ニュース
» 2011年03月10日 17時38分 UPDATE

専用アプライアンス製品を提供:日本HPと日本マイクロソフト、DWHおよびBI分野で協業

日本HPと日本マイクロソフトがBI分野で協業を発表。米本社間では「Infrastructure-to-Application(以下、I2A)」をテーマに、2010年から3年間にわたる次世代コンピューティング環境の投資提携を結んでいる。今回の協業はその取り組みの一環。

[唐沢正和,ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)と日本マイクロソフトは3月10日、データウェアハウス(以下、DWH)およびビジネスインテリジェンス(以下、BI)分野において協業し、大規模DWH専用アプライアンス製品「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」と、BI機能に特化したアプライアンス製品「HP Business Decision Appliance」を本日より提供開始すると発表した。出荷開始は4月上旬の予定。

110310hp_01.jpg (左から)日本HP 取締役専務執行役員エンタープライズビジネス営業統括の古森茂幹氏、日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 本部長の梅田成二氏、日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 統括本部長の上原宏氏

 米Hewlett-Packardと米Microsoftでは、「Infrastructure-to-Application(以下、I2A)」をテーマに、2010年から3年間にわたる次世代コンピューティング環境の投資提携を結んでいる。今回の協業は、その一連の取り組みの中での重要な構成要素となるもの。

 協業の背景について、日本HP 取締役専務執行役員エンタープライズビジネス営業統括の古森茂幹氏は「今回の提携で、両社の幅広い製品ポートフォリオを長期ビジョンに基づき連携・統合化する」と話す。部分的な製品連携では提供できないITインフラの標準化・自動化とアプリケーション環境の最適化を実現するのが目的。今回の協業はその第1弾となる。

110310hp_02.jpg 協業によって実現する製品スタック

 続いて、日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 本部長の梅田成二氏が、両社の協業によって実現するアプライアンス製品のメリットについて説明。「まずは、今最も企業に求められている“攻めの経営”を支援するため、DWHアプライアンスとBIアプライアンス製品を提供する」と話す。

 今後のロードマップとしては、「2011年上期にメッセージアプライアンス、そして下期にはOLTP/プライベートクラウドアプライアンスをリリースし、データ管理からデータ活用まで、すべてのライフサイクルで活用できる製品ラインアップを揃えていく」との計画を明らかにした。

 今回発表された新製品「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」は、MPP(超大規模並列処理)技術を採用したSQL Serverの大規模DWH専用エディション「Microsoft SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse エディション」と、日本HPのx86サーバー「HP ProLiant サーバー」およびストレージ「HP StorageWorks P2000 G3 MSA ディスクアレイ(以下、HP StorageWorks P2000)」を組み合わせたアプライアンス製品。競合他社のDWH用アプライアンス製品と比較して約1/3の低コストで、最大500テラバイトの大容量データの高速処理を可能にするという。参考税別価格は1億8000万円から。

 一方、「HP Business Decision Appliance」は、HP ProLiantサーバーのパフォーマンスを最大化できるように最適化された「Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise エディション」と「Microsoft SharePoint 2010」をプリインストールしたアプライアンス製品。参考税別価格は800万円から。

 なお、日本HPと日本マイクロソフトでは、これらのアプライアンス製品の提供にあたり、膨大なデータを全社員で活用することで迅速な経営を目指す顧客を主なターゲットに、両社が連携してマーケティングや販売活動を展開していく方針。日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 統括本部長の上原宏氏は、「データウェアハウスの導入促進に向けて、両社の総力を結集する」と話す。両社それぞれに、データウェアハウス専任の営業、SE部隊を組織化。さらに、日本マイクロソフトの大手町テクノロジーセンター内に検証センターを設置するとともに、両社協業によるワンストップ保守サービスを提供する。

 具体的なサービスとしては、導入検討顧客を対象に、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターに設置された「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」の実機を使用した「Proof of Concept(PoC)サービス」を無償で提供する。また、実際にシステムを利用する予定の顧客を対象に、「HP Business Decision Appliance」によって実現するセルフサービスBIを、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターで体験できる「Solution Experience for Business Intelligenceサービス」を無償で提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -