ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「職場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職場」に関する情報が集まったページです。

過半数の企業がデジタル化に課題、財務局調査 景気判断は2期連続引き上げ
財務省が新型コロナの感染拡大で企業が直面した課題について全国の財務局による調査結果を公表した。全体の55.6%が社内のオンライン化を求められたと回答。専門人材の不足や職場内でのデジタル化に対する理解不足も浮き彫りとなっている。(2020/10/29)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「洋服の青山」が自前でつくったシェアオフィス スーツ店が“仕事場”を提供する意味
「洋服の青山」を展開する青山商事がシェアオフィス事業に参入、1号店をオープンした。“仕事着”だけでなく、新たな“仕事場”を提供していくという。新規事業立ち上げの狙いと、自社で一から開発した施設の特徴について聞いた。(2020/10/29)

ミニストップ、キャッシュレス決済専用の“極小無人店舗” オフィスなど職場向け
ミニストップが、キャッシュレス決済のみに対応する小型の無人店舗の提供をスタート。来店者はセルフレジを使い、QRコード決済や電子マネーで商品を購入できる。オフィスや工場などでの導入を見込む。(2020/10/26)

CEATEC 2020 ONLINE:
「隣のブース」があることの価値 CEATEC初のオンライン開催で考える、情報収集の難しさ
家電・ITの見本市「CEATEC 2020」が10月23日までオンラインで開催されている。自宅や職場から移動せずに参加できる点は、来場者としても大きなメリットだ。一方で、筆者が気掛かりなのはオンライン化によるブース回遊のしづらさや、情報収集の手間だ。(2020/10/21)

花束がトップ:
「同僚に退職祝い」49.6%、渡さない理由は?
職場の同僚が退職したとき、どんな商品をプレゼントしているのだろうか。20〜50代の人に聞いたところ「花・花束」と答えた人が最も多かった。一方、渡さない人に、その理由を尋ねたところ……。(2020/10/16)

Citrix Overseas Report:
ITをどう活用すれば、従業員のモチベーションは上がるのか
「現在の業務の一部は、ITで自動化できる」と聞くと、従業員がほとんどいない職場や活気のない職場を想像する人もいるのではないでしょうか。しかし、実際は従業員のモチベーションが上がり、顧客に対してロボットにはできないような「神対応」をしてくれるケースも出てくるようです。なぜこんなことが起こるのでしょうか。大事なポイントを解説しましょう。(2020/10/15)

在宅前提のセキュリティを考える【前編】
自宅=仕事場の「BYOH」に必要なセキュリティ対策は?
在宅勤務などのテレワークやクラウドサービスが浸透した今、従業員が自宅で働き、オフィスの外に業務アプリケーションやデータが存在することは珍しくなくなった。そうした状況で必要なセキュリティ対策とは何か。(2020/10/14)

「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に
オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。(2020/10/9)

アフターコロナの職場をどう支える?:
職場のコロナ対策やテレワーク迅速化へ OktaがWork.comと連携を発表
SaaSをまたいだID管理サービスを提供するOktaは、Salesforceが提供する職場復帰支援アプリ「Work.com」との連携を発表した。新型コロナウイルス感染症が収まらない中、Work.comが提供する、従業員の健康管理やオフィスの感染対策の可視化、「密」を防ぐための出社管理といった機能は連携でどのようなメリットを受けられるのか。(2020/10/9)

キャリアニュース:
テレワークで雑談が減るのは「仕事で困る」と約75%が回答
スコラ・コンサルトが「テレワーク下の雑談」に関する実態調査の結果を発表した。テレワークによって職場での雑談の機会が「減っている」と84.7%が感じており、雑談が減ることで「仕事をする上で困る」と74.7%が回答した。(2020/10/8)

「これは草www」「OK、認めてやろう」 職場にクスッとした笑いを提供する「事務的なはんこ」第2弾
こういうはんこは廃止にしなくても良さそう。(2020/9/30)

