ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カメラ」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の週末アキバ速報:
Webカメラやヘッドセットが急に枯渇!――テレワーク需要の爆発
アキバのPCパーツショップで、にわかにWebカメラとビジネス向けヘッドセットの在庫が薄くなっている。10万円台以下のノートPCのまとめ買いもここ1週間で始まったという。(2020/4/4)

カメラ切り忘れてるぞトニー! リモートワークのビデオ会議でほっこりハプニング
みんないい笑顔。(2020/4/3)

Webカメラ、なぜ店頭から消えた? メーカーは「前月比200%の販売数量」「増産でニーズに応えたい」
家電量販店やECサイトでWebカメラやPC用ヘッドセットの売り切れが続出している。原因は……(2020/4/3)

組み込み開発ニュース:
手軽に設置できるAIカメラに新機種、処理性能3倍でPythonやAWS IoTにも対応
パナソニックは2020年4月2日、画像処理をエッジコンピューティングで行う「Vieurekaプラットフォーム」で使用するカメラの新機種「VRK-C301」の提供を開始したと発表した。従来のVieurekaカメラと比較して、高性能CPUやGPUによって画像処理性能を強化し、より高度な分析を行えるようにした。(2020/4/3)

福田昭のデバイス通信(237) 2019年度版実装技術ロードマップ(47):
自動車用センサーの技術動向(前編)
今回から、自動車におけるセンサーの技術動向を前後編に分けて紹介する。前編では、対象物をリアルタイムで認識するカメラと、定速走行・車間距離制御を支えるミリ波レーダーについて解説する。(2020/4/3)

始まりはたった5人、今は最大1万2000人:
「自宅でもWebカメラをつけて働く」「抵抗感ない」 KDDIの先進事例に学ぶテレワークを成功させるヒント
新型コロナウイルスの影響でテレワークに注目が集まっている。最大1万2000人規模のテレワーク環境を持つKDDIは、これまでどのように取り組んできたのか。担当者に聞いた。(2020/4/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
見た目が“ハイエンド機っぽい”「moto g8 plus」 カメラの実力はどう?
ミドルクラスながらグラデーションが美しいボディーにトリプルカメラを搭載した、モトローラの「moto g8 plus」。3万円台で買えるトリプルカメラスマホだけど、その実力はどうか。メインの広角カメラや、動画専用の超広角カメラを中心に試した。(2020/4/2)

パナソニック、画像解析にも対応した“Vieureka”対応カメラ「VRK-C301」
パナソニックは、高度な画像解析機能を利用可能なVieurekaプラットフォーム対応カメラ「VRK-C301」を発表した。(2020/4/2)

グリーンハウス、Webカメラも内蔵したタッチ対応23.6型液晶ディスプレイ
グリーンハウスは、10点マルチタッチ操作に対応した23.6型フルHD液晶ディスプレイ「GH-LCT24B-BK」を発表した。(2020/4/1)

新型iPad Proのカメラ、LiDAR、周辺機器を精査
MACお宝鑑定団流レビュー。前モデルからの変更点などを精査した。(2020/3/31)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(43):
折り畳み、5G、1億画素…… 新たな挑戦を続けるGalaxy最新モデルを解剖
今回は、Samsung Electronicsの2020年モデルスマートフォン2機種を取り上げる。1つは、縦方向にディスプレイを折り畳める「Galaxy Flip」。もう1つは、第5世代移動通信(5G)に対応し、1億800万画素カメラを搭載する「Galaxy S20 Ultra 5G」だ。(2020/3/31)

ベンチャーニュース:
リコー発のスタートアップ企業、第1弾製品となる超小型ペン型全天球カメラ発表
リコー発のスタートアップカンパニーであるベクノスが、開発中の超小型ペン型全天球カメラについて発表した。側面に3つ、天面に1つ、合計4つのレンズで構成される同カメラは独自の光学技術を搭載し、携帯性、デザイン性に優れている。(2020/3/31)

デジタル変革の旗手たち:
DXに現場はついてきているか? 「とんかつ新宿さぼてん」のAIが導き出したもの――グリーンハウスグループ CDO 伊藤信博氏
国内外でさまざまなフードサービス事業を展開するグリーンハウスグループでは、AIカメラの画像解析によって来店客やスタッフの「喜び」を数値化し、顧客満足度向上や店舗スタッフのモチベーション向上を図っている。このような取り組みにいたった背景や成果について話を聞いた。(2020/3/31)

「AQUOS zero2」レビュー 軽さからゲーミング性能、カメラまでを検証
シャープの「AQUOS zero2」は、高いスペックを持ちながら、141gという軽さを実現したモデルだ。ドコモ、au、ソフトバンクの3社に加えて、3月13日からはDSDVに対応したSIMロックフリー版も発売された。持ち心地やスペック、カメラ、パフォーマンスなどをチェックした。(2020/3/30)

「ソニーエレクトロニクス」設立 オーディオ、カメラ、モバイル事業を統合
ソニーは、オーディオやカメラ、モバイルなどの事業を行う中間持株会社「ソニーエレクトロニクス」を設立すると発表した。(2020/3/27)

「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表 P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応
Huaweiが3月26日(中央ヨーロッパ時間)、Pシリーズの最新モデル「HUAWEI P40」「HUAWEI P40 Pro」「HUAWEI P40 Pro+」を発表。P40とP40 Proは4月7日に、P40 Pro+は6月に世界各国で発売する。5GやeSIMに対応しており、カメラのズーム機能や色再現性を強化した。(2020/3/27)

エイブリック S-19932、S-19933:
小型の車載用降圧型スイッチングレギュレーター
エイブリックは、車載用降圧型スイッチングレギュレーターの新シリーズ「S-19932」「S-19933」を発売した。小型パッケージの採用により、周辺部品を含めてフットプリントを縮小できるため、車載カメラモジュールなどの小型化要求に応える。(2020/3/27)

簡易型河川監視カメラ画像のWeb提供を開始、国土交通省
2019年(令和元年度)から全国で簡易型河川監視カメラの設置を進めている国土交通省は、同カメラでリアルタイム撮影した静止画像を、専用サイト「川の水位情報」で提供を開始した。より多くの地点でリアリティーのある河川状況を伝えることで、豪雨時などにおける住民の適切な避難判断を促すことが目的。(2020/3/27)

工作機械の内部を映像で確認できるカメラシステム「Rotoclear Camera」
キャプテンインダストリーズは、独Rotoclear製の工作機械向け機内カメラ「Rotoclear Camera」の国内取り扱いを発表した。(2020/3/26)

新型「iPad Pro」は誰に向けたモデルか 新しいカメラやトラックパッドを試す
3月25日に発売される新型「iPad Pro」は、カメラが2眼になり、被写体との距離を測るLiDAR(ライダー)を搭載。iPadシリーズに搭載されるiPadOSも、新しいiPad Proの登場に合わせてバージョンアップされる。目玉になりそうなのが、マウスやトラックパッドに対応した点だ。短期間ながらiPad Proに触れたので、レビューをお届けする。(2020/3/24)

KDDIとFacebook、XR技術を活用した店舗をオンラインで開設
KDDIとFacebook Japanは、3月24日にXR技術を活用した「フューチャーポップアップストア」をオンラインで開設。第1弾はビューティーやライフスタイルをテーマに、ARカメラでのトライオンやAIと連動した商品購入などを提供する。(2020/3/24)

ドコモの「AQUOS R2」と「AQUOS R3」がAndroid 10に カメラの機能追加も
NTTドコモは、3月23日に「AQUOS R2 SH-03K」「AQUOS R3 SH-04L」のOSアップデートを実施。ダークテーマやジェスチャーナビゲーションの追加、動画撮影後に約15秒のショートムービーを自動作成する「AIライブストーリー」機能などが追加となる。(2020/3/24)

iPhone 12のカメラは7枚構成レンズ搭載? 著名アナリストが予想
(2020/3/24)

ニコン、CP+2020で予定していたステージをライブ配信 3月28〜29日
ニコンは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったカメラ見本市「CP+2020」で予定していたステージ内容を、3月28日と29日に特設サイトでライブ配信する。(2020/3/23)

5Gスマホ「OPPO Find X2 Pro」がauから登場 6.7型有機ELや3眼カメラを搭載【写真追加】
KDDIが、OPPOの5Gスマートフォン「OPPO Find X2 Pro」を2020年7月以降に発売する。KDDIがOPPOのスマートフォンを扱うのは初めて。6.7型の大きなディスプレイや、10倍のハイブリッドズーム対応の3眼カメラを搭載する。(2020/3/23)

8Kワイドカメラ搭載「AQUOS R5G」がauから登場 3月27日発売【写真追加】
KDDIが、シャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を、2020年3月27日に発売する。大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載していることが大きな特徴。カラーはアースブルーとオーロラホワイトの2色。(2020/3/23)

「Xperia 1 II」がauから登場 発売は5月以降、カラーはブラックとホワイトの2色【写真追加】
KDDIが、ソニーモバイルの5Gスマートフォン「Xperia 1 II」を5月以降に発売する。カラーはブラックとホワイトの2色で、ドコモが扱うパープルは含まれない。6.5型の4K有機ELディスプレイや、3眼カメラ+iToFセンサーを備える。(2020/3/23)

au 5Gスマホ「ZTE a1」登場 クアッドカメラのミドルレンジ【写真追加】
au 5Gのサービス発表に合わせて、auスマホとしては初めてのZTE製端末が登場する。手頃な価格のミドルレンジモデルで、4つのアウトカメラを搭載している。(2020/3/23)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
つい撮りたくなる不思議なコンデジ、富士フイルム「X100V」
富士フイルムの「X100V」は、昔ながらのカメラのテイストと35mm相当のレンズ、シンプルな操作性でファンの多いカメラだ。これを持って歩くといろんなものをつい撮ってしまう。(2020/3/21)

Google、軽量版カメラアプリ「Camera Go」を28カ国で提供へ
Googleが、ローエンド端末「Android(Goエディション)」向けの軽量版カメラアプリ「Camera Go」を発表した。まずは28カ国で提供する。Androidカメラの簡易版だが、ポートレートモードも使える。(2020/3/20)

3キャリアが新「iPad Pro」を3月27日に発売 予約受付は3月20日から
NTTドコモ、auとソフトバンクが、3月27日に「iPad Pro」の新モデルを発売する。ディスプレイサイズは11型と12.9型の2種類で、ストレージ容量は128GB、256GB、512GB、1TBの4種類となる。プロセッサは「A12Z Bionic」を搭載し、超広角カメラやLiDARスキャナーなども備える。(2020/3/19)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(1):
【新連載】アズビルが解き明かす「BAS」徹底解剖!「BAS/BEMS/自動制御」誕生の歴史とその全体像
建物には、空調、照明、監視カメラEV/ESさまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとしてビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第1回目はBASを中心にBEMSも含めたビルシステムの全体像を明らかにする。(2020/3/19)

Appleが新型「iPad Pro」発表 デュアルカメラやLiDARスキャナ搭載
3月25日に発売です。(2020/3/18)

新「iPad Pro」が3月25日発売 トラックパッド対応の「Magic Keyboard」も登場
Appleが「iPad Pro」の新モデルを3月25日に発売する。価格は8万4800円〜15万9800円。プロセッサは「A12Z Bionic」に進化し、超広角カメラも搭載。フルサイズのキーボード付きでトラックパッドも利用できる「Magic Keyboard」も5月に発売する。(2020/3/18)

Apple、デュアルカメラとLiDAR搭載した新型iPad Proを発表 トラックパッド搭載Magic Keyboardも
11インチと12.9インチのiPad ProはLiDARスキャナも採用している。(2020/3/18)

ミッドレンジながらSnapdragon 845搭載 ドコモの「LG style 3 L-41A」
ドコモがLTEスマートフォン「LG style 3 L-41A」を発表。ミッドレンジモデルながら、これまでハイエンドモデルが搭載してきたプロセッサ「Snapdragon 845」を採用。6.1型のQHD+有機ELや広角+超広角のデュアルカメラを搭載する。(2020/3/18)

ドコモが「AQUOS R5G」を3月25日に発売 4眼カメラ搭載で8K動画の撮影が可能【写真追加】
ドコモがシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を3月25日に発売する。5Gに対応したことに加え、約6.5型の大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載している。8Kで撮影した動画から、AIによって人物や動物を自動で認識してズーム再生する「フォーカス再生」機能も用意した。(2020/3/18)

ミッドレンジの「Xperia 10 II」がドコモから 21:9の有機ELや3眼カメラを搭載【写真追加】
ドコモが、ソニーモバイルのミッドレンジスマホ「Xperia 10 II」を投入する。ディスプレイは6.0型のフルHD有機ELを搭載しており、Xperia 1シリーズと同様に、21:9という縦長のアスペクト比を採用。広角、望遠、超広角のアウトカメラを備える。(2020/3/18)

カメラ機能を強化した「Xperia 1 II」がドコモから登場 4月下旬以降に発売【写真追加】
NTTドコモが、ソニーモバイルの「Xperia 1 II」を4月下旬以降に発売する。ZEISS(ツァイス)のレンズや20コマ/秒の高速連写など、カメラ機能を大きく強化。ディスプレイは6.5型の4K HDR対応有機ELを搭載する。(2020/3/18)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
Web会議、突然のカメラONによる赤っ恥を回避せよ 身だしなみチェックにはPCの純正カメラアプリが便利
身だしなみを整えるために、PCのWebカメラをシンプルに起動する方法。(2020/3/17)

PR:セカイカメラの井口尊仁氏がおしゃべりアプリ「Dabel」を生み出した理由 人々が“井戸端会議”に夢中になる魅力とは
(2020/2/28)

材料技術:
日本製鉄の意匠性チタンが富士フイルムのミラーレスデジカメ「X-Pro3」に採用
日本製鉄は、富士フイルムのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」のボディー外装に、同社の意匠性チタン「TranTixxii(トランティクシー)」が初めて採用されたことを発表した。(2020/3/16)

「ウイルスばらまいてやる」男性“店内映像”報道、本人の同意がない場合は問題ないのか聞いた 弁護士「店舗側やメディア側が訴えられる可能性」
もし客に許可を得ず防犯カメラ映像を提供したらどうなるのか、聞いてみました。(2020/3/13)

Xiaomi、5020mAhバッテリー搭載の「Redmi Note 9 Pro/Pro Max」をインドで発売
Xiaomiが新Androidスマートフォン「Redmi Note 9 Pro」およびその上位モデル「Redmi Note 9 Pro Max」をインドで発売する。いずれも5020mAhの大容量バッテリーを搭載し、アウトカメラは4台だ。(2020/3/13)

噴射がぶおおおおおお! H3ロケットのブースター燃焼試験、360度カメラでとらえたド迫力動画
音量に注意。(2020/3/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
独自のトリプルカメラを搭載した「TCL PLEX」、約3万円だけど実力はどう?
中国の家電メーカー、TCLから登場した約3万円スマホの「TCL PLEX」。お手頃価格ながら、トリプルカメラ搭載のお得感満載なのがウリなのであるが、実力はどうか? トリプルカメラの構成を確認しつつ、さまざまなシチュエーションで撮ってみた。(2020/3/11)

医療機器ニュース:
16人の体温を非接触で同時に検知できるAI顔認証ソリューション
キャセイ・トライテックが、最大16人の体温を同時に検知できる新しいAI顔認識ソリューションをリリースする。AI顔認証と黒体を併用した2眼サーモカメラにより、体温が高い人を非接触で高速、高精度に検知可能だ。(2020/3/11)

まるで魔法の杖 スリムで携帯可能な全天球カメラをベクノス社が開発中 リコーから発足したスタートアップ
リコーの新規事業開発の一環として起業された、ベクノスで開発が進められています。(2020/3/10)

「Galaxy Z Flip」レビュー コンパクト+大画面が快適、ただの変態スマホにあらず
縦に折りたためるスマートフォン「Galaxy Z Flip」が発売された。ファーストインプレッションは「小さい」「かわいい」「けっこう使える」だったが、改めて触れても、その印象に変わりはない。デザインや基本操作、カメラの使い勝手をチェックした。(2020/3/10)

ブイキューブ、Web会議向けのカメラ/マイクデバイスを販売開始
ブイキューブは、Web会議での利用を想定したカメラ/マイクデバイス「V-CUBE デバイス」の販売を開始した。(2020/3/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。