ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文学賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文学賞」に関する情報が集まったページです。

第45回日本アカデミー賞優秀賞が発表 優秀アニメーション作品賞は「漁港の肉子ちゃん」「シン・エヴァ」「呪術廻戦 0」「竜とそばかすの姫」「アイの歌声を聴かせて」
「漁港の肉子ちゃん」の渡辺歩監督は喜びを爆発させています。(2022/1/18)

瀬戸内寂聴さんが99歳で死去 細木数子さんに続く訃報に「2人が逝ってしまうなんて…」の声
悲しい。(2021/11/11)

直木賞作家・山本文緒さんが膵臓がんのため58歳で逝去 村山由佳、井上荒野、芦沢央ら作家からも悲しみの声
ご冥福をお祈りいたします。(2021/10/18)

【30%ポイント還元】河出書房の名作小説がKindleセールに登場 『推し、燃ゆ』『自生の夢』『平家物語』などがセールに
セール期間は10月7日〜10月20日まで。(2021/10/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“落ち目”の日経平均、任天堂の採用でも復権は厳しいワケ
ノーベル文学賞に毎回有力候補として名前が挙がる村上春樹氏と同じように、日経平均にも長年組入が待望されている“有力候補”がいる。その中でも、今回日経平均にようやく組み入れられることとなった「任天堂」は、毎年の銘柄入れ替えのタイミングで有力候補として名を挙げられてはその座を逃し続けてきた。(2021/9/10)

小説「音声先行」が潮流? 過熱する“耳読書”市場
俳優や声優などが読み上げた本の音声を聴いて楽しむ「オーディオブック」。聴き放題サービスの浸透や新型コロナウイルス禍による在宅時間増もあって急拡大しているこの?耳読書?市場に、小説家たちも熱い視線を注いでいる。(2021/8/17)

小説「音声先行」が潮流? 過熱する”耳読書”市場
俳優や声優などが読み上げた本の音声を聴いて楽しむ「オーディオブック」。聴き放題サービスの浸透や新型コロナウイルス禍による在宅時間増もあって急拡大しており、部数が伸び悩む文芸書の読書発掘や、新しい表現の可能性にも期待がかかる。(2021/8/17)

明石家さんまは劇場アニメに何をもたらしたのか 渡辺歩監督に聞く『漁港の肉子ちゃん』の化学反応
アニメに慣れたスタッフも驚いた明石家さんまの「サービス視点」(2021/6/14)

アマプラ6月見放題作品に「未来のミライ」や「MEG ザ・モンスター」「ファーストラヴ」が追加
「かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」のミニエピソードも独占配信!(2021/5/25)

Cocomi、“親戚のおじちゃん”明石家さんまと収録現場で2ショット アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で初声優
父・木村拓哉さんと昔から仲良しのさんまさん。(2021/4/5)

震災で飼い主とはぐれた犬の里親に 「おたくのワンちゃんは無事ですよ」と元の飼い主に伝えたい
福島県で暮らしていたワンちゃんです。(2021/3/24)

Cocomi、憧れの声優・花江夏樹と劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」で初共演 対談で“プチ酸欠”になった過去
対談で“プチ酸欠”なら共演したらどうなってしまうのか。(2021/3/19)

「池袋ウエストゲートパーク」が舞台化、演出は「ドロップ」監督の品川ヒロシ 原作者からも期待のコメント
2021年6月と7月に東京都で上演。(2021/3/17)

間接的親子共演だこれ! 映画「ファーストラヴ」主題歌MVに窪塚洋介の息子・愛流が出演
父の面影ある。(2021/2/15)

芥川賞に宇佐見りん『推し、燃ゆ』 「推しが燃えた」――から始まる“推す人”のリアル
直木賞には西條奈加さんの『心(うら)淋し川』が選ばれました。(2021/1/20)

明石家さんまプロデュースの劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」、STUDIO4℃制作で2021年初夏公開
さんま「最初にお話してから5年くらい待っていただいてようやく実現しました」。(2021/1/1)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

川上未映子さん、殺害予告した人物の地裁提訴を報告 「ぜったいに許されないのだという前例に」と信念つづる
世の中が変わる一歩に。(2020/10/27)

小説は累計100万部突破:
「ラーメン山岡家」の次は『ホテルローヤル』の部屋! 札幌エクセルホテル東急の試みがユニーク
札幌市の札幌エクセルホテル東急が11月1日から販売する映画とコラボした宿泊プラン「ホテルローヤルルーム」。同ホテルは7月にも「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋(やまおかやべや)」を販売。担当者に狙いを聞いた。(2020/10/27)

ゴジラのテレビアニメシリーズ爆誕!! 「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」、 2021年4月放送へ
【修正あり】ボンズ×オレンジ制作、監督・高橋敦史、シリーズ構成・円城塔、キャラデ原案・加藤和恵、怪獣デザイン・山森英司。(2020/10/7)

司書みさきの同人誌レビューノート:
イグノーベル賞をテーマに15年 研究員×エンジニアのコンビによる同人誌が伝える“知ることの面白さ”
『イグノーベル賞ファンブック』をご紹介します。(2020/10/4)

完全に恋してる目だ! 芦田愛菜、「星の子」で“イケメン先生”に一目ぼれした瞬間の表情公開
ハッとした表情。(2020/9/24)

卒業して芸能界をやめるか迷ったんです―― 初舞台の山口真帆、上京から1年で強まった“仕事を続ける覚悟”
初舞台「浪漫舞台『走れメロス』〜文豪たちの青春〜」は9月5日に開幕。(2020/9/1)

「素敵」「心が洗われる」 閉店前の書店に置かれた1個の「檸檬」をめぐる交流に心が温まる
爆弾を仕掛けられたはずなのに、なんだか爽やかな気持ちに。(2020/8/16)

北村総一朗、「えみちゃんねる」“最終回”に「かなりショック」 思い出の写真振り返り別れ惜しむ
7月24日の放送で最終回を迎えていました。(2020/7/25)

芦田愛菜、“パシリム”以来のボブヘアに 映画「星の子」の役作りで30センチ以上カット
役と同じく、芦田さんは現在中学3年生。(2019/12/23)

『ジョゼと虎と魚たち』が劇場アニメ化、ボンズ制作で2020年公開へ
名作が実写映画に、そして今度は劇場アニメに。(2019/12/3)

LINEが新潮文庫と組んだ小説コンテスト「青春小説大賞」をスタート テーマは“青春にまつわる全ての物語”
大賞発表は2020年4月ごろを予定。(2019/11/22)

小顔が際立ちすぎぃ! 北川景子、映画「ファーストラヴ」で30センチ以上カットした大胆イメチェンが変わらぬ美しさ
北川さん「別人になれた気がします」。(2019/11/7)

PR:エンジニア出身の“異色の小説家”が挑戦するコンテンツの「新しい届け方」――本を普段読まない人にも読んでもらうために
(2019/10/29)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。(2019/10/7)

これからのAIの話をしよう(ファッション編):
ZOZO、最高年収1億円の「天才・逸材」採用していた AI時代に向け「やばい人材を集めている」
2019年に「AI化元年」の宣言をしたZOZO。ZOZOグループがAIに本気で取り組む理由は。今後の戦略を聞いた。(2019/9/20)

原作開始から22年…… 「池袋ウエストゲートパーク」テレビアニメ化決定
まじで。(2019/9/2)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

池澤夏樹インタビュー【中編】:
池澤夏樹が「人類の終末」を問い続ける意味
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの中編。(2019/7/30)

池澤夏樹は「科学する」【前編】:
池澤夏樹が『2001年宇宙の旅』からひもとく「AI脅威論」の真実
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの前編。(2019/7/29)

河出書房新社「文藝」が17年ぶり重版 「韓国・フェミニズム・日本」特集で完売続出
特集の単行本化も決定。(2019/7/10)

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』
これがほんとのゴーストライター(小声)。(2019/6/30)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(17):
「岡山県」「福岡県」「福島県」を漢字1字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その2)
今回は、「都道府県名の1文字でのコード化」を取り上げます。「岡山県」「福岡県」「福島県」はどう略すかは簡単ではありません。(2019/6/18)

『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平が描くリアルで濃度の高い“女の都会暮らし” 衝撃読み切り『東京の女』、スピリッツで2号連続掲載
女1人、都会で生きることの難しさ。ラストに待ち受ける衝撃の運命とは――。(2019/5/20)

平成最後の「IPPONグランプリ」徹底解説。ホリケンの狂気回答にバカリズムもロバート秋山もクルクルクルクル。松本人志、嘆く
サドンデス勝負のお題は「新元号発表の雰囲気で何かを発表してください」それでなぜ全員クルクルに?(2019/4/21)

新元号の「梅花の宴」言及部分:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【後編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者、中西進氏がその魅力を語る後編。(2019/4/19)

今読まれるべき「大和のこころ」:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【前編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者である中西進氏がその魅力を語る前編。(2019/4/18)

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?
LINEがコンテンツ事業「LINEノベル」をスタート。インターネット上で読める小説を配信する取り組みで、LINEオリジナルの作品を制作・提供する。提携する出版社の既存作品のデジタル版も提供する。一般ユーザーが作品を自由に投稿できる仕組みも設け、小説家志望者の創作活動を支援する。この事業を始める理由を取材した。(2019/4/16)

超絶美形な兄妹だな! 北村匠海&小松菜奈&吉沢亮、西加奈子の『さくら』を映画化 2020年初夏公開
顔がいい。(2019/4/2)

タイムアウト東京のオススメ:
新宿をディープに散策する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/26)

「大人のフリが上手な人が、大人なだけだよ」 「映画ドラえもん」の“ムーンビジュアル”が「心にしみる」「グッとくる」
キャラクターが紡ぐメッセージの意味や制作秘話とは。(2019/3/1)

水曜インタビュー劇場(入場制限公演):
本の販売は苦戦しているのに、入場料1500円の書店が好調なワケ
東京六本木に、ちょっとユニークな書店が登場した。入場料1500円を支払わなければ、本を見ることも、購入することもできないのだ。店名は「文喫」。店内はどのような様子なのかというと……。(2019/1/30)

見逃せない問題点:
AIはどこまで「判断」できるのか 安心なこと、不安なこと
AIの開発が進めば、人間はさまざまな労働から解放されて、便利な世の中になると言われている。では、近い将来、高度な判断力を要する業務もAIが行うようになるのだろうか。AIが得意なこと、不得意なことを考えてみると……。(2018/12/6)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。