ニュース
» 2010年09月07日 08時00分 UPDATE

Google、テキサス州から独禁法問題で調査

Googleは、独禁法違反を申し立てた企業はいずれもMicrosoftとかかわりがあると指摘している。

[ITmedia]

 米Googleは9月3日、米テキサス州検事局から独占禁止法に関連した調査を受けていることを明らかにした。

 この調査はGoogle検索エンジンによるランク付けの公平性に関するもので、英米の企業3社の申し立てによるという。Googleは、「ユーザーの最善の利益に沿って事業をやっていると自信を持っている」とコメントするとともに、これら企業はいずれもMicrosoftと何らかの関連があると指摘している。

 Googleは欧州でも当局から独禁法問題で予備調査を受けたが、このときも同社を提訴した企業がMicrosoftとかかわりを持っていると主張していた。

関連キーワード

Google | 独占禁止法 | Microsoft


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -