ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「防犯」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「防犯」に関する情報が集まったページです。

下着泥棒? と思って防犯カメラを見てみたら―― 体験漫画「フォロワーさんのゾッとしたお話」が本当にゾッとする
狙われていた本人が全く気付いていなかったというのがまた恐ろしい。(2021/1/22)

+Style、人感センサー搭載のスマートLED電球をMakuakeで先行販売
+Styleは、人感センサー搭載の「スマートLED電球(人感)」をMakuakeで先行販売。人感センサーで検知した動きはアプリに通知されるため、防犯対策などに活用できる。(2020/12/28)

「Apple Watch」によく似たスマートウォッチ、防犯カメラのWyzeが20ドル(約2100円)で発売へ
米国では防犯カメラメーカーとして知られるWyzeが、「Apple Watch」によく似た「Wyze Watch」を19.99ドル(約2100円)で発売する。ディスプレイは液晶でGPS追跡機能などはないが、Apple Healthとの接続も可能。防水レベルはIP68でバッテリーは9日間持続可能だ。(2020/12/3)

製品動向:
自動ドアの開閉時間を設定し、ICカードで開く防犯対策のタッチスイッチ
マザーセキュリティは、自動ドアの稼働時間を変えられ、FeliCaタイプやMIFARE系のICカードで自動ドアを開けられるようにするタッチスイッチ「IC TIME-S」を開発し、2020年9月14日に上市した。既にIC TIME-Sを利用するユーザーは、IC TIME-Sで店舗の営業時間外は自動的にタッチ入場を不可にし、スタッフはICカードでドアを開けられるように設定して、防犯対策を図っている。(2020/10/22)

子ども向け「プレスマホ」登場 GPSや防犯ブザー付きなどキッズケータイとスマホをいいとこ取り
月額1000円から。(2020/10/5)

星空を邪魔しない照明 パナソニックが開発、光害も防ぐ
照明の光が天体観測に影響を及ぼす「光害」を防ごうと、パナソニックが夜空に光が漏れない照明の開発に成功した。岡山県井原市美星町地区はこの照明を防犯灯に採用し、国際ダークスカイ協会の「星空保護区認証制度」認定を目指す。(2020/9/17)

盗撮カメラ探知と置引防止ブザーを兼ね備えた防犯ガジェット 9800円で発売
自宅や外出先に隠された盗撮カメラの探知や、荷物の置引防止ブザーの機能を備えた防犯ガジェットが登場。価格は9800円(税込)。(2020/7/29)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
天体観測の名所「美星町」で、パナソニック LS社の防犯灯が高評価な理由――
パナソニック ライフソリューションズ社は、防犯上必要な明るさを維持しつつ、上方光束をゼロにして、星空に影響を与えない「光害対策防犯灯」を開発し、岡山県井原市美星町に導入した。(2020/7/20)

6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」! 防犯強化を行おう
(2020/6/9)

5G Co-Creation Working カンファレンス Spring 2020:
施設の防犯や新型コロナ対策になる建物管理システム「スマートビルディング」
5Gを活用したビジネスの創出を目標に掲げる5G Co-Creation Workingの安心・安全ワーキンググループは、施設の防犯や新型コロナウイルス対策としても役立つ建物管理システム「スマートビルディング」の事業化を推進している。(2020/5/26)

組み込み開発ニュース:
ラズパイ高品質カメラのCMOSセンサーは1/2.3型、C/CSマウントレンズを装着可能
英国Raspberry Pi財団がラズパイ向けカメラモジュールの新製品「Raspberry Pi High Quality Camera」を発表。1/2.3型で1230万画素のソニーの裏面照射型CMOSセンサー「IMX477」を採用するとともに、防犯カメラや工業用カメラ向けのCマウント/CSマウントレンズの装着が可能なことが特徴。(2020/5/1)

「Yahoo! JAPAN」アプリ、700以上の自治体を対象とした緊急情報・防犯通知のプッシュ通知に対応
ヤフーのAndroid版「Yahoo! JAPAN」アプリが、自治体が発信する緊急情報や防犯情報などをプッシュ通知する機能を追加。700以上の自治体が発信する避難情報や避難所などの情報、その他さまざまな災害に関する緊急情報を、タイムリーに提供する。(2020/4/27)

+Style、LTE内蔵のIoT電球「HelloLight」発売 Wi-Fi不要で見守り可能
プラススタイルは、4月3日にLTEモジュール搭載型のIoT電球「HelloLight」を発売した。「SORACOM IoT SIM」の採用でWi-Fi設定を必要とせず、電球を交換するだけで見守り・防犯サービスを利用できる。(2020/4/3)

「ウイルスばらまいてやる」男性“店内映像”報道、本人の同意がない場合は問題ないのか聞いた 弁護士「店舗側やメディア側が訴えられる可能性」
もし客に許可を得ず防犯カメラ映像を提供したらどうなるのか、聞いてみました。(2020/3/13)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
防犯・火災・災害で役立つ新機能を搭載、AiSEG2の新バージョンを開発
パナソニック ライフソリューションズ社は、火災や災害、防犯用途を中心に機能を追加したHOME IoTの中核機器「AiSEG2」の新バージョンを開発した。(2020/2/27)

AI活用の街路灯、NECが六本木に設置 通行人の性別・年代など推定
NECが、AIを活用した「スマート街路灯」を3〜6月に六本木に設置する。街路灯に搭載したカメラ映像を基に、通行人の人数や移動方向、性別、年代などを推定。防犯や六本木商店街への集客に役立てる。(2020/2/21)

マスクやサングラス着用でも顔認識 防犯&マーケティング向けAIサービス
トリプルアイズは、同社の画像認識プラットフォームを導入した防犯&マーケティングAIソリューションシステムを発表した。日本防犯システムが販売を行う。(2019/12/9)

ソフトバンク、カメラ搭載の“IoT蛍光灯”を使った防犯サービス クラウド経由で遠隔監視
ソフトバンクが“IoT蛍光灯”を活用した防犯サービス「SecuLight」を発表。蛍光灯は4Gデータ通信に対応しており、撮影したデータをクラウド上に自動送信できる。管理者は遠隔地から映像を確認し、トラブル発生時に迅速な対応を取れる。(2019/11/25)

ソフトバンク、LED一体型カメラを活用した法人向けIoT防犯カメラサービス「SecuLight」2020年春に提供
ソフトバンクが通信機能付き蛍光灯一体型カメラを活用したIoT防犯カメラサービスを法人向けに2020年春をめどに提供を開始する。設置・配線工事などを必要とせず初期費用を抑えられ、遠隔で一括管理することができる。(2019/11/25)

空き家対策:
空き家の防犯・管理・不動産活用を全国一律料金でサポート
大和ハウス工業、大和ライフネクスト、日本住宅流通は、全国一律料金で空き家の防犯・管理・不動産活用をサポートするサービスを開始した。料金は戸建住宅で月額1万円(税抜き)、分譲マンションで月額9千円(税抜き)だ。(2019/11/11)

より安心して利用できるように 東急電鉄、すべての車両に防犯カメラ「IoTube」導入 ソフトバンク提供4Gデータ通信に対応
トラブル発生時に迅速な対応が期待できます。(2019/11/7)

シャープ、警察にアドバイス受けた防犯機能付き電話機開発 「着信前に警告」「ワンボタンで通話拒否」
11月14日発売。(2019/10/25)

顔が見えなくても人物を追跡、AI映像解析ソリューションを販売開始 日立
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯カメラなどの映像から全身特徴によって特定の人物を高速検索する「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売する。後ろ姿など、顔が映っていない映像からでも全身特徴を判別する。(2019/10/7)

「顔さえ映らなければ大丈夫」が通用しない:
AI画像解析で「顔が映っていない画像」から人物特定、追跡が可能に 日立製作所
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯カメラなどの映像から全身特徴によって特定の人物を高速検索する「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売する。後ろ姿など、顔が映っていない映像からでも全身特徴を判別する。(2019/10/7)

顔が隠れていても“全身の特徴”から人物を特定するAI 日立が開発 監視・警備用途に販売
日立製作所が、身体的特徴をリアルタイムに解析するAIを活用し、防犯カメラなどの映像に写る人物を割り出せる「高速人物発見・追跡ソリューション」を発売すると発表した。(2019/10/4)

アイドルグループ「天使突抜ニ読ミ」、メンバーが強制わいせつ致傷被害 「非常に遺憾」「断固として戦う所存です」
防犯対策を強化し、今後も活動を続けていくとしています。(2019/9/18)

23年度末までに1000店舗を目標:
決済せずに商品を選ぶだけ NTTデータが”レジ無し店舗”出店支援開始 40台のカメラで防犯実験も
NTTデータが、”レジ無し店舗”出店のコンサルティングサービスを開始。レジ無し店舗では、入店時にQRコードの認証をするだけで、レジでの支払いが不要に。商品を手に取りそのまま店を出るだけ。今回のサービスでは、中国のベンチャー企業とタッグを組む。背景にある、NTTデータの課題とは?(2019/9/4)

マンガで読む、クラウド時代のAI搭載ストレージの秘密(3)
「ストレージ障害発生は誰のせいか」犯人捜しに疲弊しない運用チームを作るには
複数ベンダーの製品を運用すると、障害発生時の原因究明が難航しやすい。原因を追及するのは重要だがシステム障害は「犯人捜し」よりも「防犯」こそが重要。複数製品をまとめて予防できれば、犯人捜しに疲弊する必要はなくなるはずだ。(2019/9/2)

クラウド型防犯カメラを搭載した「まちを見守る自販機」、NECとアサヒ飲料が開発 映像を遠隔地から確認可能
NECとアサヒ飲料が上部に監視カメラを搭載した自動販売機を共同開発した。カメラに通信機器が付属し、撮影した映像をクラウド上に送信・保管する仕組み。設置場所付近でトラブルが起きた際に、警察などが映像を遠隔地から確認できるのが特徴。(2019/8/30)

EE Exclusive:
顔認識技術の不都合な真実
監視カメラが導入される分野は、顔認識を行うAI(人工知能)技術の進化に伴い、幅広くなっている。一方で、防犯が目的だとしても、プライバシー保護に対する懸念の声や、使用について規制を求める声は高まるばかりだ。先進国の中でも、カメラを使った“監視”が最も厳しい国の一つとされる英国の例を取り上げ、顔認識活用の現状と課題に触れる。(2019/7/31)

ソフトバンク、東京・竹芝地区をスマートシティー化へ センサーで不審者や混雑状況を検知
ソフトバンクが、東京都・竹芝地区の街づくりの一環で、同地区のスマートシティー化を推進すると発表。AI・IoT・ロボティクスといったテクノロジーを活用し、防犯や混雑緩和などにつなげるという。同地区の開発計画を手掛ける東急不動産と提携して準備を進め、2020年に開業する予定。(2019/7/9)

「使ってもらえないと意味がない」――大ヒットした警視庁の“痴漢撃退アプリ”、開発者のこだわり
警視庁が提供する防犯アプリ「Digi Police」(デジポリス)が注目を集めている。ダウンロード数は26万9000件(6月7日時点)と、行政機関がリリースしたスマホアプリでは異例のヒットを記録している。企画・開発した経緯を聞いた。(2019/6/21)

製造マネジメントニュース:
ウフルと石油元売り大手、IoTの共同研究開発を推進
ウフルは、昭和シェル石油とIoT分野での共同研究開発を推進する。両社はサブスクリプション型のサービスとして、見守り防犯ブザー「ソラモリ」を共同で研究開発し、2019年中に実証実験を開始する予定だ。(2019/4/19)

BAS:
音声や文字入力で“手を使わず”に照明・空調を操作するビル設備システム、Google Assistantで解析後にDialog flowで変換
竹中工務店は、神田通信機と共同で、音声・文字認識AI制御システム「ツイートREMO」を開発した。スマホやAIスピーカーを通して、文字入力または音声の言語指令をクラウド上のAIで変換し、ビル設備システムに指令を送ることで、照明や空調、換気、防犯などの各設備機器の操作を手を使わずに行うことが可能になる。(2019/3/14)

病院や福祉施設にも? 声や文字でビルの照明や空調を操作できる“スマートリモコン”システム、竹中工務店から
竹中工務店らは、照明や空調、換気、防犯設備などのビル設備を、スマートスピーカーやスマートフォンを介した音声や文字で制御できるシステム「ツイートREMO」を開発。ビルネットワークの国際標準規格BACnetに対応し、病院や福祉施設、オフィスなどでの活用を見込む。(2019/3/11)

auのキッズケータイ「mamorino5」登場 子供の居場所を連続通知 1万6200円(税込)
KDDIは、2月22日にキッズ向けケータイ「mamorino5」を発売。防犯ブザーや「居場所通知」「連続居場所通知」機能をはじめ、子供の在宅を保護者に通知する「おうちだよ通知」も搭載。防水・防塵・耐衝撃性能を備え、音声で端末を持つよう促す機能も利用できる。(2019/2/18)

パナソニック、法人向け監視カメラに4K対応モデル2機種を追加
パナソニックは、同社製の監視防犯システム「i-PRO EXTREME」シリーズのラインアップに4K解像度対応モデル計2機種を追加した。(2019/2/18)

プラネックス、遠隔地の見守りにも使える小型センサー「どこでもセンサー」
プラネックスコミュニケーションズは、遠隔地の見守りや防犯などに利用可能な汎用センサー「どこでもセンサー」シリーズを発売する。(2019/2/15)

防犯カメラをのぞく怪しい“猫”影……! 夜間に撮影された無邪気な犯ニャンの姿
無邪気な瞳がきらきらしています。(2019/2/9)

組み込み開発ニュース:
人の目のように明暗を認識し、高画質を提供する画像処理プロセッサ
Armは、人の網膜のようにコントラストに順応できるIridix技術を採用したイメージシグナルプロセッサ(ISP)「Arm Mali-C52」「Arm Mali-C32」を発表した。ドローンやスマートホームアシスタント、防犯カメラなどのリアルタイム画質を向上する。(2019/1/28)

スマホで来客の確認ができる「ワイヤレスいつでもドアホン」 防犯カメラとしても利用可
センター商事は、スマートフォンとの連携機能を備えたドアホン「ワイヤレスいつでもドアホン」を発売した。(2019/1/24)

aiboが「空き巣を通報」する時代に?:
ソニー、aiboに「屋内パトロール機能」追加 セコムと組んで「犬のおまわりさん」目指す
ソニーが犬型ロボット「aibo」にパトロール機能を追加。定期的に屋内を巡回し、家族の様子をレポートする。セコムと提携し、さらなる防犯サービスの拡充を図る。(2019/1/23)

プラネックス、防犯や見守りにも向くクラウド録画型ネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズは、クラウド録画に対応したネットワークカメラ「SpotCam-FHD」「同-Pro」を発売する。(2019/1/21)

防犯ポスターに「短いスカートが性犯罪を誘発」 批判受け菅公学生服が謝罪
「性犯罪の被害者に責任を負わせている」と批判が集まっていました。(2019/1/15)

ビル管理:
「日立システムズ」と「図研ネットウエイブ」が協業、ビル管理システムを1画面で全状況を可視化する“プラットフォーム”発売
日立システムズと図研ネットウエイブは、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援するサービスの分野で協業した。空港、港湾、鉄道、発電所などの社会インフラや大規模商業施設向けに、米国ベリントシステムズ社の状況認識プラットフォーム「Verint SA 7.5」を、2019年1月から販売開始する。2021年度末までに累計27億円の販売目標を掲げる。(2018/12/12)

建設現場で危険予知にAI活用、IoTセンサーとAzureを組み合わせたエッジ画像処理の実証実験を開始
協和エクシオは、自社のIoTセンサーと、Microsoft Azure IoT Edgeを活用した「Vision AI Developer Kit」を組み合わせた実証実験を開始した。これまでAIを導入することが難しいとされてきた建設現場やビルなどに適用し、IoTセンサーと組み合わせたエッジ画像処理で、現場の危険予知や施設の防犯などに役立てていく。(2018/11/30)

五輪に向けテロ対策強化:
東京メトロ、「刃物男」など想定した防犯訓練を公開 「さすまた」で客の安全守る
東京メトロが防犯訓練の模様を報道陣向けに公開。刃物を持った不審者と、線路内に投げ込まれた発火物に対処するもので、約150人の社員が参加。2020年の東京五輪に向けて、テロ・治安対策を強化する狙い。(2018/11/13)

ジッパーを隠せる高機能バックパック「MetroBag」 15型ノートPCも収納可
高機能かつ防犯性に優れる。(2018/10/29)

全車両にWi-Fi完備 相鉄が新型車両「12000系」導入、防犯カメラや空気清浄機など搭載
2019年春にJR直通線に導入。(2018/10/5)

OEMメーカーNUUOの防犯カメラに重大な脆弱性、日本の家電メーカーにも影響の恐れ
悪用されればひそかに防犯カメラを操作される恐れがある。NUUOのウェブサイトには、パートナーとして日本の主要家電メーカーを含む世界各地のメーカー名が記載されている。(2018/9/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。