未来を創る「子どもとプログラミング教育」

大型掲示装置やSTEAM教材の展示も充実――「NEW EDUCATION EXPO 2024」で見た教育の未来(1/4 ページ)

» 2024年07月09日 17時00分 公開
[石井英男ITmedia]

 6月6日から8日の3日間、TFTホール(東京都江東区)で「NEW EDUCATION EXPO 2024 TOKYO」が開催された。NEW EDUCATION EXPO(NEE)は1996年に始まった教育関係者向けのイベントで、教育関連の講演会の他、教材やICT機器/ソリューションなどの展示会も併催されている。

 この記事では、NEE 2024 TOKYOにおける展示の中から、大型提示装置(電子黒板/大型ディスプレイ/プロジェクター)やSTEAM教育(※1)に関するものを紹介したい。

(※1)Science(科学)/Technology(技術)/Engineering(工学)/Arts(芸術・リベラルアーツ)/Mathematics(数学)に関する教育

受付 NEW EDUCATION EXPO 2024 TOKYOは6月6日から8日の日程でTFTホールで開催された
会場マップ 会場マップ。セミナーは9Fでも開催されていた

シャープNECディスプレイソリューションズ:多様な大型提示装置を展開

 シャープNECディスプレイソリューションズのブースでは、電子黒板(同社は「インタラクティブホワイトボード」と呼んでいる)や大型ディスプレイ、プロジェクターが展示されていた。

 なおその名の通り、同社はシャープとNEC(日本電気)との合弁会社だが、製品はNECブランドで展開している。

ブース シャープNECディスプレイソリューションズのブース

 電子黒板「BrainBoard」シリーズの新製品「LCD-CB753」は、PCレスで画面への書き込みができる内蔵ホワイトボード機能や、マルチデバイス対応の無線投影機能を備えた75型4K対応電子黒板だ。学習用端末を含む昨今のノートPC/タブレット端末のトレンドを受けて、USB Type-C端子による映像入力(DisplayPort Alternate Mode)にも対応している。

 スタイラスペンが標準で2本添付しており、ペンの両端にそれぞれ別の「ペン先」を設定することでより便利に使える。

LCD-CB753 BrainBoardシリーズの新製品「LCD-CB753」
よく使う端子は前面に よく使う映像入力端子と、USB 2.0 Standard-B端子(タッチ操作伝送用)/USB Type-C端子(映像入力/タッチ操作伝送用)は前面に用意してあって使いやすい

 「LCD-EA242WU」は、USB Type-Cによる映像入力(DisplayPort Alternate Mode)にも対応する24型液晶ディスプレイで、パネル解像度はWUXGA(1920×1200ピクセル)となる。

 本機には有線LAN端子(1000BASE-T)とUSB 3.2 Gen 1 Standard-A端子×2も備えている。LANケーブルやUSBキーボード/マウスをあらかじめつないでおくことで、映像出力対応のUSB Type-C端子を備えるノートPC/タブレット端末のマルチハブとしても機能する。机の上がケーブルでごちゃごちゃになるようなことはなく便利だ。

 「LCD-AS244F」は、3辺超狭額縁デザインの24型液晶ディスプレイで、パネル解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)となる。超狭額縁デザインなので、複数台並べた際にディスプレイの“境界”があまり目立たないことが魅力だ。

LCD-EA242WU LCD-EA242WU(左)とLCD-AS244F(右)は、いずれもピボット(画面の縦旋回)と高さ調整に対応するスタンドが付属する。ちなみに、両機種共にカラーはブラックとホワイトから選べる

 「NP-PE456USLJL」は、WUXGA解像度での投影に対応するレーザー短焦点プロジェクターだ。輝度は最大4500ルーメンと明るめだ。

 レーザー光源のプロジェクターは、ランプ光源のものと比べると寿命が長いことが利点で、エコモード時の光源交換時間は3万時間と長い。そのため、メンテナンスの手間やコストを軽減できる。

NP-PE456USLJL NP-PE456USLJLは、長寿命型のレーザー短焦点プロジェクターだ。学校の教室にプロジェクターを置く場合、物理的な制約から短焦点モデルが好まれる傾向にある。そのため、同社に限らず教育市場向けプロジェクターは短焦点が“主戦場”となる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. iOS/Andorid版「Winamp」が正式版リリース/Zoomに複数の脆弱性 最大深刻度は「High」 (2024年07月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー