ニュース
» 2010年04月21日 18時26分 UPDATE

Webやメールの利用、ポリシーと従業員の意識に大きなずれ

セキュリティ企業のクリアスウィフトは、企業におけるWebやメールの利用意識について調べた結果を公表した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のクリアスウィフトは4月21日、「企業に勤める従業員を対象としたWebと電子メール利用の実態調査結果」を発表した。組織内のポリシーと従業員の意識に大きな違いがあることが分かった。

 職場で導入されているWebや電子メール運用ポリシーは、「個人情報のメール送信禁止」(39%)が最多だった。「Webサイトへの業務関連情報の書き込み禁止」(37%)、「Webメール禁止」(30%)、「Web経由ファイル転送禁止」(20%)が続く。

 職場での利用実態について、利用頻度が「ほぼ毎日」という回答がWebメールで47%、ブログ・チャット・掲示板は16%だった。また「オンラインショッピングを週に1日以上利用する」という回答も20%あった。回答者の半数以上は、職場でのファイル転送サービスの利用や休憩時間に業務以外のWebサイトにアクセスできることを希望していた。

 従業員が職場で経験したWebやメールのセキュリティリスクは、「あて先を間違えたメールの受信」(49%)や「業務関連情報をプライベートメールへ転送」(46%)が目立つ。

clearswift.jpg 職場で経験したWebやメールのセキュリティリスク(クリアスウィフト調べ)

 同社は、「企業のセキュリティポリシーの有効性が問われ、従業員が柔軟なコミュニケーションを行える環境の確立が求められる」とコメント。調査は国内企業の従業員を対象として2月に実施し、515人から有効回答を得た。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -