ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle(オラクル)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

NEWS
生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化
オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。(2021/4/7)

GoogleがOracleとの10年越しの裁判で勝訴 最高裁はJava著作権侵害せずの判断
Oracleが、GoogleによるAndroidでのJavaのコード使用は著作権侵害だと2010年に提訴した裁判で、Googleが勝訴した。米連邦最高裁は、Googleの行為は「フェアユース」の範囲だと判断した。(2021/4/6)

オムロン阿蘇がOracleのデータウェアハウスを導入 生産データの活用基盤に
オムロン阿蘇は「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を導入した。自社工場内の「生産ラインの可視化」と、経営でのデータ活用推進を目的とした生産データの活用基盤に利用する。(2021/4/6)

非データサイエンティスト向け機能を強化 オラクルのデータウェアハウス製品がアップデート
オラクルは、クラウド型データウェアハウス「Oracle Autonomous Data Warehouse」の機能を拡充した。企業のデータ解析に向けて、データウェアハウスやデータレイクなどのさまざまなデータソースからデータを取り込み、変換し、保管し、管理するための単一のデータプラットフォームを提供する。(2021/3/19)

幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載
JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能
「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。(2021/3/9)

クラウドのニーズに特化も:
“使うと高いデータベース”からの脱却なるか 開発から運用まで最適化、Oracle Database 21cの中身は
DXに向けてクラウドの普及や迅速なアプリ開発のニーズが高まる中、データベースの主要な機能を統合、自動化し、開発から運用管理まで効率化、迅速化するとされるのがOracle Databaseの最新版「Oracle Database 21c」だ。クラウドネイティブな利用にも特化し、コストを最適化するという機能は一体どのようなものか。(2021/2/18)

TechTarget発 世界のITニュース
「Oracle APEX」ベースのノーコード/ローコード開発クラウド、Oracleが提供
「Oracle Database」の標準機能として、ノーコード/ローコード開発機能「Oracle APEX」を提供しているOracle。このOracle APEXをクラウドサービスとして提供するのが「Oracle APEX Application Development」だ。(2021/2/18)

財務管理で「人間よりロボットやAIを信じる」日本人の割合、世界平均をはるかに上回ると判明
日本オラクルは、お金や財政、予算に対する態度と行動、金融業務や管理に対するAIやロボットの役割と期待に関する調査の結果を発表した。財務管理について「自分以上にロボットやAIを信頼する」と回答した割合は67%に上り、日本の割合はそれを上回ることが分かった。(2021/2/16)

「人間よりAIの財務管理を信頼」、日本では9割超 オラクル調べ
日本オラクルが、米国や日本など14カ国の企業に属する管理職など計9001人を対象にした調査結果を発表。日本では、人間よりAI・ロボットの財務管理を信頼する人は全体の91%という数字が出た。(2021/2/15)

「Jakarta EE 10」を待つのも選択肢か
「Jakarta EE 9」の“パッケージ名だけ変更”が意外と厄介な理由
Oracleの手元にあった「Java EE」は、Eclipse Foundationの下で「Jakarta EE」に名前を変えた。さらに「Jakarta EE 9」の登場でパッケージ名が変わった。単に名前が変わっただけだが、その影響は以外と大きい。(2021/2/13)

テレワークの人材評価に光明 オラクルの人材管理SaaSを採用する3つのメリット
エクサは、日本オラクルのSaaS型人材管理クラウド「Oracle Fusion Cloud HCM」を採用した。散在していた人事関連のシステムを刷新して、人事情報に加えて従業員の経歴や資格、スキル、目標、評価、キャリア志向を一元管理した。(2021/2/3)

クラウドニュースフラッシュ
任天堂はなぜ「Nintendo Switch Online」のインフラに「AWS」を選んだのか
「AWS」でオンラインサービスを運用する任天堂の事例、通販システムをプライベートクラウドから「Oracle Cloud Infrastructure」に移行させたスクロールの事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/30)

NTT西日本「地域創生クラウド」に向けてオラクルの実行プラットフォームを採用
NTT西日本は「地域創生クラウド」に「Oracle Exadata Cloud@Customer」を採用した。顧客の機密データをプライベートかつローカルなデータセンターで保管できるクラウドサービスの提供を目指す。(2021/1/26)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【後編】
「GCP」「IBM Cloud」「Oracle Cloud Infrastructure」で使えるDRの手段とは?
主要クラウドベンダーはシステムの災害対策(DR)を可能にするために、DRaaSをはじめとするDR関連サービスやDRに関するドキュメントを提供している。GoogleとIBM、Oracleが用意するDR支援策を説明する。(2021/1/27)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【後編】:
帰ってきた“ミスター日本オラクル”三澤社長 データベース戦略でDXの「開発」に何をもたらすのか
日本オラクルの新社長に就任した三澤智光氏が、日本市場の戦略においてクラウドと同様に注力するのがデータベースだ。その中でも熱い視線を注ぐ先が、DXの一翼を担うような「クラウドネイティブなアプリ開発の現場」だという。最先端のデータベースで何をもたらそうというのか。(2021/1/25)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【前編】:
「絶対に落ちてはいけないシステム」のクラウドシフト加速へ 日本オラクル三澤社長“強気の戦略”を語る
2020年12月、日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任した。同社で長年主力のデータベース事業やクラウド事業に関わり、一度は競合の日本IBMでクラウド事業を率いた経験を持つ同氏が、就任後すぐに打ち出したのが新たなクラウド戦略だ。社会を支えるシステムを支えるベンダーの責任が増す中、あえて大規模な組織のニーズを狙う“強気”はどこから来たのか。その背景や今後の方向性について聞く。(2021/1/22)

ネイティブなブロックチェーン表や永続性メモリのサポート:
Oracle、「Oracle Database 21c」をOracle Cloudで提供開始
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 21c」を「Oracle Cloud」で提供開始した。Oracle Database 21cでは、200を超える新しいイノベーションが導入された。Oracleのコンバージドデータベース戦略にのっとった製品だ。(2021/1/18)

コロナワクチン接種デジタル証明書開発イニシアチブ「VCI」、MicrosoftやOracleなどが参加
Microsoft、Oracle、SalesforceなどのIT企業が、医療機関などとともに新型コロナワクチン接種を証明するデジタルカードを開発するイニシアチブ「Vaccination Credential Initiative」を立ち上げた。スマートフォンのデジタルウォレットに保存するか、紙のQRカードとして提供する計画だ。(2021/1/15)

データ駆動型の営業活動へ 農作業機メーカーがオラクルのSaaSで分析基盤を構築
スガノ農機は、日本オラクルのSaaS「Oracle CX Sales」と「Oracle Sales Planning and Performance Management」で売上予算の分析基盤を構築した。課題だった商談や営業活動状況の可視化はどのように実現されたのか。(2021/1/14)

年に5メートルの積雪――生活支える除排雪作業、データで効率化へ 富良野市
富良野市は、除排雪作業の効率化に向け、IoTを活用した実証実験を実施する。除排雪車両に設置したGPS端末から収集する走行データや業務記録、天候データなどを「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」のデータ分析基盤で分析、可視化する。(2020/12/24)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDBMS「Oracle MySQL Database Service」に新機能 分析エンジンを搭載
OracleはDBMSのクラウドサービス「Oracle MySQL Database Service」に新機能として分析エンジンを搭載した。OLAP用途からデータ分析用途へのニーズの拡大に応える。(2020/12/24)

次世代クラウドの強みをアピール:
大企業向けクラウドで「唯一無二の存在」になれるか? 日本オラクルの三澤新社長が新戦略を発表
日本オラクルの執行役社長に就任した三澤智光氏が、就任後初めて記者説明会に臨んだ。AWSをはじめとする競合がひしめく中、Oracle Cloudをアーキテクチャから刷新した、いわゆる「Gen2 Cloud(第二世代クラウド)」が狙う市場は大企業向けだという。その根拠と今後の戦略について聞いた。(2020/12/15)

タイル卸売業の老舗が、新たなデータ活用基盤としてオラクル製品を採用
平田タイルは「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を、開発営業本部の新たなデータ活用基盤として導入した。これまでは顧客の行動分析に表計算ソフトを利用していたというが、それがどのように変化したのだろうか。(2020/12/8)

クラウドニュースフラッシュ
「脱クラウド」に前向きな国内組織は8割超、その理由とは?
インフラの利用動向やサントリーのAWS移行、UQコミュニケーションズの「Oracle Cloud Infrastructure」導入事例など、クラウドに関する国内の主要なニュースを6つ取り上げる。(2020/11/30)

グローリーが基幹システムにOracle Fusion Cloud ERPを採用
通貨処理機の開発や製造、販売をグローバルに手掛けるグローリーは、経営基盤システムにオラクルのSaaS製品群を採用した。急変する経営環境に対応した次世代製品や新規事業の推進を目的とする。(2020/11/12)

頼りたいのは、人ではなく「ロボットやAI」:
61%が「2020年は最もストレスを感じる」と回答 日本オラクルがコロナ禍の働き方とAI利用に関する調査
日本オラクルは、コロナ禍の日本における働き方とAI(人工知能)利用実態に関する調査の結果を発表した。2020年は最もストレスを感じる年だと回答した割合は61%。メンタルヘルス支援として、人よりもロボットを望む割合が高かった。(2020/11/5)

Oracle WebLogicの脆弱性を狙った攻撃を観測 ラックが注意喚起
ラックは、Oracle WebLogic Serverの脆弱性を狙った攻撃を観測した。悪用されるとデータの改ざんや流出といった被害を受ける恐れがある。インターネットから管理コンソールへのアクセス制御を適切に設定することで影響を緩和できる。(2020/11/4)

スポーツ用品のファイテン、DB基盤をOracle Cloudに移行 受注データの取り込み時間を40分の1に
スポーツ用品などを展開するファイテンが、販売管理システムのデータベース基盤を「Oracle Database Cloud」に移行。従来は、データ量が増えるにつれて処理性能が低下していたが、移行後は受注データの取り込み時間を約10分から約15秒(40分の1)に短縮できているという。(2020/10/29)

製造IT導入事例:
高機能プラスチックメーカーが海外複数拠点にクラウド型ERPを導入
日本オラクルは、同社のクラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」を住友ベークライトが海外4拠点で導入し、マカオで稼働を開始したと発表した。(2020/10/27)

住友ベークライトがサプライチェーン管理を一元化へ OracleのクラウドERP採用
住友ベークライトは、主力事業の海外4拠点の経営基盤を「Oracle Fusion Cloud ERP」で刷新した。経営資源の一元化による迅速な意思決定や、サプライチェーンから会計に至る業務の最適化、内部統制の強化を目指す。(2020/10/15)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

今日のリサーチ:
「メンタルヘルスのサポートを人よりもロボットに頼りたい」 回答者の82%――Oracle調査
コロナ禍が世界の従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えています。問題解決に(上司より)ロボットに助けてほしい人も多いようです。(2020/10/12)

製造IT導入事例:
鉄鋼メーカーが事業継続性からDXを選択、経営管理業務の自動化を推進
日本オラクルは2020年10月6日、鉄鋼関連事業を展開する濱田重工が新規事業立ち上げに向けた経営の迅速な意思決定や社内人材の活用ができるように、クラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」とクラウド経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を導入し、2020年8月に稼働を開始したことを発表した。(2020/10/9)

Oracle Cloudから運用監視ツール登場 マルチプラットフォーム対応 ログの一元管理、分析、分散トレーシングなど可能
米Oracleが、新サービス「Oracle Cloud Observability and Management Platform」を発表。さまざまなログの収集、解析、アプリケーション監視などを行える包括的な運用監視ツール。DevOpsなどの現場で役立つとみられる。(2020/10/8)

在宅勤務の一歩先:
うるさくないの? オープンな会議室を作ったら、意外な効果 日本オラクルの革新的なオフィス
新規事業に取り組むために、社外から若手を中途採用した日本オラクル。こうした人材を集めるためには「きれいなオフィス」が必要と考え、2019年に「Oracle Digital Hub Tokyo」を開設した。どんなオフィスかというと……?(2020/10/7)

「2カ月で導入展開までを実現」 UQ WiMAXの基地局建設業務システムが刷新
UQコミュニケーションズは、日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」と「Oracle Database Cloud」を導入し、「UQ WiMAX」の基地局建設業務を担うシステム基盤を刷新。システム運用効率の向上と災害発生時の事業継続性を強化するとともに、運用/コスト効率向上を図った。(2020/10/5)

UQ、WiMAX基地局整備システムをクラウド移行 運用コスト3分の1に
UQコミュニケーションズがUQ WiMAXの「基地局建設業務システム」を日本オラクルのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」に移行する。システムの運用コストを3分の1に減らせる見込み。(2020/10/2)

オープンソース版もある:
Oracle、「Java 15」をリリース
Oracleは、「Java 15」の一般提供を開始した。新機能の「エドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズム」(EdDSA)と隠しクラスの追加など、14の主要な機能強化/変更が特徴だ。(2020/9/30)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

TikTok、米国での配信停止を回避へ Oracle・Walmartと提携、新会社「TikTok Global」を設立
配信停止騒動もやっと一段落。(2020/9/21)

TikTokとOracleの提携案、トランプ大統領が暫定的承認 TikTok Globalは米国でIPOへ
トランプ米大統領がTikTokとOracleの取引を暫定的に承認した。TikTokは世界のユーザーにサービスを提供する新会社TikTok Globalを設立し、1年以内に米国で株式公開する計画。(2020/9/20)

TikTokの米事業、Oracleが(買収ではなく)「テクノロジープロバイダーになる」と正式発表
トランプ大統領が「9月15日までに買収交渉をまとめよ」としていたTikTokの米国事業について、OracleがTikTokのテクノロジープロバイダーになると発表した。ByteDanceから米財務省への提案によるものとしている。(2020/9/15)

米紙が報道:
TikTok米国事業、買収先はオラクルに? マイクロソフトは断念
米マイクロソフトが、中国バイトダンスからTikTok米国事業をマイクロソフトへは売却しないという報告を受けたと発表した。米国では、米オラクルが買収する見通しだとも報じられている。(2020/9/14)

Microsoft、TikTok買収を断念
Microsoftが、TikTok買収で交渉中のByteDanceから、同社にはTikTokを売却しないと通告されたと発表した。9月15日までに交渉中のOracleなどの米企業がTikTok事業買収で合意に達せない場合、米国でのTikTokサービスは停止する見込みだ。(2020/9/14)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)

Oracle、「Autonomous JSON Database」発表 クラウド上のスケーラブルなJSONデータベース
米Oracleが「Oracle Autonomous JSON Database」を発表。99.995%の可用性とACIDに対応した高性能なトランザクション機能を搭載。その上でJSON形式の柔軟なデータを扱えるデータベースだ。(2020/8/20)

「Oracle Cloud VMware Solution」正式リリース 他社との違いは、オンプレミスと同様にユーザーが管理できること
米Oracleが新サービス「Oracle Cloud VMware Solution」をリリース。ベアメタルサーバ上で、仮想化ハイパーバイザーのvSphere ESXi、ネットワーク仮想化のNSX-T、ストレージ仮想化のvSANによる仮想化基盤を提供する。フルマネージドなサービスではなく、ユーザーが管理できるのが特徴。(2020/8/18)

CAEニュース:
日産、CFDや構造解析などを実行するHPC環境を「Oracle Cloud」へ移行
日本オラクルは、日産自動車がオンプレミスのHPC環境を、オラクルのIaaS/PaaSソリューション「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行を開始したことを発表した。(2020/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。