ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「防水」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「防水」に関する情報が集まったページです。

ワークマンの防水ブーツの意外な難点って? 娘の“発見”に赤面したエピソードを描いた漫画がじわじわくる
そういうのはそっと教えて!(2021/1/21)

完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Pro」登場 耐水性能と音質がアップ
Samsung Electronicsの「Galaxy Buds」シリーズにフラグシップモデルが登場する。随所に改良を加えることで、従来よりも耐水性能と音質を向上している。(2021/1/15)

ルネサス ZMOD4410センサー:
水やほこりに強いIP67準拠の室内空気質センサー
ルネサス エレクトロニクスは、室内空気質センサープラットフォーム「ZMOD4410」ファミリーに、防水防塵規格IP67に準拠した防水パッケージ品を追加した。キッチン、浴室、病室などで利用できる。(2021/1/12)

FOX、iPhone 12シリーズ向けの防水・耐衝撃ケース「LIFEPROOF」発売
FOXは、12月24日に防水・防塵・防雪・耐衝撃ケース「LIFEPROOF」ブランドのiPhone 12シリーズ向けケースを発売した。軍事規格の基準をクリアする耐衝撃性能を備え、補償サービス「LIFEPROOF CARE」も提供する。(2020/12/24)

日本モレックス OTS MX150防水ケーブルアセンブリ:
22.0A対応の車載向け防水ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、車載エレクトロニクス向けに22.0Aの定格電流に対応した「OTS MX150防水ケーブルアセンブリ」を発表した。「USCAR-2 Rev 4」「IP6K7」に準拠しており、幅広いラインアップをそろえる。(2020/12/17)

KDDI、法人向けタフネスタブレット「DIGNO Tab」を2021年2月以降に発売
KDDIは、2021年2月以降に法人向けタブレット「DIGNO Tab」を発売。防水・防塵(じん)や、耐落下、耐薬品性に対応し、電源操作制限やアップデート制御をはじめとした独自の端末管理機能を備える。(2020/12/16)

「Apple Watch」によく似たスマートウォッチ、防犯カメラのWyzeが20ドル(約2100円)で発売へ
米国では防犯カメラメーカーとして知られるWyzeが、「Apple Watch」によく似た「Wyze Watch」を19.99ドル(約2100円)で発売する。ディスプレイは液晶でGPS追跡機能などはないが、Apple Healthとの接続も可能。防水レベルはIP68でバッテリーは9日間持続可能だ。(2020/12/3)

【Amazonブラックフライデー】多機能オーディオでおうち生活を楽しく マイク付きイヤフォンや防水スピーカーなど
ネックスピーカーが気になる。(2020/11/27)

UQ mobileから「Galaxy A21」と「Xperia 8 Lite」 12月中旬以降に発売
KDDIが、UQ mobile向けに「Galaxy A21」と「Xperia 8 Lite」を12月中旬以降に発売する。Galaxy A21は、エントリーモデルながらおサイフケータイやIP68の防水・防塵(じん)にも対応する。Xperia 8 Liteは、アスペクト比が21:9の縦長ディスプレイが特徴。(2020/11/24)

低遅延のゲーミングモードを搭載 完全ワイヤレスイヤフォン「N6 sports」発売
エム・ティ・アイは、同社オリジナルブランド「NUARL」から完全ワイヤレスイヤフォン「N6 sports」を発売。IPX7の防水性能や左右独立通信をはじめ、低遅延の「ゲーミングモード」を搭載する。(2020/11/20)

日本航空電子工業 JL10シリーズ:
独自配列のワンタッチ嵌合丸型防水コネクター
日本航空電子工業は、ワンタッチ嵌合丸型防水コネクター「JL10」シリーズのラインアップを拡充した。電源4極と信号2極の計6極を独自に配列したコネクターで、ロボット用サーボモーターの省スペース化に貢献する。(2020/11/19)

ARと5Gでタイの作業現場を日本から遠隔支援
トヨコーは、ドコモのクラウド基盤と海外の5Gネットワークを直結するプラットフォームをタイの屋根防水補強事業で活用。ARと5Gを用いたフィールドテストを実施し、現地メンバーのみで完工した。(2020/11/16)

FAニュース:
3つの機能を1台に集約した高圧水部品洗浄機、搬送装置が不要に
スギノマシンは、水を高圧で噴射し、自動車などの金属部品を洗浄する高圧水部品洗浄機「JCC 701 ROBO」を2020年11月に発売する。防水コラムロボットの搭載により、3つの機能を1台に集約する。(2020/11/2)

4G対応キッズ向けスマートウォッチ「myFirst Fone R1」12月下旬に発売
Oaxis Japanは、12月下旬に4G対応キッズ向けスマートウォッチ「myFirst Fone R1」を発売。前モデルから最大48時間待機できるようバッテリーを改善し、音楽プレーヤーや防水性能などを新たに搭載している。(2020/10/30)

360度カメラの新型「Insta360 ONE X2」発表 円形ディスプレイ搭載、10m防水、バッテリー強化
スティック型の360度カメラ「Insta360 ONE X」(2018年発売)の後継モデルが登場する。(2020/10/28)

片耳3.8gの完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE ComfoBuds」、Makuakeで先行販売
UP WAVEは、10月28日から12月12日まで完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE ComfoBuds」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売。片耳3.8gという軽量化を実現し、13.4mm径ダイナミックドライバーやIPX5の防水性能も備える。(2020/10/28)

防水・防塵・防雪・耐衝撃「LIFEPROOF」ブランドのiPhone 12シリーズ用ケース発売
FOXは、10月23日から防水・防塵(じん)・防雪・耐衝撃「LIFEPROOF」ブランドのiPhone 12シリーズ用ケースを発売。ラインアップは「FREシリーズ」「NEXTシリーズ」「WAKEシリーズ」で、画面割れ補償サービスも提供する。(2020/10/20)

ドコモが「Galaxy A21」を10月23日発売 防水+おサイフ対応で約2万円
NTTドコモは、10月23日にスマートフォン「Galaxy A21 SC-42A」を発売。ミッドレンジのスペックだが、防水・防塵(じん)やおサイフケータイに対応。価格は2万2000円(税込み)。(2020/10/13)

日本モレックス OTS Mizu-P25:
IP67準拠、2.50mmピッチの小型ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、防水防塵(じん)性能規格IP67に準拠した、2.50mmピッチの「OTS Mizu-P25ミニタイプケーブルアセンブリ」を発表した。高い防水性と防塵性を備えており、最大4.0Aの電流に対応する。(2020/10/12)

シャープ、約10.1型の液晶ディスプレイを搭載した法人向けタブレット「SH-T01」発売
シャープは、約10.1型の液晶ディスプレイを搭載した法人向けタブレット「SH-T01」を発売。テレワーク中のWeb会議や商談時の資料提示、店頭での商品説明などを想定し、防水・防塵(じん)対応のため屋外でも利用できる。(2020/9/30)

製品動向:
大林組らが、生分解性を有する材料を採用したテールシール充てん材を開発
大林組らは、テールシール充てん材の素材に、生分解性を有する材料を用いた「シールノックBD」を開発し、日本環境協会 エコマーク事務局からエコマークの認定を受けた。また、テールグリースの止水性能を計測する耐水圧試験と施工現場での適用試験で、従来品と同等以上の止水性があることを確認した。(2020/9/18)

金属魂特別編:
PR:チタンをここまで仕上げるか──「オシアナス」初の本格ダイバーズモデル
今回、僕の撮影スタジオに送られてきたのは「オシアナス」のスポーティーライン「カシャロ」。200m防水とダイビングログ機能を持つ本格的なダイバーズモデルは、「オシアナスブルー」が目をひくエレガントな金属だった。(2020/8/20)

SIMロックフリー「Xperia 8 Lite」登場 3万円前後でMVNOが取り扱い
ソニーモバイルのミッドレンジスマホ「Xperia 8」のSIMロックフリー版となる「Xperia 8 Lite」が登場。一部のMVNOが取り扱い、9月1日以降に発売する。スペックはキャリアモデルとほぼ変わらず、防水やおサイフケータイにも対応している。(2020/8/26)

ドコモ、約10.1型の防水タブレット「dtab d-41A」を8月28日に発売 税込み約5万円
NTTドコモは、8月28日にシャープ製のAndroidタブレット「dtab d-41A」を発売。約10.1型ディスプレイにIPX5/8等級の防水やIP6Xの防塵(じん)性能を備え、ビジネスでも活用できる。(2020/8/20)

組み込み採用事例:
全樹脂電池を自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始
APBは、全樹脂電池を川崎重工業の自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始した。同電池は、樹脂構成のためセルの大型化が可能で、積層時のエネルギー密度が高い。また耐水圧性を有し、無人潜水機の動力源としての活用が期待される。(2020/8/17)

OPPO、ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51/W11」8月7日から順次発売
オッポジャパンは、8月7日からワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51」「OPPO Enco W11」を順次発売。防水・防塵(じん)性能とノイズキャンセリング機能を備え、高品質かつ低遅延で安定した接続が可能だという「左右同時転送」を採用している。(2020/7/31)

ASUS、ボリュームつまみを搭載した発光ゲーミングキーボード
ASUS JAPANは、耐水機能も備えた発光対応ゲーミングキーボード「TUF Gaming K1」を発売する。(2020/7/31)

Kensington、丸洗いできる耐水設計のキーボードを発売
アコ・ブランズ・ジャパンは、Kensingtonブランドから丸洗い対応キーボード「Pro Fitウォッシャブルキーボード」を発表した。(2020/7/27)

Spigen、AirPods Pro用防水ケースを6月30日限定で30%オフ
Spigenは、IP67準拠のAirPods Pro用防水ケース「スリム・アーマー IP」をセール販売。6月30日限定で30%オフとする。取り扱いは公式ストア、Amazonストア、Yahoo!ストアで行う。(2020/6/29)

石野純也のMobile Eye:
「OPPO Reno3 A」レビュー パフォーマンスは先代よりダウンしたが、コスパの高さは健在
オッポジャパンが6月25日に発売する「OPPO Reno3 A」は、コストパフォーマンスの高さから高い人気を集めた「OPPO Reno A」の後継機にあたる。おサイフケータイや防水・防塵(じん)にも対応。価格は税込みで3万9800円で、Reno Aとほぼ同じ水準だ。カメラがクアッドカメラになった一方で、プロセッサはReno Aよりも低スペックの「Snapdragon 665」を採用している。(2020/6/20)

「OPPO Reno3 A」が6月25日発売 4眼カメラ、おサイフ+防水対応で3万円台
オッポジャパンが、SIMロックフリースマートフォンの新製品「OPPO Reno3 A」を6月25日に発売する。メーカー希望小売価格は税別で3万6182円、税込みで3万9800円。日本市場でニーズの高い防水・防塵(じん)(IP68)とおサイフケータイに対応しながら、カメラを進化させ、急速充電にも対応させた。(2020/6/16)

シャープの肩のせスピーカーが生活防水に ボタン1つで人の声を聞きやすく
シャープが肩にのせるウェアラブルスピーカーの新製品を7月に発売する。人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス」機能を追加した他、IPX4準拠の生活防水で使用場所を広げた。(2020/5/21)

Spigen、AirPods Pro向け防水ケース「スリム・アーマー IP」発売
Spigenは、5月19日に防水規格IP67に準拠したAirPods Pro向け防水ケース「スリム・アーマー IP」を発売。ソフトなシリコン素材を使用したオープン型の密着型防水ケースで、装着したまま充電も可能だ。(2020/5/19)

新建材:
防水工不要の100年もつプレキャストPC床版、高速リニューアル工事の工期を短縮
大林組は、高速道路リニューアル工事で工程短縮と耐久性向上を実現する防水機能を持ったプレキャストPC床版を開発した。既に構造検討や性能確認実験、輪荷重走行試験を経て、実橋へ適用するのに十分な防水性能や強度などが確認されている。(2020/5/19)

ソニーのLED電球スピーカーが防水仕様に
ソニーネットワークコミュニケーションズがLED電球スピーカー「LST-SE300」を発表。IPX4相当の防水仕様となり、ベランダやテラスなど屋外でも使用できる。(2020/5/2)

電球とスピーカーを一体化した防水対応のワイヤレススピーカー
ソニーネットワークコミュニケーションズは4月30日、電球とスピーカーを一体化したワイヤレススピーカーの防水対応モデル「LST-SE300」を発売した。想定税別価格は1万8500円前後を見込む。E26ソケットに対応する。(2020/5/1)

勝手に連載!「海で使うIT」:
指令! 荒れる伊豆諸島航海で「Unihertz Titan」のスタミナと防水性能を検証せよ
スマートフォン「Unihertz Titan」の存在意義はQWERTYキーボードだけではない。大容量のバッテリーとIP67の防水・防塵性能も見逃せない。伊豆諸島を巡る航海で、これらの性能を検証してみた。(2020/4/23)

日本航空電子工業 MX80シリーズ:
車載向け防水小型中継コネクター
日本航空電子工業は、車載向け防水小型中継コネクター「MX80」シリーズを発売した。IP規格の保護等級「IP67」に対応しており、北米地域で必要とされる「USCAR-2」規格にも準拠している。(2020/4/14)

デル、耐水設計のビジネス向け3wayバッグ 15型ノートまでの収納に対応
デルは、ノートPCの持ち運びにも便利なビジネス向け3wayバッグ「Dell Proハイブリッド ブリーフケース バックパック15」を発売した。(2020/3/18)

シャープ製:
約2年ぶりのモデルチェンジ 防水対応の「dtab d-41A」登場
NTTドコモの自社ブランドAndroidタブレット「dtab」に約2年ぶりの新モデルが登場。今回はシャープ製で、家族の利用を想定した「かんたんホーム」も搭載する。(2020/3/18)

車載電子部品:
車載エレクトロニクス向け防水コネクターシステムにUL-V0対応品を追加
日本モレックスは、車載エレクトロニクス向けの防水コネクターシステム「MX150」に、UL-V0対応品などを追加した。UL-V0対応品のほか、8極および12極ハイブリッドタイプ、6極パネルマウントタイプなどが加わった。(2020/3/13)

売れ筋Androidスマホ、「AQUOS sense3」と「Galaxy A20」はどちらが買い?
シャープの「AQUOS sense3」とサムスン電子の「Galaxy A20」が売れている。ともに低価格ながらも、普段使いには十分なミドルクラスCPUに加え、防水、おサイフケータイといった需要の高い機能を一通り搭載している。2モデルはどちらを選べばいいのか? 実際に触って使いながら検証していく。(2020/2/28)

バッテリー内蔵のスマートスピーカー「Sonos Move」、4万6800円で3月6日発売
Sonos Japanは、バッテリーを内蔵したスマートスピーカー「Sonos Move」の先行販売を3月6日に開始する。IP56規格の防水・防塵(じん)をサポートする。50を超えるストリーミングサービス、Google アシスタント、Amazon Alexa、AirPlay2にも対応する。(2020/2/27)

カメラとワンセグなしの法人向け「DIGNO ケータイ3 for Biz」、ソフトバンクが2月21日に発売
ソフトバンクは、2月21日に京セラ製の法人向けケータイ「DIGNO ケータイ3 for Biz」を発売。カメラとワンセグを非搭載とし、IPX5/IPX8の防水とIP5Xの防塵(じん)性能や長時間稼働を採用している。(2020/2/18)

日本航空電子工業 KW04シリーズ:
CCS Type-2準拠の充電用コネクター
日本航空電子工業は、電気自動車急速充電規格CCS Type-2に準拠した充電用コネクター「KW04」シリーズを発売した。コネクター内部には、活電部を防水保護する二重絶縁構造を採用した。(2020/2/12)

富士通、耐衝撃&防水設計の10.1型Windowsタブレット
富士通クライアントコンピューティングは、堅牢デザイン筐体を採用した10.1型WindowsタブレットPC「WQ2/E1」を発表した。(2020/2/5)

ミネベアミツミ CAM-L41:
Thunderbolt 3対応の防水コネクター
ミネベアミツミは、Thunderbolt 3に対応し、IP68に準拠した防水コネクター「CAM-L41」を発売した。データ伝送速度は最大40Gビット/秒で、水深1.5mでも30分間の防水性を持つ。(2020/2/3)

ジャンボうちわ、B2ポスターも収納 オタ活が捗るトートバック登場
内側防水加工・ファスナー付きで「推し」をいろんなものから守れます。(2020/1/24)

富士通、文教向けの防水10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q5010/CE」など法人PC計9モデルを発表
富士通は、教育現場での利用に適した10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q5010/CE」など法人向けPC計9モデルの発表を行った。(2020/1/23)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
キヤノンの“アソビカメラ”「insPIC REC」でどう遊ぶ? とりあえずシャッター押しちゃえ!
キヤノンの「iNSPiC REC」は、ズームなし、モニターなし、その代わり防水で頑丈で小さくて気が向いたらシャッターを押しちゃえ的な、面白いカメラだったのである。(2020/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。