ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AIアシスタント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AIアシスタント」に関する情報が集まったページです。

Androidにこの冬追加予定の7つの新機能 BMWの「デジタル・キー」対応など
Googleは、Android端末で使えるようになる7つの新機能を紹介した。Googleアシスタントの「ファミリーベル」や新ウィジェットなどだ。BMWの「デジタル・キー」にも一部機種が対応する。(2021/12/3)

Amazon、声で印刷を実行できるAlexa向けの新プリント機能を提供開始
アマゾンジャパンは、Amazon Alexa向けとなる新しいプリント機能の提供を開始した。(2021/11/24)

「Alexa、○○をプリントして」 声で印刷できる機能リリース
「Alexa、○○をプリントして」と話しかけるだけで、買い物リストや数独パズル、迷路などのコンテンツを、Alexa対応プリンタで印刷できる新機能。(2021/11/24)

+Style、最大128GBのmicroSDカードに対応したセキュリティカメラとホームカメラを発売
+Style(プラススタイル)が、「+Style セキュリティカメラ」と「+Style ホームカメラ」を発売した。最大128GBのmicroSDカードに対応し、Google アシスタントやAmazon Alexaとも連携する。(2021/11/11)

DisneyとAmazonの提携で生まれた新サービス
ミッキーマウスが音声アシスタントに Alexaベースの「Hey Disney!」の仕組み
DisneyはAmazonとの提携で音声アシスタント「Hey Disney!」を開発し、「Walt Disney World Resort」のホテルに導入する。誕生の鍵となったのは「Alexa Custom Assistant」というホワイトラベルサービスだ。(2021/11/2)

Xiaomi、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「Mi Smart Speaker」
Xiaomi Japanは、各種IoT機器のコントロールにも対応したスマートスピーカー「Mi Smart Speaker」を発表した。(2021/10/21)

iOS 15で対応した「ドラッグ&ドロップ」を便利に活用する方法
iOS 15ではファイルの異なるアプリ間におけるドラッグ&ドロップ操作に対応しました。例えば「写真」アプリで選んだ写真をLINEのトークで送ることができる。Siriを使った活用方法もある。(2021/10/21)

Apple Musicが月額480円からに Siri専用格安プラン「Voice」、今秋投入
Appleは、Apple Musicの新しい格安サブスクリプションプラン「Apple Music Voice Plan」を発表した。(2021/10/19)

Siri専用:
Apple Musicに「Voice Plan(ボイスプラン)」が登場 日本を含む17地域で2021年秋にサービス開始
Appleの有料サブスクリプション音楽サービス「Apple Music」に新プランが登場する。Siriからのみ利用できるようにすることで、月額料金を抑えていることが特徴だ。【追記】(2021/10/19)

新しい顧客接点開拓:
スターバックスがAlexaを活用したお試しサンプリング施策に挑んだ理由
スマートスピーカーを活用したお試しサンプル配布を実施したスターバックス。その企画の背景や狙い、施策を通した気付きを聞いた。(2021/10/14)

Alexaの音声で保険料見積もり SBI生命が業界初
 SBI生命保険(東京都港区)は10月17日から、スマートスピーカーAmazon Echoシリーズに搭載されるAIアシスタントのAlexa(アレクサ)を活用した、音声による保険料見積もりサービスを開始すると発表した。(2021/10/6)

Amazonが家庭用ロボット「Astro」発表 Alexaを搭載
Astroが自宅内をモニタリングし、ユーザーは外出先でアプリから部屋の様子を確認できる。(2021/9/29)

Amazonが家庭用ロボット発表 部屋の中を動き回って見守り、潜望鏡カメラも 約999ドル
米Amazon.comが家庭用ロボット「Astro」を発表。音声アシスタントの「Alexa」を搭載しており、動き回るスマートディスプレイとして使うことができる。外出時には自宅の様子を自由に確認できる他、ホームセキュリティ機能を別途組み合わせることで、不在時の自動パトロールも設定できる。(2021/9/29)

日本発売未定:
AmazonがAlexa搭載の家庭用ロボット「Astro」を発表 米国では2021年後半に1449.99ドルで数量限定販売
Amazonが、Alexaを搭載した家庭用ロボットを米国において数量限定で販売する。招待制の購入プログラムでは、より多くの機能を利用するためのサブスクリプションサービスの6カ月利用権付きながらもよりおトクな価格になる。(2021/9/29)

TechTarget発 世界のITニュース
「Alexa」が進化 「運動したい」でスキル起動、スマートホーム規格Matter導入も
Amazon.comは開発者向けイベント「Alexa Live 2021」で、「Alexa」の新機能を発表した。一般的なフレーズでの「Alexaスキル」検索を可能にする開発ツールなど同社が披露した新ツール、新機能を紹介する。(2021/9/26)

製造ITニュース:
AIアシスタントWatsonに迅速な音声エージェント設定を実現する新機能など追加
日本IBMは、「IBM Watson Assistant」に、AIやオートメーションの新機能を追加した。また、IntelePeerのCPaaS「Atmosphere Communications Platform」がWatson Assistantで利用可能になった。(2021/9/24)

Amazon.com、9月28日に新製品・サービス発表イベント開催
Amazonは9月28日に新製品やサービスを発表するイベントを開催する。昨年のイベントではEchoシリーズの新モデルやAlexaの新機能、ドローン型見守りカメラ(未発売)などが発表された。(2021/9/21)

製造業がサービス業となる日:
コロナ禍に苦しんだパナソニック松岡氏、「Yohana」でウェルビーイングの実現へ
パナソニックは、主にワーキングマザーを対象に家族を含めた私生活のウェルネスの充実を支援するパーソナルアシスタントサービス「Yohana Membership」の提供を開始した。サービス料金は月額149米ドル。まずは米国シアトルでサービスの体験利用の案内を始めている。(2021/9/13)

Amazon、初のオリジナルスマートテレビ「Fire TV Omni」発売 410ドル(43インチ)から
Amazonがオリジナルブランドのスマートテレビ「Fire TV Omni」と「Fire TV 4」を発売した。Fire TVスティック同様にAlexaで操作できる。サイズは43インチ〜75インチで、価格は369.99ドル〜1099.99ドル。(2021/9/10)

コロナ禍でIT活用を活発化させるAmerican University of Bahrain
大学が「Alexa」を本気で活用 「比類ないキャンパス体験を実現」と幹部が確信
「Alexa」を使ったキャンパス体験の向上に取り組むのが、バーレーンの大学American University of Bahrainだ。同校はAlexaに何を期待しているのか。同校幹部に聞いた。(2021/9/10)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【後編】
「Cortana」ビジネス利用時の懸念 プライバシーはどうなる?
仮想アシスタント「Cortana」の音声コマンドで「Microsoft Teams」を操作する機能は大きなメリットであり、仕事のやり方を一新する可能性もある。だがセキュリティとプライバシーには問題はないのか。(2021/9/7)

シャープ、首にかけるAIスピーカーを開発 Alexa対応、クラファンで募集開始
シャープは、音声アシスタント機能を搭載し、首にかけて使用するウェアラブルAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」を発表した。ワンモア(東京都渋谷区)が運営するクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」上で、支援者の募集を9月2日に開始した。募集期間は10月31日まで。(2021/9/2)

富士通「FMV」シリーズ搭載のAIアシスタント「ふくまろ」がアップデート
富士通クライアントコンピューティングは、富士通製PC「FMV」シリーズに搭載しているAIアシスタント「いつもアシスト ふくまろ」のアップデートを実施した。(2021/8/31)

Amazon Echo Studioをデュアルで使ってみたら最高だった件
Amazonプライムデーで安く入手したAmazon Echo Studio。古い製品だが、ステレオペアにするとコスパの高いオーディオ環境を構築できる。(2021/8/27)

TP-Link、Alexaも搭載したメッシュ接続対応Wi-Fi 6無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、スマートスピーカーとしても利用にも対応したWi-Fi 6無線LANルーター「Deco Voice X20」を発売する。(2021/8/26)

身に付けるAIスピーカー、シャープが発売
シャープは、音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応した首掛け式のウェアラブルスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」をクラウドファンディングを通じて9月に発売する。価格は1万9000円から(台数限定)。(2021/8/25)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【前編】
「Cortana」は「Teams」用仮想アシスタントとして生き残るのか?
Microsoftは「Cortana」を、いわば「Alexa」「Siri」の企業向けバージョンのような位置付けに置き、「Microsoft 365」アプリケーションを音声操作するメリットを広めようとしている。このアプローチは成功するのか。(2021/8/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ThinkPadがEcho Showに変身? レノボ製PCで利用可能になったAlexaアプリの「Showモード」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はWindows用Alexaアプリの「Showモード」に対応したレノボ製PCをチェックする。(2021/8/12)

AI音声認識の「おもしろ誤認識」を募集、大賞は5万円 過去作は「OK google 赤ちゃんの名前は何がいい?」「あなたにはまだ早いです」など
文字起こし活用推進協議会が、スマートスピーカーやスマートフォンの音声アシスタントによるユニークな誤認識エピソードを募集するコンテストを開催。8月1日から9月30日まで専用サイトで受け付ける。(2021/7/30)

AI市場に押し寄せるM&Aの波【後編】
MicrosoftがApple「Siri」の開発元を買収 「AI企業買収」なぜ活発化?
AI分野でベンダー買収が活発化している。その背景には何があるのか。直近の買収傾向とアナリストの見解から読み解く。(2021/7/13)

石野純也のMobile Eye:
「iOS 15」パブリックβ版を試す Zoom対抗の新「FaceTime」や新機能「集中モード」の使い勝手は?
7月1日に配信された「iOS 15」のパブリックβ版を試す。iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉。メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。(2021/7/10)

バイバイCortana、IE11 Windows 11で消える機能まとめ
Windowsの新OS「Windows 11」で削除される機能を紹介する。IEの無効化やCortanaの縮小、Skypeがクリーンインストールされなくなるなどが、主な変更点だ。(2021/6/25)

イノベーションのレシピ:
Siriを生んだ研究所が、国内企業とシリコンバレーの“つながり”作りを支援
SRIインターナショナルと野村ホールディングスが提携して、米国に「野村SRIイノベーション・センター(NSIC:Nomura-SRI Innovation Center)を設立した。同組織は日本の国内企業とシリコンバレーのスタートアップとの「橋渡し」の役割を担う。(2021/6/22)

【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
プライムデー当日にはAmazon Echoシリーズとセット「Amazon Music Unlimited」が6カ月無料キャンペーンも実施。(2021/6/15)

EHRの音声認識機能は使い物になるか【前編】
電子カルテの音声アシスタントの可能性と限界 多機能でも「理想には遠い」のはなぜか
米国の医療機関では電子カルテ(EHR:電子健康記録)の音声認識技術が注目を集めている。医師のルーティン業務を自動化する便利な機能が次々と登場しているが、「理想には遠い」と見る専門家もいる。(2021/6/8)

AWSチートシート:
「Amazon Alexa」の発話に、より人間味のある表現力を付ける「Alexa Skills Kit」の2つの機能
「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「Amazon Alexa」の発話により人間味のある表現力を付ける「Alexa Skills Kit」の2つの機能を紹介する。(2021/6/3)

もしAmazonが建設業界に進出したら【前編】
“破壊者”Amazon、次の標的は建設業界か 「Alexa」「Key」が参入の布石?
Amazon.comが建設業界への参入を狙っているとの見方がある。その根拠として専門家は、同社が「Alexa」「Key by Amazon」などのIoT関連製品やサービスに力を入れていることを挙げる。どういうことなのか。(2021/5/10)

Googleアシスタントとより自然な会話が可能に BERT最新版搭載で
Googleアシスタントとの会話がより自然になる。自然言語処理モデル「BERT」の最新版搭載により、例えばアラームやタイマーの設定やキャンセルが改善される。(2021/4/29)

Appleが新しい「Apple TV 4K」を5月後半に発売 プロセッサを強化して高速化 新しいリモコンも
Appleが、第2世代の「Apple TV 4K」を発売する。4K/60HzのHDR動画に対応した他、新しいリモコン「Siri Remote」を採用するなど操作性を向上している。(2021/4/21)

Apple、オンラインイベント「Spring Loaded.」を開催すると発表 日本時間4月21日午前2時から
Siriの予告どおりとなった。(2021/4/14)

次のAppleイベントは4月20日(日本は4月21日) Siri(英語)が教えてくれる
iPad Proの新モデルは登場するだろうか。(2021/4/13)

Apple、タッチスクリーン搭載スマートスピーカーなどを開発中? ユーザー自動追尾も検討か
Amazon Echo Show 10のようなユーザー追尾機能も検討しているという。(2021/4/13)

Microsoftが音声技術のNuance買収を検討中か──Bloomberg報道
Microsoftが、AppleのSiriに技術を提供したことで知られるNuance Communicationsの買収を検討中とBloombergが報じた。買収総額は160億ドル(約1兆7550億円)に上る見込み。(2021/4/12)

Alexa同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」、日本語で会話する音声botの開発が可能に
米AWSが提供する会話型AIサービス「Amazon Lex」が日本語に対応した。音声合成サービスの「Amazon Polly」と組み合わせると、日本語による音声会話ができる音声botの開発ができる。(2021/4/9)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「Alexa」のビジネス活用(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Alexa」などVUI(音声ユーザーインタフェース)のビジネス活用です。(2021/4/2)

Microsoft、「Cortana」のモバイルアプリを3月31日に予告どおり終了
Microsoftが昨年7月の予告どおり、音声アシスタント「Cortana」のAndroidおよびiOSアプリのサポートを3月31日に終了した。Windowsからはまだアクセスできる。(2021/4/1)

Amazon、Fire TV用のAlexa音声認識対応リモコン新モデルの予約受付を開始
AmazonがFire TV専用の音声認識対応リモコン「Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)」の予約受け付けを開始した。(2021/3/25)

Amazon、「Fire TV」用3代目リモコン発売へ 4つのアプリボタン付き
Amazonが「Fire TV」シリーズ用の新しいAlexa対応リモコンを4月14日に発売する。単体で2980円だ。ライブ配信を一覧できる「番組表」ボタンと、予めプライムビデオなどが割り当てられた4つのボタン付きだ。(2021/3/25)

Google Workspace(旧G Suite)に「Googleアシスタント」対応や「Focus Time」などの新機能
Googleの法人向けオフィススイート「Google Workspace」に、Googleアシスタント対応や通知の量を制限できる「Focus Time」設定などの新機能が追加された。また、現場の従業員のための「Workspace Frontline」の提供も開始する。(2021/3/2)

イーオン、英単語を学べるAlexaスキルを無償提供 初級者向けに58語を収録
イーオンがAlexaスキル「イングリッシュタイム」の無償提供を始めた。英会話初級者向けに英単語クイズなど1日5分、6日分のレッスンを提供する(2021/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。