ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リアルタイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造ITニュース:
工場の生産データをセキュアにクラウド接続できるソリューション提供開始
アドソル日進とたけびしは、工場内で収集した生産情報などを安全にクラウドサービスと連携できる「IoTセキュアサーバー」を共同開発した。収集したデータを生産性向上などの分野で、リアルタイムに利活用できる。(2020/8/4)

東京駅の公式ガイドアプリ、リアルタイム混雑状況表示やチャットbotによる案内に対応
JR東京駅内の情報を表示するスマートフォン向けアプリ「東京ステーションナビ」(iOS/Android、無料)が8月3日にアップデート。構内や店舗の混雑状況やコインロッカーの空き情報、チャットbotを活用した案内などの新機能を追加する。(2020/7/30)

BEMS:
きんでん、AIを用いた空調最適制御サービスを月額料金制で提供
きんでんはMutronと協業し、AIを用いた空調の最適制御サービス「EMS−AI」を提供開始。AI最適制御、リアルタイムでエネルギーの利用状況や削減効果を可視化する機能、クラウドでのデータ管理、AIコントローラーの状態監視と機密保守機能など。(2020/7/29)

リアルタイムOS列伝(4):
マイクロソフトが買収した「ThreadX」あらため「Azure RTOS」はまだ実体がない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、マイクロソフトが2019年4月に買収し、名称を「Azure RTOS」に変更した「ThreadX」を取り上げる。(2020/7/29)

スマートファクトリー:
工場見学もバーチャルに、キリンとJALの工場でMR技術使って実施
日本マイクロソフトはコラボレーションツール「Microsoft Teams ライブイベント」とMixed Reality(複合現実)技術である「HoloLens 2」を活用し、見学者目線の工場見学をリアルタイムで遠隔地に配信する「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」を開催。2020年6月27日には第1弾となるキリンビバレッジ湘南工場、同年6月28日にはJAL羽田整備工場において実施した。(2020/7/28)

現場管理:
Wi-Musuに新機能、遠隔から現場の計測状態や動作検証が可能に
新日本空調は、ICTおよびIoT技術を用いた環境測定用の無線センシングシステム「Wi-Musu(ワイムス)」の機能拡充について発表。新たにクラウドを介したリアルタイム遠隔監視機能を開発および付加したという。常時現場に滞在せずに、事務所から現場における計測状態の把握が可能だ。(2020/7/27)

感染症対策など、入室できる人数が限られたときにも手術が可能に:
商用5GとIoTを活用した遠隔手術の実証実験 東京女子医大とNTTドコモが実施
東京女子医科大学とNTTドコモは、商用5Gを活用した遠隔手術支援システムの実証実験を実施する。IoTを活用したスマート治療室で執刀中の高精細映像を、遠隔地にいる専門医にリアルタイムで送信する。(2020/7/27)

Cassia ロケーショニング キット with Azure:
PR:屋内リアルタイム測位を開発不要で低コストに実現
屋内で人や物の「位置を知りたい」というニーズに対し、導入時のコストや時間、手間などで二の足を踏むケースは少なくない。東京エレクトロンデバイス(TED)の位置認識ソリューション「Cassia ロケーショニング キット with Azure」は、屋内でのリアルタイム測位システムを低コスト、短期間で簡単に立ち上げられ、スケールアップも容易だ。(2020/7/30)

ウェアラブルニュース:
小型センサーで走りをリアルタイム評価、アシックスがスマートシューズ新開発
アシックスはシューズ内に設置した小型センサーで、地面を踏み込んだ際に受ける反力などを計測するスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」を販売すると発表した。足の動きのセンシング技術開発などを手掛けるスタートアップ、no new folk studioと共同で開発した。シューズ内の小型センサーで、走行中のパフォーマンスをリアルタイムに可視化し、ランナーに音声で走行改善のためのアドバイスを提供する。(2020/7/27)

ドコモ、商用5Gによる遠隔手術支援の実験へ 4K手術映像を離れた場所にいる医師に伝送
NTTドコモが、5Gを活用して医者が遠隔地から手術の支援を行う仕組みの実証実験を行うと発表した。商用5G回線を通じて治療室から遠隔地にいる専門医に手術の4K映像をリアルタイムに伝送する。(2020/7/21)

Googleマップ、シェアサイクルのリアルタイム在車台数も分かる新機能 まずは世界10都市で開始
Googleが世界10都市のシェアサイクルサービスと提携し、Googleマップの自転車ルートの検索結果に最寄りのステーションとその在車台数を表示する新機能を追加した。(2020/7/21)

SF(すこし・ふしぎ)映画の最高峰「ドロステのはてで僕ら」をきみは見たか? 大絶賛の5つの理由を全力で解説
映画「ドロステのはてで僕ら」は、全編ほぼワンカット・リアルタイム進行の映画の最高傑作であり、この世で一番面白い70分間だった。(2020/7/19)

混雑を避けた乗車に活用:
「リアルタイムの混雑情報」提供サービスを拡大 JR東日本、東海道線や横須賀線など
JR東日本は、車内の混雑情報をほぼリアルタイムで提供するサービスの対象路線を拡大した。時差通勤など、混雑を避けた乗車に活用してもらう。(2020/7/16)

JR東日本アプリの混雑情報サービス、首都圏の主な線区が対応
JR東日本は、7月15日に「JR東日本アプリ」で実施しているリアルタイムの混雑情報提供サービスを拡大。首都圏の主な線区が対応する。(2020/7/15)

薄膜型とバルク型の解析を可能に:
全固体電池内部のリチウムイオン移動抵抗を可視化
パナソニックは、ファインセラミックスセンター(JFCC)および、名古屋大学未来材料・システム研究所と共同で、全固体電池の充放電中におけるリチウムイオンの動きを、ナノメートルの分解能でリアルタイムに観察する技術を開発した。(2020/7/14)

PR:「ただデータを集めるだけ」では使えない――リアルタイムで経営から現場まで役立つデータ分析へ、企業が今すぐ解決すべき2つの課題
データ量が増加し、クラウドやIoTにデータが分散する時代、分析に必要なデータを集約するだけで現場が息切れしていないだろうか。せっかくデータを分析しても経営陣に知見が伝わらずに終わってしまうケースもある。集めたデータを無駄にせず、リアルタイムに経営戦略に生かすには何が必要なのか。第一線で日本企業のデータ活用を見てきた専門家に聞いた。(2020/7/14)

製造ITニュース:
工場で従業員同士が安全な距離を保って作業できるよう支援するソリューション
シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、従業員間の距離を継続的に測定し、その情報をリアルタイムで視覚的に示すソリューションを発表した。従業員同士が必要な距離を保ちつつ、安心して作業できるよう支援する。(2020/7/13)

Creo 7.0の新機能を徹底検証:
PR:リアルタイムシミュレーションやジェネレーティブデザインを“より快適”に使うには
PTCの3次元設計ソリューション「 Creo 7.0 」では、解析結果を瞬時に得ることができるリアルタイムシミュレーションが強化された他、3D CAD業界のトレンドの1つであるジェネレーティブデザインを実現する機能が実装された。本稿では「 Creo 7.0 のパフォーマンスを最大限に発揮すること」をテーマに、最新鋭のハイエンドワークステーションを用い、 Creo 7.0 の目玉機能の動作検証を行った。(2020/7/13)

組み込み開発ニュース:
MCU向けのQtがμITRON4.0に対応、最新のバージョン1.3もリリース
The Qt Companyは、マイコン(MCU)上で動作するユーザーインタフェース(UI)を開発するためのグラフィックスツールキット「Qt for MCUs」が、日本の製造業で広く利用されているリアルタイムOSカーネル仕様「μITRON4.0」に対応したと発表した。(2020/7/10)

製造ITニュース:
LPWAを活用して河川水位をリアルタイム監視、地域の防災に貢献
NECプラットフォームズは、河川の水位情報をリアルタイムで可視化する「河川水位IoT監視パッケージ」を発売した。河川に設置した水位センサー子局の情報をLPWAで親局に送信し、Web上で公開することで、河川管理や地域の防災に役立てられる。(2020/7/9)

ゲリラ豪雨の兆候が見えるアプリ「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」 雨雲の断面図も
日本気象協会が首都圏の雨雲の状況をリアルタイムで確認できる「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」アプリを公開した。最先端の気象レーダーが観測した情報を表示する初のアプリ。(2020/7/7)

AIが会議のキーワードや関連画像をリアルタイムで分析・可視化 アイデア出しを活発に
AIが会議中の会話を分析し、関連語句や画像をリアルタイムでスクリーンに表示するツール「Inspiration Wall」が登場。インスピレーションにつながる画像や言葉を可視化し、円滑なアイデア出しを支援する。価格は未定で、11月に発売する。(2020/7/6)

位置情報シェアアプリ「Zenly」、友達の移動経路や目的地を表示する新機能
位置情報共有アプリ「Zenly」に、友達登録したユーザーが移動を始めたときに、出発地点と移動経路をリアルタイムに確認できる機能「Going」が登場した。(2020/7/6)

人工知能ニュース:
電力効率10倍以上、SLAM処理時間が20分の1のエッジAIチップを開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「ハイブリッド量子化ディープニューラルネットワーク(DNN)技術」「進化型仮想エンジンアーキテクチャ技術(aIPE)」「リアルタイムSLAM処理技術」を開発した。(2020/7/3)

「えいご漬け」リアルタイムアタックって何? ゲーム最速クリアの祭典「RTA in Japan Online」が8月13日〜16日開催
「えいご漬け」「星をみるひと」気になる……。(2020/6/30)

NICT開発のDISAANAとD-SUMMがベース:
Twitterの投稿から災害情報を解析、NEC「高度自然言語処理プラットフォーム」販売開始
NECはTwitter上の災害に関する情報をリアルタイムで解析し可視化する「高度自然言語処理プラットフォーム」の販売を開始した。(2020/6/30)

LIXILが「SAP Analytics Cloud」を採用 グローバルでのデータ活用に向け
LIXILは、新たな経営情報管理基盤として、データ分析サービス「SAP Analytics Cloud」とデータウェアハウス「SAP BW powered by SAP HANA」を採用した。グループ内の緊密なデータ連携とリアルタイム経営を実現する。(2020/6/29)

アイチップス・テクノロジー IP00C382:
ひずみ補正とエッジブレンディング搭載4K対応LSI
アイチップス・テクノロジーは、4K60Hz対応の画像補正機能を搭載したLSI「IP00C382」のサンプル出荷を開始した。ひずみ補正とエッジブレンディング機能を1チップに搭載し、リアルタイムで画像を補正する。(2020/6/29)

AIがTwitter上の災害情報をリアルタイムで収集、地図上で可視化 NECが提供 有事の状況判断を支援
NECが、Twitter上に災害に関係する投稿をAIがリアルタイムで解析し、地図上で投稿数や分布を可視化するシステムを発売。Webブラウザ上で利用できるクラウドサービスとして、7月から提供する。料金は1アカウントあたり月額5万円(税込)から。初期費用として20万円が別途必要になる。(2020/6/26)

人工知能ニュース:
ビジョン向けAIアクセラレーターを内蔵したMPUを発表
ルネサスエレクトロニクスは、ビジョン向けAIアクセラレーター「DRP-AI」を内蔵したマイクロプロセッサ「RZ/Vシリーズ」を発表。シリーズ第1弾として、組み込み機器でリアルタイムなAI推論が可能な「RZ/V2M」を開発した。(2020/6/26)

ams AS5147U、AS5247U:
車載用高速モーター向けポジションセンサー
amsは、車載用高速モーター向けポジションセンサー「AS5147U」「AS5247U」を発表した。最大2万8000回転/分までのモーターで使用でき、低ノイズでの位置測定と高精度なリアルタイム角度測定が可能だ。AEC-Q100のグレード0に準拠する。(2020/6/25)

リアルタイムOS列伝(3):
豪華絢爛な採用実績を持つRTOSの老舗「VxWorks」の行く先
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、現在流通しているRTOSの中で最も古くから使われている「VxWorks」を取り上げる。(2020/6/25)

ヤマトの集配車にセンサー搭載、気象や路面状況などモニタリング 山口大などと共同研究
ヤマト運輸の集配車両に搭載した計測機器で、気象や路面、災害状況などをリアルタイムでモニタリングし、そのデータを活用して社会課題の解決を目指す産学共同研究がスタートする。(2020/6/24)

Cloco、テレワークの在宅確認をリアルタイムで行える「Cloudライブカメラ」を提供開始
Clocoは、PCのWebカメラを利用したテレワーク向け在席管理ツール「Cloudライブカメラ」を発表した。(2020/6/23)

ヤマハのピアノ遠隔演奏システム、ドイツの音大が“リモート入試”で採用 日本で弾いた演奏を現地で再現
ヤマハがドイツの音楽大学にリモート実技試験を行えるシステムを提供した。ヤマハの自動演奏ピアノを日本と中国、ドイツの試験場に設置。学生の演奏をMIDIデータ化してドイツに送り、試験場のピアノでリアルタイムに再現した。(2020/6/17)

リファレンスアーキテクチャ:
動画配信を低コストに、Xilinxのビデオアプライアンス
Xilinxは2020年6月16日(米国時間)、同社の「リアルタイム(RT)サーバーリファレンスアーキテクチャ」として、ビデオのトランスコーディングに特化したアプライアンス(以下、ビデオアプライアンス)を発表した。同社として初のアプライアンス製品となる。(2020/6/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
データを世界の共通言語に、リアルタイムで製品収益を見える化する安川電機のDX
「データを世界の共通言語に」をスローガンとし「YDX(YASKAWA digital transformation)」として独自のデジタル変革(DX)を進めているのが、産業用ロボットやモーターなどメカトロニクスの大手企業である安川電機である。安川電機 代表取締役社長の小笠原浩氏に「YDX」の狙いについて話を聞いた。(2020/6/15)

NEC、ソーシャルディスタンスを判定する技術を開発 リアルタイムで映像を解析
NECは、同社の映像解析技術を応用し、カメラ映像からソーシャルディスタンスを判定する技術を開発した。同技術はプライバシーの保護は十分に、公共施設のカメラ映像などから密集状況を常時解析して、密集度をリアルタイムで数値化できるという。(2020/6/15)

AI:
クレーン設置カメラで作業員を検知、エッジAI画像解析システム
エコモットと若築建設は、移動式クレーンに設置したカメラの映像をリアルタイムで画像解析し、クレーン直下の作業員の存在をクレーン操作者に知らせるエッジAI画像解析システムを共同開発した。(2020/6/15)

人工知能ニュース:
CPUだけでリアルタイム群集計測を実現、東芝が従来比4倍性能の深層学習技術
東芝は2020年6月12日、CPU上でカメラ映像を解析して人数や密集度合いを計測できる、新しい手法のディープラーニング技術の開発を発表した。GPUと比較すると非力なプロセッサであるCPUなどのデバイス上で、高速かつ高精度にリアルタイムで映像解析を行える。(2020/6/12)

1枚あたり9円台へ最安値を更新 「マスク通販最安値.com」の定点観測から
マスク1枚あたり通販在庫価格の最安値をリアルタイムに検索できるWebサービス「マスク通販最安値.com」が、6月10日に「マスク1枚あたり9円台」と最安値への下落を発表。コロナ以降の最安値を更新している。(2020/6/11)

NEC、画像解析でソーシャルディスタンシングを可視化する技術
NECは、駅や空港、店舗などに設置されたカメラ映像を解析し、人と人との十分な距離(ソーシャルディスタンシング)が保てているかをリアルタイムに可視化する技術「ソーシャルディスタンシング判定技術」を開発したと発表した。(2020/6/11)

東芝、オンライン授業の音声をリアルタイムに字幕化するシステム開発 慶大などで実験
東芝は6月10日、オンライン授業の教師の音声をリアルタイムに字幕化する音声自動字幕システム「ToScLive」を開発したと発表した。生徒は、既存のオンライン会議システムで授業の映像・音声を視聴しながら、聞き逃した部分を字幕で確認できる。(2020/6/10)

スマホ証券でNISAも 社長に聞く、大和証券グループCONNECTの狙い
大手証券会社の一角である大和証券が、子会社CONNECTを通じてスマホ証券に参入する。サービス開始は7月初旬の予定だ。1株単位でリアルタイム取り引きが行えるほか、Pontaポイントとの連携も果たす。CONNECTの大槻竜児社長と、Pontaポイントを使った運用を提供するSTOCK POINTの土屋清美社長に聞いた。(2020/6/10)

発言量や会話をリアルタイムに可視化するWeb会議システム オンライン授業などで活用を想定
会議参加者の端末ごとに音声を取得し、発言した量やタイミング、ターンテイク(2者間のやりとり)量を定量化して画面上に即時表示する仕組み。(2020/6/8)

人工知能ニュース:
深層学習プロセッサ搭載、エッジAI向けサーバを提供開始
ソシオネクストは、Foxconn Technology Group、Hailoと共同で、エッジ向け次世代AI映像解析ソリューションの提供を開始した。リアルタイムで電力効率の高いスタンドアロンのAI画像処理を提供する。(2020/6/8)

ABEMAが新機能「PayPerView」を発表 バーチャル撮影システムを活用した新時代のオンラインライブを目指す
実写映像とCG背景のリアルタイム合成によるオンラインライブを提供します。(2020/6/5)

現場管理:
鹿島建設、トンネル内外の車両をシームレスに測位するシステム
鹿島建設は、トンネル工事における現場全域の車両の運行を見える化するシステムを開発した。GNSS電波の届かない坑内においても、車両の相互位置や走行方向を正確かつリアルタイムに検知できるため、リアルタイムな工事の進ちょく管理、安全性と生産性の大幅な向上が可能となる。(2020/6/3)

バイタルデータを即時に取得:
ウェアラブルシステムをリモートリハビリに活用
京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などバイタルデータをリアルタイムに取得できる「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」について、臨床研究の準備を始めた。(2020/6/3)

医療機器ニュース:
柔らかい人工筋肉のダイナミクスを用いて高精度の長さ推定に成功
東京大学とブリヂストンは、空気圧アクチュエーターに基づいた人工筋肉について、人工筋肉のダイナミクスと機械学習法を組み合わせることで、加圧駆動時にリアルタイムで高精度に長さが推定できることを示した。(2020/6/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。