ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「文学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文学」に関する情報が集まったページです。

芥川龍之介『羅生門』を魔改造した増田文学「クソデカ羅生門」が読者の精神を蝕む 「めちゃくちゃ面白い」「なぜこれを書こうと思ったのか」
森羅万象なんでもクソデカ。(2020/6/12)

漫画家と名作文学がコラボフェア 浅野いにお、大童澄瞳、市川春子、種村有菜らの限定カバー公開
夏の児童文庫フェア「キミはまだ、名作の面白さを知らない」に合わせて。(2020/6/3)

町田の黒ギャルが地味な文学青年に一目ぼれするラブコメ『スーパーベイビー』を、相模原市民がレビューする
【1話試し読みあり】町田のロケ地探訪もあります!(2020/5/14)

「弱い心を何度も叱り、金借りに行く」 文豪たちの無駄に文学的な借金エピソード集『文豪と借金』4月20日発売
文豪たちのクズエピソード。(2020/4/17)

文学作品をテーマにした「羽根ペンネイルポリッシュ」 インク瓶のようなルックスと、物語のあるカラーにときめく
注目の台湾コスメです。(2020/3/18)

米書店チェーン、“多様性企画”で古典文学の表紙絵を黒人に置き換え ネットでの批判を受け販売停止
キャンペーンの意図と受け手の解釈が食い違ったようです。(2020/2/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
予期せぬ本と出会うには、AmazonやSNSより、やっぱり本屋
元文学少女の血が騒ぐ。(2019/11/21)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

ストロングゼロに期間限定新フレーバー 「から揚げ専用ストロングゼロ」という強すぎるネーミングで新たな文学が生まれそう
恐ろしいまでに合いそう。(2019/11/5)

立命館大学、文学部の学生研究に「デジタル活用」促進 専攻と平行で学べる「クロスメジャー制度」
文学部からAIやデジタル技術を活用できる人材を輩出していきたい考え。(2019/8/6)

青空文庫で「○分以内で読める」作品がわかる 目安の読了時間で検索できる「ゾラサーチ」が便利
「5分以内」で読める文学作品から、じっくり「1時間〜」の作品も検索可能です。(2019/4/6)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 【我孫子】で河童と文学の香りに思いを馳せる
今回はミニベロで。(2019/3/7)

なぜ古典文学では「にほひ」を「ニオイ」と読むのか? 
そういえばなぜ?(2018/11/5)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)

芥川賞候補「美しい顔」に講談社「盗用や剽窃などには一切あたりません」 ネットで全文公開へ
(2018/7/3)

アカデミー関係者にセクハラ疑惑:
文教堂が年初来安値 ノーベル文学賞「発表先送り」で嫌気
5月7日の東京株式市場で、文教堂グループホールディングスの株価が急落。前営業日比58円安(−14.2%)の350円を付け、年初来安値を更新した。ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーが受賞者発表を19年に先送りすると発表した影響。(2018/5/7)

ノーベル文学賞、2018年の発表は延期 2019年の受賞者と同時に発表
選考を行うスウェーデン・アカデミーが発表。(2018/5/4)

メールチェックするように小説を読む 「青空文庫」の文学作品を小分けにして毎日メールで配信する「ブンゴウメール」登場
現在登録を受け付けています。(2018/4/27)

昭和モダンなルームウェア「ゆる袴」がヴィレヴァンオンラインで予約開始! 文学少女風など4種類
ワンピースタイプなのでお着替え楽々。(2018/2/27)

Twitterの流行「ストロングゼロ文学」 サントリーの反応、売り上げへの影響は
サントリーHD広報部に取材しました。(2018/1/19)

セカオワSaori初の小説『ふたご』が直木賞候補に! 処女作が選出される快挙
ピアノだけが友達だった夏子が人一倍感受性の強い月島に導かれるままに成長していく青春小説。(2017/12/20)

「ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは」 “飲む福祉”ストロングゼロ文学が盛り上がる
赤頭巾も、キリストも、メロスも、ストロングゼロでハッピー(?)エンド。(2017/12/7)

「ナナナナー、ナナナナー」のジョイマン高木、ツイートの言葉選びが詩的だと再評価の声
文学の道もいけるな。(2017/11/22)

「目からファンファーレ」 入山杏奈が“あざとい系女子”化、ファンの独創的な表現欲求を刺激する
あんにん文学。(2017/11/8)

NECが「飲める文庫」を開発ってどういうこと!? AIが名作文学の読後感を分析しコーヒーの味わいで表現
「悲しい結末」は「苦み」、「充実感」は「飲みごたえ」にと、文学の読後感を味の要素に置き換えてコーヒー豆をブレンド。(2017/10/24)

「人間失格は、質の高い豊かな苦み」――“AIバリスタ”が文学作品をコーヒーに NECが開発
人工知能(AI)を活用し、『人間失格』などの“読後感”を味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を、NECが開発した。(2017/10/24)

レビューを分析、コーヒーの味に変換:
NEC、名作文学をコーヒーで再現 AI活用「飲める文庫」
NECが「飲める文庫」を開発。「こころ」「舞姫」などの名作文学の読後感をAIで再現する。コーヒー専門店「やなか珈琲店」との取り組み。(2017/10/24)

長崎県出身の日系イギリス人作家カズオ・イシグロさんにノーベル文学賞
有力視されていた村上春樹さんは今年も受賞を逃しました。(2017/10/5)

上田岳弘氏の「キュー」:
新作小説、雑誌とWebで同時連載 新潮社とヤフー
新潮社とヤフーが、純文学作家・上田岳弘氏の新作を月刊文芸誌「新潮」とポータルサイト「Yahoo! JAPAN」で同時連載する取り組みを始めた。出版業界を活性化する狙いがある。(2017/9/7)

映画ドラえもん、2018年春は「のび太の宝島」 児童文学「宝島」が題材、脚本は川村元気
川村元気「新しくも王道のドラえもんを届けたい」。(2017/6/14)

第156回芥川賞・直木賞 芥川賞は山下澄人「しんせかい」、直木賞は恩田陸「蜜蜂と遠雷」に
恩田陸さんは今回で6度目のノミネートでした。(2017/1/19)

人月神話の弊害?:
文系エンジニアはなぜ誕生したのか〜日本の現実
「職業はITエンジニアです。大学の専攻は英文学です」「私は文系SEだから、プログラミングは苦手です」――このような「文系エンジニア」が、あなたの周りにもいないだろうか? 日本独自の文系エンジニアは、どのような経緯で誕生し、どのような働き方をしているのか。「文系」「理系」で分類することに意味はあるのか。日米のエンジニアが真剣に解説する。(2017/1/16)

言葉のこだわりすごそう! 「村田沙耶香×Chara」の対談番組がNHK Eテレで放送
話題の芥川賞作家と独自の世界観を持つアーティストの巡り会い。(2016/11/11)

ボブ・ディランさん、ノーベル文学賞受賞を受け入れる意向
「この栄誉に感謝する」とコメント。(2016/10/29)

ミュージシャンのボブ・ディランさん、ノーベル文学賞を受賞
新しい詩的な表現を作り出したことが評価されています。(2016/10/13)

「アニメか?」余計な一言で大炎上していた日本文学振興会がサイトで釈明 「アニメは文学に勝るとも劣らない表現手段」
「文学がアニメよりも上位にあるような観点が不快」など批判が寄せられていました。(2016/8/4)

「嫌な人のことを考え続けるといとおしくなる」――芥川賞作家・村田沙耶香と気鋭の漫画家・米代恭が意気投合
熱い視線が注がれている2人の女性作家。先日対談が行われました。(2016/7/31)

日本文学振興会の広告「人生に、文学を。」が「アニメを馬鹿にしているのでは」と物議 意図を聞いた
「どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)」という文章が批判されています。(2016/7/20)

第155回芥川賞に村田沙耶香「コンビニ人間」、直木賞に荻原浩「海の見える理髪店」
村田さんは1979年生まれ、荻原さんは1956年生まれ。(2016/7/19)

猫たちの絆を描いた児童文学の名作「ルドルフとイッパイアッテナ」 劇場アニメ版が8月6日公開
人間以上に人間味あふれた出会いと別れの物語。(2016/7/12)

文学の街ニャ:
猫の楽園“神楽坂” 「ねこの郵便局」で買える作家グッズ
神楽坂は「猫と文学の街」なんです。(2016/7/12)

岩波書店「文学」、11月で休刊
岩波書店の雑誌「文学」が年内最終号で休刊する。(2016/4/4)

「amazarashi」秋田ひろむ、「別冊文藝春秋」に詩を寄稿 編集部が文学性にほれ込み依頼
辻仁成さん、町田康さんに続く「ロック文豪」の爆誕か。(2016/2/12)

第154回芥川賞、直木賞が発表に 芥川賞は滝口悠生さん、本谷有希子さんのダブル受賞
直木賞は青山文平さんの「つまをめとらば」に。(2016/1/19)

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」、16日から 1000点以上の原稿を展示 トークショーやコンサートも
漫画家・浦沢直樹さんの個展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」が世田谷文学館で16日に始まる。(2016/1/8)

日本型セキュリティの現実と理想:
第12回 「下町ロケット」で理解する機密情報の管理とは?
池井戸潤氏の直木賞受賞作品「下町ロケット」を原作としたドラマが大ヒットしている。ドラマでは「死蔵特許」という特許情報の位置づけや取り扱いと情報セキュリティにおける機密性が良く似ている。今回は情報の取扱いの重要性について「下町ロケット」を例にひも解く。(2015/12/3)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
ポケットに名言を、LINEに寺山修司を スタンプから広がる「寺山修司ワールド」
「書を捨てよ町へ出よう」「ふりむくな ふりむくな 後ろには夢はない」――寺山修司の世界観を凝縮したLINEスタンプでスマホに文学の香りを。(2015/11/30)

「人間失格」「銀河鉄道の夜」の一節がデザインに 大好きな文学作品と冬を過ごせる「文豪マフラー」登場
あの「物語」を首に巻く。(2015/11/27)

渋すぎる声で話題の高校生声優・武内駿輔が芥川賞作品を朗読したら
“武内P”としても知られる声優の武内駿輔さんにいろいろ聞いてみました。(2015/11/15)

紙とペンだけで世界の価値観を揺るがす 東京・世田谷文学館にて「浦沢直樹展」が来年1月開催
「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」など日本マンガ界の中枢で活躍する浦沢直樹さんにスポットをあてます。(2015/10/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。