レビュー
» 2011年05月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:正しく知って選びたい、2011年のバックアップ事情

バックアップの問題は、情報システム部門の問題と切り離せないだけでなく、事業継続性を考えれば、経営者にとっても切実な問題だ。本稿ではバックアップのポイントを理解するための用語を解説。どのバックアップ方式が適しているかなど、最新事情を大枠で理解できる(提供:クオリティソフト)。

[PR/ITmedia]

 IFRSや内部統制などの法制度施行に伴い、企業はその経営の効率性・健全性を示すために必要な監査や評価の対象となるさまざまなデータの長期保存が求められるようになった。保存対象データの種類や量が増大した結果、これまで運用してきた週次や月次でのバックアップ方式では対応しきれない事態が発生している。

 そこで本稿では、各種バックアップ方式について、用語解説と比較を行った。コストや工数、正確性、即時性の面から、最もバランスが良く有用なソリューションを知っていただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -