ニュース
» 2010年05月27日 16時45分 UPDATE

MS製品に似せた詐欺ソフトに注意、マルウェア感染の恐れ

「Microsoft Security Essentials」を装う詐欺ソフトが見つかった。

[國谷武史,ITmedia]

 マイクロソフトは5月27日、同社の無償マルウェア対策製品「Microsoft Security Essentials(MSE)」を装う詐欺ソフトが見つかったとして、セキュリティチームのブログで注意を呼び掛けた。

 見つかった詐欺ソフトの名称は「Security Essentials 2010」という。細工されたWebサイトを閲覧すると、突然「マルウェアに感染しています」と警告メッセージが表示され、ウイルススキャンをしているような画面が現れる。

 その後、マルウェアを駆除するためにセキュリティソフトを装ったこの詐欺ソフトをインストールするよう促されるが、実際にはマルウェアがインストールされてしまうという。

詐欺ソフト Microsoft Security Essentialsに似せた詐欺ソフト(マイクロソフトより)

 マイクロソフトによると、この詐欺ソフトは正規のマルウェア対策ソフトであるMSEと非常に似た名称であるため、ユーザーがだまされてしまう恐れがあるという。同社はMSEで、この詐欺ソフトを「Win32/Fakeinit」の名称で検出・駆除できるようにした。他社の正規マルウェア対策ソフトでも対応できる可能性が高い。

 マルウェア対策製品を装った詐欺ソフトは近年、猛威をふるっているサイバー攻撃の一種となる。マルウェアに感染させる以外にも、金銭を要求する手口も確認されている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -