ニュース
» 2010年06月29日 07時41分 UPDATE

犯罪集団もソーシャルメディアを積極利用、YouTubeに宣伝動画

YouTubeに掲載された動画では、ネット攻撃ツールの機能や価格、販売サイトのURLなどが紹介されていた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のTrend Microは6月28日のブログで、動画共有サイトのYouTubeにインターネット攻撃ツールの宣伝動画が掲載されているのを見つけたと伝えた。

 同社によると、問題の動画はサービス妨害(DDoS)攻撃を仕掛けるためのツールを宣伝する内容で、機能や価格、販売サイトのURLなどが紹介されていた。価格はわずか15ドルで、既にYouTubeが削除する措置を取ったが、閲覧回数は600回を超えていたという。

 こうした動画はTwitter、Facebook、YouTubeといったソーシャルメディアに掲載されているマルウェア広告の一例にすぎないとTrendは指摘する。犯罪集団が正規の企業と同様、「顧客」獲得のためにソーシャルメディアを積極利用している実態を物語るものだと分析している。

mltolyt.jpg YouTubeで公開された攻撃ツールの宣伝動画(Trend Microより)

関連キーワード

YouTube | 宣伝 | ソーシャルメディア | 犯罪


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -