ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ノーベル賞 」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノーベル賞 」に関する情報が集まったページです。

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
吉野氏らノーベル賞受賞の「リチウムイオン電池」、いま特許出願数ではあの国が
リチウムイオン電池と特許のはなし。(2019/12/16)

リチウムイオン電池が「持続可能社会の中心的役割に」 吉野さんノーベル記念講演
ノーベル化学賞を受賞する吉野彰さんが受賞記念講演を行い、リチウムイオン電池が「持続可能な社会を実現するための中心的役割を果たすはずだ」と強調した。(2019/12/10)

リチウムイオン電池「持続可能社会の中心技術に」 吉野さんノーベル記念講演
ノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が8日午前(日本時間8日夜)、ストックホルム大の講堂で受賞記念講演を行い、受賞理由のリチウムイオン電池が「持続可能な社会を実現するための中心的役割を果たすはずだ」と強調した。(2019/12/9)

ノーベル化学賞・吉野彰氏の原点となった本『ロウソクの科学』が重版へ
小学校の先生の勧めで読んだそうです。(2019/10/17)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ノーベル賞受賞を機に改めて問う、リチウムイオン電池のリサイクル問題
市場が今後も拡大するからこそ、改めて考えたい問題です。(2019/10/15)

ノーベル化学賞・吉野彰さんインタビュー 「舞踏会は憂鬱」「家族に感謝」
リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は、受賞決定から一夜明けた10日午前に取材に応じた。一問一答は以下の通り。(2019/10/11)

ノーベル化学賞に吉野彰さん リチウムイオン電池の開発で
旭化成の吉野彰さんなど3人が、2019年のノーベル化学賞を受賞した。リチウムイオン電池開発の業績。(2019/10/9)

ノーベル賞、7日から発表 選考過程は50年間公表されず 世界から推薦募る
7日から発表が始まるノーベル賞は、ダイナマイトを発明したスウェーデンの実業家、アルフレッド・ノーベルの遺志により1901年に始まった。ダイナマイトが土木工事だけでなく、武器としても使われたことに心を痛め、遺産の大半を基金とし、人類に最大の貢献をした人物に贈る賞の設立を遺言に記した。(2019/10/4)

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』
これがほんとのゴーストライター(小声)。(2019/6/30)

チューリング賞、ディープラーニングに貢献のGoogleのヒントン氏、Facebookのルカン氏、モントリオール大のベンジオ氏に
“コンピューティングのノーベル賞”とも称せられるチューリング賞が、2018年度は3人の“ディープラーニング革命の父たち”に贈られる。Googleのジェフリー・ヒントン氏、Facebookのヤン・ルカン氏、モントリオール大のヨシュア・ベンジオ氏だ。(2019/3/28)

非常に混沌とした状態:
ビットコイン、再び弱気相場に 「次の心理的節目は5000ドル」
ビットコインが再び下落に転じた。7月10日、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏が仮想通貨に対する否定的な見解を示したことなどを受け、6700ドル台で推移していた価格は一時6300ドル台まで値を下げたようだ。(2018/7/11)

デジタル化は必要だが:
ノーベル賞経済学者スティグリッツ氏が指摘、「規制が整備されればビットコインの需要はなくなる」
ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏は仮想通貨の匿名性や非中央集権的運営に対して批判的な見解を示した。(2018/7/10)

貨幣革新は失敗続き:
ノーベル賞経済学者シラー氏「ビットコインや仮想通貨は失敗する」
ノーベル経済学賞受賞者である経済学者ロバート・シラー氏は米CNBCのインタビューで、ビットコインや仮想通貨は失敗するだろうと警鐘を鳴らした。(2018/5/22)

アカデミー関係者にセクハラ疑惑:
文教堂が年初来安値 ノーベル文学賞「発表先送り」で嫌気
5月7日の東京株式市場で、文教堂グループホールディングスの株価が急落。前営業日比58円安(−14.2%)の350円を付け、年初来安値を更新した。ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーが受賞者発表を19年に先送りすると発表した影響。(2018/5/7)

ノーベル文学賞、2018年の発表は延期 2019年の受賞者と同時に発表
選考を行うスウェーデン・アカデミーが発表。(2018/5/4)

長崎県出身の日系イギリス人作家カズオ・イシグロさんにノーベル文学賞
有力視されていた村上春樹さんは今年も受賞を逃しました。(2017/10/5)

ノーベル物理学賞、「重力波」米研究者に 15年に初観測
2017年のノーベル物理学賞は「重力波」を初めて観測した米施設「LIGO」の研究者3人に。(2017/10/3)

「AIにノーベル賞を取らせる」──ソニーコンピュータサイエンス研究所所長が語る「AIと生物学の未来」
「ノーベル委員会を相手にチューリングテストを挑む」というソニーCSL所長の北野CEO。「ノーベル賞を取れるAI」の未来像と、AIが打破すべき科学の課題を語った。(2017/7/26)

内戦続くシリアのアレッポで猫や犬を助ける人に「ノーベル平和賞を」の声 170匹以上の動物たちを保護する
被害の激しいアレッポ市内での人命救助と共に、動物たちの救助・保護も行っています。(2017/4/8)

ボブ・ディランさん、先約のためノーベル賞授賞式には出席せず
受賞を名誉に感じており、直接賞を受け取りに行けたらよかったと手紙に書いていたとのこと。(2016/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
2016年は誰が手にした? ノーベル平和賞なんていらない理由
2016年のノーベル平和賞、誰が受賞したのかご存じだろうか。答えは、コロンビアのサントス大統領。名前を聞いてもピンとこない人が多いだろうが、そもそもなぜ彼が賞を取れたのか、疑問の声が多い。なぜなら……。(2016/11/17)

ボブ・ディランさん、ノーベル文学賞受賞を受け入れる意向
「この栄誉に感謝する」とコメント。(2016/10/29)

「ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞」の報を勘違い(確信犯)した人々がホフディランをお祝いする事案発生
一方、ホフディランの小宮山さんは祝杯をあげた(確信犯)。(2016/10/14)

ミュージシャンのボブ・ディランさん、ノーベル文学賞を受賞
新しい詩的な表現を作り出したことが評価されています。(2016/10/13)

漫画「トリコ」の「オートファジー」登場回を無料公開 大隅教授ノーベル賞受賞記念
「オートファジー」の研究で東工大の大隅教授にノーベル賞の授与が決まったことを受け、集英社は5日から、少年ジャンプ連載漫画「トリコ」のオートファジーが登場話3話分を無料公開した。(2016/10/6)

ノーベル賞受賞記念! 「トリコ」のオートファジー登場回が「ジャンプ+」で無料公開中
そういえば出てました。(2016/10/5)

「役立つ」研究求める日本の風潮を危惧 ノーベル賞・大隅教授の寄稿に注目集まる
「『人類の知的財産が増すことは、人類の未来の可能性を増す』と言う認識が広がることが大切」――ノーベル医学・生理学賞の授与が決まった東工大の大隅栄誉教授の寄稿が注目を集めている。(2016/10/4)

日本の教育制度についても言及:
中村修二氏が大学生に伝える「5年間海外に住め」
2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏は2016年6月9日、工学院大学の学生向けに講演を行った。中村氏は「大学生は海外に5年間住んで、日本を外から見てほしい」と語る。(2016/6/10)

内田理央、チャイナドレス姿を披露 スリットからのぞく生足が紳士たちの心をザワつかせる
このスリットを考案した人にノーベル平和賞を。(2016/3/28)

さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく
ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。(2016/2/12)

LED照明:
米LEDベンチャーの照明をアイリスオーヤマが販売、ノーベル賞中村氏らが創業
生活用品製造卸のアイリスオーヤマは新たに、米国SORAA社のLEDランプの取り扱いを決めた。同社製品を照明関連の展示会「ライティングジャパン」で披露している。(2016/1/15)

ノーベル文学賞受賞のアレクシエーヴィチ氏、群像社刊行の書籍3点の版権を引き上げ
「出版社が有する権利が消失しているため」と代理人から通達。(2015/10/22)

スーパーカミオカンデもこれで攻略 ノーベル賞「ニュートリノ振動」をたった7分半で解説する動画が明快!
梶田隆章さんの偉業がどれほどかもこれでわかるぞ。(2015/10/14)

ノーベル物理学賞、東大の梶田隆章さんに ニュートリノ振動の発見で
東京大学の梶田隆章さんとクイーンズ大学のアーサー・B・マクドナルドさんが受賞。(2015/10/6)

ノーベル物理学賞に梶田隆章氏 スーパーカミオカンデのニュートリノ研究に
2015年のノーベル物理学賞はニュートリノの研究で知られる梶田隆章氏らに。(2015/10/6)

ノーベル賞受賞の大村智さんが館長 「韮崎大村美術館」が受賞記念で無料開館
10月6日から13日まで。(2015/10/6)

