ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle(オラクル)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

関連キーワード

データの置き場所が明確になる、というメリットも:
「閉じた環境」「クラウドの最新機能」「マネージドサービス」を組み合わせたサービスを提供開始 NRI
NRIは、「顧客向け専用パブリッククラウドサービス」の提供を2024年4月に開始する。Oracle Alloyを活用して、同社のデータセンター内に閉じた形で構築したパブリッククラウドを、顧客企業が運営するシステムで利用できるようにする。(2024/2/21)

Weekly Memo:
オラクルが掲げる「エンタープライズAI」とは? 生成AI活用の勘所を考察
オラクルが掲げる「エンタープライズAI」とは何か。その内容に企業における生成AI活用の勘所を感じたので、今回はこの話題を取り上げたい。(2024/2/19)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

Oracleの生成AIサービスが正式リリース “GPT大国”日本でどう戦う
米Oracleが生成AIサービス「OCI Generative AI」を正式リリース。メディア向け説明では、GPTシリーズが先行する日本市場について言及する一幕もあった。(2024/1/25)

JRA、スマホアプリにOracle Cloud採用 100万人の利用を想定した認証基盤で
日本中央競馬会(JRA)の公式スマートフォンアプリ「JRAアプリ」が、認証基盤にOracle Cloudのサービスを採用した。(2024/1/19)

CIO Dive:
FinOpsの拡大へ クラウドコスト管理の標準仕様「FOCUS」の運営委員会にAWSも参加
クラウドの費用や使用量、課金データの標準仕様FOCUSは、AWSやMicrosoft、Google Cloud、Oracleのサポートによって標準の範囲を拡大した。(2024/1/18)

生成AIの業界団体「Generative AI Japan」発足 ベネッセが発起 マイクロソフト、AWS、Google、オラクルなどの幹部が理事に
生成AIの活用を進める業界団体「Generative AI Japan」が1月17日に発足した。日本の産業界から国への提言などを通し、日本全体の産業競争力を高めていくとしている。(2024/1/17)

新春トップインタビュー「ゲームチェンジャーを追う」:
ChatGPTと差別化したオラクルの「産業特化型の生成AI」 B2CとB2Bで起こる変化
日本オラクルの三澤智光社長に、2024年に生成AIの方向性を聞いた。(2024/1/16)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
「作るAI」と「使うAI」に 日本オラクル社長に聞く「生成AIで起こる2つの加速」
2024年を「エンタープライズ向け生成AI元年」と位置付けている日本オラクル。生成AIが今年どのように飛躍するのか、三澤智光社長に聞いた。(2024/1/15)

日本オラクル社長が明かす「災害時バックアップの課題」 24年は“復旧力”が試される
日本オラクルは24年を「エンタープライズの生成AI元年」としている。同社の三澤智光社長にインタビューすると、災害時のバックアップなどセキュリティ分野での日本企業の課題を語った。(2024/1/12)

Azure上でOracle Exadataが稼働、「Oracle Database@Azure」正式サービス開始 2024年には日本でも提供予定
米MicrosoftとOracleは、共同で提供する新サービス「Oracle Database@Azure」の正式リリースを発表した。(2023/12/22)

サービス第1弾は「Oracle Exadata Database Service」:
OracleとMicrosoft、「Oracle Database@Azure」サービスを提供開始
OracleとMicrosoftは、2023年9月に発表した「Oracle Database@Azure」サービスの第1弾となる「Oracle Exadata Database Service」の一般提供をAzureの米国東部リージョンで開始した。(2023/12/18)

MySQL、Oracle Databaseなどに続きIBM Db2も利用可能に:
「Amazon RDS for Db2」提供開始 IBM Db2ユーザーもAmazon RDSでのデータベース構築が可能に
AWSはAmazon RDS for Db2の提供開始を発表した。これまでにMySQL、Oracle Databaseなどのリレーショナルデータベース管理システムによりAWS上でデータベースサーバの構築が可能だったが、ここに新しくIBM Db2が加わった。(2023/12/12)

NEWS
オラクルが“生成AIの時代”に「SaaS」を推す理由とは?
これからの時代に企業が生き残るには、技術利用に関する戦略とそれを実現するシステム選定が欠かせない。日本オラクルの戦略発表を基に解説する。(2023/12/12)

ペイロール、データベース基盤にOCIのハイブリッドクラウドを導入 その狙いは
ペイロールは給与計算システムのデータベース基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)のハイブリッドクラウドソリューションである「Oracle Exadata Cloud@Customer」を導入した。(2023/12/1)

生成AIにも(当然)対応:
Oracle Database 23cは「開発者に寄り添う」? 開発総責任者に聞いた
「Oracle Database 23c」が正式にリリースされた。この最新版Oracle Databaseは、アプリケーション開発をシンプルにすることがテーマなのだという。どういうことなのかを、開発総責任者に聞いた。(2023/11/30)

データ分析ニュースフラッシュ
Google DeepMindのOSSを「AI創薬」に使う中外製薬 その理由は?
創薬プロセスにAIツールを活用する中外製薬の事例や、生成AIのハルシネーションを解決する大阪市の取り組み、日本オラクルのAI戦略など、AI技術関連の主要なニュースを紹介する。(2023/11/30)

Oracleが目指すのはエンタープライズのためのAI 他社との差別化は成功するか
「生成AI実装競争」が激化している。各社が多様なサービスを打ち出している中、Oracleが差別化を図っている。どのような違いがあるのだろうか。(2023/11/28)

社長が力説:
生成AIで企業はどう変わるのか オラクル「NetSuite」が提唱する新時代のERP
日本オラクルが生成AIの活用に本腰を入れる。主に中小企業向けに展開するクラウドソフト「Oracle NetSuite」全体に生成AIを組み込み、生産性向上の支援に注力する。(2023/11/21)

記者の視点:
新たな生成AI機能で注目を集めるNetSuite 日本市場では先行き不透明か
「NetSuiteの導入企業を指数関数的に増やすことが目標」と日本オラクルのカントリーマネジャーは話す。だが、現実は簡単ではなさそうだ。(2023/11/15)

SAP、Oracle、Salesforceの生成AIは何が違うのか? 関連ニュースをまとめ読み
ベンダー各社が生成AIサービスを相次いで打ち出している。一方で「何が違うのか」を明確に理解するのは困難だ。本稿ではOracle、Salesforce、SAPの情報をまとめて紹介する。(2023/11/15)

Oracle Databaseの無視できないコスト【後編】
「Oracle Database」ユーザーへのお願いから読み解くOracleの“本当の狙い”
Oracleは「Oracle Database」の古いバージョンをアップグレードするようユーザー企業に推奨している。背景にはサポート体制の継続以外にも、同社の戦略的な狙いがあるという。それは何か。(2023/11/15)

「Dynamics 365と肩を並べる」 アナリストが指摘するNetSuiteのAI機能の魅力
Oracle NetSuiteに追加された複数の生成AI機能。これらの機能によって、NetSuiteは中堅向けERP市場で注目を集めている。機能の魅力を紹介する。(2023/11/13)

BingチャットはAzure+Oracle Cloudで動いていた
米Oracleが、米Microsoftの検索エンジン「Bing」が搭載するチャットAI機能「Bingチャット」に、クラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を提供していると発表した。BingチャットはMicrosoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」とOCIを併用する形で動作しているという。(2023/11/9)

Oracle Databaseの無視できないコスト【前編】
「Oracle Database」のサポート体系が変更 料金への影響は?
Oracleは2023年6月、「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンにおけるサポートの種類を変更した。Oracle Databaseを運用中の企業に影響はあるのか。Oracleの狙いとは。(2023/11/8)

「好みのIDEで良い体験をしてほしい」:
Oracle、Visual Studio CodeでJava開発環境を構築できる拡張機能を提供開始
Oracleは、Visual Studio CodeでJava開発を支援する拡張機能「Oracle Java Platform Extension for Visual Studio Code」の一般提供を開始した。(2023/11/7)

「エンタープライズAI元年」目前 勝つプレーヤーはどこか
2024年を「エンタープライズAI元年」と位置付けるOracle。AI導入を急ぐ企業が増える中、Oracleは何を強みに勝負を仕掛けるのだろうか。(2023/11/6)

11種類の認定資格を取得可能:
無料で「Oracle Cloudの資格」が取得できるプログラムを提供開始 日本オラクル
日本オラクルは、OCIとデータ管理に関するトレーニングや認定試験を無償で受けられる「無償資格取得プログラム」を提供すると発表した。さまざまなカリキュラムや認定試験を無料で受けられる。(2023/11/1)

日本オラクルのAI・クラウド教材が無料に 期間限定、1月まで
日本オラクルが、AIや自社のクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」に関する学習プログラムの無料提供を始める。期間限定で、11月1日から2024年1月31日まで提供する。(2023/10/31)

Weekly Memo:
「SaaS×生成AI」の差別化ポイントとは? 日本オラクルの会見からユーザー視点で探る
「SaaS×生成AI」によるサービスが注目されているが、ユーザー視点で選ぶ際の重要なポイントはどこにあるのか。日本オラクルの会見から探りたい。(2023/10/30)

産総研、財務会計システムを刷新 OracleのクラウドERPに
産業技術総合研究所(産総研)が、財務会計システムを刷新し、米OracleのクラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」を導入する。(2023/10/27)

福岡から世界へ! サポートエンジニアの経験を通じて「Oracle ACE」になるまで:
オープンソースのDBとかNewSQLのこと、どう思う? Oracle ACEの渡部氏が気になるポイントとは
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Oracle ACEとして活躍するコーソルの渡部亮太氏に、これまでのキャリアや、NewSQLなど、最近注目のデータベース技術について話を伺いました。(2023/10/19)

SuiteWorld 2023開催:
NetSuiteは他ERPと何が違うのか カントリーマネジャーが語った
NetSuiteの強みを知れば自社に合っているか分かるはずだ。年次イベント「Oracle SuiteWorld 2023」のメディアラウンドテーブルを基に、NetSuiteの強みを紹介する。(2023/10/18)

SuiteWorld 2023開催:
Oracleも「Do more with less」 NetSuiteに複数の新機能が追加
NetSuiteに複数の機能が追加されると発表された。AIを活用した新機能はどのように企業課題を解決するのだろうか。(2023/10/18)

「Java 11」の長期サポートは2032年まで延長:
Oracle、「Java 21」および「Oracle JDK 21」の一般提供を開始
Oracleはプログラミング言語「Java」の最新版である「Java 21」とJava開発キット「Oracle JDK 21」の一般提供を開始したと発表した。(2023/10/12)

Oracle CloudWorld 2023:
非構造化データを単一データベースで検索できる時代へ AIベクトル検索とは
Oracleは最新版のデータベースであるOracle Database 23cに、AI Vector Searchを実装すると発表した。画像や動画などの非構造化データをSQLで検索できる、その機能とは。(2023/9/29)

Oracle CloudWorld 2023:
「ほぼ全ての行動の中心がAIになる」 Oracle会長のラリー・エリソン氏が語るAIの未来
Oracleの会長兼最高技術責任者であるラリー・エリソン氏が「Oracle CloudWorld 2023」の基調講演に出演した。エリソン氏が語る未来のAIと、Oracleが開発した生成AIの強みを届ける。(2023/9/21)

Oracle CloudWorld 2023:
オラクル、生成AIが“褒めてくれる”従業員表彰サービスを開始
Oracleが新たに提供する従業員表彰サービスは、企業文化の育成と従業員エンゲージメントの促進を支援するという。Oracle CloudWorld 2023で担当者に話を聞いた。(2023/9/21)

Oracle CloudWorld 2023:
不確実な時代を勝ち抜く鍵は「ITインフラの近代化」 OracleとUberのCEOが語る
Oracleは「Oracle CloudWorld 2023」を開催している。サフラ・キャッツCEOがUberのダラ・コスロシャヒCEOと対談し「不確実な時代を勝ち抜く方法」を語った。(2023/9/20)

MicrosoftとOracle、「Oracle Database@Azure」発表 共同でAzure上でのOracle Exadataベースのマネージドサービスを提供
米Microsoftと米Oracleがクラウドにおける協力関係を強化。両社が共同でMicrosoft Azure上でOracle Exadataをベースとしたデータベースを提供する「Oracle Database@Azure」を発表した。(2023/9/19)

「Oracle Database@Azure」:
OracleをAzure上で直接動かすサービスを2社が発表、ExadataハードウェアもAzureで稼働
OracleのデータベースをAzureクラウド上で動かすサービスを、OracleとMicrosoftが発表した。Azure OpenAI Serviceなどの生成AIサービスの利用も視野に入れている。(2023/9/15)

時間とコスト低減:
日本オラクル社長が明かす「クラウド×生成AI」の未来 自然言語によるサーバ制御に期待
日本オラクルは2024年会計年度の事業戦略説明会を実施した。説明会には同社の三澤智光社長が登壇し、24年度に向けた日本オラクルの重点政策を語った。(2023/9/13)

英国第2の都市バーミンガムが財政破綻 背景にはOracleプロジェクトのコスト肥大化
英国第2の都市バーミンガムが財政破綻した。背景にはOracleプロジェクトのコスト肥大化がある。バーミンガム市議会は大幅にカスタマイズされたSAPシステムをOracle Fusionに移行しようとしていたが、その複雑さからプロジェクトは難航していたようだ。(2023/9/8)

“AWSたまごっち”はなぜ「Azureたまごっち」「オラクルたまごっち」にならなかったか バンダイに聞いた
AWSを採用して話題になった「たまごっちユニ」。AzureやOracleではなくAWSを選んだのはなぜか。バンダイに取材した。(2023/8/18)

MySQLをAzureやAWSで使う:
PR:「実質的なベンダーロックイン」を解決 オラクルが力を入れる「MySQL HeatWave」の真価とは
クラウドを活用してアプリケーションを開発するのは当たり前になったが、クラウドベンダーが提供する特定の機能を使って開発したアプリケーションは基本的にそこでしか使えない。「実質的なベンダーロックイン」を回避する方法はあるのか。(2023/8/17)

RHEL互換ディストリビューションの開発を促進:
RHEL互換ディストリビューションの開発促進団体「OpenELA」設立 CIQ、Oracle、SUSEの3社
CIQ、Oracle、SUSEの3社は、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)互換ディストリビューションの開発を促進する業界団体「Open Enterprise Linux Association」(OpenELA)を設立する。(2023/8/16)

オブジェクトストレージのパフォーマンスをデータベースのクエリ性能と同等に:
Oracle、クラウドデータベースサービス「MySQL HeatWave Lakehouse」の一般提供を開始
Oracleがクラウドデータベースサービス「MySQL HeatWave Lakehouse」の一般提供を開始した。データベース内データへのクエリと同じくらい高速にオブジェクトストレージ内データに対するクエリを実行できる。(2023/8/8)

MySQLの新しいリリースモデルが始動:
Oracle、「MySQL」最初の“イノベーションリリース”「MySQL 8.1.0」を公開
Oracleは、「MySQL」の「イノベーションリリース」の最初のバージョン「MySQL 8.1.0」と、マイナーバージョン「MySQL 8.0.34」を公開し、これに合わせてMySQLの新しいリリースモデルを公式ブログで解説した。(2023/7/25)

Java SEライセンス変更の影響【後編】
Oracleによる「Java SE」ライセンス変更は妥当なのか? Gartnerは疑問視
Oracleが「Java SE」のライセンス体系を刷新した。これに対してGartnerは「利用料が大幅に増額する可能性がある」と警告する。Oracleの戦略をGartnerはどう分析するのか。(2023/7/25)

Java SEライセンス変更の影響【前編】
Oracleの「Java SE」ライセンス価格変更で実質的に“コスト爆増”か?
2023年1月、Oracleは「Java SE」のライセンス体系を変更することを発表した。これによって、一部の企業で従来よりも多くのライセンス料が発生することをGartnerは懸念している。どの程度変わるのか。(2023/7/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。