レビュー
» 2011年04月27日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:具体的なポイントを解説「販売管理に求められるIFRS対策」

IFRS対応においては会計システムのみならず販売管理システムへも影響が出ることもある。本資料では「検収基準での売上計上」「在庫評価方法の見直し」「経理在庫・現在庫の分離」などのポイントを具体的に解説する(提供:富士通マーケティング)。

[PR/ITmedia]

 IFRSの適用にあたっては、会計システムの仕様のみに目がいきがちだが、販売管理システムへも影響が出るケースがあるので注意が必要である。

強制適用条件に合致しない企業でも、取引先によっては対応を求められるケースもある。販売管理業務をシステム化している、または新しくシステム化を検討する場合には今後対応が必要とされるであろうポイントを押さえておくべきである。

 現在のIFRS動向からは「検収基準での売上計上」「在庫評価方法の見直し」「経理在庫・現在庫を分離した管理」などの対応が必要になると想定される。例えば現在の日本では出荷基準による売上計上が一般的だが、IFRSの収益認識の要件を満たすには買い手が検収したタイミングで売上計上をする必要がある。では、販売管理システムでは具体的にどのような方法で「検収基準」に対応すれば良いのだろうか。当社の販売管理システムの機能をモデルにポイントを説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -