの米企業がTikTok事業買収で合意に達せない場合、米国でのTikTokサービスは停止する見込みだ。(2020/9/14)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)

Oracle、「Autonomous JSON Database」発表 クラウド上のスケーラブルなJSONデータベース
米Oracleが「Oracle Autonomous JSON Database」を発表。99.995%の可用性とACIDに対応した高性能なトランザクション機能を搭載。その上でJSON形式の柔軟なデータを扱えるデータベースだ。(2020/8/20)

「Oracle Cloud VMware Solution」正式リリース 他社との違いは、オンプレミスと同様にユーザーが管理できること
米Oracleが新サービス「Oracle Cloud VMware Solution」をリリース。ベアメタルサーバ上で、仮想化ハイパーバイザーのvSphere ESXi、ネットワーク仮想化のNSX-T、ストレージ仮想化のvSANによる仮想化基盤を提供する。フルマネージドなサービスではなく、ユーザーが管理できるのが特徴。(2020/8/18)

CAEニュース:
日産、CFDや構造解析などを実行するHPC環境を「Oracle Cloud」へ移行
日本オラクルは、日産自動車がオンプレミスのHPC環境を、オラクルのIaaS/PaaSソリューション「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行を開始したことを発表した。(2020/8/17)

自社のOracle Cloud活用、決算業務をフルリモートで 日本オラクル経理部のコロナ対応
日本オラクル経理部は、コロナ禍を踏まえて3月中旬にテレワークに移行している。自社のクラウド型経営管理ツール「Oracle Cloud ERP」などを使って、決算業務もリモートで実施している。その働き方の詳細を、同社経理部のシニアディレクターに聞いた。(2020/8/14)

6大Java向けIDEを比較【後編】
「NetBeans」「JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」 4大Java向けIDEの違い
「Java」向け統合開発環境(IDE)の「NetBeans IDE」「Oracle JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」は何が違うのか。それぞれの特徴と、Java向けIDE選びのポイントを解説する。(2020/8/7)

新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【中編】
新型コロナで脚光の“格安クラウドサービス”は買いなのか?
新型コロナウイルス感染症の拡大は、クラウドサービスの料金競争に影響する可能性がある。コスト効果を武器に、AWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社を追うOracleとDigitalOceanの戦略を追う。(2020/8/4)

Oracle Cloudが丸ごと顧客のデータセンターで動く 野村総研も取り入れた、新たなITインフラの実力とは
米Oracleが7月、新サービス「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築し、社内で利用できるようにするもの。競合サービスとはどんな違いがあり、日本市場ではどんな顧客に支持されるのか。(2020/8/3)

防衛医科大、Web教材の配布をクラウドで Oracleのファイル共有サービスを1000人が使用
防衛医科大学校が、米Oracleのクラウド型ファイル共有サービスを導入。オンライン教材の配信基盤として、医学教育部に所属する約1000人の教員と学生が使用している。リモートでの教材配布やレポート提出、動画教材の共有などが可能になったという。(2020/7/30)

防衛医科大学校がオラクルのファイル共有サービスを導入 遠隔授業の環境を整備
防衛医科大学校医学教育部は、学習教材のオンデマンド配信やレポート提出向けのファイル共有基盤として、「Oracle Content and Experience」を導入した。モバイル端末からのアクセスや、自動のウイルススキャン機能を評価したという。(2020/7/30)

クラウド志向に変化?:
Oracle Cloudとデータベース、同じ機能で“オンプレ回帰”を可能にする新サービス発表の意図は
日本オラクルが「Oracle Cloud」および自律型データベース「Oracle Autonomous Database」をオンプレミス環境で使えるサービスをそれぞれ発表した。オンプレミス向けサービスを継続する意思を示しつつクラウドへの注力を進めていた同社は、クラウド向けサービスをオンプレミス環境で提供することで何を目指すのか。(2020/7/15)

明治16年創業の織物メーカー、Oracle Cloud導入 海外拠点の業績管理を効率化
明治16年に創業した織物メーカー、住江織物(大阪市)が米Oracleのクラウド型経営管理ツールを導入。海外を含む複数の営業拠点の会計管理に同ツールを採用し、月次連結業績の集計と分析を効率化する。(2020/7/14)

「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」:
日本オラクル、Oracle Cloudをオンプレミスで動かすサービスを国内発表、NRIが世界初の顧客
日本オラクルは2020年7月13日、Oracle Cloudの全機能を企業のデータセンターで運用できる新サービス、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」の国内における提供開始を発表した。野村総合研究所が新サービスの世界初の顧客になったことも明らかにした。(2020/7/13)

