ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「詐欺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「詐欺」に関する情報が集まったページです。

攻撃者が悪用する画像加工技術の仕組みとは
「詐欺メール」がフィルタリングしても届き続ける原因は「加工画像」にあった?
画像を使った詐欺メールによるフィッシングが横行している。そうした詐欺メールは検出が難しく、メールフィルタリングをかいくぐってしまう。その仕組みを解説する。(2022/1/21)

「ウイルス感染した」 PCサポート詐欺急増
PCがウイルス感染したように装い、利用者の不安をあおって対応の名目に、金銭を要求する「サポート詐欺」で、警視庁が男女3人を逮捕した。立件は全国初。サポート詐欺の被害は年々増加しており、PCに不慣れな高齢者を中心に被害が目立つ。(2022/1/20)

背景に何が:
「ウイルス感染した」PCサポート詐欺急増、なぜ
パソコンがウイルス感染したように装い、利用者の不安をあおって対応の名目に、金銭を要求する「サポート詐欺」で、警視庁が男女3人を逮捕した。立件は全国初めて。(2022/1/19)

フィッシング詐欺に使われる企業ブランド Microsoftを押さえて1位になったのは
Check Point Software Technologiesは、2021年第4四半期にフィッシング詐欺に利用された企業ブランドランキングを発表した。これまで1位だったMicrosoftが2位に後退し、新しいブランドが1位になった。(2022/1/19)

英国調査から見る「ネットバンクとの付き合い方」【前編】
「ネットバンクの被害は銀行が補償して当然」と期待する人が7割 銀行の本音は
調査によると、英国のインターネットバンキングユーザーは詐欺被害を銀行が補償することを期待している。こうした考え方が広がる背景には、セキュリティ意識の高まりがある。(2022/1/19)

米お騒がせYouTuber、4億で買ったポケモンカードが偽物で意気消沈 「ポケモン史上、最大の詐欺だ」
こんなことあるのか……。(2022/1/15)

任天堂をかたる詐欺サイトに注意 Nintendo Switchの偽セールで個人情報を盗まれるおそれ
気を付けましょう。(2022/1/14)

ドコモ、フィッシング詐欺対策で「危険SMS拒否設定」を3月中旬から提供
NTTドコモはSMSを悪用したフィッシング詐欺への対策を目的に、危険なサイトのURLなどが含まれるSMSを自動で拒否する「危険SMS拒否設定」を3月中旬から提供予定。ahamoを含めた全てのドコモユーザーが対象となる。(2022/1/13)

迷惑SMSは受信拒否 ドコモとソフトバンクが春に機能追加へ フィッシング詐欺対策で
NTTドコモとソフトバンクが、迷惑SMSの受信を拒否する機能の提供を今春に始める。スミッシングによる被害を防止する。(2022/1/13)

コロナ禍で犯罪大幅減 ネット利用詐欺は増加傾向 犯罪白書
法務省が21年版犯罪白書を公表した。2020年1年間の刑法犯認知件数は、前年比で約18%減少。直近5年平均の約2倍の減少率で、新型コロナウイルスが広がる中、犯罪は例年以上に減っていたことが明らかになった。(2021/12/27)

「経産省ガイドライン対応のため」と偽りカード情報詐取するフィッシングメールに注意
経産省の名前を利用し、カード会社を装うフィッシングメールが出回っている。(2021/12/24)

元TBS伊東楓 新天地ドイツでの生活に「楽しみになってきた」 一方で“詐欺事件や銀行トラブル”振り返り「疲れちゃうよ」
たくましいです!!(2021/12/21)

不正取得の170億円をビットコインに ソニー生命社員を追送検、FBIが全額押収
清算手続き中の海外子会社から不正送金した約170億円を暗号資産(仮想通貨)のビットコインに交換し、自らが管理する口座に移したとして、警視庁捜査2課は21日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いでソニー生命保険社員、石井伶容疑者(32)=東京都品川区、詐欺罪で起訴=を追送検した。(2021/12/21)

発電機製造のデンヨー子会社が「1億円の詐欺被害」 特別損失として計上
デンヨーは12月17日、同社の米国子会社が詐欺にあったと発表した。悪意ある第三者による虚偽の指示で、約1億円が流出したという。発生日は10月28日。(2021/12/17)

偽ECサイトで金銭をだまし取る「詐欺サイト」 その実情と見分け方
被害が増える詐欺サイト。ECサイトの制作を手掛けるecbeing(東京都渋谷区)が、詐欺サイトの実情や見分け方を解説した。(2021/12/17)

「娘の誕生日祝いに動画を作って」クリエイターを狙った詐欺の手口が巧妙 実際にだまされそうになった報告が恐ろしい
もらう側が取られる側に。(2021/12/6)

RTFドキュメントを悪用したフィッシング詐欺の手口が拡大中 Proofpointが注意喚起
メールにRTFドキュメントが添付されていたらすぐに開かずチェックした方がいいだろう。RTFテンプレートインジェクションと呼ばれるテクニックを駆使したフィッシング詐欺が広がりつつある。(2021/12/3)

元SKE48・山田樹奈被告に有罪判決 詐欺などの罪で懲役1年6月、執行猶予4年に
2019年1月までSKE48に所属していた山田被告。(2021/12/2)

170億円不正送金疑い ソニー生命社員を逮捕 テレワーク中に上司の目を盗んで
ソニー生命保険の海外連結子会社の米銀行口座から約170億円を別口座に不正送金したとして、警視庁捜査2課は、詐欺容疑で、同社社員の石井怜容疑者を逮捕した。捜査2課はFBIとも連携し、不正送金の目的や使途などの詳しい経緯を調べている。(2021/12/2)

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

ドコモ装う不正アプリ被害、iPhoneでも確認 構成プロファイル悪用
NTTドコモなどの通信事業者を装って不正アプリをインストールさせ、ネットワーク暗証番号などを詐取するフィッシングの手口。AndroidだけでなくiPhoneでも被害を確認しているという。(2021/11/26)

詐欺に遭わないためには
偽動画「ディープフェイク」を見破るには“ここ”を見るべし
攻撃者はディープフェイクを悪用して事実を改ざんし、さまざまな詐欺行為に及ぶ。ディープフェイクの仕組みと、脅威を軽減するための対策を紹介する。(2021/11/12)

SNSの罠 国際ロマンス詐欺 狙われる中高年
国際ロマンス詐欺が近年なって増えている。大阪府警が詐欺に加担したとして6人を逮捕した事件では、30〜70代の男女66人が計約1億4000万円をだまし取られていた。ターゲットになっているのは、懐に比較的余裕のある中高年が中心のようだ。(2021/11/1)

Cisco Talosが2021年第3四半期の脅威動向を発表 ビジネスメール詐欺に要注意
Cisco Talos Intelligence Groupは2021年第3四半期のサイバーセキュリティインシデントの傾向を発表した。企業が注意すべきサイバーセキュリティ脅威が簡潔にまとめられているため参考にしてほしい。(2021/10/30)

「このQRコードを読み取ってくれないか」──街中での謎の声かけがTwitterで話題 セキュリティ企業も警鐘
「このQRコードを読み取ってくれないか」──街中で謎の声かけにあった旨のツイートが話題を集めている。QRコードを使った新手の詐欺の可能性もあり、注意が必要だ。(2021/10/28)

日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
11月1日から新500円硬貨の発行が開始します。(2021/10/27)

ATMの不正出金をAIで検知、精度は94% 三菱UFJとラックが実証実験 特殊詐欺対策に
情報セキュリティ企業のラックと三菱UFJ銀行が、AIを活用して、ATMからの不正出金を検知する実証実験を行った。ラックの金融犯罪対策部門が蓄積したデータを活用し、不正出金を約94%の精度で検知することに成功したという。(2021/10/25)

ATMの不正取引、AIで9割検知 三菱UFJとラックが実証
ラックは、独自のAIを活用したATMの不正利用に関する概念実証実験で、不正取引の検知率94%を達成した。ラックの金融犯罪対策センターの知見をAIモデルに組み込み、特殊詐欺やサイバー犯罪といった金融犯罪対策に特化したAIを開発した。(2021/10/25)

超不均衡データに対応:
AIで「ATMの不正取引」を検知、ラックが独自技術で検知率94%を達成
ラックは三菱UFJ銀行と協力して独自のAIを活用したATMの不正利用に関する概念実証実験を実施し、不正取引の検知率94%を達成した。ラックの金融犯罪対策センターの知見をAIモデルに組み込むなど、特殊詐欺やサイバー犯罪といった金融犯罪対策に特化したAIを用いた。(2021/10/25)

分かりやすい詐欺に引っ掛かったがリカバーした話
Facebook広告の詐欺商品に引っ掛かってしまった小寺信良さんはどう対応したか。(2021/10/18)

「Microsoft 365」のメールセキュリティを強化
不審メールのすり抜けをほぼゼロにした、京急電鉄のメールセキュリティ対策とは
マルウェア感染や詐欺、誤送信による情報漏えいなど、メールを起点にしたセキュリティ事故は後を絶たない。企業が安全にメールを使う上で、どれだけのリスクがあるのか。企業はこうしたリスクにどう備えるべきか。(2021/10/15)

「携帯が大変なことになりました」 薬丸裕英の娘・玲美、フィッシング詐欺でApple IDの乗っ取り被害
なりすましメッセージに注意。(2021/10/4)

ドコモを名乗るSMSで1億円被害、全額補償へ ドコモオンラインショップでiTunesカードなどの販売を一時停止
NTTドコモは、同社の名乗るフィッシングSMSにより詐欺被害が起きたと発表。被害金額は約1億円、被害人数は約1200人。ドコモオンラインショップでの「App Store & iTunesギフトカード」などの不正購入が確認されたという。対象者には全額補償する。(2021/10/4)

HuaweiのCFOを釈放 カナダ裁判所 司法取引成立
米ニューヨークの連邦地裁は24日、米司法省と中国通信機器大手、Huawei副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告の司法取引成立を認めた。同省の要請でカナダ当局が拘束し詐欺などの罪で起訴された孟被告は、2022年末まで合意の条件を守れば起訴猶予となる。カナダから米国へ身柄を引き渡す要求は取り下げられ、カナダの裁判所は孟氏の釈放を決定した。(2021/9/27)

山崎ケイ「プロフィール詐欺じゃなくなった!」 10カ月で4.2キロのダイエット、ウエストは1週間で-4.5センチ
ゆっくりでも着実に痩せていった山崎さん。(2021/9/19)

ATMにセンサー付きぬいぐるみ 詐欺抑止図る 埼玉
埼玉県警所沢署は、音声を発する犬型ぬいぐるみ「しばいぬコウタ」を金融機関のATM(現金自動預払機)付近などに設置して詐欺被害抑止を図る取り組みに着手。同署で委嘱式を行った。(2021/9/14)

半径300メートルのIT:
自社ブランドがフィッシング詐欺に悪用される時代、対策に必要な心構えとは?
フィッシング詐欺件数の増加に加え、詐欺に悪用されるブランドの件数も増加傾向にあります。自社が被害に遭わないために私たちにはできることは何でしょうか。対策に有効な3つのドキュメントを紹介します。(2021/9/14)

「コントみたい!」「おばあちゃんエラい!」 オレオレ詐欺に注意してと伝えたら……まさかの展開が孫を待ち受けていた
伏線回収の速度感よ。(2021/9/12)

無料で始めるメール詐欺対策
企業を襲う「億単位」のセキュリティ被害を、たった15分で効果的に防ぐ方法
サイバー犯罪が高度化して企業の対応も進化する中で見逃されがちな攻撃に「ビジネスメール詐欺」がある。古典的ながら人間の心の隙を狙って多額の被害を出す悪質なメール攻撃だが、これを無料で防げる効果的な方法がある。(2021/9/8)

若者ら狙うワクチン詐欺メール、手口の実態は?
若者らの新型コロナウイルスワクチンの接種加速が課題となるなか、自衛隊が東京と大阪で運営する大規模接種センターの開設期間を9月25日ごろから約2カ月間延長する方向となった。(2021/9/4)

若者狙うワクチン詐欺メールの巧妙な手口 大規模接種センター予約かたり個人情報要求
若者の新型コロナウイルスワクチンの接種加速が課題となるなか、自衛隊が東京と大阪で運営する大規模接種センターの開設期間を9月25日ごろから約2カ月間延長する方向となった。ただ、同センターの予約案内をかたって個人情報を求める悪質なメールが相次いでいる。自身も悪質メールを受信した専門家に手口の実態を聞いた。(2021/9/3)

「ワクチン接種、予約はこちら」偽メールに注意 自衛隊・厚労省かたりクレカ情報詐取
「自衛隊の大規模接種センターでコロナワクチンの接種予約ができる」とかたり、偽サイトに誘導して個人情報やカード番号を詐取しようとするフィッシングメールが出回っている。(2021/8/31)

Google検索の“勝手にタイトルを変える仕様”に波紋 消費者庁などの注意喚起ページが逆の詐欺タイトルに
Googleが導入した、検索結果に表示されるページのタイトルを自動生成するシステムにより検索結果に混乱が起きている。詐欺に対する注意喚起ページのタイトルが詐欺的なタイトルになってしまうなどの事態も。Googleは「必ずしも完璧ではない」としている。(2021/8/30)

だいたひかる、夫を結婚詐欺師だと思っていた結婚前の“イケメンショット” 「めちゃ男前」「これなら騙されても良い」
あふれ出るいい男感。(2021/8/27)

「2回目の10万円給付」偽るフィッシングに注意 マイナポータルに似せ、クレカ番号や免許証写真求める
「2回目の10万円給付」などと偽るフィッシング詐欺に注意。マイナポータルに似た偽サイトにアクセスすると、クレジットカード番号や免許証写真などのアップロードが求められる。(2021/8/25)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第3回】
“脱VPN”からの「ZTNA」導入が進む理由 “ゼロトラスト詐欺”には要注意
テレワークへの移行が進む中、企業は「VPN」を使い続けることに限界を覚え始めている。VPNの代替手段として導入や検討が進むのが「ZTNA」だ。ZTNAに注目が集まる理由は。(2021/8/23)

“FF14”内でフィッシング詐欺多発、スクエニが注意喚起 背景にはユーザーの急増
スクエニが、MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」内でのフィッシング詐欺が増加傾向にあるとして注意を呼び掛けた。ゲーム内チャットを悪用してURLを送信し、偽サイトに誘導する例が増えているという。(2021/8/19)

「PCサポート詐欺」コロナ禍で拡大 狙われる高齢者……電話かけさせリモート操作、マルウェア仕込む
PCのサポートを偽った詐欺被害が拡大している。PCが壊れたと誤認させ、サポート先と称する番号に電話をかけさせ、リモートアクセス権限を入手してマルウェアを仕込む手口だ。(2021/8/17)

半径300メートルのIT:
「自分はだまされない」そう思っている人ほど要注意 テクニカルサポート詐欺の実態は?
PCのテクニカルサポートを装ったなりすまし詐欺は非常に手が込んでおり、ITリテラシーが高い人でも引っ掛かってしまう可能性はあります。Microsoftが公開した「テクニカルサポート詐欺グローバル調査 2021」から実態を学びましょう。(2021/8/10)

Huawei幹部の引き渡し カナダで審理再開
カナダで拘束され、米国で詐欺などの罪で起訴された中国通信機器大手Huawei副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告の米国への身柄引き渡しを決める審理が、カナダ西部バンクーバーの裁判所で再開した。弁護側は「米国が証拠を捏造(ねつぞう)している」などとして、引き続き無罪を主張した。(2021/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。