ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

秋葉原などのメイドカフェ、ビデオ通話でリモート接客 約60店舗でスタート
東京・秋葉原などのメイドカフェが、リモートでの接客を開始。当初は秋葉原・大阪・名古屋エリアの約60店舗に対応。ユーザーは専用サイトで店員を選び、ビデオ通話などで会話できる。(2021/1/25)

全国のスターバックス店舗で「PayPay」「LINE Pay」が利用可能に 1月27日から
1月27日から、全国のスターバックス店舗で「PayPay」「LINE Pay」が利用可能に。「LINE スターバックス カード」などに加え、より豊富なキャッシュレス支払い手段を選べるようになる。(2021/1/25)

スタバが「PayPay」「LINE Pay」に対応 1月27日から 交通系電子マネー対応に続き
全国のスターバックスの店舗で1月27日からモバイル決済サービス「PayPay」と「LINE Pay」が使えるようになる。(2021/1/25)

コード決済J-Coin Payの加盟店拡大 ただし店舗数ではPayPay先行
銀行系のコード決済が徐々に拡大している。みずほ銀行が提供するコード決済サービス「J-Coin Pay」は、新たに全国3200の加盟店が増加した。(2021/1/25)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

開店前の1時間:
3密回避で店舗を貸し切り アウトドア専門店が「No密」サービス開始
アウトドア用品販売店などを運営する好日山荘は、店舗を貸し切って買い物ができるサービスを開始すると発表した。新型コロナウイル感染拡大により、人との接触が避けられる中、密にならないサービスとして展開する。(2021/1/21)

1月22日から応じる店舗も:
東京都、時短協力金の支給拡大 大企業も対象に、1日6万円
東京都は、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした営業時間短縮要請について、協力金の支給対象を拡大する。新たに1月22日から要請に応じる事業者や、これまで対象外だった大企業にも1店舗当たり1日6万円を支給する。(2021/1/21)

マスク着けたまま顔認証、マスクなしと同等の精度99%を実現 富士通がレジなし店舗に導入
富士通研究所は1月21日、マスクを着けていても、着けていない時と同等の精度で顔認証できる技術と、手のひらをかざすだけで本人を特定する静脈認証技術を組み合わせ、非接触で本人を特定できる新たな認証技術を開発したと発表した。(2021/1/21)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

一定の役割を果たした:
ファミマがフィットネス事業を売却 1号店オープンから3年で
ファミマは2018年からフィットネス事業を展開している。現在、5店舗が存在する。他社に事業を売却することになった。(2021/1/20)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
デジタルネイティブ世代の顧客を見据え、スマートリテールを構築する方法とは
オンラインショップが台頭する今、流通業者はいかに魅力的な実店舗を再構築するかを問われている。さまざまなアプローチがある中で、特にデータ主導による顧客ニーズの把握は不可欠となるが、その実現には課題もある。(2021/1/19)

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」で大量閉店 1月17日に14店舗が一斉撤退
2021年1月17日に14店舗、昨年末からでは計18店舗が閉店している。(2021/1/19)

マスクドットコムラグジュアリー:
コックスがマスク専門店を大丸で展開 100万円の”ダイヤモンド”や”パール”マスクも
イオングループのコックスは1月19日、ファッションマスク専門店「Mask.com Luxury」(マスクドットコムラグジュアリー)の期間限定ショップを大丸3店舗に出店すると発表した。(2021/1/19)

利便性向上へ:
スマホ決済「ユニクロペイ」開始 全国の店舗に展開、公式アプリに新機能
ユニクロは、新キャッシュレス決済サービス「UNIQLO Pay(ユニクロペイ)」を開始した。公式アプリの新機能としてサービス提供し、店舗での買い物の利便性を高める。(2021/1/19)

スーパー「ライフ」、AIによる需要予測を導入 生鮮食品などに対応
スーパーマーケット「ライフ」が、商品の需要をAIで予測するシステムを導入する。2月までに全278店舗での稼働を予定する。(2021/1/19)

「ベスト電器」消滅……ヤマダHD、家電子会社合併
ヤマダHDがベスト電器やマツヤデンキといった家電7社をヤマダ電機に吸収合併。各社の店舗の屋号(店名)は当面、維持するが、「株式会社ベスト電器」など、吸収される企業の社名はなくなる。(2021/1/19)

aiboに2021年限定カラー 「黒ごま エディション」が2月1日に発売
ソニーは、2月1日に犬型ロボット「aibo」2021年限定の特別カラーモデル「aibo 黒ごま エディション」を発売。ソニーストアオンラインとソニーストア直営店舗で注文受付する。(2021/1/18)

ローソン、ミニストップで「ロト6」などの宝くじ6種類が購入可能に コンビニでの全国展開は初
既にファミリマートの一部店舗では導入されていましたが、全国展開は初めてです。(2021/1/18)

「白木屋」「魚民」など居酒屋チェーン運営のモンテローザ、都内61店舗を閉店
「20時までの営業では事実上、店舗の運営は困難」。(2021/1/15)

24年までに30店舗展開目指す:
富士通、手ぶらで入れる「レジなしコンビニ」の実証実験を開始 生体認証技術を活用
富士通は1月15日、病院内などでコンビニを運営する光洋ショップ-プラス(横浜市)とレジなし店舗の実証実験を開始した。光洋が運営するコンビニエンスストア「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」に実装する。(2021/1/15)

都内店舗の2割:
モンテローザ、都内61店舗を閉店 時短営業に苦慮、固定費削減へ
「白木屋」「魚民」などの居酒屋を展開するモンテローザは、東京都内の61店舗を閉店する。都内337店舗のうちの2割弱に当たる。営業時間短縮要請に応じながら事業を継続させるため、大量閉店を決めた。(2021/1/15)

「New ポケモンスナップ」予約受付始まる 販売店ごとの特典に前作パッケージのクリアファイルなど
ポケモン社は1月15日、Nintendo Switch用ソフト「New ポケモンスナップ」の予約受付を開始した。公式サイトでは販売店ごとに異なる予約・購入特典を公開している。(2021/1/15)

【実食レビュー】ファミレスにいちごの季節がやってきた! 「デニーズ」「ココス」「ロイヤルホスト」のパフェを食べ比べてみました
3店舗の個性が光るパフェを食べてみました。(2021/1/15)

ビックカメラ、抽選で全額還元 コロナ禍での家電製品のニーズ変化に対応
ビックカメラが、直販サイトや店舗でPCやテレビなどを購入した人を対象に、抽選で支払い額の全額相当のビックポイントを還元するキャンペーンを始めた。(2021/1/15)

鼻毛脱毛周期にあわせて出店:
駅でこっそり鼻毛処理 1.5坪の専門店が大阪メトロに出店 東京ではリピーター続出
都営地下鉄の駅構内で鼻毛脱毛の専門店を展開する「ekibana 3分エチケット」が1月4日、大阪メトロ 御堂筋線のなかもず駅構内に出店した。固定店舗を持たないブース型の店舗で、通勤や通学、買い物時など、駅を利用する合間に立ち寄れる形式を採用。自分で鼻毛処理ができない人の需要を狙う。(2021/1/15)

人工知能ニュース:
小売店舗の商品棚をチェックできるAIロボットサービスを提供開始
日本ユニシスは、小売店舗の商品棚をチェックできるAIロボットサービス「RASFOR」の提供を開始した。自律走行型AIロボットがスーパー閉店後に商品棚の画像を撮影することで、売価やPOP期限、品切れをチェックできる。(2021/1/15)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

NEC、生体認証と連携するIDプラットフォーム 入退室管理や店舗決済を自動化
生体認証と社員番号などのIDを連携し、オフィスや商業施設の入退室館理や店舗での決済などを自動で行えるクラウドサービスをNECが提供。価格は月額50万円(税別)から。(2021/1/14)

追加の7府県:
緊急事態宣言が大阪や愛知に拡大、ゴールドジムやコナミ、エニタイムの対応は? 会費を割引くジムも
2度目となる緊急事態宣言。1月13日には対象地域が大阪、兵庫、奈良の関西3府県と愛知、岐阜、栃木、福岡に拡大した。各スポーツクラブは、首都圏と同じ対応をとる店舗がある一方、慎重な動きを見せる企業もある。(2021/1/14)

Suicaなど9種類:
スターバックスが交通系電子マネーに対応 他のカフェチェーンは?
スターバックス コーヒー ジャパンは1月13日、全国の店舗でSuicaなどの交通系電子マネーに対応したと発表した。1月6日から使えるようになったという。(2021/1/14)

「Soup Stock Tokyo」が一部店舗で離乳食を無料提供 Twitterで絶賛の取り組みはなぜ始まった? 同社に聞いた
「鯛出汁のおじや」めちゃくちゃおいしそう。(2021/1/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DX推進は、いかに戦略と体制を確立し、人材を育成するかが成功のカギ――サツドラ独自のDX戦略とは
AIカメラなどの先端テクノロジーの活用や異業種連携により、店舗のデジタル化にいち早く乗り出したサツドラ。コロナ禍では、AIカメラソリューションをわずか2週間で共同開発した。サツドラ独自のDX戦略を学ぶ。(2021/1/13)

2月7日まで:
串カツ田中、関西・東海など7府県でも直営店休業 首都圏と合わせて109店舗
串カツ田中ホールディングスは、首都圏1都3県に続いて、関西・東海地方など7府県の直営25店舗を1月12日から休業する。緊急事態宣言の対象地域は拡大される見通し。自治体からの営業時間短縮要請などを受け、休業店舗の拡大を決めた。(2021/1/12)

買い物需要を喚起:
モバイルTカードでポイントが2倍に Tポイント・ジャパンがコロナ禍の買い物需要を喚起
Tポイント・ジャパンは1月12日、全国の対象店舗で、モバイルTカードを提示して買い物をすると、ポイントが2倍になるキャンペーンを実施すると発表した。コロナ禍で人との接触を控えた買い物が求められる中、キャンペーンを実施し加入者増を狙う。(2021/1/12)

カラオケ館が「室料無料」のキャンペーン実施 1都3県の店舗が対象
カラオケ館は「室料無料」の緊急キャンペーンを2月7日まで実施すると発表した。(2021/1/8)

goo地図に混雑状況を表示 スーパーやコンビニなど約4000店舗対応
NTTレゾナントが地図情報サイト「goo地図」でスーパーやコンビニなどの混雑状況を表示するサービスを始めた。都内約4000店舗が対象。(2021/1/8)

『黒執事』15周年&電子化記念に1〜30巻を96時間限定で無料公開 Kindleストアなど35店舗で配信中
『黒執事』の最新巻まで一気に読める!(2021/1/8)

緊急事態宣言に対応:
スタバ、首都圏は午後8時閉店へ マクドナルドは夜の客席利用中止
スターバックスコーヒージャパンは1月12日から、首都圏の店舗で午後8時までの短縮営業を実施する。日本マクドナルドは午後8時以降の店内客席の利用を中止。7日に発令された緊急事態宣言に伴う自治体からの要請に対応する。(2021/1/8)

ビックカメラ、ヤマダ電機ら家電量販店が時短営業へ 緊急事態宣言受け
ビックカメラグループとヤマダホールディングスが、政府の緊急事態宣言に対応し、8日から当面の間、対象地域にある店舗の営業時間を午後8時までに短縮すると発表した。(2021/1/7)

顧客と従業員の安全を守る:
スーパーの「ライフ」が首都圏全121店舗のチラシを自粛 緊急事態宣言を見据えた対応
食品スーパー大手のライフコーポレーションがチラシを自粛する。期間は1月9〜11日。店内が密になるのを防ぐ。(2021/1/7)

緊急事態宣言に対応:
三越伊勢丹、そごう・西武が閉店時間を前倒し 1月8日から
三越伊勢丹ホールディングスとそごう・西武は1月8日から、首都圏の店舗で営業時間を短縮する。三越伊勢丹は6店舗、そごう・西武は8店舗で閉店時間を前倒しする。(2021/1/7)

営業時間の短縮:
ワタミとコロワイド、緊急事態宣言の発令を見据えた対応を発表 一時休業の店舗も
緊急事態宣言が1都3県に発令される見込み。ワタミとコロワイドがそれぞれ対応策を発表した。(2021/1/6)

混雑可視化で「3密」対策:
“広すぎる”売り場、アプリで案内時間を40%削減──カインズ流、IT変革の全貌を“デジタルアレルギー”だった旗振り役に聞く
2020年4月、緊急事態宣言の発令によりホームセンターのカインズにはマスクやトイレットペーパーを求める買い物客が殺到した。特に混雑が目立った浦和美園店にて、店内の混雑状況を店頭のデジタルサイネージとスマホアプリでリアルタイムに表示するIoT実証実験を開始。その他にも専用アプリから決済して店頭やロッカーで商品を受け取る仕組みを展開するなど、カインズではさまざまなデジタルソリューションを通して、感染対策と顧客体験の向上を図っている。デジタル化施策の方針や、“お客さま・従業員ファースト”でITを活用しているという店舗づくりについて話を聞いた。(2021/1/13)

VR空間に「@cosme」売り場が登場 KDDIとアイスタイルが提供 化粧品の説明やテスターをリアルに再現
KDDIとアイスタイルが、化粧品を扱うバーチャル店舗「@cosme TOKYO -virtual store-」をVR空間上にオープンする。スマホカメラを使ってARやVRを体験できるアプリからアクセスできる。(2021/1/6)

すでに170社以上が出品:
「売らなくてもいい」「体験の場を提供」 4カ月で560万の“接点”を生んだ店「b8ta」はリテールの価値を変えるか
2020年8月に日本進出した体験型店舗「b8ta(ベータ)」。オープンから4カ月間、2店舗で累計約560万の“商品と客の接点”が生まれた。販売ではなく、新しい発見や体験を提供する店づくりとは? 企業にとっては他では得られない“客の声”が集まる利点もある。(2021/1/2)

1年を振り返る:
PS5、ニンテンドースイッチ、鬼滅グッズ 2020年「転売ヤ―の経済学」
2020年は、商品を買い占めて高値でネット転売をする「転売ヤー」が最も目立った年でもある。PS5、ニンテンドースイッチ、鬼滅グッズなど転売の実情を振り返る。メーカーが販売店に強く出られない事情とは?(2020/12/29)

コースターやバスマット:
ニトリの珪藻土商品、回収対象が355万個へ拡大 店舗に相談カウンター設置
法令の基準を超えるアスベストが含まれていたとして、バスマットなど珪藻土商品の回収を発表したニトリホールディングス(HD)は12月25日、全ての珪藻土商品の検査が終了したと発表。すでに発表した商品と合わせて、回収対象は23製品、355万個超となる。(2020/12/26)

楽天の営業管理システムに不正アクセス 店舗情報の一部などが第三者に閲覧された可能性
セキュリティ設定の不備により、2016年から第三者がアクセスできる状態になっていたとのこと。(2020/12/25)

アスベスト報道受けて:
珪藻土マット「安全に使える」 沖縄の販売店が発信
ニトリが扱う珪藻土のバスマットなどに法令の基準を超えるアスベストが検出されたことを受けて、沖縄県内で展開するディスカウントストアの「ビッグワン」は、Webサイト上で自社が扱う珪藻土のバスマットにアスベストが検出されなかったと報告した。(2020/12/25)

ロボット開発ニュース:
店舗厨房内でのパスタ調理を完全自動化するロボット、最終製品を開発中
TechMagicは、プロントコーポレーションと共同開発中のパスタ調理ロボットについて発表した。具材選びから始まる一連のパスタ調理工程を完全に自動化する同ロボットは、現在、原理検証が完了し、店舗導入に向けて最終製品を開発している。(2020/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。