ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人感センサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人感センサー」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
ESRが三重県で延べ15万m2の物流施設「弥富木曽岬DC」着工、総投資額は約270億円
ESRが三重県桑名郡木曽岬町で開発を進める物流施設「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」が起工した。総投資額は約270億円に上り、開業後には約1000人規模の雇用を創出し、地域経済への貢献が期待されている。また、建設期間中は、延べ10万人に及ぶ建設作業員の雇用を見込んでいる。(2021/4/5)

“俺の嫁召喚装置”Gatebox、4万円以上の値下げ 購入希望者の要望受け
LINE傘下のGateboxが、ディスプレイ装置「Gatebox」の量産モデルを、これまでの16万5000円(税込、以下同)から12万円に値下げ。展示会などで値下げを望む声が多かったことから価格変更を決めたという。(2021/3/22)

製造業IoT:
ifLinkは普及と実用化に向けた次のステージへ、5月からβ版を一般公開予定
IoTの民主化を目指すifLinkオープンコミュニティは2021年2月25日〜3月4日にかけて、コミュニティーの活動成果を披露する「ifLink Open Community 2021 Winter Festival」を開催した。最終日には2021年度以降のifLinkの展開についても発表があった。(2021/3/8)

プラススタイル、人感センサー搭載の「スマートLED電球」発表 人の動きを検知して自動点灯
プラススタイルが、人感センサー搭載のLED電球を2月26日に発売する。人感センサーにより人の動きを検知して自動で点灯し、さらに同社のスマートホーム製品と連携する。1677万色の調色が可能なスマートLED電球も同日に発売する。(2021/2/10)

人の動きを検知するLED電球、+Styleが発売 人感センサーを一体化してコンセント不要に
ECサイト「+Style」を運営するプラススタイルが人感センサーで人の動きを検知して点灯するLED電球を発売する。価格は3980円(税込)。(2021/2/10)

aiboが“黒ごまアイス”カラーに ソニー、21年限定カラーを発表
犬型ロボット「aibo」の2021年限定カラーモデル「aibo 黒ごま エディション」の予約受け付けを、ソニーが直販サイトと直営店で始めた。本体価格は19万8000円(税別)。(2021/1/18)

CES 2021:
「ThinkPad X1」シリーズの2021年モデル登場 目玉はThinkPad史上最薄の2in1「Titanium Yoga」
ThinkPadのフラグシップ「ThinkPad X1」シリーズに新モデルが登場する。目玉は、IBM時代を含めThinkPad史上最薄をうたう2in1モデル「ThinkPad X1 Titanium Yoga」だ。(2021/1/12)

新連載「デジタル防災を始めよう」:
大震災から学ぶ、都市直下型震災への備え
日本では、地震や水害などさまざまな災害が毎年起こっており、時折、大規模な災害が発生する。一方で守ってくれる技術もまた、IT技術を取り込んで進化している。そんな「デジタル防災」のための知識をアップデートしていく連載をスタート。(2020/12/31)

+Style、人感センサー搭載のスマートLED電球をMakuakeで先行販売
+Styleは、人感センサー搭載の「スマートLED電球(人感)」をMakuakeで先行販売。人感センサーで検知した動きはアプリに通知されるため、防犯対策などに活用できる。(2020/12/28)

ソニーのスマートホームサービス「MANOMA」にライトプラン 見守り機能も利用可能
ソニーは、同社が提供するスマートホームサービス「MANOMA」にIoTシーリングライトの機能が利用できるライトプランを追加した。(2020/12/14)

ソニー、天井から見守るスマートホームサービス センサー付きシーリングライト活用 月額3938円から
ソニーネットワークコミュニケーションズが部屋の天井に設置したシーリングライトを使う見守りサービス「MANOMAライトプラン」の提供を始めた。(2020/12/14)

