ニュース
» 2018年10月05日 20時09分 公開

有線LANポートやスピーカー&マイクを内蔵したネットワークカメラ「スマカメ2 スタンダード」

プラネックスコミュニケーションズは、10月12日にかんたんネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの「スマカメ2 スタンダード」を発売する。有線LANポートやスピーカーとマイクを内蔵し、自動的に切り替わる暗視機能も備えている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは、10月12日からかんたんネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの「スマカメ2 スタンダード」を発売する。

PhotoPhoto スマカメ2 スタンダード

 200万画素の1/2.7型CMOSセンサーを搭載しており、フルHD(1080×1920ピクセル)の撮影が可能。周囲が暗くなると自動的に切り替わる赤外線暗視(ナイトビジョン)機能により、暗い場所もクリアに撮影できるとしている。

 カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵しており、周辺の音声を確認したり離れた場所から声掛けしたりできる。また無線LANだけでなく有線LANもサポートしている。

 カメラの映像に動きがあった場合に、microSDへの自動録画やスマートフォンに通知する動体検知機能を用意。動体検知などで自動録画された内容を検索・再生できる有料機能「スマートプレイバック」も利用できる。

 IFTTT対応Webサービスやデバイスと組み合わせれられ、本格的な監視・防犯システムをコストを抑えて構築できる「スマカメPro」にも対応する。

 動画の圧縮方式にはH.264を採用し、最大転送速度は150Mbps。取り付けネジには一般的なカメラ用の三脚ネジを採用し、設置場所に応じてさまざまなカメラ用スタンドを使える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう