ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「職場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職場」に関する情報が集まったページです。

企業風土は「会議」に表れる 本音を話せるミーティングをつくるためのルール
いま、ビジネスの世界において注目を集めている「心理的安全性」。本記事では心理的安全性を高めるための職場ミーティングの運営方法について紹介する。(2024/3/4)

「ゆるい職場」vs.「厳しい職場」 転職希望者が望むのは?
働く環境への見直しに注目が集まっている中、ビジネスパーソンは転職をする際どのような環境を選ぶのか。また、企業風土とキャリアの関係性についてどのような意識を持っているのか。ライボ(東京都渋谷区 )の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/29)

職場でも許せる見た目 「茶髪」は過半数が許容
識学は、20〜59歳の会社員を対象に「職場の服装に関する調査」を行った。オフィスワークで働く人の服装や見た目についてどこまで許容できるのか聞いたところ、「スーツではない服装」が66.0%、「オフィスカジュアルではない服装」が41.7%だった。(2024/2/28)

13カ月の育休が明け職場復帰した初日、帰宅しドアを開けると……? 思わず涙がこぼれる“お出迎え”に「まいった」「これは泣く」【英】
じっと玄関を見つめる赤ちゃん。(2024/2/26)

「部下への忖度」経験ある上司は9割 パワハラを恐れ、言えないこととは?
働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している昨今、上司と部下の関係性はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/22)

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

来場者5万人イベント開催の若林正恭、“どうしても感謝をお伝えしたい先生”と2ショット 裏話も吐露「時には僕の仕事場まで来て」
DJ IZOHさん「トラック、ワードチョイスは全て若林さんです」(2024/2/19)

プレミアムコンテンツ:
「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”
職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。(2024/2/16)

減りゆく職場のバレンタイン 「欲しい」派は何割?
職場でのバレンタインについて、9割が「渡さない」としたことがライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」による調査で明らかとなった。社会人のバレンタインに関する意識はどのように変化しているのか。(2024/2/8)

製造現場向けAI技術:
半導体製造工場の労災防止AIを共同開発、24時間リアルタイム監視で安全確保
HACARUSは、東京エレクトロンと共同開発中の半導体製造工場向け労災防止AIについて発表した。これまで人では難しかった24時間リアルタイム監視体制が構築可能になり、より安全な職場環境づくりに貢献する。(2024/2/2)

実際に使用した東海道新幹線の車内販売用ワゴンがあなたの元へ 限定50台で抽選販売へ
2023年10月末で終了した東海道新幹線の車内販売で実際に使用されていたワゴン。家や職場で車内販売を再現できるチャンス。(2024/1/24)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

出社を促すオフィスデザイン【前編】
「明るい職場」で社員呼び戻し? 注目の「バイオフィリックデザイン」
自然素材や採光などの環境要素は、従業員の健康と生産性にどこまで寄与するのか。キーワードとなる「バイオフィリックデザイン」について説明する。(2024/1/5)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”
職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。(2024/1/4)

「勤務先はブラック」3割超 パワハラ、高い離職率……理由の1位は?
現職を「ブラック企業」と思っている人が3割に上ったーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。働く人々が「ブラック企業」と感じる職場とは。(2024/1/9)

働き方の見取り図:
なぜ休日に業務連絡? 「つながらない権利」法制化の前に考えるべきこと
「つながらない権利」が近年、関心を集めている。業務時間外の連絡対応の拒否を求める声が高まっている。法制化して職場とのつながりを一切遮断すれば解決するかというと、問題はそう一筋縄では行かない。「つながらない権利」問題の本質とは――。(2024/1/4)

赤福はおいしいけれど…… 銘菓をめぐる“ちょっとしたうらみ”を描いた体験談漫画に共感集まる
おいしいんだけど、職場のお土産には……。(2024/1/2)

その作業ムダムダ:
エラい人からオンライン会議退出 なんでもルール化はしんどい
日々仕事をしていると職場の中にたくさんのルールが存在することに気付きます。しかし、ルールがあることで弊害も……。(2023/12/31)

その作業ムダムダ:
会議の資料をわざわざ出力 「紙への郷愁」そろそろやめませんか
とにかく「紙」であることを重要視する職場があります。「わざわざ出力」は私たちを苦しくさせるムダ作業だと言わざるを得ません。(2023/12/30)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

“ダサいセーターの日”に職場で“キング”になった柄が突き抜けてて爆笑 「最強ですね」「おすしにツボりましたw」
ある意味で手が込んでる……!(2023/12/22)

職場での派閥「あった方がいい」半数超え 業務への影響は?
識学は、派閥に関する調査を実施。職場に「派閥があった方が良いと思う」は52.7%と半数を超えた一方で、派閥によって「円滑に業務ができると思う」は39.3%にとどまった(2023/12/14)

職場新年会、「不要派」が過半数 理由の2位は「お金がかかるから」、1位は?
職場の新年会に対して、どのように考えている人が多いのか。ライボの運営する「Job総研」が調査結果を発表した。(2023/12/13)

忘年会で払っても良い金額 プライベートは「4500〜5000円」、職場では?
忘年会で払っても良いと感じる金額はいくらか。ぐるなびが調査結果を発表した。(2023/12/7)

写真で見るITオフィス戦略:
テーマパークに来たみたいだぜ とあるIT企業のオフィスが個性爆発で凄かった
ここ、仕事場なの!?(2023/12/4)

キャリアニュース:
働く男性の54.6%が、職場で「男性ゆえの困難」を経験
Indeed Japanが「職場における男性特有の困難や障壁に関する調査」の結果を発表した。「職場での男性特有の困難」を54.6%が経験し、そのうち79.7%が、困難が自身の働き方やキャリアに影響したと回答した。(2023/11/30)

匿名システム使い侵入、取引先に中傷メール… 元勤務先に不正アクセス容疑で逮捕、男が残した”痕跡”
「会社に恨みがあった」。以前勤務していた会社のシステムに侵入し、取引先に誹謗(ひぼう)中傷を流布していた男が、警視庁に逮捕された。職場でトラブルを抱え、自主退職させられた男は、匿名通信システムなども駆使し、憂さを晴らしていたという。隠微な復讐が明るみに出た理由は、不正アクセスの際に残された「痕跡」だった。(2023/11/27)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

若手技術者に向けたアドバイス6選【後編】
会議では「的外れだけど“あえて質問”」はOK? 若手が意識したい処世術
経験の浅い若手技術者は、職場でさまざまな悩みを抱えがちだ。その一部は、コミュニケーションのこつを押さえることで解決できることがある。会議中の質問や、上司への相談におけるアドバイスを紹介する。(2023/11/25)

若手技術者に向けたアドバイス6選【中編】
「できる人」だと思ってもらえる魔法のフレーズ集、避けるべき“NGワード”
職場において若手技術者はさまざまな悩みを抱える傾向にあるが、その解決策として重要なのが、言葉の選び方を含めたコミュニケーションスキルだ。すぐに仕事に役立つ「フレーズ集」を紹介する。(2023/11/18)

働く上で重視するモチベーションリソースは何ですか:
年齢を重ねるごとに「承認」「親和」は減少、では増加するのは? リクルートマネジメントソリューションズ
リクルートマネジメントソリューションズは「一般社員の会社・職場・仕事に関する意識調査」の結果を発表した。働く上で重視するものや実現したいこととして、「安定」と「金銭」を重視している人が多いことが分かった。(2023/11/17)

英語を学び直す理由 2位「職場で仕事の幅を広げるため」、1位は?
昨今、「リスキリング」に注目が集まる中、社会人は「英語学習」について、どのような意識を持っているのか。ナイル(東京都品川区)が運営する情報メディア「Appliv(アプリヴ)」が英語学習に関する調査を実施した。(2023/11/16)

「ゴム印間違えたぁーーー!!」 大事な書類にやらかした船長さんが「間違え方のセンスが良い」と笑い呼ぶ
仕事場にうっかり紛れ込むカプセルトイのスタンプ。(2023/11/15)

「“ヤバい職場”の採用担当者」罪悪感ないの? NHK「ねほぱほ」がホンネを掘る
「自分が採用した社員が入社数カ月でボロボロになっていくのを横目に、また新たな人材を絶妙な誘い文句で引きずり込む」のが仕事だった。(2023/11/14)

ハイブリッドワークの挑戦と舞台裏:
職場で生まれる「この人、誰?」を解消 アサヒグループ“オフィス改革”の成果
2020年8月からリモートワークを含めた新たな働き方を模索しているアサヒグループ。グループ内の各社で個別に分かれていたオフィスを統合・シェア化するとともに、リニューアルも進めてきた。この3年間でどのような成果を得られたのだろうか。(2023/11/14)

約4割が「仕事を休むことに罪悪感」 理由は?
職場で休暇を取得しやすいと感じている人は、どのくらいいるのか。働く男女に聞いた。(2023/11/12)

若手技術者に向けたアドバイス6選【前編】
若手でも「できるエンジニア」が心得ている“仕事の流儀”とは?
若手技術者は職場でさまざまな困難に直面し、思うように仕事を任せてもらえないことがる。ただしある基本行動を重視することで、そうした状況を打開できる可能性がある。どう行動すればいいのか。(2023/11/11)

コロナ後の職場は「つくる」がキーワード コクヨが新たな働き方発信
多様性や創造性、サステナブルなどを意識した商品構成とし、企業が持つそれぞれの課題に応じたオフィス提案を強化する。(2023/11/10)

「職場で使いたい」「顔に押したい」 バーンと殴ると謝罪文が押せるメリケンサック風のスタンプが人気
商品名は「ごめんなさいメリケンサック」。(2023/11/11)

オフィス探訪:
“オフィスの芝生”で仕事? パナソニックが「出社したい」を追求した新拠点
パナソニックは、家電事業に関わる部門・関連会社が集結した「パナソニック目黒ビル」(東京都目黒区)を10月にオープンした。テレワークで顕在化したコミュニケーション不足の解決とパナソニックらしさを意識した職場環境を目指したという。若手社員が中心となって取り組んだというパナの新オフィスを取材した。(2023/11/8)

「Aさんは誘わんとこな」 バイト先の先輩が起こした“飲み会外し”にモヤモヤ→ある社員のスマートな行動に「勉強になる」
職場の人間関係って本当に大事。(2023/11/7)

「上司からの指示・命令のない組織」はうまくいく? GMOグローバルサイン・HDの挑戦
上司が部下に指示・命令し、部下は指示に従って業務を遂行する――このような、職場で当たり前に目にする光景を打破しようとする企業がある。GMOグローバルサイン・ホールディングスは4月から、「ホラクラシー型組織」を本格導入。「上司からの指示・命令のない」組織は、本当にうまくいくのだろうか……?(2023/11/7)

会議はやっぱり「リアル」のほうが良い 40%が回答、その理由は?
約4割が職場での会議は「リアル会議が多い方が良い」と回答したことが、カウネット(東京都港区)による調査で明らかとなった。その理由とは。(2023/11/2)

スシローがスタッフのヘアカラーやひげを解禁 「自分らしく、いきいきと働ける職場へ」
アルバイト、社員を含む全ての従業員が対象。(2023/10/31)

職場のハラスメント、Z世代の8割が「通報」、ミレニアル世代は4割 なぜ差?
デロイト トーマツグループ(東京都千代田区)は、同社がグローバルで行うZ世代・ミレニアル世代を対象とした年次調査「Z・ミレニアル世代年次調査2023」における、日本の結果を発表した。(2023/10/31)

職場で「無意識の偏見」を感じた質問 「子ども・出産の有無」を抑えた1位は?
無意識の思い込みに基づいた言動を受けたビジネスパーソンはどれくらいいるのか。ライボ(東京都渋谷区)が運営するキャリア調査機関「Job総研」が男女約800人から回答を得た。(2023/10/26)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第22回】
退職者の職場復帰を促すプロジェクトも――IT業界で活躍する女性たち
英Computer Weeklyは、IT業界における女性を表彰するアワードを2012年から実施している。人材開発や教育分野で活躍して表彰された人物を紹介する。(2023/10/26)

外国人が職場で「ちょっと時間ある?」と聞かれたら…… 次第に日本に染まる様子に「分かる」「余裕無くなってて泣ける」
明るいな……!(2023/10/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
トラウマを知り、人間のしくみを知る。「発達性トラウマ」の理解が人と組織を大きく変える
近年、理解がすすんできた「トラウマ」。実は誰もが抱えているこの「トラウマ」を理解することで、職場づくりが大きく変わってくるという。トラウマを理解することで、真の意味で生産性、イノベーションの源泉となる職場を作ることができるという。(2023/10/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下への接し方は大丈夫? 関係性向上のカギは「笑い」
ビジネスにおいて、なぜ「笑い」が必要なのか。それは、多くの職場では、人間関係が原因となり起こっている問題が数多くあるからだ。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。