プラネックス、見守りや防犯などにも使える「どこでもセンサー」新モデル

» 2023年08月03日 13時13分 公開
[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは8月3日、遠隔地の情報をリアルタイムでチェックできる「どこでもセンサー」シリーズの新モデルを発表、8月4日に販売を開始する。ラインアップは気温/湿度/気圧の測定が可能な環境センサー「WS-USB03-THP」と、人や動物の接近を検知できる人感センサー「WS-USB04-PIR」の2製品を用意した。価格はオープン、予想実売価格はともに5980円だ(税込み)。

photo
photo WS-USB03-THP(上)、WS-USB04-PIR(下)

 USBメモリサイズの小型筐体を採用したセンサーユニットで、USBバスパワー駆動により単体で動作が可能。計測したデータはWi-Fi経由でクラウドに保存できる他、あらかじめ設定した値(環境センサーは気温/湿度/気圧の数値が上回る/下回る場合、人感センサーは検知の回数)になるとメールで通知することも可能だ。

 旧モデルからクラウドでのデータ保存期間を改善しているのも特徴で、環境センサーのWS-USB03-THPは“1分ごとのデータを1カ月”および“1時間ごとのデータを3年”、人感センサーのWS-USB04-PIRは“検出時刻を1カ月”および“検出回数を3年”の長期間保存が可能となった。クラウド利用料は導入から1年間は無料、2年目からは年額2400円(税別)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー