PC-9801の誕生40周年記念! NECPCがハイスペックノート「LAVIE NEXTREME Infinity」を4000台限定販売 Intel Arc A750M搭載で約22万円から

» 2023年08月01日 13時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は8月3日、新型の16型ノートPC「LAVIE NEXTREME Infinity」を4000台限定(※1)で発売する。想定販売価格(税込み)は量販店モデルが27万4780円、一部構成をカスタマイズできる直販(CTO)モデルが約22万円からとなる。

(※1)量販店モデルとCTOモデルの合算

【更新:18時25分】文章の追記と写真の追加を実施しました

LAVIE NEXTREME Infinity LAVIE NEXTREME Infinity(XF950/GAB)

LAVIE NEXTREME Infinityの概要

 LAVIE NEXTREME Infinityは、NEC(日本電気)が「PC-9801」を発売してから2022年に40周年を迎えたことを記念するモデルだ。NECブランドのノートPCとしては初めてHシリーズのCoreプロセッサを搭載し、外部GPUも備えるハイスペック仕様となっている。

PC-9801 LAVIE NEXTREME Infinityは、PC-9801(写真)の発売40周年記念モデルとして登場する

 CPUは第13世代CoreプロセッサのHシリーズ(開発コード名:Raptor Lake-H)で、量販店モデルはCore i7-13700H(Pコア6基12スレッド+Eコア8基8スレッド)を搭載する。CTOモデルでは、より高性能なCore i9-13900H(同)や、下位モデルであるCore i5-13500H(Pコア4基8スレッド+Eコア8基8スレッド)も選択できるようになっている。

 外部GPUはIntelの「Intel Arc A570M」(グラフィックスメモリは8GB)を搭載する。Arc A570Mを採用したのは、動画のエンコード性能に定評があることと、グラフィックスドライバーの改良により、そこそこのゲーミングパフォーマンスを発揮できるようになったことが決めてとなったという。CPUとの協調動作でパフォーマンスを引き上げる「Intel Dynamic Tuning Technology」にも対応している。

 メモリスロットはDDR5規格のSO-DIMM×2で、量販店モデルでは16GB(8GB×2)を標準搭載している。CTOモデルでは32GB(16GB×2)または64GB(32GB×2)とすることも可能だ。SSDはPCI Express 4.0接続で、量販店モデルでは1TBのモジュールを備える。CTOモデルでは、512GBや2TBのモジュールも選べる。

 OSはWindows 11 Homeをプリインストールし、Microsoft Office Home & Business 2021のライセンスも付属する。CTOモデルでは、OSをWindows 11 Proとしたり、オフィススイートを「なし」またはMicrosoft Office Personal 2021に変更したりできる。

背面 ボディーカラーは、CTOモデルも含めて「アルマイトブラック」1色のみとなる

 ディスプレイは16型の有機EL(OLED)で、最大解像度は3840×2400ピクセル(アスペクト比16:10)となっている。DisplayHDR TrueBlack 500の認証を取得しており、HDRコンテンツの表示にも対応する。DCI-P3の色域を100%カバーしているので、映像コンテンツ制作にも適しているという。

 その上部には、フルHD(1920×1080ピクセル)撮影と顔認証に対応するWebカメラを搭載している。このカメラに隣接して、健康に良いとされる「バイオレットライト」を照射できるLEDも搭載されている。このライトは坪田ラボの監修を受けたもので、人感センサーと連動してオン/オフを切り替えられるようになっている(手動切り替えも可)。

外観 NECPCのノートPCとしては初めて、有機ELディスプレイを搭載している
バイオレットライト Webカメラに隣接する形で「バイオレットライト」が搭載されている
バイオレットライト バイオレットライトの設定画面では、その効能も確認できる

 ポート類は、左側面に電源端子、HDMI出力端子、USB 3.2 Gen 2 Standard-A端子(常時電源供給対応)、イヤフォン/マイクコンボ端子を、右側面にSDメモリーカードスロット、USB 3.2 Gen 2 Standard-A端子、Thunderbolt 4(USB4)端子と有線LAN端子(1000BASE-T)を備えている。Thunderbolt 4端子はDisplayPort Alternate Modeによる映像出力にも対応する。ワイヤレス通信はWi-Fi 6E(IEEE 802.11ax)とBluetooth 5.1に対応する。

 キーボードは日本語配列のテンキー付きで、手前から奥に進むほどにキーの傾斜が強くなる「チルト&ステップスカルプチャ機構」を採用している。プレミアムコーティング(防汚加工)やLEDバックライトも備えている。

 本機では「ゲーム実況VTuber」の初心者を想定してガイドアプリ「ゼロからはじめる、VTuberゲーム実況はじめてガイド」と、アバターアプリ「3teneFREE」、ボイスチェンジャーアプリ「Voidol2」をプリインストールしている。3teneFREEについては、NECPCのオリジナルアバター「ルヴィ」もセットされている。

 また、日本マイクロソフトの「Xbox Game Pass Ultimate」(月額1210円)を3カ月間利用できるライセンスと、レトロゲームのサブスクリプションサービス「プロジェクトEGG」に収録されている7タイトルを無料で楽しめるライセンスも付帯する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月23日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー