ニュース
» 2010年04月14日 08時17分 UPDATE

Oracleが四半期パッチ公開、Solaris含め47件の脆弱性に対処

47件の脆弱性のうち、7件はデータベースに、16件はSunのSolarisに影響する。

[ITmedia]

 米Oracleは4月13日、四半期に一度のクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開し、合計47件の脆弱性に対処した。Sun Microsystemsの買収に伴い、今回からはSolarisの脆弱性に対処するパッチも提供している。

 今回のCPUで対処した脆弱性の内訳は、Oracle Database Server関連が7件、Fusion Middleware関連が5件、Collaboration Suite関連が1件、E-Business Suite/Application関連が8件、PeopleSoft Enterprise/JD Edwards EnterpriseOne関連が4件、Industry Application関連が6件、Solaris Products Suite関連が16件となっている。

 47件のうち28件は、認証を経ずにリモートで悪用される恐れのある脆弱性だという。これらの脆弱性を突いた攻撃が発生する恐れがあるとして、Oracleでは迅速にCPUを適用するよう勧告している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