ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Alexa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Alexa」に関する情報が集まったページです。

スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円
Amazonが、Alexa対応スマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を国内で発売した。販路は自社のAmazon.co.jp限定で、価格は約2.6万円となる。(2024/2/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホから家電製品のスイッチを押せる「SESAME bot」はどこまで使える? SwitchBotボットと使い比べてみた
スマート家電が花盛りだが、それに非対応な家電をスマホから操作したい場合に役立つのが“スマートスイッチ”だ。ここでは「SESAME bot」と「SwitchBotボット」を使い比べてみた。(2024/2/19)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(1):
ここまで進んだ自動車業界の生成AI活用 CES 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。第一弾では2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCES (Consumer Electronics Show)より、自動車業界の生成AI活用のトレンドについて紹介します。(2024/2/19)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】「アイロボット」はどんなロボットを作る企業?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/2/9)

つらい花粉症を和らげる秘訣は「対流花粉」対策――石井正則医師が伝える空気清浄機と床掃除の重要性
花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。(2024/2/8)

Amazon特選タイムセール祭り:
夢の全自動ロボット掃除機が20万円切り! 最大35%もお得にクリーンな環境を手に入れよう
Amazon特選タイムセール祭りの先行セールに、ロボット掃除機を手掛けるドリーミーテクノロジージャパンが参戦している。セール対象品はもちろんロボット掃除機だ。事前片付け、モップの水洗い、ゴミの収集不要な全自動タイプもお得に買える。(2024/1/29)

「Fire TV」シリーズに画像生成AIによる壁紙機能 まずは米国から
画面上に壁紙として生成したアート風の絵を表示したり、Amazon Photosアカウントに保存したりできる。(2024/1/22)

MONOist 2024年展望:
生成AIで変わる自動車のAIアシスタント、SDVの布石としての役割も
ドライバーを理解し、的確にサポートするAIアシスタント。定番ともいえるコンセプトで、まだ実現しきれていない部分も残っていますが、2024年の今、リアリティーを持って改めて提案されています。(2024/1/18)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

パナのスマートテレビが「Amazon Fire TV」ベースに Fire OS搭載3モデルを発表
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、米Amazonと「Fire TV」のライセンス契約と協業を発表した。「VIERA」のスマートテレビのOSにAmazonの「Fire OS」を採用。第一弾として、65/55インチ「Z95A」と77インチ「Z93A」の新型OLEDテレビを投入する。(2024/1/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
見つめるだけでタップ操作が可能! 「Fire Max 11」の新機能「Alexaを視線で操作」を試して分かったこと
Amazonのタブレット最上位モデル「Fire Max 11」に、新機能「Alexaを視線で操作」が追加された。実際にどの程度利用できるのか、実際に試してみた。(2024/1/5)

Amazon初売りセール:
Wi-Fiルーターもネットワークカメラも! TP-Linkのネットワーク機器がお得
Amazon初売りセールで、ネットワーク機器を展開しているTP-LinkがWi-FiルーターやメッシュWi-Fiシステム、ネットワークカメラなどを出品している。Alexa対応のネットワークカメラなら、外出先でもAlexaアプリから映像の呼び出しも簡単だ。(2024/1/3)

2023年は買う基準が激変!? 試して分かった思わず口コミしたくなるアイテムはこれだ!
PCやIT業界はAIや新しいCPUの登場でさまざまなキーワードが出回っているが、日々の生活に役立つのは何もPCだけではない。ここでは、2023年に試して分かった気になるアイテムの魅力をまとめた。(2023/12/30)

Retail Dive:
Amazonが「Alexa部門」で人員削減 ヒトは“既に”AIに仕事を奪われているのか?
大幅な人員削減を実施しているAmazonから新たな発表があった。今回対象となったのはAlexa部門だ。人員削減の理由として同社が挙げた「生成AIに注力したリソースと努力の最大化」をどう読み解くべきか。(2023/12/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
いよいよ登場! iPhoneからも利用可能なMatter対応スマートプラグ「Tapo P110MA」を試した
海外ではさまざまな製品が出ているMatter対応デバイスだが、国内ではまだまだこれからという状況にある。今回はTP-LINKのスマートプラグを試して分かった、Matterのメリット/デメリットを見ていく。(2023/12/20)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に潜む「ファントムブレーキ」という“幻影” オーナーが実際に体験した一部始終
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、関越道で自動緊急ブレーキを食らった話、Teslaの自動運転、「Hey Siri」でModel 3を操作する、といった3件のネタを取り上げます。(2023/12/17)

Gartner Insights Pickup(330):
マシンカスタマーとは? どう対応すべきか
顧客が人間であることは当たり前に思えるが、顧客が人間ではなくなったらどうなるだろうか? 既に、AIによる人間以外の顧客が何らかの形で存在している。その利用に向けた準備を整えるべき時だ。(2023/12/15)

パワー半導体だけじゃない:
センサー製品群「XENSIV」を次なる中核事業へ、インフィニオン
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2023年11月30日、センサーブランド「XENSIV(センシブ)」の拡販に向けた戦略説明会を実施した。注力する4つのセンサー市場の今後5年間における平均CAGR17.1%を上回る成長を実現し、センサー事業の中核事業化を目指す。(2023/12/14)

Amazfit、コスパ重視の多機能スマートウォッチ「Amazfit Active」 2万1900円〜
中国Zepp Healthは、高コストパフォーマンスをうたった多機能スマートウォッチ「Amazfit Active」を発表した。(2023/12/7)

製造業IoT:
介護施設やホテルでAlexaベースの独自サービスを構築可能に、アマゾンの「ASP」
アマゾンジャパンは、「Amazon Alexa」を企業や地方自治体が活用して独自サービスを展開できるようにするソリューション「Alexa Smart Properties(ASP)」を日本国内市場向けに提供する。(2023/12/5)

ビジネスや公的サービスにもAIエージェントを! Amazonが「Alexa Smart Properties」の提供を開始
アマゾンジャパンが、法人/自治体向けの新サービス「Alexa Smart Properties」の提供を開始する。Alexaを法人/自治体ごとにカスタマイズして提供できることが特徴で、Alexa対応デバイスをより普及させる狙いがある。(2023/12/4)

Amazonブラックフライデー:
楽に使えてサウンドはガチ! 「Sonos」の製品が最大32%お得──限定色のポータブルスピーカーも
「Amazonブラックフライデー」で、米国発オーディオブランド「Sonos」の製品がセールになっている。通常価格13万4800円のサウンドバーが、3万1891円お得な10万2909円など20%以上、最大32%の値引き率の製品もある。(2023/11/26)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Microsoft Copilot」ブランドを整理 機能拡張も随時展開/新たな「Copilot」となるfor Serviceとfor Sales発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、11月12日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/11/19)

赤ちゃんがAmazonで買い物しちゃった! サイバーな「はじめてのおつかい」が「かわいいけど対策しないと」と話題
高価な品でなくてよかった。(2023/11/19)

自動給餌器「+Style もぐもぐウォッチャー」発売 スケジュール設定で餌をあげられる
BBソフトサービスは、自動給餌器「+Style もぐもぐウォッチャー」を発売。本体の高さを3段階に調節でき、乾燥剤ホルダー付きの蓋や残量が少なくなるとスマホに通知する機能、赤外線ナイトモード搭載のカメラも備える。(2023/11/9)

「アレクサで特許権侵害」とアマゾンを提訴、岐阜県の開発企業 過去にはLINEに勝訴
AI技術などの研究開発を行うフューチャーアイは6日、AIアシスタント「Alexa」が自社の特許を侵害しているとして、米Amazon.comやアマゾンジャパンなど4社を8月24日付で提訴していたと発表した。(2023/11/6)

ChatGPT活用のペットロボット「Loona Blue」、Ankerが発売 月額不要で買い切り
「子犬や子猫のような多彩な動きや豊かな感情表現ができる」という小型のペットロボットをAnkerの子会社が発売する。(2023/11/2)

ヤマダホールディングスの「Fire TV搭載スマートテレビ」に65型モデル登場 17万5890円で11月3日発売
ヤマダホールディングスが(2023/10/31)

3万円でほぼ“全部入り” ゼンハイザーの新型ワイヤレスヘッドフォンに爆売れの予感
ゼンハイザーの「ACCENTUM(アクセンタム) Wireless」は同社製ワイヤレスヘッドフォンのエントリーモデル。その特徴を一言でまとめると「軽快さ」でした。(2023/10/30)

スマートホーム規格「Matter」が「1.2」に ロボット掃除機やエアコンをサポート
AppleやGoogleが参加するスマートホーム規格策定団体CSAが、スマートホーム規格「Matter 1.2」をリリースした。ロボット掃除機やエアコンなど、新たに9種類のデバイスをサポートする。(2023/10/24)

新型「Fire TV Stick 4K Max」セットアップガイド 思ったよりカンタン!
Amazonの映像デバイス「Fire TV Stick 4K Max」の新モデル(第2世代)が本日発売となる。この記事では、セットアップ方法を簡単に紹介する。(2023/10/18)

新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック!
アマゾンジャパンが、「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」の新モデルをリリースする。パッと見では全く同じように見える両機種だが、Amazon.co.jpでは2500円の価格差がある。その“差”は何に由来するのだろうか。モデル選びの参考に、違いをチェックしてみよう。(2023/10/13)

Innovative Tech:
PDF論文やプレゼン資料から「表3を説明して」「5〜7ページを要約して」などの指示に回答 米Adobeなど「PDFTriage」開発
米スタンフォード大学と米Adobe Researchの研究者らは、WebページやPDF論文、プレゼンテーション資料などの複雑な構造からなる特定のドキュメントに対するテキストプロントに適切に回答する、大規模言語モデル向けの方法を提案した研究報告を発表した。(2023/9/28)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11の大型アップデートが9月26日に実施 Copilotのプレビューも/OpenAIが「DALL-E 3」を発表 「ChatGPT」統合
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、9月17日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/9/24)

AmazonがWi-Fi 6E対応+ストレージ倍増の新型「Fire Stick 4K Max」発売 「Fire TV Stick 4K」も廉価版として復活
Amazonの4K対応映像デバイス「Fire Stick 4K Max」がモデルチェンジした。ストレージが倍増し、Wi-Fi 6Eに対応した他、新しいリモコンが付属するようになった。また、本モデルの廉価として「Fire TV Stick 4K」も復活している。(2023/9/21)

Amazonの秋のハードウェアイベントまとめ
Amazonが秋恒例のデバイス&サービス発表イベントで披露したすべてのハードウェアを簡単に紹介する。「Echo Hub」など、すぐに日本でも発売するものもある。(2023/9/21)

スマートスピーカーに生成AI、Amazonが先行 会話を記憶、ボディランゲージやアイコンタクトも理解
米Amazonが、同社の音声アシスタント「Alexa」に生成AIを搭載する。これにより、継続した会話の他、会話の記憶や各家庭向けのパーソナライズも可能になるという。まずは米国のユーザー向けに今後数カ月以内に提供を始める。(2023/9/21)

壁掛けデバイス「Echo Hub」登場 Amazon Echoシリーズの新製品
Amazon Echoシリーズの新製品として、壁掛け用途を想定した「Echo Hub」が登場した。(2023/9/21)

AlexaにジェネレーティブAIがやってくる 「まるで人間と会話しているような感覚に」──米Amazonがデモを公開
米Amazonが「Alexa」にジェネレーティブAI(生成AI)を組み込んだ新機能のデモを公開した。(2023/9/21)

Microsoftのパノス・パネイCPOが退社 Amazon入りのうわさも
MicrosoftのSurfaceやWindowsの発表イベントで活躍してきたパノス・パネイCPO(最高製品責任者)が退社を表明した。21日のイベントには登壇しないようだ。(2023/9/19)

ルンバと連携する「最も知能の高い空気清浄機」、アイロボットが発売 世界に先駆け日本で
アイロボットジャパンは12日、ルンバやブラーバと連携する空気清浄機「Klaara p7 Pro」(以下、クラーラ)を発売すると発表した。(2023/9/12)

AmazonがEcho Dot/Pop用「ドラえもんスタンド」を日本限定発売 Alexa用「ドラえもん時報」スキルも配信開始
アマゾンジャパンが、Amazon.co.jp限定商品として「Echo Dot(第4世代、第5世代)・Echo Pop専用ドラえもんスタンド」の販売を開始した。単体はもちろん、Echo Dot/Popとのセット品も用意される。発売を記念してAlexa用「ドラえもん時報」スキルの配信も行われる。(2023/9/7)

Alexaがドラえもんボイスでしゃべる 新しい時報機能
アマゾンジャパンが、音声アシスタント「Alexa」にドラえもんの声による時報機能を追加した。スマートスピーカー「Echo」シリーズで利用できる。利用料は無料。(2023/9/7)

「アレクサ」「Ok,Google」両方使えるスマートスピーカー、JBLから 外観は'70年代風
Amazon AlexaとGoogleアシスタントの両方に対応したスマートスピーカーが登場した。(2023/9/6)

764ペタバイトのデータ転送も:
数字で見るAmazonプライムデーのトラフィック ピーク時は1日当たり15兆3500億件のリクエストが発生
Amazon Web Servicesは同社の公式ブログで2023年に実施したAmazonプライムデーのトラフィックなどの数値を公開した。それによると、ピーク時には1日当たり15兆3500億リクエストと764ペタバイトのデータ転送が発生したという。(2023/8/24)

AmazonのAlexaやFireのデバイス&サービス部門責任者が退社へ
Amazon.comでAlexaやEcho、Fire端末のチームを率いてきたデイブ・リンプ氏(56)が退社する。理由は「デバイス&サービス事業に弱気になったからではない」としている。(2023/8/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
実売3千円台の低価格パンチルト対応ネットワークカメラはどこまで使える? 試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は低価格なカシムラ「KJ-182」試してみた。(2023/8/14)

わずか2カ月で本番実装も:
生成AIで金融業界はどう変わるか AWSの金融向けサービスの全貌
業界を問わず、さまざまな企業が生成AIの活用を模索している。本稿は金融業界にフォーカスし、AWSが提供するAIサービスについて解説する。(2023/8/9)

約47gと軽量で最長14日間利用可能なAmazfit初のランニングウオッチ「Cheetah」を試して分かったこと
数々のスマートウォッチを手がけるAmazfitから、同社初のランニングウオッチ「Cheetah Pro」「Cheetah」が発売された。今回は軽量スマートウォッチ「Amazfit Cheetah」を試してみた。(2023/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。