新たに「仕事場」を提供:
青山商事がシェアオフィスを開業 「洋服の青山」と併設、1号店を水道橋にオープン
青山商事はシェアオフィス事業に参入する。10月8日、1号店を東京都千代田区に開業。「洋服の青山」の既存店の一部スペースを活用する。“仕事着”に加えて“仕事場”を提供し、拡大するシェアオフィス需要を取り込む。(2020/9/25)

ドアノブからの感染に懸念:
「職場に安心して行けない」47%――出勤時の感染不安、調査で明らかに
日経リサーチなどの調査によると、新型コロナウイルスの感染リスクを心配し、職場に安心して出かけられないと回答した人が46.6%だった。うち55.5%は1000人以上が勤める大規模な職場で勤務していた。ウイルスの付着に気を配っている場所は「ドアノブ」が61.5%と最多。(2020/9/2)

自分で自分に「でかした!」って言ったことあります? 関東出身者が職場などで聞いた“東北地方の方言”
他の人に言うなら「よくやった!」的な意味合いだけど……?(2020/9/4)

「脱・職場第一主義」時代のニューノーマルに備えよ:
社員に「何か手伝うことはないですか?」と言わせる会社が時代に合わなくなっていくと思える、これだけの理由
若手社員にありがちな、定時後の「何かやることありますか?」という伺い立て。日本企業は個々の役割分担があいまいだからこそ、こうした「職場第一主義」的ななりふりが求められてきた。しかし、時代の変化によって、こうした職場第一主義から抜け出す必要が生じてきている。(2020/8/25)

「一緒にテレワークがんばるワン」 飼い主のそばでお仕事にはげむワンコの真剣なお顔がかわいい
夢のような職場環境!(2020/8/24)

WorkdayとIBM、従業員の安全な職場復帰を支援する「統合プランニングソリューション」を提供
IBMとWorkdayは、ウィズコロナ/アフターコロナに向け、従業員の職場復帰計画を支援する「統合プランニングソリューション」の提供を開始する。「Watson Works」と、財務/人事/プランニング統合ソフト「Workday」を組み合わせた。職場勤務に戻る従業員を抱える企業の意思決定を支援する。(2020/8/21)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
従業員のストレス削減に効く植物や音響システムを搭載したオフィス家具
パソナ・パナソニック ビジネスサービス(PBS)とパナソニックは、パナソニックのオーディオブランドテクニクスの音響システムを採用したオリジナルビッグテーブルやオリジナルベンチなどのオフィス家具を開発した。各オフィス家具にはストレスの削減に効き目がある植物を最適な緑視率で植栽したプランターを組み込んでおり、職場環境の改善に役立つ。PBSは2022年度までに、今回開発したオフィス家具を累計90社に導入することを目指している。(2020/8/21)

エレベーターの「密」 デジタル技術で回避 電機各社、コロナ対策で技術力発揮 工場を「在宅管理」も
電機メーカー各社が「非接触」や「省人化」などをキーワードに、職場での新型コロナウイルス感染防止に向けた技術開発を加速させている。(2020/8/20)

エレベーターの「密」、デジタル技術で回避 電機各社、コロナ対策で技術力発揮 工場の在宅管理も
電機メーカー各社が非接触や省人化を目指して、職場での新型コロナ感染防止に向けた技術開発を加速させている。既存技術を活用した製品の開発や改良で、新たな需要の掘り起こしを狙う。(2020/8/20)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「他と違った行動を認めない」「テレワークで細かく監視したがる」上司が、企業のイノベーションを阻害している
新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワーク化が進められている。一方で、「相変わらず、対面の社内ミーティングが必須」といった企業も少なくない。こうした現状について、『職場の問題地図』などの著書で知られる業務改善・オフィスコミュニケーション改善士の沢渡あまね氏は、「日本型マネジメントの根底には、“幼稚性”がある」と指摘。インタビューで真意を聞いた。(2020/8/20)

多様化する「接触追跡」技術【後編】
ウェアラブルデバイスを利用する新型コロナ「接触確認」製品とは?
新型コロナウイルス感染者との接触追跡を実現する手段はさまざまだ。ベンダー各社はプライバシーに配慮し、インストールの手間を省いた職場向け接触追跡製品を開発している。どのような手段があるのか。(2020/8/13)

多様化する「接触追跡」技術【前編】
打刻データを使った職場向け「新型コロナ接触確認アプリ」とは?
企業が新型コロナウイルス感染防止と経済活動を両立させる動きを本格化させる中、職場に人が戻り始めている。職場で新型コロナウイルス感染者との接触を追跡する製品も充実し始めた。どのようなものがあるのか。(2020/8/6)

コロナで変化:
「会議は対面でなければいけない」44%
新型コロナの感染拡大を受けて、オンラインを使った飲み会などが増えているが、職場で対面でなければいけないと感じているものは何だろうか。ビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/7/25)

職場のそばで拾った猫は“パワハラ上司”だった―― サラリーマンの部下との奇妙な日常を描いた漫画「部長、猫になる」
部長がかわいいシャム猫になっちゃいます。(2020/7/23)

「地球で一番ホットなオタク」 スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル、ゲーミングPC組み立て動画が「職場で見るには危険すぎる」と大反響
PC組み立てただけなのに。(2020/7/17)

Gmailをメインの仕事場に──Chat、Meet、Docsなどのハブにするアップデート
Googleが、G Suite版Gmailでメール、チャット、動画チャット、ファイル、タスクの作業をアプリを切り替えずに操作できるようにすると発表した。モバイル版Gmailアプリにも切り替え用のタブが追加される。(2020/7/16)

【マジで方言じゃないと思ってた】東京転勤後、職場で「“サシ”忘れた」→他の社員から一斉ツッコミ by 岡山県出身の方
通じそうで通じないやつ。(2020/7/22)

「在宅勤務」長期化に備える【後編】
新型コロナが問う「オフィスに莫大な金を払い続ける」ことの是非
全社的に在宅勤務などのテレワークに移行した企業が職場への出社を再開させる場合、考慮すべきことが幾つかある。実は今までのオフィスに対する考え方自体、新しい時代には“常識”ではなくなる可能性さえあるのだ。(2020/7/8)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:笑顔で助け合う明るい職場です(棒読み)
お、お気を確かに……!(2020/7/5)

半径300メートルのIT:
セキュリティ的に意味なし “旧ノーマル”な職場にはびこる習慣、その名も「PPAP」を知っていますか
テレワークやクラウド化が進む昨今、職場や生活の“ニューノーマル”として、今までのIT運用や習慣を見直す動きが出てきています。そこで今回、職場の“セキュリティ対策”とされている習慣のうち「実はそれ、セキュリティ的に意味がないんです。いらないんです」と言いたいものを2つご紹介しましょう。皆さんも、実はよく知っているかも――?(2020/6/23)

米最高裁、LGBTQ理由の職場差別は違法との判決
米最高裁が、同性愛やトランスジェンダーを理由に従業員を解雇するのは違法だという決定を下した。1964年の連邦公民権法が禁止する職場での性差別禁止はLGBTQ+も対象とするという解釈だ。(2020/6/16)

天才プログラマーが2週間で構築 テレワークシステムが好評
新型コロナウイルスの流行を機に、NTT東日本が開発し無償提供しているテレワークシステムが好評だ。自宅のパソコンから安全に職場のネットワークに入れるシステムで、利用者はすでに3万2千人を超えたが、驚くべきはこのシステムがわずか2週間で開発された点だ。携わったのは同社が4月にヘッドハンティングした登大遊(のぼりだいゆう)さん(35)。業界では名の知れた天才プログラマーだ。(2020/6/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
窓口対応で土下座まで……「カスハラ」対策、“理不尽なおもてなし”から解放されるか
6月から職場でのパワハラ対策が大企業に義務付けられた。公務員ではパワハラ対策と合わせて、「カスタマーハラスメント」対策も進められる。“おもてなし”という言葉でごまかさずに、感情労働にはお金とケアが必要だという認識が広まってほしい。(2020/6/12)

ServiceNow、新アプリケーションの提供を開始 安心な職場環境と従業員の安全確保を支援
ServiceNowは、4種類のアプリケーションと統合ダッシュボードの提供を開始した。同製品群は、従業員の健康状態といった職場復帰への準備状況や職場の新型コロナウイルス感染症のリスクを可視化し、従業員が安心してオフィスに戻り勤務できる環境を支援するという。(2020/6/10)

パーソル総研がアンケート:
上司の4割「テレワーク中の部下が仕事サボっている」と不安に――調査で判明
上司の4割がテレワーク中の部下に「サボっている」と不安。パーソル総研の調査で判明。在宅・通勤が混在する職場ほどテレワーカーの不安・孤独感が高い結果も。(2020/6/10)

「退職時に配るお菓子」のアンケート調査結果、「配った経験ない」が54%に 理由上位は「面倒くさい」「職場が嫌い」
なんて赤裸々なアンケート調査。(2020/6/9)

職場に捨てられた子猫を保護→足元に甘えてきて動けない……! モフかわ子猫が守ってあげたくなる
かわいいから仕方がない。(2020/6/9)

「理想の上司」「帝国軍ええ職場になったなあ」 テレワーク終了を告げるダース・ベイダーが「こんな上司なら暗黒面に堕ちてもいい」と話題に
さすがはベイダー様……!(2020/5/31)

職場は本当に必要?:
コロナ後もテレワーク、「オフィス消滅」企業が続々
コロナ対応で進むテレワーク化。終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。本当に職場は不要か、意外なメリットにも迫る。(2020/5/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ危機が日本企業の非合理な“ムラ社会”を確実に破壊する訳
非合理な面もあった日本企業の“ムラ社会”。筆者はコロナ危機で崩壊する可能性を指摘する。終身雇用の終焉や「ムダな社員・職場」の顕在化が進む。(2020/5/13)

春画師が漫画家の職場にタイムスリップ! 江戸と現代が交錯する漫画が熱い
【最後に試し読みあり】ギャグと展開の熱さが拮抗する春画師コメディー!(2020/5/13)

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DX推進を担うのは誰が「主役」か 調査で明らかになった“最強部門”とその仕事ぶり
IT系のプロジェクトでは、キックオフミーティングでの参加者の顔ぶれでそのプロジェクトの狙いや思いが分かることがあります。皆さんの職場ではどのようなメンバーが集まり、その主管部門はどこでしょうか?(2020/5/13)

データサイエンスな日常:
在宅ワークの孤独に対抗してプロジェクションマッピングで“バーチャル職場”を作り出す
在宅ワークは寂しく孤独だ。プロジェクションマッピングと同僚の3Dモデルを使い、自宅にバーチャル職場を作ってみた。(2020/5/12)

「1ヶ月以上、押入れに出勤してる」 最近ずっと“押入れに出勤してる人の仕事場”が「かっこいい」「秘密基地感」
「1ヶ月以上、押入れに出勤してる」という人の“職場”がTwitterで公開されました!(2020/5/6)

「本当にありがとう」「職場なのに号泣」 つんく♂、ハロプロ、森高千里、KANらが集結した“リモート合唱”に涙が止まらない
歌の力はすごい。(2020/5/6)

「間もなく育休が明ける。率直に言って発狂しそうだ」 パパが描いた育休と職場復帰の漫画に涙腺崩壊する人が続出
パパの愛情が深い〜!(2020/4/29)

“ありがとう”で回せる「自己肯定感ガチャ」を設置する会社が話題に 「これはおもしろい」「素晴らしい試み」
あたたかい職場……!(2020/4/25)

中小では対応難しく:
「テレワーク対応」は35%に増加 「収入減少」の不安が高まる業種も
LINEは「LINEリサーチ」で実施した新型コロナウイルスに関する調査結果を発表。職場でテレワークに対応しているという回答は前回から2倍以上に増加。一方、飲食やレジャーといった業種では、収入の減少を不安に感じている人が5割を超えた。(2020/4/24)

職場のトイレがハイテク(?)になってた! 段ボール製の「ドアノブ触らないシステム」が貧相だけど秀逸
ハイテクとは。(2020/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。