ニュース
» 2011年07月07日 16時18分 UPDATE

オフィスの消費電力を可視化する「エネパル Office」を提供 NEC

NECの「エネパル Office」は温湿度センサーを備え、気候と消費電力の相関性から節電計画の立案を支援する。3週間で導入可能だという。

[石森将文,ITmedia]

 NECおよびNECフィールディングは7月7日、オフィスの空調や照明が消費する電力を可視化する「エネパル Office」を発表した。同日より販売開始する。

 同サービスは、分電盤やコンセントに電力センサーを設置し、それらに接続された機器の消費電力や電力料金、CO2排出量を算出するもの。温湿度センサーにも対応しており、温湿度と消費電力の状況や、過去の消費パターンを踏まえて分析することで、空調機器の効率を検証できる。節電目標の立案や進捗管理にも役立てられる。今後、人感センサーや照度センサーにも対応する予定となっており「人がいないのに空調や照明が付いている」といった状況を防げるという。

 価格は初期費用が98万円から、月額利用料が3万9000円から(いずれも税別)。NECは最短3週間で導入可能だとしている。

enepal.jpg エネパル Officeのメイン画面

関連キーワード

空調管理 | 人感センサー | 節電


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -