ニュース
» 2011年02月21日 12時00分 UPDATE

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:あえてOpenCOBOLを選んだ理由

ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「闘うマネジャー vol.3」をお届けします。

[編集部,ITmedia]

あえてOpenCOBOLを選んだ理由

 ITmedia エンタープライズの人気連載を読みやすいPDF形式に再編集した「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「闘うマネジャー vol.3」をお送りします。

 →闘うマネジャー vol.3をダウンロードする。

  • 電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
  • 電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
  • 電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状と異なる場合がございますので、ご了承ください。

闘うマネジャー vol.3

news_fightingmanager.jpg

 職員が短時間で覚えられ、新たなバグ取りが少ないこと――長崎県がシステムのダウンサイジングを行うために選んだ言語はOpenCOBOLだった。民間企業から長崎県庁に入った島村秀世氏が、県庁のITによる効率化のために奮闘する姿を綴ったシリーズ。vol.3では、「複雑・怪異と思えた汎用機を丸裸に」など6本を収録しています。

電子ブックレットのダウンロードはこちら→闘うマネジャー vol.3


 「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」は、毎週月、火、水曜日のお昼(祝日除く)に更新いたします。次回更新もお楽しみに!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -