ニュース
» 2010年11月18日 22時35分 UPDATE

競合に対し自信を見せる:ネットアップ、ストレージおよび管理ソフトウェアを大幅に刷新

ネットアップはハイエンド/ミッドレンジのストレージ製品およびストレージOS「Data ONTAP」の新版を発表した。

[石森将文,ITmedia]
val.jpg クラウドCTOを務めるヴァル・バーコビッチ氏。今回のリリースは「ネットアップの18年の歴史の中で、最大の発表」と位置付けた

 ネットアップは11月18日、同社のミッドレンジからハイエンドまでのストレージ製品の更新および、ストレージOS「Data ONTAP」のメジャーバージョンアップを発表した。

 Data ONTAPはそのバージョンを「8.01」とし、新たに「Unified Connect」機能を備えた。ネットアップでは、1本のケーブルでFCoE、NFS、CIFS、FC、iSCSIといったネットワークプロトコルを利用できるため、構築や運用の効率を改善できるとしている。他にも、無停止でデータを移動できる「NetApp DataMotion for Volumes」や、従来からの重複排除機能に加えてデータ圧縮機能も追加した。ストレージ利用量の削減および、ボリュームの利用効率を向上できるという。管理ソフトウェアとしては、他社の運用管理製品やハイパーバイザーと統合できる「OnCommand」を提供する。

 ハードウェアとしては、ハイエンド向けにはパフォーマンスを約2倍に向上したNetApp FAS6200シリーズを、ミッドレンジ向けにはNetApp FAS3200シリーズを提供する。また新たに「NetApp SSD」をラインアップする。従来からあるFlash Casheが、アクセスが集中するデータを予測しにくい仮想ワークロードに向くのに対し、NetApp SSDは、ミッションクリティカルなDBなどであらゆる読み込みを高速化したい場合に適するという。なおSASベースのディスクシェルフを第3世代に更新し、パフォーマンス密度を2倍に、ラック当たりの電力効率を50%改善した。

 米NetApp社でクラウドCTOを務めるヴァル・バーコビッチ氏は「このところ、HPによる3PAR買収や、EMCによるIsilon Systemsの買収などが続いているが、どちらもスケールアウト型ストレージの製品ポートフォリオを拡充するための買収活動だと理解している。だが一貫してユニファイドストレージアーキテクチャを備えてきたネットアップには、競合他社に対する優位性がある」と話す。

 価格はFAS6200シリーズが2333万8000円から、FAS3200シリーズが794万6000円から(どちらも税別)となる。

関連キーワード

NetApp | FCoE | iSCSI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -