ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文学賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文学賞」に関する情報が集まったページです。

『イクサガミ』、岡田准一主演で実写化 アクションプランナーとしても参加「僕の身体が無事だったらとんでもない作品になります」
監督は藤井道人さん。(2024/4/19)

松尾豊「生成AIは医療、金融、製造に貢献」 日本語に特化した開発への“懸念”は?
松尾豊・東京大学大学院教授が「生成AIの進展と活用可能性」と題して、AI開発の最新動向や社会へのインパクトについて講演した。(2024/3/21)

全国初の自治体・大学 電子図書館連携、行政資料と論文の独自資料を共有
茨木市教育委員会と学校法人「追手門学院」(大阪市中央区)は、両者が持つ独自電子資料を互いの電子図書館で公開することを目的にした「独自資料の電子書籍化と情報共有のための協定」を結んだ。電子図書館の分野での官学連携は国内初になるという。(2024/3/5)

リレーで5位の人を追い抜いたら何位になる? 全問正解できたらすごい“2択クイズ”に挑戦しよう【全5問】
あなたは何問正解できるかな?(2024/1/25)

「ChatGPTを駆使した」芥川賞作品を読む “ポリコレ的にOKな表現”が支配する未来とは
芥川賞を受賞した『東京都同情塔』は、「一部がChatGPTなどの生成AIで書かれた」という話題が一人歩きしているが、実際に読んでみて、「なんだこれは」と衝撃を覚えた。(2024/1/19)

芥川賞作「ChatGPTなど駆使」「5%は生成AIの文章そのまま」 九段理江さん「東京都同情塔」
芥川賞作品「東京都同情塔」は、ChatGPTなど生成AIを駆使して書いた――著者である九段理江さんが受賞会見でこう打ち明けた。(2024/1/18)

タイムアウト東京のオススメ:
一般は非公開の文化財「九段ハウス」で観て買えるアートイベントが初開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/16)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

「又吉直樹著『火花』の表紙」の仮装が秀逸すぎる! いろんな意味で再現度抜群な“地味ハロウィン”が「一番好き」「優勝」と話題
意味が分かるとじわじわくる。(2023/11/3)

本は「目で読む」常識覆す オーディオブック「立ち聴き」から始める読書の秋
すべての人が自由に本を楽しめる環境を整備する「読書バリアフリー」が求められる中、オーディオブックが果たす役割は一層高まっている。(2023/10/31)

「名優トム・ハンクス」を生んだ映画「フィラデルフィア」 その裏に秘められた「戦い」とは……(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/10)

帰国のピース綾部、相方・又吉直樹と“粋な再会”へ ライブ本番で6年ぶりコンビ復活「ドキドキが止まらない」
ピース復活だ。(2023/10/14)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第18回】
IT業界で殿堂入り――政治や医療分野でも影響力を持つ女性の活躍
IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。政治や医学の分野で活躍し殿堂入りした人物とは。(2023/10/12)

文学作品を漫画化した『文学作品をだいたい10ページで読む』シリーズの最新刊が発売 漱石、乱歩、ラヴクラフトなど収録
単行本描き下ろしも収録。(2023/9/24)

外国人エンジニアに聞く「あなたは何しに日本へ」:
米Amazon辞めて日本のスタートアップに とある外国人エンジニアに理由を聞いた
実際に日本で働くITエンジニアの人たちにインタビューし、日本に来た理由や、日本で働くことの印象などを聞いていく。今回は、Amazonから日本のスタートアップに転職したサーター・アンドリューさんに話を聞いた。(2023/9/20)

YOASOBI新曲「勇者」がアニメ「葬送のフリーレン」OPテーマに!
「どれだけ楽曲に詰められるかこだわって楽曲制作しました」(2023/9/1)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“究極の服”は「ボディースーツ+拡張現実」? 生地素材スタートアップ がSF的に描く未来
未来のファッションは、ボディースーツに「理想の姿」を仮想的に投影するかもしれない――こんな将来像を語るスタートアップがあります。どんな姿を描いているのでしょうか。(2023/9/1)

直木賞作家・米澤穂信、行方不明の父が遺体で発見される 「本日警察による本人確認が完了しました」
4日に父が行方不明になったと情報提供を呼びかけていました。(2023/8/15)

漫画家の山本さほ、38歳の誕生日&小説家の小川哲との入籍を発表「Wでハッピー!」フォロワーから祝福の声
おめでとうございます!(2023/8/1)

文豪・夏目漱石が“乙女”として生き返って女学校を改革! 文学賞の入選作『シン・夏目漱石』が「ぶっ飛んでる」「天才か?」と話題に
これは気になりすぎる……。(2023/7/29)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
芥川賞から考えた、体とテクノロジー
第169回芥川龍之介賞を受賞した市川沙央さんの「ハンチバック」を読みました。主人公は難病を患う重度障害者で、作者の市川さんも当事者です。自分がこれまで何に気付かずにいたかを知ってはっとすると同時に、テクノロジーに希望を込めたいと思いました。(2023/7/24)

長濱ねる、初のエッセイ集『たゆたう』が発売決定 文庫と単行本の2形態で
2020年から雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載。(2023/7/14)

オスカー俳優、「暴動を扇動」で仏政府が解散させた環境保護団体に“絶対的支持”表明 コメント欄は反対意見で大荒れ
マリオン「本当の犯罪者は誰?」(2023/6/26)

スピン経済の歩き方:
「ディズニー誘致」の歴史に“地上の星”がいた! 何者か
ディズニーランドが開業40周年を迎えたことで、誘致成功に導いた人々があらためて注目されている。オリエンタルランドの初代社長など、さまざまな人物にスポットが当たっているが、筆者の窪田氏はある人物に注目している。何者かというと……。(2023/4/18)

唯一無二の衣装を生み出すサンディ・パウエル、英アカデミー賞でもセンス爆発
3月31日公開の映画「生きる LIVING」でも天才的なセンスを発揮。(2023/3/31)

ノーベル賞作家・大江健三郎さん、老衰のため88歳で死去 訃報へ「憧れたものが過去のものに」
謹んでお悔やみ申し上げます。(2023/3/13)

Snow Manの人気メンバー 3位「阿部亮平」、2位「ラウール」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、「Snow Manメンバーランキング」を発表した。その結果、1位は「目黒蓮」さん、2位は「ラウール」さん、3位は「阿部亮平」さんだった。(2023/3/4)

新潮社が発表:
村上春樹の新作長編が4月刊行 電子書籍も配信
新潮社は2月1日、村上春樹さんの新作長編を4月13日に刊行すると発表した。(2023/2/1)

本人じゃねーか! 田中敦子&井上喜久子が冬コミサークル参加で“待機列整理のお姉ちゃん”へ 「5年ぶりでも17才(おいおい)のふたり」
サークル名は「お姉ちゃんと少佐」。(2022/12/30)

IT流行語アワード2022:
2022年、NEWS読者に最も注目されたIT業界ワードトップ5 AIがワンツーフィニッシュ、3位は?
IT業界における流行語を決める「IT流行語アワード」。読者の皆さまに、2022年に話題になったIT用語やイベント、事件などの中から「今年一番話題になったのはこれだ!」というワードを教えていただきました。(2022/12/30)

「本当に綺麗な字」 土屋太鳳、誰が書いたか一目で分かる手書き文字“太鳳フォント”に注目集まる
めっちゃ丁寧。(2022/11/8)

「AIで大作家」の時代到来か 日本初“AIで作った小説”の文学賞、結果発表
「AIで大作家」の時代到来か――AI文章生成サービス「AIのべりすと」を使った初の文学賞の結果発表。(2022/11/4)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農氏の「みのりのアル話」理想は町中華の親父!50歳になったら自己主張し過ぎず、悠々と急げ
俳優の寺田農氏によるオンライン相談会「みのりのアル話」第二弾。参加者からの質問に寺田氏がざっくばらんに答えてくれた。(2022/10/25)

作家・津原泰水さんが58歳で逝去 河出書房新社が「闘病の末、10月2日に逝去されました」と伝える
『夢分けの船』が最後の小説に。(2022/10/5)

僕が小説を書くのは“人より弱い人間”だから 「ぶんけい」柿原朋哉、2年かかった初長編『匿名』で生まれた覚悟
「世の中に認めてもらえるような作家になりたい」。(2022/8/26)

現代から戦時中に転生──iPhoneで撮影した戦争ドラマ「セイコグラム」が話題 NHKが“タテ型撮影”にこだわった理由
8月15日に77回目の終戦記念日を迎える中、現代からタイムスリップしたら戦時中の女学生になっていたという設定で戦争の記憶継承を試みるドラマをNHKが制作した。制作の狙いを聞いた。(2022/8/15)

総合ランキングでも1位:
2022年上半期のビジネス書ベストセラー 2位『ジェイソン流お金の増やし方』、1位は?
日本出版販売は、「2022年 上半期ベストセラー」ランキングを発表した。単行本ビジネス書ランキングの1位は?(2022/6/3)

「声の仕事じゃないかも」という概念に縛られない 声優・高野麻里佳が「ハケンアニメ!」で実写初出演した理由
劇中アニメ「サウンドバック 奏の石」の主人公・トワコ役でキャスティングされた“アイドル声優”群野葵を演じます。(2022/5/17)

「1984」「はだしのゲン」など電子書籍9作が無料配信 KADOKAWAが期間限定で 「戦争や平和を考える一助に」
KADOKAWAが「はだしのゲン」や「1984」など、戦争や平和に関わる電子書籍の無料配信を始めた。電子書籍サービス「BOOK WALKER」で16日まで配信する。「戦争や平和について考える一助としてもらうために配信する」(同社)という。(2022/5/11)

河瀬直美監督、「朝が来る」撮影助手へのパワハラ疑惑報道に声明 「既に当事者間で解決をしていることであります」
元撮影助手・Aさんとともに声明文を発表。(2022/4/28)

石原良純、父・石原慎太郎さんの葉山沖での散骨式を報告 「海に還るのが父の望み。よかったね」
石原慎太郎さんは2月1日に89歳で亡くなりました。(2022/4/18)

映画「ハケンアニメ!」劇中アニメ、声優に梶裕貴や花澤香菜ら決定 本気な布陣に監督「まさかこんなことになってしまうとは」
本編見たくなる。(2022/2/24)

文学賞「星新一賞」で“AIと作った小説”が初入選 人間以外の作品が応募の4%に増加
文学賞「星新一賞」で初めて、AIを使って執筆した小説「あなたはそこにいますか?」が一般部門優秀賞を受賞した。同文学賞に応募されたAI活用作品は114編に上るという。(2022/2/18)

実写映画「ハケンアニメ!」吉岡里帆、中村倫也、柄本佑らの新場面カット解禁 真剣なまなざしで机にかじりつく熱い姿
熱量が伝わってくる。(2022/2/7)

芥川賞作家の西村賢太さんが54歳で急逝 石原慎太郎さんの死から4日後の旅立ちに「破滅型の表現者がいなくなるのは淋しい」
突然の訃報でした。(2022/2/5)

第45回日本アカデミー賞優秀賞が発表 優秀アニメーション作品賞は「漁港の肉子ちゃん」「シン・エヴァ」「呪術廻戦 0」「竜とそばかすの姫」「アイの歌声を聴かせて」
「漁港の肉子ちゃん」の渡辺歩監督は喜びを爆発させています。(2022/1/18)

瀬戸内寂聴さんが99歳で死去 細木数子さんに続く訃報に「2人が逝ってしまうなんて…」の声
悲しい。(2021/11/11)

直木賞作家・山本文緒さんが膵臓がんのため58歳で逝去 村山由佳、井上荒野、芦沢央ら作家からも悲しみの声
ご冥福をお祈りいたします。(2021/10/18)

【30%ポイント還元】河出書房の名作小説がKindleセールに登場 『推し、燃ゆ』『自生の夢』『平家物語』などがセールに
セール期間は10月7日〜10月20日まで。(2021/10/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“落ち目”の日経平均、任天堂の採用でも復権は厳しいワケ
ノーベル文学賞に毎回有力候補として名前が挙がる村上春樹氏と同じように、日経平均にも長年組入が待望されている“有力候補”がいる。その中でも、今回日経平均にようやく組み入れられることとなった「任天堂」は、毎年の銘柄入れ替えのタイミングで有力候補として名を挙げられてはその座を逃し続けてきた。(2021/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。