ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスパーソンはセオリーを学べ
現場の経験も大切だが同じくらい大切なのは、セオリーをキチンと理解することだ。(2019/5/23)

企業がAIを活用するための8つのヒント【前編】
優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?
企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。(2019/5/23)

大きな欠点:
ビジネスの世界で「バランス」とは何か センスの磨き方
ビジネスの場面だけではなく、あらゆる人生の場面においてバランスがとれている状態は美しく、間違いなくセンスを感じさせてくれるものだ。 ビジネスにおける「バランス」とはなんだろうか。(2019/5/22)

大山聡の業界スコープ(17):
人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察
今回は、IoTを活用したサービスを提供する側のビジネスモデルを考える。どんなデータや情報が価値を生むのか、どうすればビジネスとして成立するのか、といったことを具体的にイメージしていく。(2019/5/22)

CIOは答えを見つけられるか
「ERPデジタルトランスフォーメーション」の成否を分ける7つの重要問題
本稿では、ERPデジタルトランスフォーメーションに乗り出すに当たって答えを見つけなければならない重要な疑問をまとめた。変革が自社のビジネス目標に沿っているかどうかを確認してほしい。(2019/5/22)

組み込み開発ニュース:
パナソニックがソフト開発体制強化へ「製品を常にアップデート可能にする」
パナソニックがイノベーション戦略について説明。同社 専務執行役員の宮部義幸氏は「当社が新たに打ち出した『くらしアップデート』の実現に向けて、ソフトウェア起点のビジネスモデル変革に挑戦する」と述べ、クラウドと連携して機能を常にアップデートできるような製品を実現できるソフトウェア開発体制の構築を急ぐ方針である。(2019/5/21)

Weekly Memo:
「デジタル革新がビジネスの“信頼”のハードルを上げる」――富士通次期社長が提起する新たな問題とは
「デジタル革新がビジネスにおける“信頼”のハードルを上げる」――富士通の次期社長が自社の年次フォーラムの基調講演でこんな問題を提起した。果たして、どういうことか。(2019/5/20)

週末に読むべきビジネス書:
「平成の名経営書」は? ビジネススクール教員が選ぶ「決定版5冊」
ビジネススクール教員が選ぶ「平成の名経営書5冊」とは?(2019/5/18)

EV時代の到来に「待った」 トヨタ、虎の子技術を開放する深慮
次代のエコカー競争をめぐり、欧米や中国で電気自動車(EV)の普及に注目が集まる中、蚊帳の外に置かれそうなのがハイブリッド車(HV)だ。市場を牽引してきたトヨタ自動車は4月、“虎の子”のHVを中心とした電動車の関連技術の特許を無償で開放する方針を公表した。トヨタの方針転換には、HVをさらに普及させることで自社のビジネスを有利に導こうという深慮があった。(2019/5/17)

狙いはどこに?:
アマゾン傘下のクラウドベンダーが、開発者向けコワーキングスペースを運営する理由
共創ビジネスやビジネスコミュニティーを生み出すため、コワーキングスペースを設ける企業が増えてきた。コワーキングスペースの運営は、企業にどんなメリットをもたらしているのか。(2019/5/17)

マンホールをIoT計測しAIで異常検知など、下水道新技術9件を国交省が研究対象に採択
国土交通省は、2019年度のB-DASHプロジェクトと下水道応用技術研究の対象として計9件の新技術を採択した。B-DASHプロジェクトとは、新技術の研究開発および実用化を加速することで、下水道事業における低炭素/循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水の対策、老朽化対策などを実現し、企業による水ビジネスの海外展開を支援することを目的に、2011年度よりスタートした下水道革新的技術実証事業を指す。(2019/5/17)

リクルート事例に見るエンジニアとしての価値の高め方(1):
約9カ月でリリース、目標の2倍の成果――“品質”と“納期”を両立させる新規プロダクト開発でチームを崩壊させない方法
変化が速くなる一方の市場環境において、エンジニアとしてビジネスに貢献するにはどうすればいいのか。本連載では、リクルートでの新規プロダクト開発事例からエンジニアとしての価値の高め方を明かす。初回は、本連載で事例として扱うプロダクトの概要やスケジュール、開発の進め方について。(2019/5/17)

