ニュース
» 2019年02月15日 14時21分 公開

プラネックス、遠隔地の見守りにも使える小型センサー「どこでもセンサー」

プラネックスコミュニケーションズは、遠隔地の見守りや防犯などに利用可能な汎用センサー「どこでもセンサー」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは2月15日、遠隔地の見守りや防犯などに利用可能な汎用センサー「どこでもセンサー」シリーズを発表、本日販売を開始する。製品ラインアップは、気温/湿度/気圧の測定ができる「どこでも環境センサー」(型番:WS-USB01-THP)と、人や動物の動きなどを検知できる「どこでも人感センサー」(型番:WS-USB02-PIR)の2製品を用意した。価格はオープン、予想実売価格はともに3980円だ(税別)。

photophoto WS-USB01-THP(左)、WS-USB02-PIR(右)

 2製品はともに無線LAN接続に対応した単体駆動型のセンサーユニットで、計測したデータを常時クラウドに保存可能。測定したデータはグラフ表示で推移を把握することも可能だ。

 特定条件を満たした場合のメール通知にも対応。また同社製のネットワークカメラ「スマカメ」、スマートソケット「スマソケ」と連動した自動動作切り替えも行える。

photo 電源はUSBバスパワー式となっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう