レビュー
» 2011年05月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:高額ストレージは不要? トータルコスト削減とパフォーマンス向上を同時に実現する手法〜ファイルサーバ編

データ量の増加とストレージ予算の増加率が大きく乖離している現在、高額なストレージ投資は困難であり、少ない予算で最大限の効果を引き出す投資が求められている。 現在、日立製作所が注目するNASを利用することで、そのような課題を解決するテクニックを紹介する(提供:日立製作所)。

[PR/ITmedia]

 社内の誰もが利用するファイルサーバ。利便性の高さから、いまや業務に欠かせないシステムの一つだと言える。しかし、当然のように利用しているからこそ、追加の投資は控えられてしまい、管理者はコストパフォーマンスや拡張性について悩まされているのではないだろうか。

 本ドキュメントでは、安価で大容量の拡張が可能なストレージを用いて、肥大化するストレージコストを抑え、なおかつデータの読み書きパフォーマンスを維持できるソリューションを紹介する。SSD/HDDから成るハイブリッドストレージプールを使用することなどによりこれらを実現する。また、ソフトウェアライセンスはオプションフリーで利用でき、導入後に追加費用が発生しないことも大きな特徴だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -