ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Local Area Network

抽選でAmazonギフト券が当たる
「無線LAN」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/5/19)

Synology、Wi-Fi 6対応の多機能無線LANルーター「RT6600ax」
アスクは、Synology製となるWi-Fi 6対応無線LANルーター「RT6600ax」の取り扱いを開始する。(2022/5/12)

無線LANとモバイル通信の新世代比較【前編】
「Wi-Fi 6」と「5G」を使うなら知っておくべき、5つの重大な違い
無線LANは「Wi-Fi 6」、モバイル通信は「5G」の利用が広がりつつあり、双方の通信技術が力を合わせるべき時が来ている。2つの通信技術の共通点と違いを踏まえて、応用の可能性を探る。(2022/5/12)

PR:Wi-Fi 6対応で簡単に無線エリアを拡大! TP-Linkの高速メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」をおススメする理由
TP-Linkの最新メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」は、高速無線LANのWi-Fi 6への対応はもちろん、難しい知識なしで簡単にWi-Fiのエリアを広げることができる優れものだ。通信テストを交えつつ、その実力をチェックしていこう。(2022/5/2)

ネットワーク環境が「時代遅れ」になっていないか?
事例に学ぶ「オフィスワークとテレワークの両立を目指した無線LAN刷新」
コロナ禍に伴ってWeb会議の利用機会が増えたことをきっかけに、旧来のネットワーク設計の限界が露呈するケースは珍しくない。事例を基に、SIerやリセラーがユーザー企業のネットワーク刷新を支援する際のベストプラクティスを探る。(2022/4/28)

TP-Link、屋外設置に適したWi-Fi接続対応セキュリティカメラ
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続に対応したネットワークカメラ「Tapo C320WS」を発表した。(2022/4/25)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【中編】
無線LANでもMANでもない「無線WAN」とは何か?
ネットワーク分野には類似するさまざまな用語がある。「無線WAN」もそのうちの一つだ。無線WANとは何なのか、企業がなぜこの用語を知っておくべきなのかを考える。(2022/4/25)

国内での「Wi-Fi 6E」実現に向けて大きな前進 総務省の審議会が「6GHz帯無線LANの導入のための技術的条件」を答申
スマートフォン、タブレットやスマートフォンで対応機種が増えている「Wi-Fi 6E」だが、日本では法制度が整備されていない影響で利用できない。そんな中、総務省の情報通信審議会がWi-Fi 6Eに関する技術的要件を総務大臣に答申した。今後、国内でのWi-Fi 6E利用を“合法”とするための手続きが進むことになる。【更新】(2022/4/21)

総務省、6GHz帯無線LANの技術条件案公開 23年には日本市場も立ち上がる見込み
総務省が、6GHz帯の電波を使った無線LAN導入に向け、技術的条件に関する情報通信審議会の一部答申を公開した。日本では2023年に6GHz帯Wi-Fi機器市場が立ち上がるとの見方を示した。(2022/4/20)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【前編】
地球規模に広がった「無線WAN」とは何かの疑問
オフィスで無線LANが広く使われているのと同じように、「無線WAN」の利用も勢いづいている。無線ならではのメリットを引き出す無線WANとは、具体的には何なのか。(2022/4/18)

サイレックスがデモ展示:
Wi-Fi HaLow準拠の無線LANモジュール、映像を途切れず送信
サイレックス・テクノロジー(以下、サイレックス)は「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)やIEEE 802.11 ax(Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E)準拠の最新モジュールを展示した。(2022/4/8)

TP-Link、実売9900円のミドルレンジWi-Fi 6無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「Archer AX53」を発表した。(2022/4/7)

ルンバ、Siriでの音声操作に対応 アイロボットが大規模アップデート実施
アイロボットジャパンは4月6日、ロボット掃除機「ルンバ」と、床ふきロボット「ブラーバ」(無線LAN対応製品)の大規模なソフトウェアアップデートを行うと発表した。「iRobot Geniusホームインテリジェンス」のバージョンが4.0になった。Siriによる音声操作などに対応した。(2022/4/6)

PR:社員のオフィス回帰によるトラフィックの“ひっ迫”を回避 最新Wi-Fi 6E規格で見直す社内の無線LAN環境
(2022/4/7)

全国に散らばる無線APを一元管理!:
PR:NTT西日本グループが提案する製造業DX 無線LAN環境を生かした「リモートファクトリー」のつくり方
西日本豪雨や東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、日本は今まで数々の有事に直面してきた。事前に予測できない非常事態に備える意味でも、デジタル技術を積極的に活用し、製造業DXを推進していくことは“ものづくり大国ニッポン”において急務である。多くの製造業が集中する西日本エリアの通信インフラを支える役割を持つNTT西日本グループ、NTTビジネスソリューションズに製造業DXにおける課題と解決策を聞いた。(2022/3/31)

エレコム、USBハブ機能も備えたUSB 3.2外付け有線LANアダプター
エレコムは、USBハブ機能を備えた外付け型有線LANアダプターを発表した。(2022/3/31)

ネットワークの9つの問題と解決法【第1回】
無線LANがつながらないのはキャビネットのせい? 通信トラブルの対策集
「接続が遅い」「印刷できない」「VPNに入れない」――。企業ネットワークの利用はさまざまなトラブルが付き物だ。快適に仕事できるようにするためにはどうすればよいのか。ヒントを集めた。(2022/3/31)

組み込み開発ニュース:
海中光無線通信で1Gbps×100mを実証、ALANが水中ドローンを岸や船から解放する
ALANコンソーシアムが、2019年度から3カ年で取り組みを進めてきた水中光無線技術の開発成果を報告。レーザー光を用いる水中光無線通信技術では、海中での実証実験で1Gbps×100mを達成しており、水中LiDARについてもMEMSデバイスの採用により初期モデルと比べて容量55%削減、計測点数20倍などを達成している。(2022/3/23)

自宅でも「企業ネットワーク」【後編】
「Wi-Fi 6」を自宅に入れたくなる“あの技術” 家の中の“通信格差”をなくす
業界団体Wi-Fi Allianceは「Wi-Fi 6」の改善に取り組んでいる。他にも関連技術が登場し、無線LANが快適なテレワークを実現しやすくなりつつある。重要な技術を整理しよう。(2022/3/16)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「Snapdragon Connect」を発表――5G、Wi-Fi、Bluetoothが一体に
MWC Barcelona 2022に合わせて、Qualcommが「Snapdragon Connect」なるものを発表した。5G、Wi-Fi(無線LAN)、Bluetoothのいずれにおいても快適に通信できる環境を実現できるブランドとして訴求するようだ。(2022/3/13)

自宅でも「企業ネットワーク」【中編】
テレワークを続けたくなる「無線LAN」の条件 「Wi-Fi 6」は必需品か
テレワーク中の従業員が抱く不満を解消するには、従業員の自宅にどのような無線LANを配備する必要があるのか。専門家の話を基に要件を探る。(2022/3/9)

CSU Stanislausは「プライベート5G」をどう活用したか【前編】
大学が「屋外無線LAN」ではなく「プライベート5G」を選んだ納得の理由
キャンパスの屋外におけるネットワーク利用ニーズに応えるため、CSU Stanislausは屋外に無線LANアクセスポイントを設置するのではなく、「プライベートLTE」および「プライベート5G」を構築した。その理由とは。(2022/3/7)

無線LANのセキュリティ対策に関する周知啓発が目的:
総務省が「無線LANのセキュリティ対策」に関する無料オンライン講座を開設
総務省は、オンライン講座「学んで知って、周りにも伝えよう 無線LANセキュリティ対策」を開設した。無線LANのセキュリティ対策に関する周知啓発が目的で、無線LANに関する最新のセキュリティ対策などを学べる。(2022/3/3)

自宅でも「企業ネットワーク」【前編】
「無線LAN」がコロナ禍で求められ、そして嫌われる理由
パンデミックの影響でテレワークが続く中、従業員が自宅に導入する無線LANはテレワークの必需品となった。一方で無線LANが、テレワークの「イライラ」の原因になっているという。それはなぜなのか。(2022/3/3)

無線LANの電波拡大による影響【後編】
6GHz帯の無線LAN「Wi-Fi 6E」の電波妨害 求められる回避策は?
「Wi-Fi 6E」は「Wi-Fi 6」よりも広い周波数帯を使うことを前提にしている。ただしそれによって電波の妨害を避ける工夫も必要とされる。これは従来の無線LANとは異なる点だ。(2022/3/2)

5Gが無線LANに対抗する分野【後編】
「5G」と「無線LAN」のニッチ分野比較 “使い捨て”が得意なのは?
同じような用途に「5G」と「無線LAN」を使うことができるので、2つは競合する技術としてくくられることがある。ただしより細かく見れば違いが出る。判断のポイントは。(2022/3/1)

老舗メーカーの「デジタルツイン」活用事例【前編】
「デジタルツイン」や「無線LAN」を使ったコーヒーマシンのすごさとは
コーヒーマシンメーカーGruppo Cimbaliは、現実のものをデジタルで再現する「デジタルツイン」を製品開発に導入した。それによって同社のコーヒーマシンはどう変わるのか。(2022/2/28)

Windows 10トラブルシューティング基礎ガイド【第3回】
無料で使える、Windowsの「無線LAN」「Bluetooth」につながらない問題の解決ツール
Microsoftは「Windows 10」ユーザー向けに、無料のトラブルシューティングツールを用意している。無線LAN接続の問題など、主に通信関連の問題に対処できるトラブルシューティングツールと、その使い方を紹介する。(2022/2/27)

ファーウェイ、メッシュ接続にも対応したWi-Fi 6無線LANルーター
華為技術日本は、メッシュWi-Fi機能を備えたWi-Fi 6対応の無線LANルーター「HUAWEI WiFi Mesh 3」を発売する。(2022/2/22)

マイクロチップ LAN9668:
産業用通信向けTSN Ethernetスイッチファミリー
マイクロチップ・テクノロジーは、産業用オートメーションネットワーク向けのTSN Ethernetスイッチ「LAN9668」ファミリーを発表した。Arm Cortex-A7を採用した8ポートスイッチで、「TSN IEEE」規格に対応している。(2022/2/22)

無線LANの電波拡大による影響【前編】
「Wi-Fi 6E」に生じる重大な懸念とは? 「Wi-Fi 6」にはない問題
無線LANをはじめ、さまざまな電波が私用の用途や公共サービスに使われている。「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」を使用する際は、従来の無線LANよりも特にその点に注意を払わなければならない。(2022/2/22)

5Gが無線LANに対抗する分野【中編】
無線LANではなく「エリア限定5G」を使うべき納得の用途
「5G」と「無線LAN」は根本的に違う技術だが、似た用途に使うことができる。そのためどちらを使うべきか判断が難しいことがある。この点をより具体的に考える。(2022/2/22)

サンワ、10GBASE-Tに対応した細型LANケーブル
サンワサプライは、CAT6Aに対応した細型タイプのLANケーブル「KB-SL6A」シリーズを発売した。(2022/2/21)

TP-Link、11ac対応エントリー無線LANルーターをリニューアル IPv6 IPoEに対応
ティーピーリンクジャパンは、IEEE 802.11ac接続をサポートしたエントリークラスの無線LANルーター「Archer C6 V3.2」を発売する。(2022/2/21)

IT管理者向け「無線LAN改善」のヒント【後編】
「自宅の無線LAN」を監視するこつ IT知識とソフトスキルを駆使しよう
在宅勤務をする従業員が無線LANをどのように使っているかは、通常はIT管理者に分からない。ただし自宅の無線LANを会社のネットワークと同じように管理、監視する方法もある。具体的に何を活用すればいいのか。(2022/2/21)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「無線LAN製品の提案活動」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/22)

5Gが無線LANに対抗する分野【前編】
無線LANが役立たずのときに「5G」を使うべし その役割は限定的
「5G」が商用化して、使える分野が徐々に見えてきた。「無線LANの代わりになる」という以前あった主張は、どの程度正しいのだろうか。(2022/2/15)

安全なWi-Fiに自動接続して5Gのデータをオフロード IIJが技術支援
IIJは、オープンかつセキュアな次世代公衆無線LANローミング技術の確立を課題とする国際共同研究へ協力を発表。モバイルネットワークの提供やSIM/eSIMの提供と技術支援を行う。(2022/2/14)

IT管理者向け「無線LAN改善」のヒント【前編】
在宅勤務の「無線LAN」を不調にするNG集 「やってはいけないこと」をまず確認
通常、従業員宅の無線LANをIT管理者は監視できない。在宅勤務が当たり前になる中ではこれが課題になる。遠隔で従業員の無線LANを改善するにはどうすればいいのか。(2022/2/14)

NECプラットフォームズ、Wi-Fi 6対応ホーム無線LANルーターのラインアップを拡充 計3製品を投入
NECプラットフォームズは、Wi-Fi 6接続に対応したホーム無線LANルーター計3製品を発表した。(2022/2/3)

第12世代Coreプロセッサ搭載! Thunderbolt 4や無線LANも使えるデスクトップPCを試して分かったこと
マウスコンピューターのクリエイター向けデスクトップPC「DAIV Z7」シリーズに、第12世代CoreプロセッサとWindows 11搭載モデルが追加された。パワフルな実機を細かくチェックした。(2022/2/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「5G」があれば無線LANもLTEも不要? 企業ネットワークはどう変わるのか
「5G」が注目される理由の一つは、従来の移動体通信システムの枠を超えて活用できる可能性があるからだ。5Gを幅広い用途で活用できるのはなぜなのか、具体的に紹介する。(2022/2/1)

プラネックス、2.5GbEポートを採用した8ポートスイッチングLANハブ
プラネックスコミュニケーションズは、2.5GbE接続を採用する8ポート搭載スイッチングLANハブ「FX2G-08EM」を発売する。(2022/1/28)

ネットギア、エントリークラスの法人向けWi-Fi 6無線LANアクセスポイント
ネットギアジャパンは、在宅勤務などにも向くWi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント「WAX202」を発表した。(2022/1/26)

アイ・オー、2.5GbEポートを搭載したWi-Fi 6対応のゲーミング無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、2.5GbE接続をサポートしたWi-Fi 6無線LANルーター「WN-DAX3000QR」を発売する。(2022/1/26)

サンワ、USB Type-C接続対応のギガビット有線LANアダプター 充電用USBポートも装備
サンワサプライは、USB Type-C接続に対応した外付け型有線LANアダプター「USB-CVLAN7BK」「同-CVLAN7W」を発売した。(2022/1/24)

組み込み開発ニュース:
加賀FEIが太陽誘電の無線モジュール事業を承継、新ブランドは「CONTINECT」
加賀FEIは、太陽誘電からBluetoothおよび無線LANモジュールに関わる商権、開発製造技術ならびに知的財産権を承継した。新たに無線モジュール事業に参入し、超小型無線モジュールの受注を開始している。(2022/1/24)

TP-Link、実売8000円台のWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6接続に対応したエントリー価格帯の無線LANルーター「Archer AX23」を発売する。(2022/1/20)

エレコム、11ac対応のスタンダード無線LANルーター
エレコムは、IEEE 802.11ac接続をサポートしたスタンダード無線LANルーター「WRC-2533GS2V-B」を発売する。(2022/1/18)

サンワ、10Gbps通信をサポートしたメッシュ仕様のCAT6A対応LANケーブル
サンワサプライは、10GbE接続をサポートしたCAT6A対応LANケーブル「KB-FL6AME」シリーズを発売する。(2022/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。