ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宣伝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スピン経済の歩き方:
なぜスシローは「おとり広告」をやらかしたのか 「また起きる」これだけの理由
回転寿司チェーン「スシロー」の「おとり広告」が炎上した。テレビ広告で盛んに宣伝していたが、それらの広告は「偽造」だったのだ。「モラルが低下している」「本社と現場の間に溝がある」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2022/6/14)

看板商品だったのに:
98%超の店で「濃厚うに包み」販売中止に スシロー「おとり広告」問題
回転ずし大手「あきんどスシロー」が販売した期間限定メニューの宣伝が「おとり広告」に当たるとして、消費者庁から再発防止を命じられた問題で、キャンペーン期間中にもかかわらず国内全店舗のうち98.1%の店で、看板商品の一つだった「濃厚うに包み」の販売を途中で中止していたことが9日、消費者庁への取材で分かった。(2022/6/9)

「おとり広告」で消費者庁:
「豪華かにづくし!」実際は在庫切れ スシローに措置命令
大手回転寿司チェーンのスシローが、ウニやカニのすしを実際は在庫がないのに販売しているかのようにテレビCMなどで宣伝したとして、消費者庁は6月9日、運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)に対し、景品表示法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/6/9)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第4回】
「新技術の宣伝文句はどうせ盛っている」と考える企業がチャンスを逃す理由
新技術の宣伝文句には美辞麗句が並びがちだ。経歴の長いIT担当者の中には、あえて冷静に捉えようと考える人もいる。だが初めから「新技術は自社には関係ない」と考えるとチャンスを逃す可能性がある。(2022/5/12)

くら寿司“あぶりネタ”宣伝ツイートに批判集まる 「このタイミングであぶりって…」「二度と行きません」
記事掲載の前日のツイートでしたが……。(2022/4/21)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】
「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違い
ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。(2022/4/15)

静かに現実味を帯びる「AIOps」【前編】
ただの流行語ではなくなった「AIOps」 なぜ導入が進み始めたのか?
機械学習とIT運用を組み合わせるAIOpsは派手に宣伝されることがなくなり、導入期に突入した。この動きに影響を与えたのは、パンデミックとクラウドサービスの利用拡大だ。(2022/3/29)

業種・業界別ではどうか
「量子コンピューティングを理解しているか?」に対する驚きの回答
多くのビジネス意思決定者は、量子コンピューティングを誇大宣伝であると考える一方で利用方法の検討に入っている。彼らはどの程度量子コンピューティングを理解しているのか。(2022/3/29)

TikTok、ステマ疑惑について正式謝罪 「宣伝のつもりではなかった」
TikTokを運営するTikTok Japanが、ステルスマーケティング疑惑について「多くの皆さまに不信を招いた」として正式に謝罪した。「サービスを宣伝するものではなく、広告表記は不要との認識だった」としている。(2022/1/26)

【決算】黒字化果たしたマネフォ、再び投資加速で30〜40%の成長をコミット
マネーフォワードが再度、成長に向けた投資に踏み切る。いったんEBITDAで黒字化したが、今後広告宣伝費などに大きく投資し赤字となる計画。年率30〜40%の売上高成長をコミットした。特に、ストック型収入であるSaaSのARR(年間定期収益)にフォーカスし、早期に200億円規模を目指す。(2022/1/14)

刺身タンポポで作った「世界一小さい開店祝い」がささやかすぎて人気に 「蟻に宣伝してるんか!」「これは草…いや菊」
全力で祝ってますよ!(2021/12/23)

Secure Access Service Edgeを理解する
SASEとは何か ベンダーの単なる誇大宣伝か、役に立つのか
次々と生まれるセキュリティ用語。SASE(Secure Access Service Edge)もその一つだ。これは既存概念に新しいラベルを貼っただけの誇大宣伝なのか。(2021/12/23)