ドコモケータイ新機種は耐久性重視の「arrowsケータイ F-03L」とカメラレスの「SH-03L」
NTTドコモはXiに対応するフィーチャーフォンとして「arrowsケータイ F-03L」と「SH-03L」の2機種を発売する。F-03Lは通話機能や文字の見やすさや耐久性にこだわって設計。SH-03Lはビジネスシーンでも使えるようにカメラを搭載していない。(2019/5/16)

アプリケーション連携やセキュリティ機能を強化
ExcelやWordファイルを無変換で編集可能に 「G Suite」の最新機能まとめ
Googleは「G Suite」の最新アップデートで、「Microsoft Office」との連携機能や新しいセキュリティ機能を追加した。G Suiteはビジネスの利用に以前より適したツールになる可能性がある。(2019/5/16)

1日当たり2時間を浪費:
データ管理プロセスの問題で企業は年間200万ドルを浪費、ベリタスが調査
ベリタスが発表したデータ管理と収益に関する調査結果によると、企業の従業員はデータを探すために1日当たり平均2時間を浪費しており、従業員の効率が約16%低下している。データ管理プロセスが効率的でなかったために、ほとんどの企業が貴重なビジネス上の機会を逃してきたという。(2019/5/15)

今日のリサーチ:
越境EC担当者に聞く「始めたきっかけ」「現在の課題」「必要な英語力」など――イーベイ・ジャパン調査
越境ECビジネス経験3年以上の担当者に実施した「越境ECに関する実態調査」の結果です。(2019/5/15)

武闘派CIOに聞く、令和ニッポンの働き方改革【前編】:
日清食品HDの知られざる「IT革命」とは? 変革の立役者に直撃
40年間使い続けた古いシステムを撤廃、ビジネスの課題を解決できるIT部門へ――。そんな大きな変革プロジェクトでIT賞を受賞したのが日清食品ホールディングスだ。2013年、CIO(chief information officer)に就任した喜多羅滋夫氏は、どんな方法で昔ながらのIT部門を“戦う集団”に変えたのか。プロジェクトの舞台裏に迫った。(2019/5/15)

PoC実施企業に聞く、NetApp製品の評価と感想:
PR:「ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータ管理」は本当にシンプルにできるのか?
「多種大量のデータからいかに価値を引き出すか」がビジネス差別化のカギとなっている今、企業には効率よくデータを保管・活用できる環境の整備が求められている。このためにはパブリッククラウドが不可欠だが、オンプレミスとは“作法”が異なるクラウドとのハイブリッド環境でデータを管理するのは決して容易なことではない。ましてやそれぞれ作法が異なる複数のクラウドを使うとなればなおさらだ。では一体どうすれば、ハイブリッド/マルチクラウド環境でデータを効率良く管理・活用できるのか?――NetApp製品でPoCを実施した企業に、その評価と感想を聞いた。(2019/5/14)

大学生向けビジコン、サイバーエージェントが開催 「藤田晋が認めたら投資のチャンス」
サイバーエージェントは、全国の大学生・大学院生を対象にしたビジネスコンテスト「学生版 STARTUP CHALLENGE」の参加者の募集を始めた。決勝プレゼンでは、藤田晋社長が審査員を務め、優秀プランには同社グループによる投資や事業化の機会を提供する。(2019/5/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

マネーの達人:
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。(2019/5/14)

「3つの不足」にどう対処する?
「すごいエンジニアを血眼になって探す」より現実的なAI課題解決方法とは
第3次AIブームが起こっているがAIをビジネス活用できている企業は少ない。その理由はAI活用を始めようとする企業がつまずく「3つの不足」にあるという。(2019/5/15)

Weekly Memo:
変わりつつあるビジネスモデル――NTTデータは「システムインテグレーター」を名乗り続けるのか
システムインテグレーター(SIer)として確固たる地歩を築いているNTTデータ。ただ、同社にとっても新たなデジタル化への対応は必然だ。果たして、同社はシステムインテグレーターを名乗り続けるのか。(2019/5/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
ビジネスチャット時代、確実に淘汰される「自己チュー社員」とは
日本企業でも浸透するビジネスチャット。社内コミュニケーションが変容する中で、淘汰されてしまう社員像とは?(2019/5/10)

CASEへの対応急ぐ:
【一問一答】トヨタ社長「過去の成功に頼っていては未来がない」
トヨタ自動車の豊田章男社長は決算説明会で、「CASE」への対応を加速させる考えを示した。社長就任から丸10年を迎え、自動車業界のビジネスモデルの変化に直面したこと、トヨタ自身がフルモデルチェンジする必要があることを語った。(2019/5/9)

エプソン、「エプソンのスマートチャージ」サービスにA3モノクロインクジェットプリンタを追加
エプソンは、ビジネス向けサービス「エプソンのスマートチャージ」に高速印刷対応のA3ラインインクジェットプリンタを追加した。(2019/5/9)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
ディズニー、Hulu…… 動画配信の覇権争いは日本アニメをどう変えるか
覇権争いを激化させる映像配信プラットフォームの巨人たち。日本アニメにどんな影響を与えるか。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/5/9)

日本ビジネスシステムズ、Microsoft Cloud App Security向けマネージドセキュリティサービスを提供
日本ビジネスシステムズは2019年5月7日、「マネージドセキュリティサービス for Microsoft Cloud App Security」の提供を開始した。(2019/5/8)

PR:月間約725億ページビューを誇る日本最大級のインターネットサービスを支え、高度なビジネス要件を満たすプライベート・クラウド基盤構築に向けた挑戦
1996年にサービス提供を開始し、2018年2月の時点で、月間約725億ページビューのインターネットサービスへと成長した「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社(以下、ヤフー)。同社は、プライベート・クラウド基盤のストレージにIBM Cloud Object Storageを導入しました。日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)の検証用データセンターを活用し、本番環境と同様、複数拠点間での冗長化構成でIBM Cloud Object Storageを活用したストレージを構築する検証を実施。それを経て、まずは、最も機密性を求められるデータ保存領域である「高セキュリティエリア」に導入。インフラの運用管理性が大幅に向上し、今後「社内システム用エリア」など適用領域を拡張していくことを計画しています。(2019/5/14)

小学1年生が父親から豆代を借り入れ家庭内でコーヒー店を起業 「ビジネスの仕組みを教える教育」と話題に
もともとはおこづかいを稼ぐつもりが、いつの間にか商売自体に楽しみを見つけることに。(2019/5/8)

Weekly Memo:
「令和」に改めて問う、あなたの会社が使っているクラウドはビジネスの競争力を高めているか?
企業のITシステムはなぜクラウド化すべきなのか。そして、どう進めればよいか。これまで幾度となく論議されてきたこれらの問題を、ガートナーの名物アナリストである亦賀忠明氏の話を基に、あらためて考察したい。(2019/5/7)

製造マネジメントニュース:
アジア太平洋地域の製造業、AI採用で競争力が1.8倍に
MicrosoftとIDCは、アジア太平洋地域の製造業における、AIについての調査結果を発表した。AIを採用し始めた企業は、今後3年間で競争力が1.8倍になると予測し、ビジネスリーダーの76%は、AIが今後数年での競争力の手段になると考えていた。(2019/5/1)

日本郵便の専務が語る:
間違った方向に行きかけたとき、プロジェクトを止める勇気を持てるか――「東証を変えた男」が考えるリーダーシップの形
今やビジネス課題の解決に欠かせない存在となっているIT。この「ビジネスとITをつなぐ」かけはしの役割を担うリーダーになるためには、どんな素養、どんな覚悟が必要なのか。(2019/4/27)

任天堂、Switchは「依然として成長フェーズ」 中国市場にも期待
「Nintendo Switchのビジネスは依然として成長フェーズにある」「前期を上回るペースで普及が進むことを期待している」――任天堂の古川社長はそのように説明する。発売から3年目に突入したSwitchの販売戦略は。(2019/4/26)

第4次産業革命の現在地:
ITのタッチポイントとしての複合機、ビジネス変革進めるコニカミノルタの挑戦
コニカミノルタは2019年4月25日、複合機の新製品を発表するとともに国内での複合機事業の戦略を発表。合わせて、同社が推進するIoT基盤「Workplace Hub」の進捗状況について複数メディアによるグループインタビューを実施した。(2019/4/26)

Gartner Insights Pickup(106):
企業ビジネスのデジタル化は総力戦の段階に
デジタルトランスフォーメーションの推進には、企業の全ての部門が携わらなければならない。「組織文化」という抽象的なトピックに関する議論だけでは済まない、具体的な課題が数多く存在するからだ。(2019/4/26)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(10):
クラウドに対する淡い期待を5つ持っていませんか?――富士フイルム柴田氏が明かす、現実とのギャップの解消方法
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? 富士フイルムホールディングスの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/26)

マウス、Windows Server 2019を搭載した小型デスクトップサーバ
マウスコンピューターは、法人向けPC「MousePro」ブランドから小規模事業者向けの小型ビジネスサーバ「MousePro-SV250」シリーズを発売する。(2019/4/25)

被害は2万件以上、米国で横行するビジネスメール詐欺――FBI報告書が2018年インターネット犯罪報告書を発表
犯罪者が企業の電子メールアカウントに侵入し、経営者や取引先の担当者などになりすまして不正送金させる「ビジネスメール詐欺(BEC)」の被害が増大している。(2019/4/24)

ベンキュー、アイケア機能も備えたビジネス向け23.8型液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、フルHD表示に対応したオフィス向け23.8型液晶ディスプレイ「BL2480T」を発売する。(2019/4/24)

東芝とKDDIが海外IoTビジネスで提携 
両社のIoT基盤を連携させ、世界展開する顧客企業向けにIoT機器の通信接続からデータ収集、分析などをワンストップで提供して、事業の拡大につなげる。(2019/4/24)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(9):
Excelを探す旅から始め、物理サーバを探す旅に――フジテック友岡氏が語るリフト&シフトの難しさ
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。 一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? フジテックの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/24)

オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)
Redis Labsの2度のライセンス変更はフリーライドを防げるか
クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。(2019/4/24)

女性向けメディア「MERY」に電通が出資
MERYと電通が資本業務提携契約を結んだ。出資額は不明。若い女性向けに新たなメディアビジネスを強化するとしている。(2019/4/23)

積読(つんどく)にも効果あり:
ネット全盛だからこそ見直したい「運命の1冊」を探すプロセス
まとまった休暇には読書をしよう、と決意しても、思い通りにいかないことも多い。どんなビジネス書を選び、どう読んだらいいのか。書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」を運営する“選書”のプロに聞いた。(2019/4/23)

相次ぐキャンペーン なぜ決済ビジネスに各社は必死なのか?
各社は何を目指して決済ビジネスを必死に推進するのか。LINE、KDDI、ソフトバンクの各金融ビジネス担当者が、金融庁のイベントに登壇し、狙いを話した。(2019/4/22)

IoTエッジインフラの導入で選ばれるベンダーとは? 選定基準は「IoTの技術力」「業務の理解度」――IDC調べ
IDC Japanによると、IoTエッジインフラの導入、活用を検討する国内企業・団体は、ベンダー選定で「IoTの技術力」と「ユーザー業務の理解度」を重視することが分かった。今後、IoTエッジ製品の利用拡大が予測される中、ベンダーにとって、ニーズを踏まえたIoTインフラビジネスの展開が急務となる。(2019/4/22)

5Gの課題や、"さらにその先”にも言及:
「5Gはビジネスモデル構築の段階に」 ドコモ講演
NTTドコモの執行役員で5G(第5世代移動通信)イノベーション推進室室長の中村武宏氏は2019年4月12日、東京都内で開催された「Keysight 5G Sumimit 2019」のなかで、「5Gのリアルと未来」と題した基調講演を行った。中村氏は、「世界的にも5Gの商用化が前倒しされており、2019年から多数の国・都市で5G商用化が始まる。ドコモとしても、次のフェーズへ進まなければならない」と語り、商用化に向けた取り組みや今後の展望を説明した。(2019/4/19)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「共創ビジネスの実践」
「共創ビジネス」を実践し、成功に導く鍵は、顧客(共創パートナー)との間に「技術の共有」「価値の共有」「体験の共有」という3つの関係性を築くことです。その理由とは?(2019/4/19)

ネッツトヨタ瀬戸内、遊休車両を活用した従業員向け乗合通勤サービスを開始――富士通のMaaS基盤「SPATIOWL」で運用
ネッツトヨタ瀬戸内と富士通は、試乗車などの遊休車両を有効活用した従業員向けの「乗合通勤サービス」を開始。富士通のMaaS基盤「SPATIOWLオンデマンド交通サービス」上で、運転手と乗合希望者、遊休車両をマッチングする。運用ノウハウを基に、シェアリングビジネスへの参入も念頭に置く。(2019/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。