ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スピーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スピーカー」に関する情報が集まったページです。

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回はスマートスピーカーと音声ユーザーインタフェースをテーマにしたコンテンツをお届けします。(2020/7/6)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
フルモデルチェンジしたAmazonの格安タブレット「Fire HD 8 Plus」は買いか?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、生まれ変わったAmazonの格安タブレット「Fire HD 8 Plus」をチェックした。(2020/6/15)

ネットで映画館をまるごとレンタル 4K映像に12台のスピーカー、照明はタブレットで操作も
奈良県奈良市の「ならまちシアター青丹座」はインターネット予約で貸し切れる映画館だ。好きな映画を持ち込んで、4K映像、12台のスピーカー、タブレットで操作できる証明などを利用できる。(2020/6/15)

アプリや音声で操る「スマート全自動コーヒーメーカー」、+Styleが発売 家電連携で「毎回操作する必要はない」
プラススタイルがWi-Fi対応の「スマート全自動コーヒーメーカー」を発表した。アプリやスマートスピーカーによる操作に加え、家電連携にも対応する。(2020/6/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
4台の家電製品をリモートでオン/オフできるMerossの「スマート電源タップ」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、スマスピを使って家電をオン/オフできる「スマートプラグ」をチェックした。(2020/6/11)

IIJmioのセット端末拡充 ノートPCやスマートウォッチ、スマートスピーカーなど
個人向けSIMロックフリースマホの販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、Wi-Fi版ノートPCやスマートウォッチなど計11機種を取扱開始。HP製ノートPC2機種は特別価格で販売するキャンペーンを行う。(2020/6/9)

組み込み開発ニュース:
高速振動する人工筋肉を利用したスピーカーを開発
芝浦工業大学は、人工筋肉を使ったスピーカーを開発した。球状や半球状に成形した誘電エラストマーアクチュエーターが高速振動し、スピーカーから全方位に音を伝達する。(2020/6/9)

デル、スピーカーフォン機能も内蔵したUSB Type-C外付けマルチ拡張アダプター
デルは、USB Type-C接続に対応した多機能拡張ユニット「MH3021P」を発売した。(2020/6/8)

スマートスピーカー開発キットが登場 小型開発モジュール「M5Stack」がベース
小型開発モジュール「M5Stack」シリーズとして、スマートスピーカー開発キット「ATOM Echo」が登場。マイクとスピーカー、無線通信をデフォルトで備えるため、プログラミング次第でスマートスピーカーのようにも使えるという。(2020/6/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Nest Hubシリーズでのオンライン帰省は現実的か、試してみた
ビデオ通話を使ったバーチャルイベントが盛んに行われているが、Googleの画面付きスマートスピーカーでオンライン帰省はできるのか、その方法を実際に試してみた。(2020/6/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
オンライン帰省に使える? 複数あるAlexaのビデオ通話機能の違いを調べてみた
オンライン飲み会やオンライン帰省など、ビデオ通話を使ったバーチャルイベントが盛り上がっている。スマートフォンのアプリだけでなく、画面付きスマートスピーカー「Echo Show」シリーズでの場合はどうなのかを試してみた。(2020/6/1)

在宅時間を楽しむスマートスピーカー活用術 遠方の家族とビデオ通話、祖父母の見守りも
外出自粛が続く中で、離れて暮らす家族と会うことがなかなか難しくなっている。スマートスピーカーはそんな遠方にいる家族とのコミュニケーションだけでなく、日常生活のさまざまな場面に役立つ。(2020/5/26)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
アレック、バカにしてゴメン! ―― スマートスピーカーを試した結果
アレック、バカにしてゴメン!(2020/5/25)

人工筋肉を高速振動させ音を出す:
芝浦工大、全方位に響く半球形/球形スピーカー
芝浦工業大学は、人工筋肉を高速に振動させて音を出すスピーカーを開発した。人間が聞き取れる高い音域まで、ほぼ全方位に音を届けることができるという。(2020/5/22)

シャープの肩のせスピーカーが生活防水に ボタン1つで人の声を聞きやすく
シャープが肩にのせるウェアラブルスピーカーの新製品を7月に発売する。人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス」機能を追加した他、IPX4準拠の生活防水で使用場所を広げた。(2020/5/21)

ビデオ会議で役立つ音のアイテム3選
今回は仕事やプライベートでビデオ会議に使用し、便利だと感じたヘッドセットや肩のせスピーカーなど、音のアイテムを3つ紹介します。(2020/5/21)

スマートスピーカーの利用者が満足している機能は? Amazonが調査
アマゾンジャパンは5月13日、スマートスピーカーと音声アシスタントに関する調査の結果を発表。調査から、スマートスピーカーのユーザー層や、ユーザーが満足している機能などが分かったという。(2020/5/14)

今日のリサーチ:
スマートスピーカーの利便性 最も大きく期待を上回った機能は「外出先からの操作」――アマゾンジャパン調べ
日本全国の一般生活者(20〜60代の男女)約1000人とスマートスピーカーを利用する男女約500人を対象に実施した「スマートスピーカーおよび音声アシスタントに関する調査」の結果です。(2020/5/14)

アンカー、Amazonレビューが操作されたと公表 スピーカーに「1つ星」の悪評多発、従来の20倍に
アンカー・ジャパンが、Amazon.co.jpで販売しているスピーカーに、不当に低いカスタマーレビューが大量に投稿されたと発表。3月27日〜28日に、タイトルと内容が全く同じ「1つ星」のレビューが大量に投稿されたという。このペースは従来の20倍以上だとしている。(2020/5/14)

テレビの音が聞き取りやすくなる「ミライスピーカー」に家庭用の小型モデルが登場
サウンドファンは、家庭のテレビなどに接続する「MIRAI SPEAKER HOME」を5月12日に発売する。独自の曲面振動板を搭載し、お年寄りにも聞き取りやすい音になるという。価格は2万7000円(税別)。(2020/5/7)

画面付きスマートスピーカー「Echo Show」「Echo Show 5」が5月10日までセール中
Amazonが画面付きスマートスピーカー「Echo Show」や「Echo Show 5」、シンプルなスマートスピーカー「Echo Dot」のセールを行っている。期間は5月10日までだ。(2020/5/3)

ソニーのLED電球スピーカーが防水仕様に
ソニーネットワークコミュニケーションズがLED電球スピーカー「LST-SE300」を発表。IPX4相当の防水仕様となり、ベランダやテラスなど屋外でも使用できる。(2020/5/2)

電球とスピーカーを一体化した防水対応のワイヤレススピーカー
ソニーネットワークコミュニケーションズは4月30日、電球とスピーカーを一体化したワイヤレススピーカーの防水対応モデル「LST-SE300」を発売した。想定税別価格は1万8500円前後を見込む。E26ソケットに対応する。(2020/5/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声アシスタント「Cortana」と連携する「LAVIE VEGA」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。(2020/4/28)

BGMにビデオ通話、スマートスピーカーがあるとテレワークがはかどる理由
自宅だとなかなか作業に集中できない。そんなときはスマートスピーカーが役に立つ? 音楽視聴やビデオ通話などの活用例を紹介。(2020/4/23)

バルミューダ、初のワイヤレススピーカーを発売 真空管のようなLEDライトが音楽に合わせて光る
家電メーカーのバルミューダが同社初のワイヤレススピーカー「BALMUDA The Speaker」を発表。透明な円筒形のボディーにLEDユニットを仕込み、音楽に合わせて光る。(2020/4/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートディスプレイ「Echo Show」ファミリーの“隠された”Tips
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Amazonの画面付きスマートスピーカー「Echo Show」ファミリーに隠された機能を紹介する。(2020/4/22)

HomePod、iOSベースからtvOSベースに変更されていた
AppleのスマートスピーカーのOSが大きく変わった。その理由は?(2020/4/15)

キャラクターが「お仕事の時間だよ」とお知らせ 在宅勤務を応援するスピーカー「/Gate」をGateboxが試作
メッセージ読み上げや時間管理をしてくれるキャラクターデバイスです。(2020/4/14)

トランスフォームしそう! ロボットみたいな3脚スピーカーがかっこいい
メカ好きならインテリアとして置いても満足できるのでは。(2020/4/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
これまでできなかった待望の機能が追加? 「Echo Show 8」を3週間使い込んで分かった操作のコツ
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazonの画面付きスマートスピーカー「Echo Show 8」を使い込んで分かった設定のコツを紹介する。(2020/4/7)

「顔と同じくらい」 巨大イヤフォン型スピーカーのクラウドファンディング開始 こだわりのテトラポッド型スピーカーも
エレコムがユニークなスピーカーのクラウドファンディングを始めた。巨大なイヤフォン型デスクトップスピーカーと、「テトラポッド」を忠実に再現したBluetoothスピーカーだ。(2020/4/1)

エレコムが「テトラポッド型スピーカーを発売」とエイプリルフール投稿→5時間後に本当に製品化すると発表
クラウドファンディングは1時間で目標金額を達成。(2020/4/1)

あの会社のこの商品:
家庭用プロジェクターの“ウザさ”を解決 家族で楽しめる「popIn Aladdin」開発秘話
広告配信プラットフォームなどを提供するpopInは、世界で初めてプロジェクターとスピーカーを内蔵したシーリングライト「popIn Aladdin」を開発した。メーカーでない同社はなぜ、壁をテレビのように使える商品を開発したのか。(2020/3/29)

消費者庁、ワイヤレスイヤフォンの火災事故で注意喚起 過去5年で25件、ワイヤレススピーカーも16件
消費者庁がワイヤレスイヤフォンなどの火災事故について注意喚起。バッテリーからの発火や発煙といった報告が増加傾向にあるという。(2020/3/27)

3月30日23時59分まで:
Amazonが「新生活セール」を開催、Echo Show 8にKindleや格安タブレットのキッズモデルがお得!
Amazonが3月27日から30日まで行っている「新生活セール」。今回は画面付きスマートスピーカー「Echo Show 8」や「同5」、FireやKindleシリーズのキッズモデルがお得だ。(2020/3/27)

ワイヤレスイヤホン及びスピーカーの発火・発煙事故にご注意! 消費者庁が8つの注意点を公開
正しい使用方法を心掛けたいですね。(2020/3/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
バッテリー内蔵スマートスピーカー「Sonos Move」、試しに使って外に持ち出して分かったこと
Sonosのスマートスピーカー「Move」は、バッテリーを内蔵することでアウトドアでも使えるのが大きな特徴だ。試しに使って分かったこととは?(2020/3/25)

デザインの力:
クジラのヒレ構造をスピーカーのダクトに応用、バイオミメティクス技術の第2弾
オンキヨーは、クジラのヒレの構造から着想を得た低ノイズ高能率「ボルテックスジェネレーターダクト」の開発に成功したことを発表した。(2020/3/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
AmazonのEchoやGoogle Homeにない、Sonosのスマートスピーカー「Move」ならではの特徴とは?
Sonosのバッテリー内蔵型スマートスピーカー「Move」。その特徴やセットアップの手順を見ていく。(2020/3/24)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第16回):
ラズパイでスマートスピーカーを作る 「アレクサ!あしたの天気は?」 〜ハードウェア設定編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回は米Amazonが開発したAIアシスタント「Alexa」をラズパイで使えるようにしてみます。(2020/3/20)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第15回):
ラズパイでスマートスピーカーを作る 「アレクサ!あしたの天気は?」 〜ソフトウェア準備編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回は米Amazonが開発したAIアシスタント「Alexa」をラズパイで使えるようにしてみます。(2020/3/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
画面付きスマートスピーカー「Echo Show 8」、これまでのモデルと何が違う?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazonから新しく発売された「Echo Show 8」が過去のモデルとどう違うのか、導入のプロセスまでを紹介する。(2020/3/11)

ローム BD783xxEFJ-M:
先進車載メータークラスタ用スピーカーアンプ
ロームは、自動運転車やADAS搭載車のメータークラスタパネル向けAB級モノラルスピーカーアンプ「BD783xxEFJ-M」を発表した。AEC-Q100に準拠し、独自の過電流保護回路により、出力短絡からの保護と2.8W出力が両立可能になった。(2020/3/9)

テレワークは気が緩む? “スピーカーはずっとオン” サボらないコツ
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークが急速に浸透しつつある。一方で、自宅作業は気が緩んでしまい効率が下がる人もいる。効率を下げないためには「常にWeb会議に参加する」「いつWeb会議が始まっていいよう服装に気を付ける」などコツが必要だ。(2020/3/3)

第24回「震災対策技術展」横浜:
多機能スマート街路灯やSNSの投稿から災害情報を収集する「自然言語処理」など、NEC
NECは、LED街路灯や河川の水位検知、SNSに書き込まれた内容をリアルタイムに解析する技術などを組み合わせ、災害に備えるトータルサービスを提案している。例えば、水位検知や自然言語の処理でSNSから得た情報は、スマート街路灯のデジタルサイネージやスピーカーなどを使い、被災地の情報提供や避難誘導などに役立てることが見込める。(2020/3/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Alexa、Siri、Google アシスタント――音声アシスタントが収集したデータを消す方法まとめ
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は各社の音声アシスタントが収集したデータを消す方法をまとめた。(2020/3/2)

3月2日23時59分まで:
Amazonのタイムセールで格安タブレットやKindleのキッズモデル、スマスピ「Echo Studio」がさらにお得!
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を開催している。期間は3月2日23時59分までだ。同社のスマートスピーカーを始め、KindleやFireタブレットのセールを展開している。(2020/2/29)

バッテリー内蔵のスマートスピーカー「Sonos Move」、4万6800円で3月6日発売
Sonos Japanは、バッテリーを内蔵したスマートスピーカー「Sonos Move」の先行販売を3月6日に開始する。IP56規格の防水・防塵(じん)をサポートする。50を超えるストリーミングサービス、Google アシスタント、Amazon Alexa、AirPlay2にも対応する。(2020/2/27)

2月29日9時スタート:
Amazonが恒例のタイムセールを予告 スマートスピーカー「Echo」シリーズや格安タブレット「Fire」などがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を開催する。期間は2月29日9時〜3月2日23時59分までの約63時間だ。同社のスマートスピーカーを始め、KindleやFireタブレットのセールが予告されている。(2020/2/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。