ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「解像度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「解像度」に関する情報が集まったページです。

STマイクロ VD55G1:
低消費電力のグローバルシャッター機能搭載イメージセンサー
STマイクロエレクトロニクスは、グローバルシャッター機能を搭載したイメージセンサー「VD55G1」を発表した。2.7×2.2mmと小型で、800×700ピクセルの解像度を備えている。(2024/2/20)

組み込み開発ニュース:
4K入出力向けのIPと解像度変換LSIを開発、4K60Hz画像を4つ同時に処理可能
アイチップス・テクノロジーは、4K入出力向けのIPおよび解像度変換LSI「IP00C335」を開発した。画像処理向けのフレームメモリを搭載。4K60Hz入力画像で4画面オーバーレイ表示できる。(2024/2/19)

組み込み開発ニュース:
次世代スマートロボット向けの高解像度カメラソリューション
Infineon Technologies(インフィニオン)は、OMS Microelectronics、pmdtechnologiesと共同開発した、次世代スマートロボット向けの高解像度カメラソリューション「hybrid Time-of-Flight」を発表した。(2024/2/13)

3Dプリンタニュース:
Raise3Dが開発した光造形DLP方式3Dプリンタの取り扱いを開始
日本3Dプリンターは、Raise3Dが開発した光造形DLP方式3Dプリンタ「Raise3D DF2」の取り扱いを開始した。高速印刷、高解像度で高精細な形状再現性により作業時間を短縮している。(2024/1/16)

米Dell、アイケア認証を取得したプロ向け曲面34型/40型ウルトラワイド液晶ディスプレイ
米Dell Technologiesは、プロフェッショナル向けとなる5K解像度対応の曲面34型/40型ウルトラワイド液晶ディスプレイ計2製品を発表した。(2024/1/12)

「ボディメンテ」、「NCT 127」起用の新CMが「ヲタクの解像度高すぎ」「めちゃくちゃ良いCM」と話題に
ファン役は俳優の小野花梨さん。(2023/12/22)

「ブギウギ」、猛アピールの愛助の部屋に共感の声 「朝ドラで再現されるヲタクの部屋」「解像度凄い」
本人からしたら散らかってるんじゃないんだよな。(2023/12/14)

エイサー、WQHD/4K解像度に対応した27型ゲーミング液晶5製品を発売
日本エイサーは、高解像度表示をサポートした27型ゲーミング液晶ディスプレイ計5製品を発表した。(2023/12/7)

Varjo、デュアル4Kパネルを搭載した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズを発表
Varjoは、広視野角/高解像度ディスプレイを採用した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズの発表を行った。(2023/11/29)

“過激なアニメファン”をギャングとして描いた海外コメディーの解像度が高い 「呪術廻戦面白かった」「俺はNARUTOファンだ(発砲)」
発砲のスピード感がすごい。(2023/11/22)

1mメッシュの高解像度な地形データ、国土地理院が30日から提供 様々なシミュレーションに
国土地理院は、解像度が1mの高解像度な地形データを30日から提供する。(2023/11/9)

組み込み開発ニュース:
Sマウント対応のグローバルシャッター方式で業界最高解像度の積層型CMOSセンサー
ソニーセミコンダクタソリューションズは、3.1分の1型レンズ対応のグローバルシャッター方式では業界最高解像度となる、有効約320万画素の積層型CMOSイメージセンサー「IMX900」を産業用に商品化する。(2023/10/31)

FF14の世界で「オタク部屋」を再現! グッズの山と生活感の生々しさに「解像度高すぎ」「現実かと思った」の声
エアコンやベランダの植物など、芸が細かい。(2023/10/17)

ドローン:
米Skydio、自律飛行AIの改良と上空5G/LTE通信に対応した「Skydio X10」を発売
Skydioは、エンタープライズ向けドローン「Skydio X10」を上市した。最新モデルは、4800万画素のズームカメラや5000万画素の広角カメラ、解像度640×512ピクセルの放射分析サーマルカメラを備える。(2023/10/16)

HyperX、4K撮影に対応した高機能Webカメラ「Vision S」
HyperXブランドは、4K解像度での撮影が可能な高機能Webカメラ「HyperX Vision S」を発表した。(2023/10/12)

ミドルレンジ期待の新星となるか? 「Intel Arc A580」搭載グラフィックスカードを試して分かったこと
Intelが、ゲーミング向けGPU「Arc A Graphics」の新製品として「Arc A580」を投入する。デスクトップ向け製品では穴となっていたフルHD解像度をターゲットに据えた製品で、グラフィックスカードの想定販売価格は米国では179ドル(約2万6700円)、日本では3万5000円弱となる。本GPUの概要を紹介すると共に、その実力を先行してチェックしてみよう。(2023/10/10)

ドローン:
高解像度カメラと高い自律性を有する、エンタープライズ向けドローン発売
Skydioは、エンタープライズ向けドローン「Skydio X10」を発売した。高解像度カメラを搭載し、AIにより安定した自律飛行ができる。モジュラー型設計のため、状況に応じてセンサーを自由に組み合わせて利用できる。(2023/10/4)

3Dスキャナーニュース:
Artec 3DがAI搭載の3Dスキャンソフトウェア「Artec Studio 18」を発表
Artec 3Dは、3Dスキャンソフトウェア「Artec Studio 18」を発表した。解像度の異なるデータセットのシームレスな統合、従来バージョンと比較して最高速となるスキャンデータ処理、AIでの3Dモデル製作などの機能を搭載する。(2023/10/4)

JAPANNEXT、VAパネルを採用した85型4K液晶ディスプレイ 直販価格は税込み37万9800円から
JAPANNEXTは、4K解像度に対応した85型液晶ディスプレイ「JN-VM8500UHDR」を発表した。(2023/9/29)

「呪術廻戦」アニメ公式、配布した「号外」の高解像度データ公開 転売対策か
アニメ「呪術廻戦」公式サイトは9月28日、イベントで無料配布した号外の高解像度データを公開した。号外はフリマアプリなどで高額取引されていると話題になっていた。(2023/9/28)

「Meta Quest 3」10月10日発売 MR強化、Quest Pro比2倍のパススルー解像度 7万4800円から
米Metaが、新型VRヘッドセット「Meta Quest 3」を発表した。9月28日に予約を開始し、10月10日に日本でも発売予定。価格は128GBモデルが7万4800円、512GBモデルが9万6800円。(2023/9/28)

最大300倍のスマホ用望遠レンズ「TeleRec」発売、ホルダー付きで9980円
Glotureは、スマホ用望遠レンズ「TeleRec」を発売。多重レンズ構造で明るく高い解像度を実現し、スマホのカメラへ装着/取り外しできるホルダータイプ。価格は9980円(税込み)で、Gloture楽天ストアやAmazonで取り扱う。(2023/9/7)

顧客の“解像度”を上げよ Arcserve Japanが取り組む新たな事業戦略とは?
バックアップソリューションを展開するArcserve Japanが事業戦略説明会を開催した。新社長が顧客の課題感を掘り下げるための新たな事業戦略を語った。(2023/9/7)

Pixio、WQHD撮影に対応した高機能Webカメラ「StreamCube」
Hameeは、WQHD解像度での撮影をサポートしたWebカメラ「StreamCube」を発表した。(2023/9/1)

FAニュース:
10GigEインタフェース搭載の産業用カメラ、高速画像処理と高解像度を両立
IDS Imaging Development Systemsは、10GigEインタフェースを搭載した産業用カメラ「uEye+ Warp10」を発表した。高速の画像処理と高解像度での撮影を両立する。(2023/8/28)

ams OSRAM EVIYOS 2.0:
車載ヘッドライト向けマルチピクセルLED
ams OSRAMは、高解像度の配光可変型ヘッドライト機能を提供する、マルチピクセルLED「EVIYOS 2.0」を発表した。高出力、高効率の車載用光源で、ハイビームモードでのグレアを自動的に低減できる。(2023/8/24)

ViewSonic、実売4万円台の4K対応31.5型液晶ディスプレイ
ビューソニックジャパンは、4K解像度に対応した31.5型液晶ディスプレイ「VA3219-4K-MHD-7」を発売する。(2023/8/23)

MSI、4K解像度27型144Hzのゲーミングディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は8月31日、4K解像度、リフレッシュレート144Hzの27型ゲーミングディスプレイ「MAG 274UPF」を発売する。価格は8万7780円(税込み)前後。(2023/8/10)

エイサー、リフレッシュレート250Hzの17型ゲーミングノートPC ディスプレイ解像度はWQXGA対応
日本エイサーは8月8日、17型ゲーミングノートPC「Predator Triton 17 X」を発売した。Amazon.co.jpでの価格は59万9799円(税込み)。アスペクト比16:10のWQXGA(2560×1600ピクセル)解像度IPS方式ディスプレイを搭載し、リフレッシュレートは250Hz。DisplayHDR 1000にも対応する。(2023/8/8)

AI:
10分ごとに1kmメッシュの解像度で予測するAI日射量予測ツールを提供
ウェザーニューズは、雲の移動を学習したAI日射量予測モデルを開発し、10分ごとに1kmメッシュの解像度で予測する「日射量ナウキャスト」の提供を開始した。(2023/7/7)

ハイパフォーマンス営業の頭の中:
キーエンス出身者が教える「営業の型」 成果が出る型に必要な「順序」の思考とは
営業で成果を出すには「型」の習得が欠かせません。型は状況→動作→結果のセットであり、過去2回の連載では「型の重要性」と「顧客が置かれている状況の解像度の上げ方」について解説しました。最終回では、型における「順序」の思考をお伝えします。(2023/6/26)

Twitterが「クールポコ。」の“クソコラ”まみれに ペプシ公式アカウントが高解像度な写真を投稿
いま、Twitterでお笑いコンビ「クールポコ。」のボケ・小野まじめさんの画像がはやっている。(2023/6/15)

Google、生成AI採用の広告クリエイティブツール「Product Studio」
Googleは、マーケティング関連イベントで生成AI関連の新サービスを多数発表した。オンラインショップや広告向けの素材をAIで生成する「Product Studio」もその1つ。商品画像の背景をAIで生成したり解像度を上げたりできる。(2023/5/24)

iPhone/Androidの写真データをPCで確認・編集する方法 多彩な連携パターンまとめ
スマホのカメラはどんどん高性能化していくが、ディスプレイサイズは大きく変わらない。高解像度の写真をきれいに加工するような場合には、PC上で大きなディスプレイなどを使った方がいいだろう。今回はスマホとPCを接続し、データを遣り取りする方法を紹介する。(2023/5/21)

解像度を下げるとリフレッシュレートがアップ! ハイエンドゲーミングノートPC「Razer Blade 16」にデュアルモードディスプレイモデル登場 4070 Laptop搭載で約55万円
RazerのハイエンドゲーミングノートPC「Razer Blade 16」にデュアルモードディスプレイを搭載する構成が追加された。まずはGeForce RTX 4070 Laptopを搭載するモデルが登場したが、追ってGeForce RTX 4090 Laptopを搭載するモデルも登場する見通しだ。(2023/5/19)

MLOps実践事例:
ロイヤルカスタマーの解像度を上げる〜約100のAIモデルをMLOpsで自動運用するNTTドコモ
事業者はどこまで「顧客はいま何を望んでいるか」を把握しているだろうか。国内でも有数の顧客基盤を抱えるNTTドコモは約100ものAIモデルを駆使してサービス品質の改善を進める。AIモデルの品質維持や検証を含む運用体制はどうなっているだろうか。(2023/5/29)

JAPANNEXT、4K表示に対応した13.3型モバイル液晶ディスプレイ
JAPANNEXTは、4K解像度をサポートした13.3型モバイル液晶ディスプレイ「JN-MD-IPS1331UHDR」を発売する。(2023/5/12)

最大150型投影のポータブルプロジェクター「GeePro Auto」発売 14センチの立方体で1万9800円
Glotureは同社のECサイト「MODERN g」にて、5月8日にポータブルプロジェクター「GeePro Auto」を発売した。価格は1万9800円(税込み)。1辺約14センチの立方体で、4K解像度の映像を210ANSIルーメンで投影できる。(2023/5/8)

「Xiaomi Pad 6/6 Pro」発表 2.8K解像度で急速充電対応、約4万円から
中国Xiaomi(小米科技)は4月18日(現地時間)、タブレット端末「Xiaomi Pad 6」「Xiaomi Pad 6 Pro」を発表した。価格は1999元(約4万円)からとなる。11型のディスプレイを備え、2.8K解像度(2880×1800ピクセル)での表示が可能なタブレット。(2023/4/19)

モバイルディスプレイの道:
レノボの「ThinkVision M14d」は2240×1400ピクセル対応でノートPCへの給電も可能と多機能な14型モバイルディスプレイだった
レノボ・ジャパンの「ThinkVision M14d」は、フルHDを上回る高解像度をサポートした14型のモバイルディスプレイだ。豊富なギミックを含め、実機を細かくチェックした。(2023/4/10)

HyperX、高解像度センサーを採用した軽量設計の有線/無線ゲーミングマウス
HyperXは、軽量筐体を採用した有線/無線ゲーミングマウス「HyperX Pulsefire Haste 2」シリーズを発表した。(2023/4/3)

「Security Week 2023 春」開催レポート:
脆弱性対応の“解像度”を高めよ アップデートだけでは全然足りない理由
「脆弱性対応=セキュリティアップデートを適用するだけ」という理解は少し解像度が低過ぎるかもしれない。岡田 良太郎氏がそもそも脆弱性対応とは何をどうすることなのか、近年注目のキーワード「SBOM」の意義とは何かなどを語った。(2023/3/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
サムスンのエントリースマホ「Galaxy A14 5G」米国版を見てきた 意外とスペックは高い?
Galaxy Aシリーズの最新モデル「Galaxy A14 5G」が地元キャリアのT-Mobileで販売されています。エントリーモデルですが、6.6型のディスプレイや5000万画素のアウトカメラを備えているなど、必要十分なスペック。前モデルからはディスプレイの解像度とサイズ、インカメラが向上しています。(2023/3/20)

量産時の歩留まりを最大化:
高NA EUVにも対応、アプライドの高解像度CD-SEM
アプライド マテリアルズは、電子ビームのランディングエネルギーが低いCD-SEM(測長走査型電子顕微鏡)「VeritySEM 10」を発表した。従来装置に比べ2倍の解像度を実現しており、高NA EUVリソグラフィなどでパターニングされた半導体デバイスの微細な寸法計測に向ける。(2023/3/13)

アクションカメラ「GeeInsta」に新色ブラック フルHD解像度で2時間撮影可能
Glotureは3月6日、アクションカメラ「GeeInsta」の新色「ブラック」を同社ECサイトにて発売した。価格は4800円(税込み)。フルHD解像度で連続2時間の撮影が可能で、服などに装着するためのクリップや三脚マウントも付属する。(2023/3/6)

レノボ、2.2K解像度をサポートした14型モバイル液晶ディスプレイ
レノボ・ジャパンは、2.2K解像度に対応する軽量設計の14型モバイル液晶ディスプレイ「ThinkVision M14d」を発表した。(2023/2/28)

組み込み採用事例:
デンソーの次世代LiDARプラットフォームに車載向けプログラマブルSoCが採用
AMDの車載向けプログラマブルSoC「Zynq UltraScale+ MPSoC」が、デンソーの次世代LiDARプラットフォームに採用された。解像度が20倍以上向上し、歩行者や車両などを低レイテンシで高精度に検出できる。(2023/2/13)

JAPANNEXT、VAパネルを採用した31.5型4K液晶ディスプレイ
JAPANNEXTは、4K解像度をサポートした31.5型液晶ディスプレイ「JN-V315UHDR-C65W」を発売する。(2023/2/3)

デル、WQHD撮影に対応した小型設計のWebカメラ
デル・テクノロジーズは、最大WQHD解像度での録画をサポートしたUSB外付けWebカメラ「WB3023」を発表した。(2023/2/1)

アニメをリアルタイムで高解像度化するChrome拡張 「mimic」開発会社がAI活用 利用は無料
AIイラストメーカー「mimic」などを開発するラディウス・ファイブは、AIを活用してアニメをリアルタイムに高解像度化して視聴できるChrome拡張機能「AnimeSR」をリリースした。YouTubeやAbemaTV(生放送以外)、ニコニコ動画などに対応。利用料は無料。(2023/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。