ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カメラ」に関する情報が集まったページです。

キヤノンITS、Webカメラ認証で“のぞき見”を防止するセキュリティソリューション
キヤノンITソリューションズは、PC画面の“のぞき見”による情報漏えいを防止するショルダーハッキング防止ソリューション「のぞき見プロテクター」を発表した。(2022/5/26)

IIJmio、Xiaomi製「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売 4万2980円
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」はXiaomi製スマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」の販売を5月30日に始める。本製品は6.67型の有機ELディスプレイ(フルHD+)、最大1億800万画素を含む複眼構成のアウトカメラ、5000mAhバッテリーを搭載する。販売価格は1回払いが4万2980円(税込み、以下同)、24回払いが月1793円。(2022/5/26)

にじさんじ「壱百満天原サロメ」デビュー1日で登録者数17万人に 初配信で住民票や胃カメラ写真公開など期待の狂人
チラチラ写る田角CEOは謎のまま終了。(2022/5/25)

ソニーグループとの提携第1弾:
ソラコム、ソニーネットワークコミュニケーションズ子会社と業務提携 監視カメラやクラウドAI分析などのIoTニーズを支援
ソラコムは、ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームとの業務提携を発表した。監視カメラやクラウドAI分析、製造段階でSIMを組み込むメーカー用途など、多岐に渡るIoTニーズを支援していく。(2022/5/25)

ロボット:
コンクリート吹付け作業の遠隔操作技術を改良し本格運用を開始、大成建設
大成建設は、2019年に開発した山岳トンネル工事で使用しているコンクリート吹付け作業の遠隔操作技術「T-iROBO Remote Shotcreting」に改良を施した。今回の改良は複数のカメラを増設し、操作者は切羽から十分離れた吹付け機操作席から切羽近くに居るような臨場感を持ちながら吹付け厚さの管理を含む一連の作業を行え、吹付け作業の安全性向上と作業環境改善を実現する。(2022/5/25)

XiaomiとLeicaが協業 共同開発のスマホが7月登場
Xiaomiと、ドイツの老舗カメラメーカーであるLeica Cameraは5月23日、モバイルイメージング領域で長期的なパートナーシップを結んだと発表した。両者で共同開発したスマートフォンを7月に発表することも明らかにした。それに際して両者はコメントを発表している。(2022/5/23)

シャオミとライカが協業 共同開発したスマホを7月に発表へ
中国スマートフォン大手のXiaomiは、ドイツのカメラメーカーLeica Cameraとモバイルイメージング領域で長期的なパートナーシップを結んだと発表した。両社が共同開発したスマートフォンは7月に登場予定としている。(2022/5/23)

“ラジハ”広瀬アリス&窪田正孝&本田翼、ふざけて撮った1枚がファッション誌並のクオリティーに 「眩しすぎる…」
アプリケーションでなくフィルムカメラでの撮影とのこと。(2022/5/23)

“人海戦術”の交通量調査、街路灯とAIで一変 実証実験で時間を9割削減
街路の交通量調査は、多くの人員を長時間配置する“人海戦術”で実施されている。しかし東京都杉並区とNECが、街路灯にカメラを設置してAIで分析したところ、調査にかかる時間を9割以上削減。街の重要インフラとしての活用が進みそうだ。(2022/5/23)

機能安全規格ISO 26262に準拠:
ローム、車載用カメラモジュール向けPMICを開発
ロームは、車載用カメラモジュールに向けたパワーマネジメントIC(PMIC)「BD868C0MUF-C/BD868D0MUF-C」を開発し、サンプル品の出荷を始めた。パッケージの外形寸法は3.5×3.5mmと小さく、機能安全規格「ISO 26262」で定義されたリスクレベル「ASIL-B」に準拠している。(2022/5/24)

電子ブックレット(組み込み開発):
ラダープログラムから呼び出せる組み込みAI/セーフィーのエッジAIカメラ
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年1〜3月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2022年1〜3月)」をお送りする。(2022/5/23)

製造業IoT:
スマホ1台あればすぐ使えるクラウドカメラ、ソラコムが月額990円から提供
ソラコムとアトムテックは2022年5月18日、ビジネス領域でのIoT(モノのインターネット)カメラ活用推進を目的とした資本業務提携を締結したことを発表した。併せて、アトムテックのネットワークカメラ製品「ATOM Cam2」を活用したサブスクリプション型のクラウドカメラサービス「ソラカメ」を提供開始する。(2022/5/23)

石野純也のMobile Eye:
シリーズ最上位「Redmi Note 11 Pro 5G」もコスパの高さは健在 “ファンの巻き込み”にも注目
Xiaomiは、5月30日にミッドレンジモデルの「Redmi Note 11 Pro 5G」を発売する。Redmi Note 11シリーズの最上位に位置付けられる端末で、カメラにはフラグシップモデルと並ぶ1億800万画素のセンサーを採用する。徐々に日本市場での存在感を高めつつあるXiaomiが、次の一手として送り出すのが「Xiaomiモノ作り研究所」だ。(2022/5/21)

ドコモ、「Galaxy A53 5G」を5月27日に発売 5万9400円
NTTドコモは、5月27日に「ドコモスマートフォン Galaxy A53 5G SC-53C」を発売。約6.5型ディスプレイや容量5000mAhのバッテリー、光学式手ブレ補正を備えた約6400万画素カメラも備える。(2022/5/20)

ソラコムが月額990円〜のクラウドカメラサービス発表 IoTカメラの課題解決へ
ソラコムが、ネットワークカメラ「ATOM Cam」などのIoT製品を提供しているアトムテックと資本業務提携を締結。その第1弾として、クラウドカメラサービスの「ソラカメ」を同日より提供開始した。アトムテックの「ATOM Cam 2」と、ソラコムのクラウドカメラサービスをセットで提供する。(2022/5/19)

auとUQ mobile、「Galaxy A53 5G」を5月27日に発売 4.2万〜5.9万円
KDDIは、au/UQ mobileで5月27日から「Galaxy A53 5G」を発売。約6.5型ディスプレイや約6400万画素の4眼カメラ、5000mAhバッテリーなどを搭載する。(2022/5/19)

Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」が日本上陸 4万4800円で5月30日発売
XiaomiがRedmi Note 11シリーズの新モデル「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売する。メーカー希望小売価格は4万4800円(税込み)。カメラ、ディスプレイ、バッテリーや急速充電機能に注力した、ミッドレンジまたはミッドハイに位置付けられるRedmi Note 11シリーズの最上位モデルに相当する。(2022/5/19)

「電動バイクのサブスク」で実証実験 乗り換え放題で月額1万9580円から 各種保険込み
カメラブは5月17日、バイク情報メディア「グーバイク」を運営するプロトコーポレーションと共同で、電動バイク・電動キックボードのサブスクリプションサービスに関する実証実験を開始すると発表した。(2022/5/18)

Mastercard、カメラに笑顔を向けるだけで決済できるサービス開始
Mastercardは「Biometric Checkout Program」を発表した。リアル店舗での買い物で、レジのカメラに微笑みかけるだけで決済が完了する。まずはブラジルでパイロットを開始する。(2022/5/18)

iPhone Tips:
iPhoneのカメラで「SNSアイコンに適した写真」を撮影する方法
iPhoneのカメラには縦横比(アスペクト比)を変更する機能がある。この機能を使えば、SNSで使える正方形の画像や一般的なカメラと同じ4:3の比率の画像、PCなどの壁紙に使いやすい16:9の比率の画像を撮影できる。(2022/5/18)

Cisco Meraki MR20を活用:
Wi-Fiプローブデータを活用した屋内DOOHのインプレッション計測モデル、シスコとLIVE BOARDが共同開発
カメラを設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能に。(2022/5/17)

バイクの振動からスマホを守る 「デイトナ バイブレーションコントロールデバイス」試用インプレ
バイクに装着すると「振動でスマホのカメラが壊れる可能性アリ」──。えー、でもナビ用に必要なんです。そんな人向けに登場した「制振アイテム」をチェック。どんな感じなのでしょう。(2022/5/14)

留守中のペットカメラを確認したら……愛犬がずっとこっちを見てる! カメラ前をキープするワンコがいとおしい
早く帰ってきてほしいのが伝わります。(2022/5/13)

ソニー、Xperia PRO-IとVlog Monitor購入で2万円キャッシュバック
ソニーは、カメラに特化したスマートフォン「Xperia PRO-I(XQ-BE42)」と外部モニター「Vlog Monitor(XQZ-IV01)」の購入でもれなく2万円をキャッシュバックするキャンペーンを開催する。(2022/5/12)

米津玄師が公開した謎の“砂嵐動画”、スマホをかざすと……? 「シン・ウルトラマン」主題歌のプロモーションが話題
アーティストの米津玄師さんが公開した新曲のプロモーション映像が話題を集めている。一見、白黒のモザイクが砂嵐のように揺れ動くだけの動画だが、スマホのカメラで読み取ると、ミュージックビデオの公開日などが分かる仕組みになっている。(2022/5/12)

360度視聴可能 「自由視点」をスマホで ベンチャー、映像圧縮技術を独自開発 低価格化も
自由視点映像に注目が集まっている。スポーツ中継で採用が進むが、多数のカメラで撮影する必要があるなど、コスト面でのハードルは高い。ベンチャー企業のMasterVisionsが映像圧縮技術とカメラを独自開発し低価格化に挑んだ。(2022/5/12)

スマホ1つでライブ配信が完結、ソニー「Xperia 1 IV」登場 光学ズーム搭載
ソニーは11日、YouTubeなどのライブ配信を1台で行える5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」を発表した。望遠カメラには光学式ズームレンズを採用した。(2022/5/11)

ミッドレンジの「Xperia 10 IV」発表 161gの軽量ボディーに5000mAhバッテリー搭載
ソニーがミッドレンジの5Gスマートフォン「Xperia 10 IV」を発表。7月上旬以降の発売を予定している。5000mAh以上のバッテリーを搭載しながら、161gという軽量ボディーを実現した。3眼カメラのうち、広角カメラが光学式手ブレ補正に対応している。(2022/5/11)

ソニーが「Xperia 1 IV」発表 可変式望遠レンズが光学ズームに対応、全レンズが“高速”に
ソニーがXperiaスマートフォンの新モデル「Xperia 1 IV」を発表。2022年6月上旬以降の発売を予定している。望遠カメラが、85mmと125mmの焦点距離を光学ズームで撮影できるようになった。超広角と望遠のレンズも120fps読み出しに対応し、瞳AFやオブジェクトトラッキング、20コマ/秒の高速連写が利用できるようになった。(2022/5/11)

「AQUOS R7」実機レポート、“じゃじゃ馬”だった先代の弱点克服で死角なし?
シャープは9日、フラグシップモデル「AQUOS R7」の実機レポート。1インチカメラ&高性能ディスプレイは維持しつつ、前モデルの弱点を補い、魅力を高めている。同日開催されたメディア向け体験会から、実機の仕上がりをレポートする。(2022/5/10)

シャープ、1インチセンサー搭載スマホに新モデル 4720万画素 ドコモ版でもデュアルSIM対応
シャープは5月9日、新型ハイエンドスマートフォン「AQUOS R7」を発表した。前モデル「AQUOS R6」と同様、メインカメラに1インチセンサーを搭載する。(2022/5/9)

シャープが「AQUOS R7」を発表 刷新した1型センサーカメラ搭載、AFが高速に
シャープが5月9日、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R7」を発表。2022年7月以降に発売する。ライカと共同開発した1型センサーのカメラは、AFが高速になり、ポートレートモードも刷新した。5G通信機能も拡張しており、Sub-6とミリ波の周波数を束ねてさらに高速化を図るDual Connectivityに対応した。(2022/5/9)

Innovative Tech:
「赤信号」を「青信号」だと錯覚させる自動運転車へのサイバー攻撃 中国などの研究チームが脆弱性指摘
中国の浙江大学、香港中文大学、米シカゴ大学による研究チームは、自動運転車に搭載されるカメラをレーザー光で攻撃し、信号機の認識を錯覚させる方法を実証し、脆弱性を指摘した論文を発表した。(2022/5/9)

フクロモモンガ「どや!」 しっぽをふりふり、カメラに迫る華麗なジャンプ姿がかわいいと国内外で話題に
ちょっぴり誇らしげな表情がまたかわいいです。(2022/5/4)

柴犬3匹「ど、どこを見れば……(汗)」 複数のカメラを向けられ、混乱する表情が人間みたいで笑ってしまう
頑張る3匹の表情がたまらなくかわいい。(2022/5/2)

インコ「ん〜まっ!」 カメラに向かってキスをする、アイドルのような姿が164万回再生突破!【カナダ】
インコ界のアイドル。(2022/5/1)

14 Proはノッチがない? 3Dプリントモックで次期iPhone 14シリーズを試したら分かったこと
背面カメラのセンサーサイズがさらに大型化?(2022/4/29)

Snap、手乗りドローンカメラ「Pixy」を米仏で発売 101g、230ドル(約3万円)
“カメラカンパニー”を標榜するSnapchatを手掛けるSnapが、手乗りサイズのドローンカメラ「Pixy」を米国とフランスで発売した。価格は229.99ドル(約3万円)。ホバリングしたりユーザーをフォローしたりして撮影し、手のひらを差し出すとその上に着地する。(2022/4/29)

総額263億円の設備投資:
小田急電鉄、最新の通勤車両「5000形」を新造へ 防犯カメラも搭載
小田急電鉄は4月28日、最新の通勤車両5000形の導入や3000形のリニューアル、本厚木駅のホームドア導入など総額268億円の鉄道事業設備投資を行うと発表した。(2022/4/28)

鈴木えみ、山田孝之ら「漂流教室」同窓会ショットに反響 「私たちも、カメラも進化」と“9年前”を完全再現
山田さんの円熟味がスゴい。(2022/4/28)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
古い一眼レフをiPhoneでデジタル化 「デジスワップ」が生み出す写真が味わい深い
まだ開発中という「DIGI SWAP」(デジスワップ)を借りて試した。わざわざ古いフィルムカメラを引っ張り出してiPhoneを装着して遊ぶという、極めて趣味性の高いガジェットは、味わい深い写真の世界を見せてくれた。(2022/4/28)

Apple、ユーザーがiPhoneを修理できるプログラムを米国で開始
米Appleは、ユーザー自身でApple製品を修理できるセルフサービス修理プログラムの提供を始めた。Appleの認定修理業者が扱うものと同じ200以上の部品を使い、Appleが公開した修理マニュアルに従って、ディスプレイ、バッテリー、カメラなどを修理できる。1週間49ドル(約6300円)の修理ツールレンタルキットも利用できる。(2022/4/28)

Innovative Tech:
角膜に写る自分の姿から、スマートフォンの持ち方を特定する技術 慶應大などのチームが開発
慶應義塾大学 lifestyle Computing LabとYahoo! JAPAN研究所、東京工科大学の研究チームは、ユーザーの角膜に写るスマートフォンの像をインカメラで取得し、操作しているスマートフォンの持ち方を識別する技術を開発した。(2022/4/28)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
Sペン内蔵で利便性が向上した「Galaxy S22 Ultra」のカメラ 1億800万画素や30倍ズームの実力は?
スマホカメラ四天王の一角を占めるGalaxy Sシリーズの2022年モデル「Galaxy S22 Ultra」が登場した。超広角から10倍望遠までいけるハイエンドスマホの実力を探ってみた。(2022/4/30)

デルがテレワーク向けディスプレイを発売 Web会議に必要なカメラ/マイク付きモデルも
デル・テクノロジーズが、法人ユーザー向けのテレワーク向けディスプレイを3製品発表した。HDMI入力端子を備えることで汎用(はんよう)性を高めたスタンダードモデルの他、Webカメラやマイクを備えることでWeb会議の利用に便利なモデルも用意した。(2022/4/27)

フランス版「カメラを止めるな!」が公開直前でタイトル変更 ロシア軍シンボル「Z」を想起、ウクライナの申し入れ受け
5月17日カンヌ映画祭でオープニングを飾る予定。(2022/4/27)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
自作できる小型ロボット「犬」に物体追跡AIを搭載してみよう
身近な現実問題にAIやデータサイエンスの適用を試してみる新連載。今回は「ミニぷぱ」というラズパイベースの小型ロボット犬を製作し、OAK-D-LITEカメラを搭載することで物体検知して自動的に目で追うようにしてみる。(2022/4/27)

デジタルファブリケーション:
“匠の技×デジタル技術”で傑作建築を移築、前田建設のロボットで破風板復原
前田建設工業は、東京・白金台の名建築「旧渡辺甚吉邸」を3Dスキャナーや360度カメラ、ロボットアーム加工機といったデジタル技術と職人の伝統技法を駆使して、ICI総合センターに移設した。(2022/4/26)

TP-Link、屋外設置に適したWi-Fi接続対応セキュリティカメラ
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続に対応したネットワークカメラ「Tapo C320WS」を発表した。(2022/4/25)

車載カメラなどの用途に向け:
日本電波工業、3225サイズ差動出力水晶発振器を開発
日本電波工業は2022年4月、車載カメラなどの用途に向けて、3225サイズの差動出力水晶発振器「NP3225SAA/NP3225SBA/NP3225SCA」を開発、量産を始めた。(2022/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。