ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リアルタイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ドローン:
遠隔で被災地の情報収集、神奈川県のドローンモデル事業に採択
アイネットは低高度で、人が足を運べない危険なエリアを飛行できるドローンの利点と、同社の撮影した映像および飛行情報をリアルタイムに配信するクラウド基盤を用いた事業の展開を進めている。(2020/2/26)

第4回 ロボデックス:
現場状況の配信だけでなく、ガス検知も行える建設向けリアルタイム情報共有システム
谷沢製作所は、管理者による現場管理や技術指導、作業記録の他、ガス検知に有効なリアルタイム情報共有システムを開発した。(2020/2/25)

タイヤ技術:
深層学習で自動車の「タイヤ力」を可視化する技術を開発、TOYO TIREが発表
TOYO TIREは深層学習などのAIなどのデジタル技術を活用して、走行中の路面状態やタイヤの状態に関するデータから、「タイヤ力」をリアルタイムで可視化する技術を開発した。(2020/2/21)

製造ITニュース:
製造現場とオフィスをリアルタイムに結ぶ、映像コミュニケーションサービス提供
東日本電信電話と田辺工業は連携して、製造、建設、インフラ業界の現場作業者と、オフィスや現場事務所など遠隔地にいる管理者、監督者、熟練者が映像と音声でリアルタイムにコミュニケーションできるサービスを提供する。(2020/2/19)

受験者をリアルタイム監視する「カンニング検知AI」 ユーザーローカル開発
ユーザーローカルは、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督を補助し、公正な試験を支援する狙い。(2020/2/18)

スマートオフィス:
人検知センサー×ビーコンで、オフィス内のリアルタイム個人検索
大成建設は、人検知センサーとビーコンを組み合わせ、個人を特定できないデメリットや位置精度の低さといった互いの短所を補い、オフィス内の人の所在位置を高精度に把握する新システムを開発した。(2020/2/18)

高齢ドライバーらの事故防止へ:
運転技能を即時診断、オムロンらがシステム開発
オムロンのグループ会社と近畿大学は、ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」を活用した、「リアルタイム運転技能診断システム」を開発した。(2020/2/18)

AIがDJプレイ――観客の感情を分析し、音楽がリアルタイムに変化 東京・日本橋でイベント開催中
音楽や映像などによるアート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」に、日本マイクロソフトのAI技術を用いたDJが登場。AIが観客の表情を分析し、最適な音楽を選ぶ。(2020/2/17)

ドローン:
電力供給を受けつつ建機の遠隔操作をサポートする追従型ドローン
フジタは、自動化された建機の移動を追尾しながら撮影し、離れた場所にいるオペレータに映像をリアルタイムで送る「建機追従型有線給電ドローン」を開発した。(2020/2/17)

5Gを活用した道路造成工事 KDDI、大林組、NECが実証実験
KDDI、大林組、NECは、5Gを活用した一般的な道路造成工事の実証実験成功を発表。3台の建設機械の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携や、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析を行った。(2020/2/14)

濃霧中の安全走行補助システム、5Gと画像認識技術を活用してNTT Comらが実証実験
NTT Comらは、運転中の周囲の車両やガードレールなどを画像認識して、5Gでリアルタイムに車内のディスプレイに表示する実証実験を大分県で実施する。濃霧が発生した高速道路を安全に走行できる運転補助システムを確立する。(2020/2/13)

セキュリティカメラなどを想定:
深層学習で赤外線画像をカラー化、色再現性を改善
産業技術総合研究所(産総研)は、深層学習を活用して、赤外線画像を優れた色再現性でリアルタイムにカラー化する技術を開発した。視認性の高いセキュリティカメラなどへの応用を見込む。(2020/2/12)

第24回「震災対策技術展」横浜:
揺れや温湿度をリアルタイム監視、エプソンとAnalog Devicesのセンサーを採用
ナレッジフォーサイトは、加速度と温湿度などを測るセンサーを活用して、地震が発生した時の揺れやインフラ構造物の振動をリアルタイムにモニタリングするサービスを展開している。(2020/2/10)

ゲームの国際戦で高校生が海を越え、時に人力でTASを超え ひたすら最速クリアを目指す“RTA(リアルタイムアタック)の歩き方”
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、RTAの楽しみ方を伺いました。(2020/2/14)

LINEで住民票がとれるように 渋谷区、4月からオンライン申請に対応
渋谷区はLINEを通じて住民票などの申請ができるシステムを4月から本格運用する。従来の郵送請求とは違い、申請をリアルタイムに把握できるため、申請から書類の受け取りまでの時間が大幅に短縮できるとしている。(2020/2/6)

組み込み開発ニュース:
リアルタイムOS「VxWorks」がRISC-Vをサポート
ウインドリバーが、商用リアルタイムOS「VxWorks」がRISC-Vをサポートしたと発表。サポートに先行して、VxWorksにC++17、Boost、Python、Rustのサポートを含む複数の機能が追加された。また、同社はRISC-V Foundationへの加盟も併せて発表した。(2020/2/5)

日本ものづくりワールド 2020:
初出品のMRシステム向けHMDの最上位モデルや空間特徴位置合わせ技術などを披露
キヤノンとキヤノンITソリューションズは「日本 ものづくり ワールド 2020」内の「第28回 3D&バーチャル リアリティ展」に出展し、現実世界と3D CGをリアルタイムに融合するMR(複合現実)の最新技術に関する展示を行うと発表した。(2020/2/5)

【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTA(リアルタイムアタック)で東日本大震災の支援活動ができたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに「海外におけるRTAの歴史」などを伺いました。(2020/2/13)

【ゲームの日本史】ひたすら最速クリアを目指すRTA(リアルタイムアタック)はどのように生まれたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」主催者・もかさんにインタビューしました。(2020/2/12)

「Facebook Gaming」に実況者向け「チャットルール」ツール 違反コメントはリアルタイムで削除可能
FacebookのTwitch競合ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」に、実況者がチャットを快適に保つためのルールを簡単に設定するツール「Chat Rules」を発表した。違反コメントはモデレーターがリアルタイムで削除する。(2020/2/1)

VRニュース:
東京の小学生がトヨタ自動車九州をバーチャル見学、「次はエジプトがいいな」
トヨタ自動車とANAホールディングスは2020年1月28日、港区のレクサスインターンショナルギャラリー青山において、84人の小学5年生向けに工場見学型デジタル授業を実施した。東京都内にいながら、福岡県宮若市にあるトヨタ自動車九州 宮田工場を見学するというものだ。現地の説明員とリアルタイムにやりとりしながら、クルマづくりを学んだ。(2020/1/29)

「ゆうちょPay」アプリに残高確認機能が追加 2月3日から
ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」アプリに、残高確認機能が追加される。ゆうちょPayにひも付けた普通貯金口座の残高をリアルタイムに表示することが可能だ。(2020/1/28)

新型コロナウイルスの感染状況を視覚化したマップ 各国の数値をほぼリアルタイムに更新
データ活用による感染状況の周知が狙いです。(2020/1/28)

組み込み採用事例:
リアルタイム映像処理用エッジAIサーバをフォックスコンなどと共同開発
ソシオネクストは、Foxconn Technology Group、Network Optixと共同で、エッジAIソリューション「Edge AI Server with VMS」を開発した。スマートリテール、スマートファクトリー、監視カメラ、医療において、リアルタイム映像処理を提供する。(2020/1/28)

ドコモ、英会話のリアルタイム自動書き起こしサービス「Otter」日本展開に向けて協業
NTTドコモとAISenseは、英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」の日本での事業展開に向けた協業を開始。みらい翻訳とも連携し、新たなサービスの開発を進めていく。(2020/1/22)

5Gで自動運転車に動画広告をリアルタイム配信 実証実験が狙う効果は?
サッポロ不動産開発、NTT Comらは、北海道札幌市の「サッポロファクトリー」で、5Gを活用して遠隔運転で動く車両のデジタルサイネージに店舗の動画広告を配信する実証実験を行う。日程は2020年1月22日〜23日。併せて、人流解析ソリューションによる広告効果も測定する。(2020/1/22)

なんて革新的な人形劇 70体のパペットとDJの融合、“1テイクの短編映画”をリアルタイムで作り上げる舞台「NUFONIA MUST FALL」
優しくてちょっと不思議な世界。(2020/1/18)

ARコンタクトレンズをMojo Visionが発表 現実世界をキャプションで説明
米新興企業Mojo Visionが、コンタクトレンズ内のディスプレイに文字を表示するARコンタクトレンズ「Mojo Lens」を発表した。無骨なヘッドセットなど不要の「Invisible Computing」でリアルタイムの情報を現実世界に表示する。(2020/1/17)

AI:
鹿島が動画像分析を活用したコンクリートの全量受入れ管理システムを開発
鹿島が、アジテータ車から荷卸しされるコンクリートの全量を連続モニタリングし、動画像から施工性の良否をリアルタイムで判定する受入れ管理システムを開発した。(2020/1/16)

ドコモとH2L、自分の顔に他者の口の動きと表情をリアルタイムに再現する技術を開発
頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与えて収縮させ、他者の口の動きを再現。(2020/1/16)

AbemaTV、将棋チャンネルに「形勢を判断するAI」導入 対局の勝率・最善手をリアルタイムに分析
AbemaTVが「将棋チャンネル」に、対局の形勢を判断するAIを導入すると発表。対局の内容を分析し、勝率や最善手をリアルタイムに表示する。実装は16日の予定。将棋の門戸を広げ、さらにファンを増やす狙い。(2020/1/15)

クレカを使ったらすぐに通知、家族でプリペイド金額を共有できる「かぞくのおさいふ」も 三井住友カード
三井住友カードは3月から、従来のクレジットカードアプリを強化する。カードを使うとリアルタイムでアプリにプッシュ通知を行い、不正利用をすぐに察知できる。子供にお小遣いを安心して与える方法としての利用や、夫婦で残高を共有し、それぞれがプリペイドカードを持って家計支出に使うことで家計管理を容易にできる「かぞくのおさいふ」も。(2020/1/15)

GPS内蔵のスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」、1月17日から順次発売 8800円
ファーウェイ・ジャパンは、1月17日からスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」を順次発売する。GPSを内蔵し、トレーニングのデータをリアルタイムに記録。心拍数や睡眠モニタリングをはじめ、11種のワークアウトに対応する。(2020/1/14)

「駒を交互に動かすルールが吹っ飛んだ!」 狂気の早指し将棋「リアルタイムバトル将棋」のオンライン対応版が発売
1月22日まで、旧作の所有者は100円で買えます。(2020/1/10)

医療機器ニュース:
皮膚から放出される微量なガスを可視化する装置を開発
東京医科歯科大学は、皮膚から放出される、極めて微量な血中由来揮発成分を検知し、濃度分布をリアルタイムに画像化する「ガスイメージング装置(探嗅カメラ)」を開発した。(2020/1/10)

無人の店舗狙ったコインランドリー窃盗相次ぐ 利用状況が確認できるIoTシステム逆手に
首都圏のコインランドリーチェーン店では2019年8月から、精算機が壊され現金が奪われる窃盗事件が相次いだ。犯行グループは公式Webサイトで公開されている店内の利用状況をリアルタイムに確認し、無人の店舗を狙って犯行に及んでいた可能性がある。(2020/1/9)

投票用紙の代わりに“氷”を投票 高校生が作った投票サイト「アイスボート」が秀逸
議題への賛否について、リアルタイムに現状を示す仕組み。意見の移り変わりはグラフで時系列順に見られます。(2020/1/8)

SAS Analytics Experience 2019(2):
個人顧客のデジタルチャネル利用率は71%、欧州第3位の金融機関が仕掛ける「リアルタイム」と「パーソナライズ」
欧州で第3位の金融機関であるSberbankでは、個人顧客のデジタルチャネル利用率は71%で、世界第3位だという。同社が個人向けのデジタルバンキングで特に力を入れているのはリアルタイムのパーソナライズされたキャンペーンおよびサービスだ。具体的には何をやっているのだろうか。(2020/1/8)

施工:
鉄筋計測の作業時間が3分の1に、RGBとTOFカメラを併用した自動検測システム
三井住友建設と日立ソリューションズは、距離を計測するTOFカメラを搭載したタブレットで鉄筋を撮影して、鉄筋径や配筋間隔の計測、帳票作成までをリアルタイムで自動出力する新システムを開発した。このシステムにより、施工管理者が検測で拘束される時間が、3分の1に短縮されたという。(2020/1/8)

スマートファクトリー:
PR:「雪見だいふく」工場で進むスマート化、“完全自律運転”を目指すその第一歩
スマート工場化に積極的な取り組みを見せるロッテ浦和工場。モデルラインとして位置付ける「雪見だいふく」生産ラインでは「リアルタイム性」「エッジコンピューティング」をキーワードとし、設備の予兆保全と品質向上に取り組んでいる。同工場の取り組みを紹介する。(2020/1/8)

FAニュース:
AIとIoTで生産性を従来比35%向上、形彫放電加工機の新シリーズ
三菱電機は、AIによる新適応制御技術を搭載した形彫放電加工機「SG8」「SG12」を発売した。リアルタイムで加工状態を把握し、状態に合わせて自動で制御を切り替えるため、生産性を従来機比で最大35%向上する。(2020/1/7)

組み込み開発ニュース:
μT-Kernel 3.0の仕様書とソースコードを一般公開
トロンフォーラムは、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の仕様を策定し、仕様書とソースコードをGitHubとトロンフォーラムのWebサイトから一般公開した。(2020/1/7)

Webやアプリに「通話/SMS機能」を簡単実装:
PR:開発者の想像力を刺激するコミュニケーションAPI、Twilioで何ができる?
カスタマーとのエンゲージを高め、エクスペリエンスを向上させることが企業の重要な課題となっている現在、鍵は「コミュニケーション」にある。確実にリアルタイムに顧客とつながるためにはさまざまな経路が必要だ。そこで役立つのがTwilioの提供するAPIやソリューションである。(2020/1/6)

サッカーの勝敗をAIでリアルタイム予測 ディープラーニングで480試合を学習 電通など3社が開発
電通など3社が、AIを使ってサッカーの試合映像を分析し、勝敗をリアルタイムに予測するシステムを開発した。対戦チームそれぞれが勝つ確率と引き分けの確率を算出し、パーセンテージで表示する。国際試合などのサッカー大会への導入を目指す。(2019/12/25)

人工知能ニュース:
AI音声認識APIを提供する開発プラットフォームを一般公開
アドバンスト・メディアは、音声認識APIを提供する開発プラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform」の一般公開を開始した。リアルタイム版とバッチ版のAI音声認識APIをラインアップしている。(2019/12/25)

Adobeのカメラアプリ「Photoshop Camera」がすごい カメラで写した風景にリアルタイムでエフェクト加工
これがフォトショのカメラアプリ!(2019/12/21)

映像から数千人をリアルタイムにカウント キヤノンがAI分析技術を開発
キヤノンマーケティングジャパンが、ディープラーニング技術を活用し、カメラに映る数千人規模の群衆の人数を数秒でカウントできる技術を発表した。(2019/12/20)

伸縮配線は「切り紙」からヒント:
早稲田大学ら、投球時の手のひらの筋活動を計測
早稲田大学らの研究グループは、新開発のアスリート向けウェアラブル筋電計測システムを用い、投手がボールを投げるときの動きを妨げず、手のひらの筋活動(表面筋電位)をリアルタイムで計測することに成功した。(2019/12/19)

ナビタイム、観光バスドライバー向けに「バスカーナビ」提供
ナビタイムジャパンは、12月17日にAndroid向け観光バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」をリリースした。観光バスドライバー向けに大型バスの交通規制などを考慮したルート検索やナビゲーションが可能で、リアルタイムの渋滞情報も考慮する。(2019/12/17)

製造IT導入事例:
グローバルでの事業拡大に向けて中堅企業向けERPを導入
SAPの中堅中小企業向けERP「SAP Business One」を、クボタの膜システム部門と国内生産子会社が導入した。クラウドを活用してグローバルで利用できること、各業務機能が財務情報とリアルタイムで統合されていることが採用の決め手となった。(2019/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。