Retail Dive:
Amazonマーケットプレイスは中小の“味方”か? 「180万人の雇用」宣伝が議論呼ぶ
オンラインショッピング市場が急拡大する中、Amazonが「マーケットプレイスの売り上げ拡大で社外に180万人の雇用を生んだ」とする発表が議論を呼んでいる。あまりに巨大な市場を築き上げた一方で、同社にはコンプライアンス違反の疑いもかかっているためだ。(2021/12/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

Googleさん:
Pixel 6はこれで最強に? Googleが宣伝したいTensorチップはおいしいか
もうすぐ発売の「Pixel 6」の目玉は純正SoCの「Google Tensor」。Googleの日本チームによるポテトチップキャンペーンも大反響です。SoCの構成についての確度の高いうわさも出始めています。(2021/9/18)

話題の教育番組「ワルイコあつまれ」は来週で終わり? NHKに聞いた“予告なし”の理由
NHK Eテレ(教育)は13日、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演する新番組「ワルイコあつまれ」を放送した。番組の宣伝や事前の予告は一切なしで朝のお茶の間を驚かせた。(2021/9/13)

クイズDEドラマ:
「漂着者」斎藤工“ヘミングウェイ”追う女子高校生・ペリが消えた? 演じる隅田杏花はドラマ宣伝も怪しむ視聴者
消えたペリちゃん。(2021/9/5)

Gartner Insights Pickup(219):
ゼロトラストセキュリティの始め方
セキュリティとリスク管理のリーダーは、ゼロトラストのハイプ(誇大宣伝)を超えて、2つの重要なリスク軽減プロジェクトを実行する必要がある。(2021/8/13)

KINCHOが新聞広告でネット広告を盛大にディス→一転「インターネット大好き」 ツンデレ過ぎる宣伝が人気
「新聞広告は、(ネットみたいに)あこぎなことしないから安心だよ」とか言っといて……。(2021/7/5)

集英社がゲーム企画のコンテスト 賞金は100万円+開発資金、ジャンル問わず
集英社が、ゲームの開発企画を募るコンテストを開始。ゲームのジャンルやプレイに必要なデバイスは問わない。優勝者には賞金100万円と開発資金、製品化に向けた宣伝や技術支援を提供する。(2021/7/1)

前期は赤字:
メルカリ、業績予想を上方修正 最終益が従来予想から2倍超に
メルカリが2021年6月期通期業績予想を上方修正。最終益が50億円(前期は227億円の赤字)になる見通しだ。広告宣伝費などを減らし、増益を見込む。(2021/6/23)

日本企業の約4割がSaaS利用 ガートナー「クラウドは普及・拡大フェーズ」
日本企業のクラウド利用はコロナ禍前に比べて拡大している――こんな傾向が、IT調査会社ガートナー ジャパン(東京都港区)の調査で分かった。同社は背景としてAmazonなど米大手企業がクラウド導入を宣伝したことなどを挙げた。(2021/6/14)

Stack Overflowが開発者を対象に調査:
「ブロックチェーン技術は革新的」とする開発者が多数派に
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」が、ブロックチェーン技術に関するソフトウェア開発者の認識や使用経験などを調査した結果を発表した。回答者の6割強が同技術を誇大宣伝ではなく革新的だと捉えていたが、実際に開発経験がある技術者は4分の1弱とまだ少なかった。(2021/6/14)

アフィリエイト規制、責任の明確化が焦点に 消費者庁が初の検討会
 消費者庁は6月10日、虚偽や誇大宣伝を含むアフィリエイト広告の防止に向けた検討会の第1回を開催した。消費者が被害に合わないような仕組みや規制、不当表示があったときの責任の所在などについて委員らが議論した。(2021/6/10)

当面は中国がリード:
「NB-IoT」はどうなっているのか
業界では、新しい技術が生み出されると、現実的な予測を大きく超えるような過剰な宣伝が行われる。その典型的な例として挙げられるのが、NB(ナローバンド)‐IoT(モノのインターネット)の誕生と、少なくとも北米や欧州において4G(第4世代移動通信)技術に対する商業的な期待の高まりが沈静化してしまったことに関するストーリーではないだろうか。(2021/5/20)

製造技術やコスト面で課題:
マイクロLEDディスプレイの市場拡大はまだ先
マイクロLEDディスプレイは、OLED(有機ELディスプレイ)、LCD(液晶ディスプレイ)、量子ドットベースのディスプレイの潜在的な代替技術として派手に宣伝されているが、市場調査グループのIDTechExは警鐘を鳴らしている。同社のレポートは、ディスプレイ市場で他の技術に置き換わることに焦点を当てるとともに、新たな市場を創出することも考察している。(2021/4/28)

バズった経験値を“バズり力”として数値化 バズり力に応じて自己PRできる「バズったので宣伝させてくだ採用」
“バズり力”が高いほどたくさん書ける。(2021/4/10)

ケンタッキーが「他社の宣伝文句を勝手に使いまくるキャンペーン」開催 「翼をさずける」→「手羽をさずける」
自社のキャッチフレーズ「it's finger lickin' good(指までしゃぶりたくなるほどおいしい)」が使えなくなったため。(2021/4/4)

ゼロトラストセキュリティが目指すもの【中編】
過剰宣伝に隠れた「ゼロトラストセキュリティ」の“本当の意義”とは?
セキュリティベンダーがこぞって「ゼロトラストセキュリティ」を宣伝する状況には、良い面と悪い面があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。(2021/4/1)

まずはドイツでの“お手並み拝見”:
Tesla、EV市場でのリーダーシップへの険しい道のり
米国カリフォルニア州を拠点とする電気自動車メーカーTeslaのシェアがかつてないレベルまで高まる中、同社の勢いはさらに増しつつある。だが、大々的に宣伝される時価総額は、実際に持続できるものなのだろうか? また、Teslaは世界の競合各社と十分に張り合えるブランドなのだろうか?(2021/3/31)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【中編】
「Wi-Fi 6」の厄介な問題 “宣伝文句”と現実の無視できない違いとは?
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)導入によってデータ伝送の高速化などのメリットが期待できる半面、問題になり得るポイントもある。Wi-Fi 6の一見紛らわしい宣伝文句を正しく受け取るためのヒントを紹介する。(2021/3/19)

ジョン・マカフィー氏、今度は証券詐欺で起訴 ツイートによる暗号通貨のパンプ&ダンプ
セキュリティ記号McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏(75)を、米司法省が暗号通貨に関する証券詐欺とマネーロンダリングで起訴した。105万人以上のフォロワーを持つ公式Twitterアカウントで特定の通貨を宣伝し、パンプ&ダンプした。同氏が現在、別件で逮捕され、スペインに勾留されている。(2021/3/8)

デジタルサイネージを活用した施設の密回避ソリューションセミナー:
NECが3密回避に効く「過入場検知デジタルサイネージ」を開発
NECは、映像や動画の広告宣伝を配信するだけでなく、施設への入場制限や3密を回避できる「過入場検知デジタルサイネージ」を開発した。(2021/2/2)

キンコン西野、劇場芸人に「1日1組10万円」支援策 自身のYouTubeチャンネル出演で
原資は映画宣伝のコストとオンラインサロンの売り上げから。(2021/1/25)

サガミオリジナル12代目宣伝大使に清水あいり、“ねとらぼ”で「関西弁あいうえお」をお願いしたら
ナチュラルすぎて気が付かなかった。(2020/12/15)

Mobile Weekly Top10:
まだまだ続く「ahamo(アハモ)」の余波/携帯電話料金はどう示すべきなのか?
NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の余波がまだ続いています。悪くない発表だったはずのauの新料金プランの発表が「炎上」してしまったのも、ある意味でahamoの余波ですが、ドコモを含む大手キャリアが取ってきた「宣伝手法」がついに怒りを買ってしまったという側面もあります。(2020/12/14)

毎年実施:
ゆうちょ銀、元社長のセクハラ、大戸屋…… 2020年ワースト不祥事ランキングが発表
2020年にはさまざまな企業不祥事が発覚した。専門誌『宣伝会議』では1000人に対してアンケートを実施。ランキング化した。(2020/12/3)

今日のリサーチ:
Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」の2020年版の結果です。(2020/11/30)

ロンブー淳、渡部建の「ガキ使」出演に首かしげる 完全沈黙での復帰に「宣伝効果だけでいいの?」
番組登場はほぼ確実と見られています。(2020/11/20)

「時産家電」市場を狙う:
販売台数は前年比3倍! シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」開発者に聞く――共働き家庭の必需品に
シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。開発者に舞台裏を聞いた。(2020/10/20)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:機械学習の誇大宣伝と現実
特集は機械学習の企業導入の現実とCI/CDパイプライン活用術。他にPowerPoint文化からの脱却を目指しアプリを活用するモレスキンの事例、オープンソースを搾取しているという批判へのAWSの反論などの記事をお届けする。(2020/10/16)

ジョン・マカフィー氏逮捕、脱税とICO違法宣伝でDoJとSECがそれぞれ起訴
セキュリティ企業McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏が、脱税などの疑いで米司法省に逮捕、起訴された。有罪判決を受けた場合、最大5年の懲役と罰金の支払いが科せられる見込みだ。(2020/10/6)

ドコモ商品を宣伝した人に報酬を支払う「ドコモ アフィリエイト」スタート
NTTドコモが、ブログなどで同社の商品やサービスを宣伝した人に報酬を支払う広告プログラム「ドコモ アフィリエイト」を提供すると発表した。(2020/8/7)

JR東海の新型車両「N700S」 プロモーション第2弾を展開
JR東海は、7月1日にデビューした東海道新幹線の新型車両「N700S」の宣伝展開第2弾を発表した。(2020/8/4)

製品分解で探るアジアの新トレンド(47):
宣伝文句に踊らされるな! 分解するから分かる“中身との差”
広告のうたい文句と“実際の中身”が違うことは、程度の差はあれ、あることだ(その良しあしについては言及しない)。今回は、インターネット広告でよく見かける“蚊よけブレスレット”を分解し、宣伝文句との違いを比較してみた。(2020/7/30)

「パパラピーズ」の「大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww」動画が物議→削除に 「YouTuberはマスクせずに入構しても良いんだなって」などの声
映画「ぐらんぶる」の宣伝として制作された動画でした。(2020/7/28)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
なぜ「原価率300%」の料理を出すのか? コロナ後の飲食店に求められる「メニューの会計力」
コロナ後の飲食店に求められるのが、メニューを会計的に見直す力「メニューの会計力」だ。この力を高めてコロナ後を乗り切っていくことが必要になる。メニューに会計的視点を取り入れて、「広告宣伝費的な視点」「接待交際費的な視点」「販売促進費的な視点」によって、話題を作り、再来店を促し、回転率を上げて来客を促し、顧客を開拓するのだ。(2020/7/23)

空飛ぶマグロ? よみうりランドに「シーチキン」宣伝カーのアトラクション
レバー操作で上昇や下降が楽しめ、夜になったら目が光るというギミックも。(2020/7/16)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避などの視点から宣伝・広報活動が制限されたり、そもそもビジネス事態がストップしてしまっていたりすることさえある。コロナ禍における情報発信はいかにあるべきか。(2020/7/10)

Gartner Insights Pickup(165):
クラウドをめぐる10の誤解
クラウドコンピューティングをめぐる混乱やハイプ(誇大宣伝)が続いている。CIOは、今も根強く流布しているクラウドに関する主な俗説に注意する必要がある。本記事ではクラウドに関する最新の10の誤解をお届けする。(2020/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。