ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

PR:変わるワークスタイル 増えるオフィスの困りごと――エプソンのプリンターやスキャナーで解決しよう!
働き方改革に加え、新型コロナウイルスの影響で、ビジネスにおける「ニュー・ノーマル」が急速に浸透してきた。それに伴い、オフィスでも新たな課題が見えてきた。新しい時代の働き方を支援するエプソンのプリンター、複合機やスキャナーをチェックしてみよう。(提供:エプソン販売株式会社)(2021/1/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
「週休3日」は本当に実現できるのか ネット上で評判が悪い理由
新型コロナの感染拡大に対応するため、自民党が 週休3日制を提言する方針であることが明らかになった。賃金がそのままで休みが増えれば、ビジネスパーソンにとって“うれしい”ニュースになるわけだが、ネット上では評判がよくない。なぜかというと……。(2021/1/20)

TEジャパン 社長 松井啓氏:
PR:ボーダレス化に対応する「ONE TEジャパン」 ―― 花ひらく1年に
TE Connectivityの日本法人であるタイコ エレクトロニクス ジャパン(以下、TEジャパン)は、ビジネスのボーダレス化に対し、『ONE TEジャパン』をスローガンに掲げ、事業部間の連携強化とそのための組織作り、グローバルな人材の育成に取り組んでいる。2021年1月1日付でTEジャパンの新社長に就任した松井啓氏は、「ONE TEジャパンというマインドセットが花開く年にしたい。そのために、応援団長として社員を全力でサポートしていく」と意気込みを語る。(2021/1/20)

ボタンやドアに“触れない”オフィスビル登場 屋上に“テレワーク”設備も
withコロナ時代に対応した機能を備えたオフィスビル「本町サンケイビル」が大阪市内のビジネス街・本町に8月末に竣工。「非接触」と「換気」に注力した他、屋上で“テレワーク”もできる。(2021/1/19)

ファミマ、再生待ったなし 細見次期社長「か・け・ふ」に注力
消費者起点のビジネスモデルである「マーケットイン」を掲げる伊藤忠商事としては、ファミリーマートが持つ直接的な顧客情報を活用しての事業改革が喫緊の課題だ。(2021/1/19)

アート作品を展示:
住民や店主を悩ます街の「落書き」対策 ビジネスと課題解決の両立を目指す東急の狙い
人通りが少ない場所の「落書き」に悩む人は多い。落書き対策と、ビジネスを両立するような事業に東急が取り組んでいる。対象エリアも拡大している。(2021/1/19)

「Amazonギフト券3000円分」が50名様に当たる! 新メルマガ「総務・人事通信」創刊キャンペーン
ITmedia ビジネスオンラインの新設メルマガ「総務・人事通信」の創刊を記念して、新規登録キャンペーンを行います! 抽選で50名様に「Amazonギフト券3000円分」が当たるチャンス!(2021/1/19)

読者調査結果:
リモートワークの継続有無で、業績に明暗 「リモートアクセス環境」「PCの社外持ち出し」が“導入の壁”に?
テレワークを継続的に実施している企業と比べると、未実施・頻度が少ない企業は業績の悪化が顕著な傾向にある──ITmedia ビジネスオンラインが実施した読者調査で、そんな結果が浮き彫りになった。(2021/1/19)

製造業IoT:
大阪産業局の「5G X LAB OSAKA」で工場向け5Gルーターの実証実験を実施
住友電気工業は、大阪産業局が展開する5G通信技術およびビジネスサポート拠点「5G X LAB OSAKA」にて、工場向け5G回線対応ルーターの実証実験を実施した。(2021/1/18)

インターステラの採用戦略(前編):
ホリエモンが「次の基幹産業は宇宙ビジネスだ」と断言する理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文が宇宙ビジネスが自動車産業などに代わって日本の基幹産業になる可能性を語る。日本が持つ技術的・地理的なポテンシャルの高さがあった。(2021/1/18)

サプライチェーン革新:
PR:ニューノーマル時代のグローバルサプライチェーンに求められるものとは
MONOistが2020年12月16〜17日に開催したライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜Withコロナ時代に必要不可欠なサプライチェーンのデジタル化〜」において、「ニューノーマル時代の次世代グローバルサプライチェーンマネジメントとは」をテーマに、NTTデータ グローバルソリューションズ ビジネストランスフォーメーション室 SCMチームリーダーの杉山成正氏が講演を行った。(2021/1/18)

難局への適応力:
ウィズコロナの時代に経営者が身につけるべき3つのビジネススキル
ウィズコロナ時代、ビジネスはどのように変わるのか。グロービス経営大学院の教員が解説する。経営者が身につけるべき3つのビジネススキルとは?(2021/1/16)

新しい活用方法:
NTT西、電話ボックスにモバイルバッテリー設置 ビジネスの可能性を探る
NTT西日本と、充電器のシェアリングサービスを手掛けるINFORICHは1月15日、福岡市内の公衆電話ボックスに、モバイルバッテリーの貸し出し機を設置する実証実験を開始した。(2021/1/16)

月額7920円で月〜金の仕事服は全部おまかせ ビジネスカジュアル服のサブスクレンタルサービス「ビズ服」スタート
めちゃくちゃ助かる。(2021/1/15)

“ウチ鉄”しませんか? 「鉄道博」初のオンライン開催中
「今年の冬は、鉄道博オンラインで"ウチ鉄"しませんか?」――毎年1月の3連休に「大阪ビジネスパーク」で行われている鉄道イベント「鉄道博」が、2021年はオンライン開催中だ。(2021/1/15)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(57):
デジタル時代の「李下に冠を正さず」を考える
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、楽天モバイル元社員逮捕のニュースから、デジタル時代におけるビジネスパーソンとしての立ち振る舞いを考えてみます。(2021/1/15)

モノづくり最前線レポート:
正解がないVUCAの時代に求められるプロダクト開発とは?
ベリサーブが開催したオンラインカンファレンスで、『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』などの著作がある、Tably 代表取締役の及川卓也氏が「正解がない時代のプロダクト開発」と題する講演を行った。本稿は同講演内容を抜粋してお届けする。(2021/1/15)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
高まるサイバーレジリエンス戦略の重要性、“攻撃を受けた場合”に備えるには?
データ主導型ビジネスへの転換が進んでいる現代。サイバー攻撃を受けた場合に組織はデータを迅速に回復させる必要がある。ビジネスの継続性を高めるためには、万一の事態に備えたサイバーレジリエンス戦略を構築したい。(2021/1/15)

非・王道のビジネスモデル:
常識にとらわれない! 逆張りの欧米スタートアップ3社
いつの時代でも、大きな成功を収める新規事業は、常識にとらわれないビジネスモデルを展開して新たな市場を切り開いてきました。海外に目を向けると、いまどのようなスタートアップが注目されているのでしょうか。(2021/1/15)

「Ruby biz Grand prix 2020」表彰式レポート:
PR:「これからの日本と世界を変えるインパクト」を持った9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発された「Ruby言語」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2020」の表彰式が、2020年12月16日に開催された。23企業24事例の応募から、大賞2点、特別賞3点、そしてVertical Solution賞4点が選出された。(2021/1/15)

CES 2021:
Lenovoの中小ビジネス向けノートPC「ThinkBook」に新モデル 電子ペーパー付きモデルに新型Ryzen搭載モデルも
CES 2021に合わせて、Lenovoが中小ビジネス向けノートPCの新モデルを発表した。電子ペーパー天板モデルが第2世代に進化した他、Ryzen 5000モバイルプロセッサを搭載するパワーユーザー向けモデルも登場する。(2021/1/14)

CES 2021:
日本HP、5G通信モジュールも装備できるビジネス向け薄型軽量2in1ノートなど2製品を投入
日本HPは、薄型軽量設計の2in1ノートPC「HP Elite Dragonfly G2」など2製品の発表を行った。(2021/1/14)

コミュニケーション促進:
「田村淳」も採用 “社内SNS”のノウハウ生かしてファンサロン運営に進出したIT企業の商機
コロナ禍でビジネスチャットに注目が集まる。名古屋発のIT企業「スタメン」は組織と従業員のつながりを強化する経営プラットフォーム「TUNAG」を展開。ノウハウを生かしてファンサロン運営に進出した。(2021/1/13)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(8):
カシオの関数電卓はどうやって「モノ」から「コト」に移行したのか
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第8回は、世界シェアの過半を占めるカシオ計算機の関数電卓がどうやって「モノ」から「コト」に移行し、ソフトウェアビジネスによる収益化を実現したのかについて紹介する。(2021/1/13)

Digi-Key Electronics デジタルビジネス部門 EVP Jim Ricciardelli氏:
PR:コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにも負けず、堅調な2020年となった米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。2021年には、拡張工事を行っていた倉庫が完成し、より一層、品種や在庫の増強に投資する。デジタルビジネス部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)を務めるJim Ricciardelli氏に、2021年の市況や戦略を聞いた。(2021/1/13)

MSI、ビジネスノートPC「Prestige 14」にAmazon限定モデルを追加 Windows 10 Proを導入
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ビジネスノートPC「Prestige 14」のバリエーション構成モデル「Prestige-14-A10SC-280JP」を発売する。(2021/1/12)

C++との相互運用性向上を望む声:
Rustの利用状況調査、ビジネス利用が進む一方で習得の難しさなどが依然課題
Rust Survey Teamはプログラミング言語「Rust」の利用状況に関する年次調査結果を発表した。Rustの安定性に対する評価が高い一方で、C++との相互運用性の向上や学習のしやすさを改善してほしいという回答が多かった。(2021/1/12)

Okta、国内ソフトウェア開発ベンダー向けにアプリケーション統合プログラムを展開
Oktaは、国内のISV製アプリケーションを同社のビジネスアプリケーションテンプレート群「Okta Integration Network」に統合するプログラムを本格展開する。ISVが、エコシステムに参加することで得られるメリットは。(2021/1/12)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

CES 2021:
HPのプレミアムノートPCに新製品 米国で順次発売
HPがビジネス向けとコンシューマー向けのプレミアムノートPCの新製品を発表した。早いモデルは1月中に米国で販売を開始する予定だ。(2021/1/11)

与野党から強い反発:
緊急事態宣言も一転「ザル入国」続行 世界11カ国・地域とのビジネス往来
政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を決めたが、中国や韓国など11カ国・地域との間で合意しているビジネス関係者の往来については、継続する方向で調整に入った。(2021/1/8)

エンワールド・ジャパン調べ:
コロナ禍のボーナス、外資系・グローバル企業で変化はあった?
新型コロナウイルの影響を大きく受けた2020年。外資系企業などではボーナスの支給額に変化があったのだろうか。人材紹介会社のエンワールド・ジャパンが、外資系企業と海外でもビジネスを展開する日系企業を対象にアンケートを実施した。(2021/1/8)

【事例】データ×Tech:
三井住友海上が実践する「RisTech」とは? データドリブンなビジネス開発とデータ活用人材育成
保険業界にもDXの波が押し寄せる。三井住友海上は「RisTech」という新しい取り組みにリソースを投下する。彼らが目指す新しい価値創出のアプローチの一端を聞いた。(2021/1/7)

ビジネスの構造:
自販機1日の売り上げは1000円未満 ダイドーが“鬼滅缶”で増益を達成できた理由
鬼滅の刃とタイアップした缶コーヒーがヒットしたDyDo。発売から3週間で累計販売数が5000万本を突破。自販機ビジネスの収益モデルとは?(2021/1/7)

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員の意識を変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(後編)
ビジネスを取り巻く環境がかつてない速度と規模で変化を続ける中、いかにして企業は、従業員のコンプライアンス意識を醸成し、自社の競争力を高めていくべきでしょうか。企業コンプライアンスに詳しい増田英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自律的発展成長型のアプローチである「エモーショナルコンプライアンス」がもたらす効果について2回にわたって解説します。(2021/1/8)

既存のセキュリティ対策だけでは足りない
「安全だけど使いにくいWebサイト」を作らないための新発想のセキュリティ対策
EC事業者などWebサイトをビジネスの核とする企業は、Webサイトのセキュリティを強化しつつも利便性は犠牲にできない。両者のバランスを保ちながら巧妙化するサイバー攻撃に対処するには、何に注目してセキュリティ対策を講じるべきなのか。(2021/1/8)

CES 2021:
Dellがビジネス向けの新型PCと新型ディスプレイを発表 米国では1月12日から順次発売
CES 2021の開幕に先立って、Dellがビジネス向けPCと周辺機器の新製品を発表した。一番早い製品は、1月12日から販売を開始する。(2021/1/5)

視点:
未来志向のエネルギービジネス〜ジオ・エンジニアリング的発想のすすめ〜
エネルギービジネスを未来志向で捉え直し、いわゆる純粋なスマートシティだけに解決策を見いださない、多元的な事業機会を模索すべき時期に来ている。(2021/1/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」新春特別編:
「終電繰り上げ」は再成長の準備 2021年の鉄道ビジネス、“前向きなチャレンジ”が闇を照らす
鉄道業界で、2020年を“どん底”にして21年を上向きにしていく手掛かりとは? 終電繰り上げは経済に影響を与えるが、再成長に向けて今やるべきことだとも捉えられる。厳しい旅行業界では“趣味性の高い旅”が回復の鍵だ。つらい状況でも前向きなチャレンジを応援したい。(2021/1/2)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
パンデミックが促す企業の新たな競争力 コロナ禍でも成長するビジネス
コロナ禍で企業はどうやって生き残るのか。成功している例を取り上げてみる。(2020/12/30)

5Gビジネスの神髄に迫る:
“arrowsの富士通コネクテッドテクノロジーズ”がローカル5G戦略に注力する理由
富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)は、ここ最近スマートフォン型のローカル5G対応スマートデバイスを発表するなど、ローカル5Gへの取り組みを積極化している。同社がこれまで培ってきた5Gなどの無線技術を活用しながらも、ビジネス領域を広げる上で注目したのが産業領域での5G活用だった。まずは得意とするデバイスでローカル5Gへの対応を進めることにより、市場を開拓するに至った。(2020/12/28)

YSL「#YSLロックシャイン」キャンペーンなど:
「TikTok For Business」の2020年 コロナ禍のブランド体験はどう変わったか
「TikTok For Business」として展開するTikTokの広告ビジネスの現状とこれからについて担当者に聞いた。(2020/12/28)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは“エンジン車並み”を意識せず、電池を含めたビジネスの第一歩に
トヨタ自動車は2020年12月25日、2人乗りの超小型EV(電気自動車)「C+pod(シーポッド)」を法人や自治体向けに限定発売したと発表した。日常生活の近距離移動や定期的な訪問巡回に向けたモデルだ。WLTCモードで高速道路モードを含まない走行距離は150km。最高速度は時速60km。個人向けの本格販売は2022年を予定している。価格は165万〜171.6万円。(2020/12/28)

Weekly Memo:
企業はDXに向けて「顧客の声」をどう生かすべきか――富士通の挑戦
DXによってビジネス変革を推進する際、顧客の声をどう生かしていくか。この重要なテーマに、富士通が最新ツールを使って挑んでいる。興味深い内容なので取り上げて考察したい。(2020/12/28)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
人を集めて成長してきた貸会議室のTKP コロナ禍で見つけた新たな需要とは
貸会議室大手のTKPはリアルな場に人を集めて成長してきた。コロナ禍で状況は一変した。どのようなビジネスチャンスを見いだしているのか。(2020/12/28)

「最高に愛してるわ」 紅蘭、娘の誕生日に「2カラットのダイヤ」をプレゼント 
ジュエリービジネスを展開している紅蘭さん。(2020/12/27)

今日のリサーチ:
Sansanが「ビジネス関係人口2020」を発表 エコツーリズムやローカルベンチャーに注力する自治体が上位に
Sansanのデータ統括部門DSOCは、2020年にビジネスにおける関係人口が多かった地方自治体をまとめた「ビジネス関係人口2020」を発表しました。(2020/12/25)

日本マクドナルドの活用事例も紹介:
Twitterの2020年新広告商品振り返り 「Branded Likes」「プロモトレンドスポットライト」他
2020年末になって広告ビジネスに活気が戻ったTwitter。新たな広告メニューをテストした日本マクドナルドの事例と共に、2020年の動向を振り返る。(2020/12/25)

一時金も:
「毎月、在宅勤務手当を支給」20%、金額はいくら?
在宅勤務手当を支給している企業はどのくらい存在しているのか。外資系企業とグローバルにビジネスを展開する日系企業で、テレワークを導入しているところに聞いたところ……。(2020/12/25)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
2021年はオンライン初詣 密を避ける試み、オンライン投げ銭も
クリスマスを過ぎれば街は一気にお正月モードへ変わる。例年、初詣に行く人も今年はなかなか行きにくい。特に昨今の報道に鑑みると、3密がほぼ確定的な場所へ出かけて行って、コロナに罹患するようなことがあっては何のための初詣か分からない。そんな中で、オンラインライブによる初詣という新たなビジネスを立ち上げた会社がある。(2020/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。