オンプレミス環境にクラウドリージョンを設置 オラクルが新サービスを発表
オラクルは「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。同サービスは、顧客のデータセンターに同社のクラウドリージョンを設置できるというもの。世界で初めて野村総合研究所が採用した。(2020/7/10)

Oracle、顧客専用Oracle Cloudリージョンを顧客のデータセンター内に構築する新サービス 野村総研らが採用
Oracleが「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表。顧客専用のOracle Cloudリージョンを顧客のデータセンター内に構築し、マネージドサービスとして提供するサービス。日本国内では野村総研などが採用する。(2020/7/9)

リアクティブマイクロサービスの新機能:
マイクロサービス開発用Javaライブラリ集の最新版「Helidon 2.0」をOracleが公開
Oracleは、マイクロサービス開発を容易にするオープンソースのJavaライブラリセット「Helidon 2.0」を公開した。Helidon SEとHelidon MPという2つのプログラミングモデルのいずれかを選択できる。オープンソースの「Coherence Community Edition」の提供も開始した。(2020/7/2)

スパコン「富岳」とOracle Cloudが接続 データ転送無料、連携が容易に
パブリッククラウド「Oracle Cloud Infrastructure」が、スーパーコンピュータ「富岳」と連携させて利用可能に。(2020/7/2)

小樽商科大、オンライン教材の配信基盤に「Oracle Cloud」導入 2000人超の学生が使用
日本オラクルが、小樽商科大学に「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を提供。同大は5月から、オンライン教材の配信基盤としてOCIを使っている。配信システムを使っている学生は2290人。(2020/6/29)

700万台のスマートメーターを設置 中部電力パワーグリッドが管理アプリケーションを導入
中部電力パワーグリッドは、日本オラクルの公益業界向けメーターデータ管理アプリケーション「Oracle Meter Data Management(MDM)」を導入し、700万台のスマートメーターを設置した。(2020/6/23)

コスト削減、アプリ改修迅速化のために専用機から移行
三越伊勢丹グループで約8000人の社員が使う顧客/商品分析のDWH基盤とは
三越伊勢丹グループは、約8000人の社員が利用するDWH基盤を先頃、Oracle Exadataで刷新した。その狙いと効果を同社の担当者に聞いた。(2020/7/20)

2つの機能を統合:
Oracle、統合型開発/デリバリー環境「Oracle Visual Builder Platform」をリリース
Oracleは、開発チームがクラウドネイティブアプリケーションの開発とデリバリーを行うための完全な統合環境「Oracle Visual Builder Platform」を提供開始した。(2020/6/11)

Oracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説
「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらい
Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。(2020/5/16)

Oracle CloudとAzureが低遅延で相互接続、アクセス管理も統合
日本オラクルは、Oracle Cloudの東京リージョンとMicrosoft Azureの東日本リージョンとの間で、低遅延な相互接続を開始した。両クラウド上で運用しているアプリケーション間での相互運用が可能になる。(2020/5/11)

日本国内でMicrosoft AzureとOracle Cloudが相互の高速接続およびシングルサインオンを実現
「Microsoft Azure」の東日本リージョンと「Oracle Cloud」の東京リージョンが低遅延の高速ネットワーク回線で相互接続された。Azure Active Directory(Azure AD)をアイデンティティープロバイダーとしてシングルサインオンが可能になる。提携を深め、Amazon Web Services(AWS)に対抗する。(2020/5/8)

Zoom、ユーザー急増への対応でOracle Cloudへインフラを拡張 AWS、Azureと併用
ZoomがOracle Cloudを導入し、インフラを拡張。AWS、Azureと併用する。Zoomはわずか4カ月で利用者が1000万から3億超へ増えるなど、ユーザーが急増している。(2020/5/1)

PublicKey:
Zoom、わずか4カ月で参加者が1000万から3億超へ。急増への対応でOracle Cloudへインフラを拡張。AWS、Azureに加えて(修正あり)
専門チーム発足から1週間で、本番稼働を開始したという。(2020/4/30)

Oracle、Java SEの脆弱性など397件を修正 攻撃された場合の影響大
Java SEで修正された15件の脆弱性は、いずれもネットワークを介してユーザー認証なしで悪用される恐れがある。他にも多数の製品に危険度が極めて高い脆弱性が存在する。(2020/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。