これは未来のノーベル賞受賞者ですわ 赤ちゃんが高いベッドから降りるために天才的な行動に出る
これが才能か。(2015/9/29)

CDNLive Japan 2015リポート:
起業家精神で技術革新――中村修二氏も登壇
日本ケイデンス・デザイン・システムズは、顧客向け技術コンファレンス「CDNLive Japan 2015」を横浜で開催した。日本のユーザーら約900人が参加。基調講演セッションでは、米国本社CEOやノーベル物理学賞受賞者の中村修二氏らが講演を行った。(2015/7/21)

ノーベル物理学賞の南部陽一郎氏が死去 94歳
08年にノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏が7月5日に急性心筋梗塞で死去した。94歳だった。(2015/7/17)

LED照明:
ノーベル賞の中村教授が創設したLED照明メーカー、日本法人を横浜に設立
次世代のLED照明を開発する米国Sorra社が、横浜市の中心部にオフィスを開設して販売体制を強化する。ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏が2008年に創設したベンチャー企業で、LEDの基板に窒化ガリウム(GaN)を採用して発光効率と演色性の高いLED照明を製品化している。(2015/4/27)

ノーベル物理学賞受賞者2名の対談も:
4K番組配信決定!「THE LIGHT〜中村修二が灯した光」、ひかりTVとナショナルジオグラフィックチャンネルが制作
ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏の4Kドキュメンタリー番組をひかりTVとナショナルジオグラフィックチャンネルが制作。ひかりTVでの放送、配信は4月30日から。(2015/4/8)

「おばかIoTシンポジウム」リポート:
IoT時代はイグノーベル賞デバイス、弁当箱、妖怪、ナデラブル、食べラブルがネットとつながる
おばかアプリとIoTが出会った夢のシンポジウムの模様をリポート。IoTの先駆者たちが3Dプリンター、Raspberry Pi、Arduino、LeapMotion、Bluetooth Low Energy、クラウド、機械学習やさまざまなセンサーなど最高の技術を無駄使いし、おばかな用法を語り合った。(2015/2/20)

青色LED・ノーベル賞 赤崎、天野、中村の3氏がそろう記念講演会、3月に
青色LEDの実現に貢献した業績でノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3人がそろう記念講演が3月13日に開かれる。一般も参加できる。(2015/2/4)

中村修二「研究者の魂を捨てた」――偉業までの険しい道のりとは
ノーベル物理学賞が授与された中村修二氏、受賞までの道のりを『中村修二劇場』から紹介します。(2014/12/16)

東京スカイツリー、「光の3原色」で発光中――青色LEDのノーベル賞受賞で
東京・墨田区の「東京スカイツリー」がRGB(赤・緑・青)の「光の3原色」に染まっている。(2014/12/15)

NEDOがパワエレシンポジウム:
ノーベル賞の天野氏、GaNパワー半導体研究へ抱負
NEDOは2014年11月27日、NEDOのパワエレ分野への取り組みを紹介する記者会見を行い、開発プロジェクトに参画する名古屋大学教授の天野浩氏らが今後の研究開発の方針などを明らかにした。(2014/11/28)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(7):
ノーベル賞受賞で考える、技術の成果は誰のもの?
圧倒的技術成果を出したエンジニアが所属企業に求めるべきは、社長表彰、ボーナス、それとも……?(2014/11/11)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(5)――ノーベル賞を受賞した半導体デバイスは実用的か
青色発光ダイオード(LED)の発明で赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3氏がノーベル物理学賞を受賞しました。今回は特に実用化という意味が世の中にインパクトを与えたと思います。これまでもノーベル賞を受賞した半導体デバイスがいくつかあります。今回は、ノーベル賞を受賞した半導体デバイスで実用的に社会に大きなインパクトを与えたものを拾ってみました。(2014/11/10)

世界を動かすきっかけになったノーベル平和賞受賞者マララさんの小さな決意
マララさんの視点から見たパキスタンの「変化」とは。(2014/11/4)

【再録】 ITmedia Virtual EXPO 2014 秋:
量子コンピュータの可能性――量子テレポーテーションのパイオニア・古澤明氏に聞く
2014年9月30日に閉幕したITとモノづくりに関する日本最大級のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO 2014 秋」では、基調講演として、一部でノーベル賞候補として名前も挙がる量子力学の第一人者でもある東京大学の古澤明氏が登壇し、「量子コンピュータの可能性」について、最近の研究成果なども交えながら語った。この基調講演の模様を記事化した。(2014/10/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。