ニュース
» 2011年05月20日 07時25分 UPDATE

Microsoftの脆弱性悪用防止ツールがバージョンアップ、公式サポートも提供

Microsoftは「Enhanced Mitigation Experience Toolkit」(EMET)の新バージョンをリリースした。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは脆弱性悪用防止ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit」(EMET)の新バージョンをリリースした。同社サイトから無償でダウンロードできる。

 EMETでは主要な攻撃の手口に対抗する緩和技術を実装することにより、システムに対する攻撃を難しくする。未解決の脆弱性や、Microsoft以外の製品の脆弱性を突いた攻撃の防止にも役立つとされる。

 Microsoftのブログによると、新バージョンの2.1では新しい機能や緩和技術を盛り込んだほか、新設のフォーラムを通じて公式にサポートの提供を開始した。

 緩和技術は、ボトムアップ型のメモリアロケーションのベースアドレスをランダム化する「Bottom-up Randomization」を新たに提供。Export Address Table(EAT)へのアクセスをふるいにかける「Export Address Filtering」(EAF)は、64ビットOSにも対応させた。さらに、企業向けのコマンドラインサポートの強化といった機能改善や不具合の修正を図っている。

関連キーワード

Microsoft | ブログ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -