ニュース
» 2010年10月27日 07時19分 UPDATE

Firefoxに未修正の脆弱性、ノーベル賞サイトで悪用見つかる

Firefoxでノーベル平和賞のWebサイトを閲覧したユーザーは、知らないうちにマルウェアに感染した可能性があるという。

[ITmedia]

 ノルウェーのセキュリティ企業Normanは10月26日、MozillaのWebブラウザFirefoxの未知の脆弱性を突くマルウェアが、ノーベル平和賞のサイトに感染しているのを見つけたと発表した。

 ノーベル平和賞サイトの感染は、Normanの研究者が26日に発見したという。マルウェアはFirefox 3.5と3.6の脆弱性を悪用した新手のトロイの木馬で、これらのWebブラウザで同サイトを閲覧した場合、知らないうちに感染した可能性があるとしている。

 このトロイの木馬は台湾にあるサーバに接続を試み、接続に成功すると攻撃者が感染先のコンピュータにアクセスできる状態になってしまう。ほかのWebサイトにも感染している可能性があるとNormanは警告している。

 SANS Internet Storm Centerによれば、この攻撃に利用された脆弱性についてはMozillaも確認し、問題修正のためのパッチ開発に着手しているという。

関連キーワード

Firefox | 脆弱性 | ノーベル賞 | Gumblar


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -