ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

きらぼし系「UI銀行」が始動、ネット専業「非対面で低コストに」
東京きらぼしフィナンシャルグループ傘下のネット専業銀行、UI(ユーアイ)銀行は17日、スマートフォン専用アプリを公開、個人向けサービスを開始した。デジタル化を加速し、店舗運営コストの削減やサービスの拡充につなげる。(2022/1/18)

待ち時間を「価値ある時間」へ:
トヨタグループの「アイシン」が美容商品を手掛けた理由 都内有名サロン6店舗とコラボ
大手自動車部品メーカーのアイシンが、美容業界に身を乗り出そうとしている。同社は空気中の水分子を目に見えないほど小さな水粒子に変換し、髪の内部と地肌に届ける装置「Hydraid(ハイドレイド)」を開発した。都内有名サロン6店舗と協働し、実証実験を兼ねた施術体験機会を3月から用意する。(2022/1/17)

ビックカメラ、ライブコマースに参入 SHOWROOMと資本業務提携
ビックカメラはライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOMと資本業務提携を結んだと発表した。コロナ禍で実店舗での売り上げが伸び悩む中、ライブ配信で商品を販売する「ライブコマース」に参入し、新たな顧客層の獲得を図る。(2022/1/14)

「ワクワク働けるお店」目指す:
ファミマが「がっつきメシ」を発売 全国11地域で異なる商品を店舗スタッフと開発
ファミリーマートは1月18日〜2月7日、各地域限定の「がっつきメシ」を販売する。店舗で働くスタッフが商品開発に参加する「ワクワク働けるお店」を目指した取り組みを推進しており、その一環となる。(2022/1/14)

東京ディズニーリゾートが園内でのお菓子・食品類販売を再開 1月17日から一部のパーク内店舗で
12月14日から公式アプリのみでの販売になっていました。(2022/1/14)

高機能で低価格:
「カジュアル領域で100億円を目指す」 AOKIが60万点用意した“JOYカジュアル”とは?
AOKIが21年10月にカジュアルアイテムシリーズの「JOYカジュアル(JOYカジ)」を発表した。店舗ではパジャマスーツに比べて“ひっそり”と陳列されている同シリーズは、一体どのような商品なのか。(2022/1/14)

西日本初出店:
スターバックス、ティービバレッジに特化した店舗を大阪・梅田にオープン
スターバックス コーヒー ジャパンは2月25日、大阪・梅田に「スターバックス コーヒー LUCUA 2階店」をオープンする。ティービバレッジに特化した店舗で、六本木、吉祥寺に続く3店舗目。(2022/1/13)

地域密着:
無印良品、手作りした「のり弁」を販売する新店舗オープン 入口付近には「焼きいも」も
無印良品を展開する良品計画は1月14日、地域密着型の小型店「MUJIcom 東池袋」(東京都豊島区)をオープンする。無印初となる中食サービス「MUJI Kitchen」を展開。手作りした「のり弁」や総菜などを販売する。(2022/1/13)

平日朝を除く:
神奈中路線バス、乗り放題チケットを発売 対象店舗利用で翌月0円
神奈川中央交通は神奈中グループ路線バスの全区間が乗り放題になるデジタルチケットを販売する。1カ月の料金は1万円。外出機会をつくり、地域経済や街の活性化につなげる施策として展開する。(2022/1/13)

千代田区二番町店:
「上島珈琲店」の新店舗 店内を“集中”“コミュニティ”でエリア分け
ユーシーシーフードサービスシステムは新店舗「上島珈琲店 千代田区二番町店」を1月14日にオープンすると発表した。(2022/1/13)

台湾で3施設目:
三井不動産、台湾南部に「三井アウトレットパーク 台南」をオープン
三井不動産は、台湾で3施設目、台湾南部には初進出となる商業施設「三井アウトレットパーク 台南」を2月25日にグランドオープンする。初出店34店舗、日系ブランド47店舗を含む約190店舗が集結する。(2022/1/13)

「ロックイン新宿」3月閉店へ 「飲食店同様、苦労していた」と山野楽器 SNSには惜しむ声続々
山野楽器は11日、新宿にある大型店舗「ロックイン新宿」を3月13日をもって閉店すると発表した。移転やリニューアル等の予定はない。(2022/1/12)

スマートリテール:
IoTタグで「冷蔵庫の中身」を可視化、食品ロス削減目指す実証実験開始
日本総合研究所は2022年1月11日、同社が設立した「SFC(スマートフードコンサンプション)構想研究会」の参画企業らで、生産者、小売店舗、消費者からなるフードチェーン各領域での食品ロス削減に向けた実証実験を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)タグなどの活用で、小売店舗だけでなく、消費者の自宅内でも食品ロス軽減に向けた取り組みを展開する。(2022/1/12)

今春オープン予定:
アルペン、新宿に史上最大の旗艦店舗「Alpen TOKYO」 ヤマダ LABI東口館跡地
スポーツ用品販売のアルペンは2022年春、グループ史上最大の旗艦店舗「Alpen TOKYO」をオープンする。場所は新宿東口のユニカビルで、20年10月に閉店したヤマダデンキ LABI新宿東口の跡地。(2022/1/11)

マクドナルドのハッシュポテトが一部店舗で販売休止に 1月13、14日には販売再開
ハッシュポテト、お前もか……。(2022/1/11)

地域密着を目指す:
無印良品、でき立ての弁当や総菜を提供する“初”サービスを導入 あたためたレトルトカレーの提供も
無印良品を展開する良品計画は、1月14日に新店舗「MUJIcom 東池袋」(東京都豊島区)をオープンする。無印としては初となる中食サービス「MUJI Kitchen」を導入する。(2022/1/11)

新スプーンに続く施策:
ファミマ、フォークを軽量化 プラ削減のために工夫したことは?
ファミリーマートは1月25日から、新しいデザインのフォークを関東地方、東海地方、甲信地方における8700店舗で取り扱うと発表した。プラスチック使用量の削減が狙い。(2022/1/11)

ドスパラ新店舗が鹿児島にオープン! 100人以上が列を作る人気
1月8日、サードウェーブの新店舗「ドスパラ鹿児島アクロスプラザ与次郎店」(鹿児島県鹿児島市)がオープンした。非常に開放的な店内が印象的だ。(2022/1/9)

週末に「へえ」な話:
「東京チカラめし」が香港で大当たり! 想定の2倍で売れている理由
かつてブームを起こした牛丼チェーン「東京チカラめし」が、香港に進出している。2021年6月に1号店をオープンしたところ、連日行列ができるほどの盛況ぶり。日本での店舗数は激減したのに、なぜ香港でウケているのだろうか。(2022/1/8)

太陽光パネルを初めて設置:
ジンズ、前橋市にサステナビリティを重視した新型店舗をオープン 野菜の無人販売も
ジンズは、同社のサステナビリティ推進を体現した新しいロードサイド型店舗「JINS前橋小島田店」(前橋市)を1月14日にオープンする。地域社会との新しい関係構築も目指す。(2022/1/7)

1月9日から1カ月間程度:
日本マクドナルド、「マックフライポテト」M・Lサイズを再び休売 原材料の輸入に遅延
日本マクドナルドは「マックフライポテト」のM・Lサイズの販売を再び休止すると発表した。原材料であるポテトの輸入が遅延しているため。全国2900店舗が対象で、期間は同月9日から1カ月程度だという。(2022/1/7)

1月11日から:
イトーヨーカドー、バレンタインフェアで「2000円」以上の商品を拡充 ご褒美需要に対応
イトーヨーカ堂は、1月11日から全国のイトーヨーカドー128店舗でバレンタインフェアを開催する。より高額な商品のラインアップを拡充する。(2022/1/7)

今春を予定:
GINZA SIXが開業5周年、「DIOR」の期間限定ショップなど19店舗がオープン
銀座の商業施設「GINZA SIX」は、開業5周年を記念して新店舗をオープン。4〜5階フロアを中心に、旗艦店6店を含む19店舗が入店する。(2022/1/7)

YouTuber経由の告発で発覚:
セブン-イレブン、賞味期限切れのおでん販売で謝罪 全店舗、一斉調査へ
セブン-イレブン・ジャパンが一部店舗で賞味期限切れのおでんを販売していたとして謝罪した。同社は所管の保健所に一連の経緯を報告した上で、販売個数など詳細について調査を進めている。現時点で健康被害は確認されていないという。(2022/1/7)

レンタルジムサービス「THE PERSON」、登録ジム数1000店舗を突破 10カ月で2倍に
 ジムのシェアリングサービスやトレーニング事業を展開するstadiums(東京都渋谷区)は1月6日、レンタルジムサービス「THE PERSON」の登録ジム店舗数が1000店舗を突破したと発表した。(2022/1/7)

Tesla、新疆ウイグル自治区に販売店 米議員ら批判
米Teslaが中国新疆ウイグル自治区に販売店を開設したことが明らかになった。米政府が中国当局による少数民族ウイグル族への弾圧を非難する中、同自治区に出店するのは「弾圧の隠蔽に加担」していると米議員らから批判を浴びている。(2022/1/6)

ビックカメラ、GOLDEN CONCEPTの高級Apple Watchケースを3店舗で販売
ビックカメラは、スウェーデン発のラグジュアリーブランド「GOLDEN CONCEPT」の高級Apple Watchケースを販売開始。有楽町店、ビックロ、池袋SELECTの3店舗で取り扱う。(2022/1/5)

牛乳の消費拡大を応援:
ローソン、「ホットミルク半額」の結果を発表 販売数ランキング1位は茨城県
ローソンは、2021年12月31日〜22年1月1日に全国のローソン店舗で半額にて提供した「マチカフェ ホットミルク」の販売量を発表した。コロナの影響で需要が減少した牛乳の消費量拡大を応援するのが目的だった。(2022/1/5)

「中部国際医療センター」内に:
TSUTAYA BOOKSTOREが医療施設内に初オープン 岐阜・中濃エリアに1月4日から
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)蔦屋書店カンパニーと伊藤商会は、「TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター」をオープンした。書籍や文具を扱うほか、タリーズコーヒーを併設、ファミリーマートと一体型の店舗となっている。(2022/1/4)

出店を加速:
ファミマが掲げる“無人1000店” 小型・無人化で開拓する新たな商圏とは?
コロナ禍の影響もあって注目を集めている無人決済店舗。その導入で1歩リードしているコンビニが、ファミリーマートだ。なぜファミマは導入を加速させているのか。担当者に聞いた。(2022/1/4)

独自メニューに「みたらしラテ」:
スタバを超える? シンガポール発「Flash Coffee」が人気のワケ
シンガポール生まれのコーヒーチェーン「Flash Coffee(フラッシュコーヒー)」が、表参道に日本1号店をオープンした。2020年1月に創業したばかりだが、アジア7つの国と地域に200店舗以上を展開している。創業者でありCEOのDavid Brunier(デイビット・ブルニエ)氏と、日本事業の責任者である松尾ポスト脩平氏に事業戦略を聞いた。(2022/1/3)

駅構内の専用ロッカーで、近隣店舗の商品受け取り 大阪メトロ「デポる。」開始
 大阪メトロは12月24日、駅構内に設置した専用ロッカーで近隣店舗の商品を非対面で受け取ることができる新サービス「デポる。」をスタートすると発表した。(2021/12/29)

売れっ子定員も登場:
【まとめ】無人店舗元年! 2021年にはどのような店舗がオープンしたのか?
2021年に盛り上がったビジネスの1つに「無人店舗」が挙げられるだろう。コロナ禍で対面接客が減らせたり、人件費削減につながったりと多くの利点があり、DX文脈でも注目を集めていたように感じる。今年、筆者が取材した3つの無人店舗を紹介していく。(2021/12/28)

オークラ建て替えで「格落ち」に移動 久兵衛が敗訴
ホテルオークラ東京の建て替えに伴って店舗がメインエリアから外されたのは「格落ち」だとして、高級すし店「久兵衛」がオークラ側に1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、訴えを退けた。(2021/12/27)

帰省や旅行でも「給湯器」の電源は抜かない 故障の予防に
コロナ禍の影響で給湯器が品不足になり、交換は数カ月待ちというケースも珍しくない。そんな状況で日本列島を襲った寒波。メーカーや販売店による対策をまとめた。(2021/12/27)

iPhone購入者にはAir Tagも先着プレゼント:
Appleが2022年の「初売り」を開催 「Apple Gift Card」をプレゼント
Apple Storeが2022年1月2日と3日に「初売り」を開催する。対象商品を購入すると、3000〜2万4000円分の「Apple Gift Card」がもらえる。実店舗、Web、アプリ、電話全ての窓口が対象となるが、アプリでの購入時、各種分割払いの利用時には注意が必要となる。(2021/12/27)

ネット販売も強化:
イオン、初売り「2022新春祝市」を年内から順次開催 「自宅に集まって過ごす」ニーズに対応
イオンリテールは12月27日から、「イオン」「イオンスタイル」など約360店舗で「福袋」や「福企画」を順次販売する。自宅で集まって過ごすニーズなどに対応する。(2021/12/27)

auが新年に「2022 初売り」開催 機種代金を最大1万6500円引き 最大20%のPontaポイント還元も
auが、2022年1月1日から11日まで初売りキャンペーンを開催する。対象店舗において、機種変更で対象機種を購入すると最大1万6500円の割り引きを受けられる他、機種代金を「au PAY」で支払うと最大20%のPontaポイントが還元される。(2021/12/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
デジカメの供給不足は「深刻」 メーカーと販売店に聞いた
2021年、カメラメーカーが相次いで出した供給不足に関するリリース。あるカメラ専門店も「カメラ・レンズともに供給不足は深刻です」としている。(2021/12/26)

メルカリが商品梱包を代行 店舗に持って行くだけ 手数料は300円
メルロジはが商品の梱包と発送を代行するサービスの実証実験を始めた。2022年3月31日までメルカリステーションで受け付ける。手数料は300円。(2021/12/24)

今日のリサーチ:
「Google ビジネスプロフィール」の多店舗事業者における認知度は7割超――SO Technologies調査
多くの店舗を運営する事業者にとって「Google ビジネスプロフィール(旧Google マイビジネス)」は気になる存在になっている一方、運用には課題もあるようです。(2021/12/24)

記者が試してみた:
ファーストキッチンの「顔認証決済システム」 派手メークでも「本人」と認証できるのか?
ファーストキッチンは都内3店舗にて、顔認証決済システムを導入した。2月28日までは実証実験の期間とする。顔認証の精度はどこまで高いのか? 派手メークでも「同一人物」と認証されるか、試してみたところ……(2021/12/24)

withコロナ:
木下グループがPCR検査価格2300円のセンターを東京・浜松町で開業、1日380件に対応
木下グループは、同社が展開する店舗来店型の「PCR検査センター」として41軒目となる「PCR検査センター 浜松町店」を東京都港区でオープンした。PCR検査センター 浜松町店は、他の店舗に比べてPCR検査件数が多い「PCR検査センター 羽田空港店」への利用者の集中を緩和することが期待されている。(2021/12/24)

povo2.0の「#ギガ活」対象店舗/サービスが変更 TELASAやauブックパスが追加に
KDDIは、povo2.0で実施している「#ギガ活」の対象店舗/サービスを変更。auPAYの支払いでは新たにTELASAやauブックパスなどが追加になり、店舗/サービスの利用ではGALLEIDOや坂田給油所などが追加される。(2021/12/23)

製品動向:
販売エリア・店舗車両・顧客分析データを提供する新サービス、Share Tommorrow
Share Tommorrowは、移動型の店舗となる車両や販売するエリア、顧客情報の分析データで構成されるサービス「MIKKE!」を開発し、2021年11月20日に提供を開始した。(2021/12/23)

OCN モバイル ONEのみ:
一部の量販店が「ドコモのエコノミーMVNO」を取り扱い 12月24日から
ドコモショップで契約できることが強みの「ドコモのエコノミーMVNO」が、12月24日から一部量販店のドコモカウンター(ドコモコーナー)でも契約者できるようになる。ただし、取り扱うのはNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」だけで、運営企業によって取り扱い店舗数に“濃淡”がある。(2021/12/22)

小田急沿線:
ベーカリー「HOKUO」全39店舗、2月に営業終了 一部はドンクに譲渡
北欧トーキョーは、小田急沿線に出店しているベーカリー「HOKUO」全39店舗の営業を、2022年2月28日に終了する。一部は、ドンクが引き継ぐ。(2021/12/22)

3年連続1位:
ローソンの「からあげクン」、2021年に最も売れた都道府県は?
ローソンは、全国約1万5000店舗のローソンおよびナチュラルローソン店舗のPOSデータをもとに都道府県別の商品販売高ランキングを発表した。同社の看板商品「からあげクン」が最も売れている都道府県は? そのほか、おにぎりや菓子パン、冷凍デザートが売れている都道府県も調査した。(2021/12/22)

大晦日に通常販売再開へ:
日本マクドナルド、「マックフライポテト」のM・Lサイズを販売休止へ 原材料の輸入遅延で
日本マクドナルドは12月24日から30日まで「マックフライポテト」のMサイズとLサイズの販売を一時的に休止すると発表した。原材料であるポテトの輸入が遅延しているため。全国2900店舗が対象で、同社は31日午前10時30分に通常販売の再開を目指す。(2021/12/21)

真のユニファイドコマースが進まない理由
小売業が生き残るには“伝統的な”今のPOSシステムをどう変えるべきか
消費行動のオンラインシフトが進み、リアル店舗苦境の時代にある。ECとリアル店舗を統合して顧客エンゲージメントを向上させるためには、今後、店舗にどのような投資が必要なのか。時代の変化に即応できるプラットフォームの構築方法とは。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。