5G対応オプションもあり:
最軽量構成は約907g 13型モバイルノートPC「ThinkPad X1 Nano」日本上陸 Tiger Lake(UP4)搭載で税別26万円から
9月にグローバル発表された1kg切りのThinkPadが、日本における受注を開始する。従来の超省電力プロセッサに相当する「UP4」フォームファクタを採用しつつも、放熱機構に工夫を凝らすことで「UP3」フォームファクタ並みのパフォーマンスを発揮できるという。(2020/12/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
シーリングライトとスピーカーが合体したソニーの「マルチファンクションライト2」、2代目はどこが変わった?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライトの2世代目となる「MFL-2100S」をチェックする。(2020/12/4)

プロジェクト:
コロナ禍の働き方を提示するABWオフィス、東急Re・デザイン
東急Re・デザインは、アクティビティー・ベースド・ワーキングを意識し、テレビ会議も含めた仕事の内容によってワークスペースを選べる新型コロナウイルス感染症対策を施したオフィス「ライブオフィス用賀」を2020年9月にオープンした。(2020/12/3)

「3密」可視化せよ CO2、湿度、混雑率……広がる数値活用「普段と比べる目安に」
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、集団感染を招きやすいとされる3密(密閉、密集、密接)対策の効果を可視化する取り組みが広がり始めている。(2020/11/26)

「3密」可視化せよ CO2、湿度、混雑率……広がる数値活用「普段と比べる目安に」
新型コロナの感染拡大が続く中、3密対策の効果を可視化する取り組みが広がり始めている。空港や駅では二酸化炭素濃度や湿度、気温などの数値を感染対策に活用している。(2020/11/26)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーのルグランが提供している。同社は次なる展開としてIoTセンサーによる二酸化炭素濃度測定サービスを開始。なぜ? 共同CEOの泉浩人氏に聞いた。(2020/11/25)

ミュージカル調で会話するロボ ヤマハが開発 VOCALOID、自動作曲技術を活用
ヤマハが、歌で会話するロボット「Charlie」を開発したと発表した。VOCALOIDの歌声合成技術と自動作曲技術を活用し、ユーザーが話しかけると歌って応答する。(2020/10/27)

BAS:
ビットキーがビルのスマートロックなど複数のIoTを接続するクラウドサービスの提供を開始
ビットキーは、ビルのセキュリティシステムやIoT設備が1つのシステムで統合管理されていない現状を踏まえて、各システムや各IoT設備をシームレスにつなげ、一括で管理や制御が行えるクラウド型のコネクトプラットフォーム「workhub」を開発した。(2020/10/26)

「どう生きるか」でPCを選ぶ時代に向けて――富士通2020年個人向け冬PC 注目機種を紹介
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年冬商戦向けの新モデルを発表した。あらゆるニーズに応えるべく非常に多岐に渡る新モデルの中から、筆者個人として注目する機種を紹介する。(2020/10/20)

富士通CC、スタイリッシュな新デザイン筐体を採用した液晶一体型PC「FH」新モデル
富士通クライアントコンピューティングは、液晶一体型デスクトップPC「FH」シリーズの新モデルを発表した。(2020/10/19)

車載、家電、産機、スマホにも:
ついに解禁された「60GHzレーダー」の可能性を聞く
2020年1月、日本でもついに「60GHzレーダー」が解禁となった。今回、同技術の開発を進めるインフィニオン テクノロジーの担当者がその技術の概要、展望と自社の取り組みを語った。(2020/10/19)

コロナ対策:
LINEでエレベーターを操作 日立、非接触のニーズに対応
日立製作所と日立ビルシステムは、LINEでエレベーターを呼び出しと行き先階を指定できるサービスを開発。国内約1万5000台のエレベーターを対象に、10月16日から受付を開始する。新型コロナウイルス感染拡大で高まる非接触のニーズに応える。(2020/9/24)

割引価格で販売中:
AmazonやGoogle Storeでスマート家電・スマートディスプレイがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を9月21日23時59分まで開催中だ。また、Google Storeでもスマートディスプレイやスマートスピーカーのセールを展開している。(2020/9/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
人感センサーで自動運転が大幅進化 ソニーの新型スピーカー付きシーリングライトを試した
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライトの新モデル「MFL-2000S」をチェックする。(2020/9/14)

製造業IoT:
システム構築は「たった1時間で完了」、ifLinkのコミュニティーイベント開催
「誰もがカンタンにIoT(モノのインターネット)をつかえる世界」を掲げるifLinkオープンコミュニティが、2020年8月31日、コミュニティーの活動成果を示すイベント「ifLink Open Community Festival 2020 Summer」をオンラインで開催した。本稿では、同日に報道関係者向けに開催されたデモ展示内容をお伝えする。(2020/9/2)

医療機器ニュース:
新型コロナへの不活化効果も確認、有人環境で使用可能な殺菌用紫外線ユニット
ウシオ電機は2020年9月1日、有人環境下でも使用可能な波長域の紫外線を用いるウイルス不活化/殺菌技術を搭載した「Care222 U3ユニット」を発売する予定だ。同技術は細菌への殺菌効果の他、新型コロナウイルスをはじめとするウイルスも不活化効果を持つことが確認されている。(2020/8/31)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Nature Remoに激似の低価格スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試した。(2020/8/27)

レーダーは手軽に使える身近なセンサー!:
PR:スマホにも搭載「高分解能60GHzレーダー」に迫る
2.14cmという距離分解能で、人や物体を検出できる「60GHzレーダー」をご存じだろうか。各国の法整備が進み、新たに利用できるようになった周波数帯のレーダーで、指先に乗るような超小型の対応デバイスも登場。既に大手ブランドのスマートフォンにも搭載されるなど、これからさまざまな機器のセンサーとして搭載されるだろう60GHzレーダーを紹介する。(2020/8/25)

製造ITニュース:
工場や倉庫など、施設の漏水や入退室情報を管理するIoTシステム
センスウェイとconect.plusは、IoTシステムによる施設の漏水や入退室情報を管理するサービス「Facility Connect」の提供を開始する。(2020/8/19)

ソニー、人感センサーを内蔵した超多機能マルチファンクションライト「MFL-2000S」を投入
ソニーネットワークコミュニケーションズは8月7日、スマート機能を内蔵したLEDシーリングライトの新モデル「MFL-2000S」を発表、発売は8月21日からだ。新たに人感センサーを内蔵したフラッグシップモデルとなる。(2020/8/7)

布団から起き上がるとアラーム停止 ソニー「マルチファンクションライト」がモーション操作に対応
ソニーネットワークコミュニケーションズはモーション操作に対応した「マルチファンクションライト」のハイエンドモデルを発売する。価格は4万7000円前後(税別)。(2020/8/7)

医療機器ニュース:
生活データとAIで高齢者の虚弱を予知、産学連携のプロジェクトが始動
日立グローバルライフソリューションズと東京大学高齢社会総合研究機構は、高齢者が要介護に至る前の虚弱の予兆を検知する、ソリューションの開発プロジェクトを開始した。生活データとAIで日常生活の活発度を可視化し、虚弱の予兆を検知する。(2020/7/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
定番スマートリモコンの最新モデル「Nature Remo 3」は買いか? 進化点をチェックした
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、定番スマートリモコンの最新モデルを試した。(2020/7/29)

AIが人に代わって応対 「AIアバターレジ」をハワイ料理店が10月から実証実験
対話により非接触で注文が済む、感染対策を考慮したシステム。(2020/7/28)

AIアバターが“あいまい注文”を聞き取り 「○○のやつ」でもOK レストラン「Eggs 'n Things」で実験
レストランチェーン「Eggs 'n Things」が、AIを搭載した3Dアバターによる接客の実証実験を行う。主語のない注文やあいまいな言葉を使った注文にも対応できるという。(2020/7/27)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
テレワーク不可でもクラスターは防ぎたい――小さな工夫で感染リスクを減らす「非接触型オフィス」とは
テレワーク導入やオフィス改装は業務やコストの制約があってできない、でも感染対策は必要――。そんな企業に対して、小さな工夫でできる「非接触型オフィス」を提案するデザイン会社がある。感染リスクを減らすポイントと、これからのオフィスづくりの考え方を聞いた。(2020/7/17)

モノづくり最前線レポート:
コンパクトブレーカ販売20周年、成長続くパナソニックの電路事業のモノづくり
新築住宅着工件数が減少傾向にあり、国内の住宅設備関連市場は厳しい状況が続いている。そうした中でパナソニックの住宅盤、電設盤、ブレーカなどの電路事業は、直近10年間でシェアを10%伸ばし、市場の半分を占めるまでに拡大した。2019年度に約450億円を記録した販売額を2030年度には1.8倍の800億円前後に引き上げる方針だ。(2020/6/30)

Nature、スマートリモコン「Nature Remo」最新モデルを発表 Bluetooth LE搭載
Natureは、同社製スマートリモコン「Nature Remo」シリーズの最新モデル「Nature Remo 3」を発表した。(2020/6/24)

プロジェクト:
延べ床面積約4000m2のオフィスビル「BIZCORE 渋谷」が竣工、新移転サービスを導入
日鉄興和不動産は、中規模ハイグレードオフィスビル「BIZCORE」シリーズの開発を進めている。今回、東京都渋谷区で「BIZCORE 渋谷」が竣工し、1月31日時点で、竣工済みが4 棟、開発中が7 棟となった。(2020/4/28)

低照度の室内用光源でも使える:
東洋紡、変換効率が高いOPV用の発電材料を開発
東洋紡は、高い変換効率を実現し、薄暗い室内の光源下でも高い出力が得られる有機薄膜太陽電池(OPV)用の発電材料を開発した。(2020/3/27)

太陽光:
室内光で世界最高クラスの発電効率、東洋紡が有機薄膜太陽電池セルを開発
東洋紡が開発中の有機薄膜太陽電池用の発電材料を利用し、薄暗い室内で世界最高レベルの変換効率を実現する太陽電池セルの開発に成功。まずは温湿度センサーや人感センサーなどのワイヤレス電源用途で、2022年度中の採用を目指す方針だ。(2020/3/26)

専用クラウドサービスを無料で利用できる:
JavaScriptで開発可能なIoT入門キット「obniz Starter Kit」、CambrianRoboticsが発売
CambrianRoboticsは、IoT開発入門キット「obniz Starter Kit」を発売した。8つの電子部品モジュールが付属し、これらをボードコンピュータの専用インタフェースに接続して使う。(2020/3/25)

“俺の嫁召喚装置”Gatebox、月額制から方針転換 「逢妻ヒカリ」との共同生活は無料に
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」量産モデルの月額基本料(共同生活費)が無料に。基本的な機能は無料で提供し、有料のオプション機能を別に用意する。(2020/3/17)

ドラえもんが小さなコミュニケーショントイに ひみつ道具カードのプログラミングで多彩におしゃべり
2020年6月下旬に1万9800円(税別)で発売。(2020/3/6)

製造業IoT:
地域に根差すIoTビジネス共創ラボ、2020年は西日本にも活動を拡大
日本マイクロソフトは、東京都内で開催したIoTをテーマとするパートナーイベント「IoT in Action Tokyo」に合わせて、クラウドプラットフォーム「Azure」を活用したIoTの普及とビジネス拡大を目的とする「IoTビジネス共創ラボ」の取り組みや事例を記者向けに説明した。(2020/2/19)

Smart Energy Japan2020:
ECHONET Liteに対応したレンジフードを開発、環境センサーも搭載可能
富士工業は、ECHONET Liteと無線LAN通信に対応したレンジフードの開発を進めている。(2020/2/6)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声操作も可能で天井から音が降る! ソニーの超多機能マルチファンクションライトを試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライト「MFL-1000A」を紹介する。(2020/2/4)

シャープ、Office連携機能も備えた4K表示対応の70型タッチディスプレイ
シャープは、4K表示に対応した電子黒板向け70型タッチ液晶ディスプレイ「PN-CD701」を発表した。(2020/1/22)

aiboがキャラメル色に 20年限定カラーモデルが登場
ソニーが犬型ロボット「aibo」の新色モデル「aibo キャラメル エディション」を発表。2月18日に発売する。(2020/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。