ニュース
» 2011年03月15日 17時18分 UPDATE

東北各所の生産拠点が損傷 NEC

NECは宮城、岩手、福島の生産拠点において、建屋および設備の損傷が確認されたことを発表した。

[伏見学,ITmedia]

「東北地方太平洋沖地震」の関連記事はこちらで読めます。


 NECは3月15日、東北地方太平洋沖地震による被害状況と対応策について発表した。

 現時点で建屋および設備の損傷が確認されている主な生産拠点は、東北日本電気(岩手県一関市)、NECワイヤレスネットワークス(福島県福島市)、NECトーキン 仙台事業所/白石事業所(宮城県仙台市/白石市)、NECインフロンティア東北(宮城県白石市)。

 今回の地震に伴い、同社は3月11日に遠藤信博社長を本部長とする中央事業継続対策本部を本社に設置し、被災地および顧客への支援を行うとともに、社員やその家族、各拠点の被災情報の収集と対応策を実施していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -