ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AIアシスタント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AIアシスタント」に関する情報が集まったページです。

トーク感覚で生成AIを利用できる「LINE AIアシスタント」開始 料理の写真でカロリー計算も
LINEヤフーは21日、「LINE」のトークルーム内で使える「LINE AIアシスタント」の提供を始めた。(2024/2/22)

スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円
Amazonが、Alexa対応スマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を国内で発売した。販路は自社のAmazon.co.jp限定で、価格は約2.6万円となる。(2024/2/21)

「Meeting GenAI」発表:
Web会議で「何を話したっけ?」 会話履歴から答える「Otter」新機能は役立つのか
複数のWeb会議ツールの会話履歴を横断して、ユーザーの質問に答える「Meeting GenAI」を、Otter.aiが発表した。AIアシスタント「Microsoft Copilot」やZoomのユーザーを取り込む狙いがあるが、課題も抱える。(2024/2/15)

ChatGPT使いこなし術:
AIアシスタント「Copilot」はスマホからも使える ChatGPTに対する強みは?
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/2/9)

CIO Dive:
フォルクスワーゲンがChatGPTをクルマに搭載 自動車メーカーの「生成AI活用例」を紹介
「風邪を引いたんだけど」と告げると、一番近いドラッグストアへの道順を教えてくれる――。フォルクスワーゲンがChatGPTと社内の音声アシスタントの統合を進めているという。生成AIに積極的に利用する自動車メーカー各社の取り組みを紹介する。(2024/2/9)

商談後の事務作業の負担軽減:
「GENIEE SFA/CRM」がAIアシスタント機能を強化 商談データの登録を自動化
ジーニーは、同社の営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」上で使えるAIアシスタント機能を強化した。商談の音声から議事録を作成でき、自動でSFA/CRMへの入力まで完了できる。(2024/2/8)

Microsoftデータ分析ツールの進化【中編】
Copilot搭載の「Microsoft Fabric」で“データ専門家の仕事”はどう変わるのか?
MicrosoftのAIアシスタント「Copilot」がMicrosoft Fabricにも搭載される。具体的に何ができるのか。データ専門家にはどのような影響があるのか。(2024/1/30)

MONOist 2024年展望:
生成AIで変わる自動車のAIアシスタント、SDVの布石としての役割も
ドライバーを理解し、的確にサポートするAIアシスタント。定番ともいえるコンセプトで、まだ実現しきれていない部分も残っていますが、2024年の今、リアリティーを持って改めて提案されています。(2024/1/18)

「Googleアシスタント」で“使われていない”17の機能を削除へ 選択と集中で
Googleは、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」で「あまり活用されていない」17の機能を削除すると発表した。前日には同社がGoogleアシスタント担当者を含む数百人のリストらを発表している。(2024/1/12)

自動車開発者向け、ブランド独自のナビゲーションを構築できる:
AIアシスタントで最適ルートを提供 Mapboxが「Navigation SDK」を公開
Mapboxは、AI機能を備えた「Navigation SDK」を公開した。車載ナビゲーションのビジュアルを強化し、位置情報に関する会話を自然で実用的なものにするAI音声アシスタント「MapGPT」を提供する。(2024/1/12)

Google、音声アシスタントやAR部門で大規模リストラ FitbitのパークCEOも退社
Googleは、Pixel、Nest、Fitbitなどを担当するハードウェア部門、AR部門、「Googleアシスタント」担当部門を再編すると、複数のメディアに認めた。その一環で、Fitbitの2人の共同創業者も退社する。(2024/1/11)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【中編】
AIアシスタント「Amazon Q」で“難解過ぎるBI”が簡単になる日は来るのか
AWSは2023年11月に発表したAIチャットbot「Amazon Q」を、BIサービス「Amazon QuickSight」をはじめとする複数サービスに組み込むことを計画している。Amazon Qはデータ分析のハードルをどう下げるのか。(2024/1/11)

ソニー・ホンダモビリティ、「AFEELA」の車載AIアシスタントでMicrosoftと提携
ソニー・ホンダモビリティはCES 2024で、EV「AFEELA」に搭載するAIアシスタントの開発でMicrosoftと提携すると発表した。(2024/1/9)

フォルクスワーゲン、車載AIアシスタントに「ChatGPT」採用へ
VolkswagenはCES 2024で、同社の量産車の多くにOpenAIの「ChatGPT」採用の音声アシスタント「IDA」(アイーダ)を搭載すると発表した。車内空調やナビ、一般的な会話に利用できるとしている。(2024/1/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
見つめるだけでタップ操作が可能! 「Fire Max 11」の新機能「Alexaを視線で操作」を試して分かったこと
Amazonのタブレット最上位モデル「Fire Max 11」に、新機能「Alexaを視線で操作」が追加された。実際にどの程度利用できるのか、実際に試してみた。(2024/1/5)

人工知能ニュース:
AWSが生成AIアシスタント「Amazon Q」発表
Amazon Web Servicesは、業務内容に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」を発表した。ユーザー企業のデータベースやコードなどから情報を得ることで、業務上の問題解決を迅速に支援する。(2024/1/5)

Amazon初売りセール:
Wi-Fiルーターもネットワークカメラも! TP-Linkのネットワーク機器がお得
Amazon初売りセールで、ネットワーク機器を展開しているTP-LinkがWi-FiルーターやメッシュWi-Fiシステム、ネットワークカメラなどを出品している。Alexa対応のネットワークカメラなら、外出先でもAlexaアプリから映像の呼び出しも簡単だ。(2024/1/3)

ついに「Copilot」が提供開始に【中編】
ローコードで使える「Copilot Studio」とは? AIアシスタントを独自作成
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI関連の新機能を発表した。その中には、企業のAI活用に欠かせない「Microsoft Copilot Studio」「SharePoint Premium」があった。何に役立つのか。(2024/1/3)

ついに「Copilot」が提供開始に【前編】
OfficeアプリにMicrosoftの生成AI「Copilot」搭載 月額30ドルに企業は満足?
MicrosoftのAIアシスタントツール「Copilot for Microsoft 365」が提供開始になった。企業はこの新機能をどこまで活用することになるのか。ビジネスに役立つ新機能と併せて紹介する。(2023/12/27)

Retail Dive:
Amazonが「Alexa部門」で人員削減 ヒトは“既に”AIに仕事を奪われているのか?
大幅な人員削減を実施しているAmazonから新たな発表があった。今回対象となったのはAlexa部門だ。人員削減の理由として同社が挙げた「生成AIに注力したリソースと努力の最大化」をどう読み解くべきか。(2023/12/25)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に潜む「ファントムブレーキ」という“幻影” オーナーが実際に体験した一部始終
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、関越道で自動緊急ブレーキを食らった話、Teslaの自動運転、「Hey Siri」でModel 3を操作する、といった3件のネタを取り上げます。(2023/12/17)

セキュリティソリューション:
Fortinetが生成AIアシスタント「Fortinet Advisor」を発表 SecOpsチームの業務を支援
Fortinetは生成AIアシスタント「Fortinet Advisor」を発表した。セキュリティ運用チームの支援に利用でき、迅速な脅威調査と修復を可能にする。(2023/12/13)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

製造業IoT:
介護施設やホテルでAlexaベースの独自サービスを構築可能に、アマゾンの「ASP」
アマゾンジャパンは、「Amazon Alexa」を企業や地方自治体が活用して独自サービスを展開できるようにするソリューション「Alexa Smart Properties(ASP)」を日本国内市場向けに提供する。(2023/12/5)

ビジネスや公的サービスにもAIエージェントを! Amazonが「Alexa Smart Properties」の提供を開始
アマゾンジャパンが、法人/自治体向けの新サービス「Alexa Smart Properties」の提供を開始する。Alexaを法人/自治体ごとにカスタマイズして提供できることが特徴で、Alexa対応デバイスをより普及させる狙いがある。(2023/12/4)

ビジネスやAWS利用をサポート:
AWS、生成AIアシスタント「Amazon Q」を発表 プレビュー期間は無料で利用可
AWSは、ビジネスに特化し、業務に合わせてカスタマイズできる新タイプの生成AIアシスタント「Amazon Q」を発表した。(2023/12/4)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

AWS re:Invent 2023:
AWS、業務専用AIアシスタント「Amazon Q」発表 月額20ドル/ユーザーで提供開始
AWSは年次イベント「re:Invent」で、ChatGPT Enterpriseや企業向けCopilotと競合するAIアシスタント「Amazon Q」を発表した。「Amazon Bedrock」ベースで、SlackやGmailなどの外部データソースへのアクセス権を与えることもできる。(2023/11/29)

AI:
AIアシスタントとIoTで現場監督に環境変化を報告、MODEの「BizStack Assistant」
シリコンバレー発のIoTソリューションを提供するMODEは、作業現場の状況変化や異変を生成AIがチャットで報告する「BizStack Assistant」のβ版を提供開始した。リアルデータを活用し、分かりやすい自然言語で報告する。(2023/11/27)

Google Cloud Next Tokyo ‘23:
Googleの生成AIアシスタント「Duet AI in Google Workspace」日本語対応へ
グーグル・クラウド・ジャパンは、オフィススイート「Google Workspace」といったクラウドサービスの利用を支援する生成AIアシスタント「Duet AI in Google Workspace」の日本語対応を発表した。(2023/11/15)

OpenAI、アプリに「アシスタント」を埋め込める「Assistants API」をβリリース
OpenAIは開発者会議DevDayで、アプリにAIアシスタントを搭載できるようにする「Assistants API」を発表し、β版の提供を開始した。(2023/11/7)

「アレクサで特許権侵害」とアマゾンを提訴、岐阜県の開発企業 過去にはLINEに勝訴
AI技術などの研究開発を行うフューチャーアイは6日、AIアシスタント「Alexa」が自社の特許を侵害しているとして、米Amazon.comやアマゾンジャパンなど4社を8月24日付で提訴していたと発表した。(2023/11/6)

Apple Musicの「Voice Plan」、提供開始から2年で終了 月額480円でSiriを介した音楽再生
Appleはサブスクリプションサービス「Apple Music」で最も安いプラン「Apple Music Voice Plan」の提供を終了した。同プランは音声アシスタントの「Siri」を介した操作に対応する。Appleが2021年12月14日から月額480円(税込み、以下同)で提供していたが、わずか2年で終了したことになる。(2023/11/2)

「Apple Music Voice」、11月にひっそり終了 Siriで利用する最安月額480円プラン
Appleは、「Apple Music」の最安プラン「Apple Music Voice Plan」の提供を終了した。Siriでの音声でのみ音楽を再生できる、月額480円の最安プランだった。(2023/11/2)

ChatGPTの使い方は先進企業に学べ パナソニック コネクトのAI活用戦略から探る
OpenAIの「ChatGPT」をベースにしたAIアシスタントサービス「ConnectAI」を開発し、社内の業務改革を推進するパナソニック コネクト。2023年9月には、AIが自社固有の情報を扱えるようにするための開発・検証作業を新たにスタートさせた。どのような追加開発をしているのだろうか。(2023/11/2)

Siriを使って子どもを寝かしつけようとしたら裏切られた 意外な反応に「最高」「まさかのいいえ」
なんてこったい……。(2023/11/2)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft、セキュリティ向けAIアシスタントSecurity Copilotの早期プログラムを開始
Microsoftは「Microsoft Security Copilot」の早期アクセスプログラムを開始した。セキュリティ人材が不足する中、このツールは組織のセキュリティ対策を強化する効果的なソリューションとなる可能性がある。(2023/10/24)

「ポケモンカード、こうしたら売れやすくなるよ」などを提案 メルカリ、AIアシスタント実装へ
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」上でAIアシスタント機能「メルカリAIアシスト」の提供を始めた。出品済みの商品をAIが分析し、出品者に対してより売れやすくなるような改善策を提案する。(2023/10/17)

GoogleアシスタントにBardを統合した「Assistant with Bard」誕生
Googleは、「Googleアシスタント」にBardを統合した「Assistant with Bard」を向こう数カ月中にAndroidとiOS向けにリリースすると発表した。Bardの拡張機能をオプトインすれば、Gmailの検索やメール作成も可能になる。(2023/10/5)

Meta、Instagramなどに生成AIを導入 Quest 3にも対話型アシスタントが入る
Metaが開発中の生成AI技術群を発表した。Instagramなどで使える画像生成AIによるスタンプや、対話型のアシスタント「Meta AI」などが含まれている。(2023/9/28)

Metaから新作スマートグラス カメラ内蔵でライブ配信可能、チャットAIと会話もできる
米Metaのイベント「Meta Connect 2023」において、スマートグラスの新モデル「Ray-Ban Meta スマート グラス コレクション」を発表した。カメラ、マイク、スピーカーを内蔵し、ライブ配信をしたり、同社のAIアシスタント「Meta AI」と会話したりすることもできる。(2023/9/28)

Windows 11、9月26日の大型アプデ「22H2」で「Microsoft Copilot」ビルトイン
Microsoftは、「Windows 11」の大型アップデートを9月26日にリリースすると発表した。このアップデートで、AIアシスタント「Microsoft Copilot」(プレビュー版)を組み込む。CopilotはWindowsのサイドバーとして表示され、PC設定やメールの下書きなどをサポートする。(2023/9/22)

スマートスピーカーに生成AI、Amazonが先行 会話を記憶、ボディランゲージやアイコンタクトも理解
米Amazonが、同社の音声アシスタント「Alexa」に生成AIを搭載する。これにより、継続した会話の他、会話の記憶や各家庭向けのパーソナライズも可能になるという。まずは米国のユーザー向けに今後数カ月以内に提供を始める。(2023/9/21)

壁掛けデバイス「Echo Hub」登場 Amazon Echoシリーズの新製品
Amazon Echoシリーズの新製品として、壁掛け用途を想定した「Echo Hub」が登場した。(2023/9/21)

AlexaにジェネレーティブAIがやってくる 「まるで人間と会話しているような感覚に」──米Amazonがデモを公開
米Amazonが「Alexa」にジェネレーティブAI(生成AI)を組み込んだ新機能のデモを公開した。(2023/9/21)

「tvOS 17」提供開始、Apple TVでFaceTimeが利用可能に
Appleは、9月18日にApple TV向けOS「tvOS 17」を提供開始。Apple TV 4KでFaceTimeが利用可能になり、iPhoneのコントロールセンター内でApple TVリモコンを起動してSiri Remote(第2世代以降)を探せるようになる。(2023/9/19)

GPT-4を2倍高速かつ無制限で利用可能に:
OpenAI、企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」を提供開始
ChatGPTを開発したOpenAIは企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」のサービス提供を開始した。ChatGPT Enterpriseでの全ての会話は暗号化されるため、企業のプライバシーは保護されるという。(2023/9/13)

AmazonがEcho Dot/Pop用「ドラえもんスタンド」を日本限定発売 Alexa用「ドラえもん時報」スキルも配信開始
アマゾンジャパンが、Amazon.co.jp限定商品として「Echo Dot(第4世代、第5世代)・Echo Pop専用ドラえもんスタンド」の販売を開始した。単体はもちろん、Echo Dot/Popとのセット品も用意される。発売を記念してAlexa用「ドラえもん時報」スキルの配信も行われる。(2023/9/7)

Alexaがドラえもんボイスでしゃべる 新しい時報機能
アマゾンジャパンが、音声アシスタント「Alexa」にドラえもんの声による時報機能を追加した。スマートスピーカー「Echo」シリーズで利用できる。利用料は無料。(2023/9/7)

「アレクサ」「Ok,Google」両方使えるスマートスピーカー、JBLから 外観は'70年代風
Amazon AlexaとGoogleアシスタントの両方に対応したスマートスピーカーが登場した。(2023/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。