ニュース
» 2010年08月20日 07時43分 UPDATE

Adobe、ReaderとAcrobatの臨時アップデートを公開

最新版のReader/Acrobat 9.3.4ではコード実行に利用される恐れのある深刻な問題を解決した。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは8月19日、予告通りにReaderとAcrobatの臨時アップデートを公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社のアドバイザリーによると、今回のアップデートでは整数オーバーフローの脆弱性を修正したほか、ソーシャルエンジニアリング攻撃を回避する措置を取った。いずれの問題も悪用された場合、コードを実行される恐れがあった。

 脆弱性はAdobe Reader/Acrobat 9.3.3までのバージョンに存在する。これら脆弱性を解決した最新版は、Adobe Reader 9.3.4(Windows、Mac、UNIX向け)、Acrobat 9.3.4(Windows、Mac向け)、Reader/Acrobat 8.2.4(Windows、Mac向け)となる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