ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle(オラクル)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

OLTP性能は通常のPostgreSQLの4倍:
Google CloudがPostgreSQL互換DBのAlloyDBを発表、OracleやDb2、SQL Serverからの移行を狙う
Google Cloudは2022年5月11日(米国時間)、フルマネージドなPostgreSQLデータベースサービス、「AlloyDB for PostgreSQL」を発表した。自社のクラウドインフラを生かして高いパフォーマンスと可用性を実現。PostgreSQLと完全互換で既存データベースからの移行を促進する。(2022/5/13)

サステナビリティやESGに取り組まない企業は消費者から見放される AIやテクノロジーの活用が鍵
日本オラクルの調査によると、日本企業のサステナビリティや社会問題への取り組みは「不十分」と考える人は9割を超え、そうした課題に積極的に取り組まない企業からは離職し、より重視する企業に転職したいと考える人は7割弱に及ぶことが分かった。(2022/5/11)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

今日のリサーチ:
サステナビリティおよび社会問題に対する行動を起こさない企業は社会から見放される?――日本オラクル調査
コロナ禍の2年間における社会変化を受け、多くの人がサステナビリティおよび社会問題への関心を高め、企業に一層の努力を求めるようになっています。(2022/5/10)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(98):
取った資格は俺のもの、もらったお金も俺のもの
会社から資格取得支援金をもらって、CCNPとOracle Masterを取得したエンジニア。退職時に支援金の返却を求められたが、応じるべきなのだろうか――。(2022/5/9)

NEWS
従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?
OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。(2022/5/2)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【後編】
常に無料のOCI「Always Free」はここまで使える
Oracleの無料クラウドサービス「Always Free」を使うことで、開発者はコストをかけずにクラウドアプリケーションを構築し、試験的に運用することができる。無料のサービスだけでどこまでできるのか。(2022/4/26)

NEWS
ポーラ・オルビスが会計システム刷新 「Oracle Cloud ERP」を選んだ理由とは
ポーラ・オルビスはクラウド型ERPの「Oracle Cloud ERP」を導入し、会計システムを刷新した。 会計・経営管理情報をグループ全体で一元的に管理する。システム選定の決め手になったポイントは。(2022/4/25)

合計520の脆弱性に対処 Oracleが2022年4月のクリティカルパッチアップデートを公開
Oracleは2022年4月の「Oracle Critical Patch Update Advisory」を公開した。多岐にわたる製品で脆弱性が発見されており、CVSSv3スコア10.0に分類されるものもあり迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/4/21)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【前編】
OracleとAWSの「常時無料枠」を比較 OCIにあってAWSにはない“あれ”とは?
クラウドベンダーは自社のクラウドサービスを開発者に試してもらうために、期間無制限で使える無料プランを用意している。OracleとAWSの無料プランの違いとは。(2022/4/19)

DBMSの市場規模、DBaaSがオンプレミスに並ぶ シェア1位はMicrosoft、AWSはオラクル抜いて2位に ガートナー調査
米Gartnerが、データベース管理システム(DBMS)市場の調査結果を発表。長らくオンプレミス向けのデータベース製品が市場の大半を占めていたが、2021年の調査ではクラウド型の「DBaaS」が49%を占め、オンプレと横並びになった。(2022/4/18)

Oracleコスト削減事例
脱OracleとPostgreSQL移行によるコスト削減を阻む壁の突破法
フランスのCarrefourは脱Oracleによるコスト削減に着手した。しかしOracle DatabaseからPostgreSQLへの移行は容易ではなかった。同社はどうやって課題を解決していったのか。(2022/4/11)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

CDNもOracleが自前で提供 OCIの大幅アップデートの詳細は
OracleがOCIのラインアップを刷新。「最大のフレキシビリティを持ちながらシンプルなサービスを提供する」ことを目標に複数の新機能を発表した。今まで提供してこなかった領域のサービスを含め、攻めたラインアップだ。(2022/3/31)

Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【後編】
“ハンズフリー電子カルテ”がOracleによるCerner買収で実現か?
Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを買収することで、CernerのEHRシステムはどう変わるのか。Oracle幹部が説明する。(2022/3/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
Oracle DBのRACリプレースをどうする? 高い可用性と冗長性を確保し続けるには
Oracle Databaseの高可用性と冗長性を実現するReal Application Clusters(RAC)だが、ライセンス体系の改定により継続利用が困難になった。そこで注目されているのが、リプレースの課題を解消する高速データベースアプライアンスだ。(2022/3/29)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは
AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。(2022/3/28)

Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【中編】
Oracleの電子カルテ大手Cerner買収が“お得過ぎる”理由 打倒AWSにも効果か
電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを約283億ドルで買収するOracle。この買収は、Oracleがクラウドサービス市場での攻勢を強める上で重要だと専門家は指摘する。それはなぜなのか。(2022/3/23)

Oracle Cloud、開発環境やテスト環境向けのシンプルなコンテナ環境「Container Instances」やCDNサービスなど発表
米Oracleが、クラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」について、シンプルなコンテナ環境の「Container Instances」やCDNなどの新サービスを複数発表した。(2022/3/18)

Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【前編】
Oracleが「電子カルテ」ベンダーを買収する“なるほどの理由”
Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーCernerを買収する。なぜEHRベンダーなのか。クラウドサービス事業との関係とは。買収の狙いを専門家が探る。(2022/3/16)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

ウエルシア薬局、総合経営支援システム基盤をOracle Cloud Infrastructureに移行
ウエルシア薬局は、全国1673店舗で利用する総合経営支援システムの基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、稼働を開始した。ビジネスの変化に柔軟に対応するため、クラウド移行を決めた。(2022/3/11)

産業別クラウドのトレンドにどう答える? Oracle ERPが出した意外な答え
Oracleは業界特化型のSaaS ERPブームにどう対峙するのだろうか。OCIを含む「フルスタッククラウド」を強みとする同社は、専門性と標準化、アジリティのバランスをどう取る考えだろうか。国内企業の動向と合わせて展望を探る。(2022/3/14)

ロシアでのサービスを停止する企業が続々と Appleに続きMicrosoftも
ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアでのサービスを停止する企業が増えている。Microsoft、EA、Airbnbがそれに加わった。既にApple、Oracle、SAP、NIKE、IKEA、H&Mなどが発表済みだ。(2022/3/5)

オラクル、ロシアでの業務を停止 「ウクライナの政府と人々を支援」
米Oracleが、3月2日までにロシアでの業務を停止したと発表した。「世界中にいる15万人の従業員を代表し、ウクライナの人々と選挙で選ばれた政府の両方を支援する」という。(2022/3/3)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

ミッションクリティカルなシステム基盤のハイブリッドクラウド移行を実現:
戸田建設がシステム内製化を目指し、VMwareベースのハイブリッドクラウドを採用、基盤はOCI
戸田建設がVMwareで運用していた基幹システムのクラウド移行に「Oracle Cloud VMware Solution」を採用した。「Oracle Cloud Lift Services」を活用して、同社主導でVMware環境をOracle Cloud Infrastructureに構築し移行、運用する。(2022/1/28)

3つの選択肢は何がどう違うのか
SE-RACが利用不可になるOracle Database 19c以降、可用性をどう確保する?
Oracle Database 19c SE2以降でSE-RACがサポート対象外となることを受け、高可用性をどう確保すればよいのか悩む企業は多い。シングル構成やHA構成、DR構成など考えられる選択肢のメリット/デメリットを挙げながら、最適な方法を探る。(2022/1/25)

製造IT導入事例:
溶接機メーカー、受注管理の迅速化に向けてクラウドERPとSCMを採用
日本オラクルの「Oracle Cloud ERP」「Oracle Cloud SCM」製品群を、小池酸素工業が採用した。ソリューション導入により、部門間にわたるデータが一元化され、処理が自動化したことで業務効率が向上した。(2022/1/20)

MySQLやOracle DBも対象に:
Oracleが497個の脆弱性を修正するパッチを公開 確認と適用を
Oracleから2022年1月のクリティカルパッチアップデートの提供が始まった。今回のアップデートは497個の脆弱性が修正対象。該当製品を使用している場合には迅速にアップデートしてほしい。(2022/1/19)

TechTarget発 世界のITニュース
「OCI」のリージョンを新たに14地域に設置するOracle 拠点拡大の理由は
2022年末までに複数の新たなクラウドリージョン設置の計画を発表したOracle。同社がクラウドリージョン設置を急ぐ理由とは。(2022/1/12)

Oracle、医療データ企業Cernerを283億ドルで買収
Oracleは電子カルテなどを手掛けるCernerを買収する。買収総額は約283億ドル(約3兆2165億円)。医療向けクラウド事業を拡充する。(2021/12/21)

Weekly Memo:
基幹システムの刷新、どうすれば失敗しない?――悩む企業に不可欠な視点
基幹業務システムを刷新したい企業に向け、日本オラクルが新たなサービスを展開している。その内容を基に、企業が正しい刷新の方向性を見つけ出すための勘所を探る。(2021/12/20)

事例に見る「IT企業のダイバーシティー」【後編】
Oracle米国本社の黒人比率も低水準 ダイバーシティーが進まないシリコンバレーの現実
Workday米国本社は従業員のダイバーシティーに取り組んでいるが「一企業の取り組みだけでは雇用は増えない」と事態を冷ややかに見る専門家もいる。シリコンバレーのIT企業の、人種的公平性に関する動向を探る。(2021/12/14)

詳説探究!DBエンジニアが征く(1):
「NewSQL」はPostgreSQLやMySQLを代替するのか? Oracle ACEの篠田氏と語るDBの過去、現在、未来
クラウドネイティブ時代のデータベースに関する技術解説や話題を紹介する新連載を始めます。初回は、Oracle ACEとして長年データベースにまつわる技術検証や情報発信をしてきた篠田典良氏との対談をお届けします。(2021/12/7)

製造IT導入事例:
間接材調達プロセスの標準化に向け、ホンダが調達管理システムを採用
日本オラクルの調達管理システム「Oracle Fusion Cloud Procurement」を、本田技研工業が採用した。データの一元管理により、間接材の調達コストの最適化と業務効率向上を目指す。(2021/11/24)

OracleのIaaS向けAIサービス群、日本でも提供へ テキスト分析や音声認識など6種類
日本オラクルが、AIサービス群「Oracle Cloud Infrastructure AI」を日本でも提供する。一部サービスについては既に提供を始めているという。(2021/11/22)

3カ月でDX実現へ:
DXへデータドリブン戦略を策定、日本オラクルがスタートアップサービスを発表
日本オラクルは「Data Driven Digital Transformationスタートアップ・サービス」の提供を開始した。業務とITのコラボレーションの実現や、ビジネスプロセスの改善によるITの有効活用といったDXに関する課題を解決する。(2021/11/11)

日本企業の課題とは:
企業のAI活用、日本は13カ国で最下位 「総務や人事、経理のDX化に遅れ」
職場でAIを活用している日本企業は31%で、同じ調査を行った米国や中国、韓国など13カ国では3年連続の最下位──このような結果が、日本オラクルの調査「AI@Work」で判明した。(2021/11/10)

孤独を感じるもののキャリア開発に前向き:
「コロナ禍で自分にとっての成功の意味が変わった」 日本オラクルがキャリアに関する意識調査の結果を発表
日本オラクルは、コロナ禍でのキャリアに対する意識の変化やAIの活用に関する調査「AI@Work」の結果を発表した。多くの人が仕事と私生活の両面でさまざまな不安を抱いているが、一方で自身のキャリア開発に前向きな人がいることも分かった。(2021/11/8)

NECと日本オラクル、クラウド事業で協業強化 3つの注力施策とは
NECと日本オラクルは、クラウド領域で協業を強化する。企業や公共機関のDXに向け、Oracle Cloudやデータベースに関連した3つの施策に注力する。(2021/10/29)

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行支援に向け協業強化 設計時間を半減、移行時間を3割減
NECと日本オラクルが、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化した。オンプレミス上で運用されているデータベースを以前より安全・高速にクラウド基盤に移行する技術を共同開発。この技術を活用したサービスを提供するという。(2021/10/28)

Oracle、イスラエルに地下データセンター構築へ ミサイルなどの攻撃から守るため
米Oracleが、イスラエルの首都・エルサレムにデータセンターを開設する。ミサイルなどの攻撃から施設を守るため、地下に構築するという。(2021/10/15)

AIを活用:
Oracle、リードの生成と選別を“完全”自動化する「Oracle Fusion Marketing」を発表
リードジェネレーションとリードクオリフィケーションを完全に自動化するという。(2021/9/30)

京王百貨店、全社員が利用する情報活用基盤を刷新 データドリブン経営の強化へ
京王百貨店は、Oracleのクラウドデータウェアハウス「Oracle Autonomous Data Warehouse」を活用し、全社員が利用するデータ活用基盤を刷新。リアルタイムなデータ活用を促進し、顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータドリブンな業務変革を推進する。(2021/9/17)

最新の長期サポート版:
Oracle、「Java 17」をリリース
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 17」と、Java開発キット「Oracle JDK 17」の一般提供を開始した。ライセンス条件の変更により、企業はOracle JDKを少なくとも3年間、無料で利用できるようになった。(2021/9/16)

Oracle、「Oracle JDK」を再び無料提供へ 本番環境でも利用可
米Oracleは、同社が提供している企業向けのJavaディストリビューションであるOracle JDKのライセンスを変更し、無料で本番環境などでの利用を可能にした。(2021/9/15)

Oracle、自社IaaSのオンライン講義を無償提供 日本語含む13言語で
米Oracleが、IaaS「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の利用に必要な知識を学べるオンライン講義の無償提供を始めた。日本語を含む13言語に対応。「ユーザーがOracle Cloudへの投資の価値を最大化できるようにする」(同社)という。(2021/9/9)

社員の病と人事:
「働き続ける」か「療養に専念」か 病のある社員を“両輪”で支援する、日本オラクルの人事制度
日本オラクルでは、病のある社員への支援をきめ細かく行っている。どのような制度なのか。(2021/9/16)

Weekly Memo:
ワインの販売から街の美化まで“データドリブン”に 富良野市と北大、日本オラクルが挑むスマートシティー戦略
自治体による「スマートシティ」への取り組みが活発化している。そうした中で、北海道大学、富良野市、日本オラクルが発表したのは“産官学”の連携による取り組みだ。今後のスマートシティー推進モデルの1つになるのではないか。(2021/8/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。