ニュース
» 2010年05月28日 07時42分 UPDATE

Cisco、「Network Building Mediator」の脆弱性に対処

危険度は最も高いもので、CVSSベーススコアで最高値の10となっている

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは5月26日、エネルギー管理システム製品「Cisco Network Building Mediator」(NBM)のソフトウェアアップデートを公開した。複数の脆弱性する。

 同社のアドバイザリーによると、影響を受けるのはNBM-2400とNBM-4800の両モデル、およびレガシー製品の「Richards-Zeta Mediator 2500」。

 脆弱性は、「デフォルトクレデンシャルがシステムに存在」「権限昇格」「情報の傍受・盗聴」で、問題を悪用された場合、攻撃者がデバイスを完全に制御できてしまう恐れがある。危険度の最も高い脆弱性は、CVSSベーススコアが最高値の10となる。

 Ciscoはソフトウェアアップデートの公開でこれら脆弱性に対処するとともに、一部の脆弱性については回避策を紹介している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -