ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

サークルKサンクスでは販売していた:
ファミマがこっそり「焼き芋」の実験販売をしていた! セブンとローソンは……
都内の店舗でファミマが「焼き芋」の試験販売をしている。専用機で、できたてを提供。全国販売される日はくるのか。(2020/1/25)

いきなりステーキが一部店舗でついに“食べ放題”提供開始 他店舗への展開は「動向を見て検討します」
60分3980円は高い? 安い?(2020/1/24)

ロボットは居酒屋でどんな接客をしているのか 池袋の「ロボ酒場」で確かめてみた
居酒屋チェーンを運営する養老乃瀧が、ロボットが接客を行う「ロボ酒場」を池袋にオープン。ロボットがビールやハイボールを提供してくれるというが、実際どうやっているのか。店舗に行って確かめてみた。(2020/1/23)

新色も4月に追加:
楽天モバイルが超小型eSIMスマホ「Rakuten Mini」を先行発売 全国6店舗で
楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。(2020/1/23)

5Gで自動運転車に動画広告をリアルタイム配信 実証実験が狙う効果は?
サッポロ不動産開発、NTT Comらは、北海道札幌市の「サッポロファクトリー」で、5Gを活用して遠隔運転で動く車両のデジタルサイネージに店舗の動画広告を配信する実証実験を行う。日程は2020年1月22日〜23日。併せて、人流解析ソリューションによる広告効果も測定する。(2020/1/22)

インスタ映えで客殺到の裏にアルバイト管理の苦悩……カフェ店舗経営の課題を解決したテクノロジー
インスタ映えで人気の「MIRlitonCafe」店長に聞く、シフト表作成の手間を大幅に減らしたテクノロジーとは?(2020/1/22)

接客に集中できる:
PR:フィットネスクラブが「会員カード」を廃止!? 「顔認証システム」はなぜ従業員の負担を減らし会員の満足度を向上できたのか
フィットネスクラブでチェックインの手続きをする際、会員カードを使うのが一般的だ。しかし、「フィットネス&スパ あすウェル小田急相模原」(神奈川県座間市)では、顔認証システムを導入することで、店舗運営における従業員の負担低減と、利用者の満足度向上を両立させている。業界では先進的な取り組みだ。「ハイクオリティなサービスをお手頃な価格で提供する」というコンセプトに欠かせない、顔認証システムの全貌に迫る。(2020/1/22)

佐藤可士和氏がデザイン:
くら寿司が新しいロゴを発表 バラバラだったロゴを統一する狙いとは
くら寿司がロゴを刷新する。グローバル展開を加速させるために各国のロゴを統一する。2030年までに全世界の店舗数を現在の495店から1000店まで増やす。(2020/1/21)

Mobile Weekly Top10:
“不適切なメモ”でドコモが謝罪/「auデータMAXプランPro」が値下げ
とあるドコモショップで店員がやりとりしたメモが波紋を呼んでいます。しかし、そのメモに書かれたことは、ドコモに限らず全キャリアの販売店で長年問題になっていることでした……。(2020/1/21)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
なぜ今も繰り返される? 販売店での「オプションのベタ付け」問題
先日、あるドコモショップで「オプションサービスのベタ付け」にまつわる問題が発生し、当該ショップの委託元であるNTTドコモと、運営元(委託先)の兼松コミュニケーションズが謝罪する事態に追い込まれました。他キャリアで問題になった「SDメモリーカードの分割払い販売」と合わせて、実は以前から度々発生しているものなのですが、一体なぜなくならないのでしょうか……?(2020/1/21)

2020年の飲食トレンド「おもて無しグルメ」とは?
グルメ情報サイト「ホットペッパーグルメ」を運営するリクルートが、2020年の飲食トレンドを発表した。それは「おもて無しグルメ」。おもてなしであるサービス部分を簡略化し、その分料理の美味しさを追求した店舗を指す。(2020/1/20)

すかいらーくHDが全店舗で24時間営業を廃止 「女性やシニアが活躍する社会の実現」のため
24時間営業、今後どんどん減っていきそう。(2020/1/20)

2月1日から:
PayPay、40%還元キャンペーン 牛丼3社やコカ・コーラ自販機と連携、利用者拡大へ
PayPayは2月、対象の飲食店などで購入金額の40%を還元するキャンペーンを実施する。牛丼3社やコカ・コーラの自販機など、全国展開する店舗での支払いが対象。キャッシュレス決済の利用者拡大を図る。(2020/1/17)

PayPay、大手飲食店・自販機で使うと40%還元 牛丼御三家、日高屋、Coke ONなど対象
一部飲食チェーンや自動販売機でPayPayを利用した顧客に、決済額の40%相当の「PayPayボーナス」を付与するキャンペーンが始まる。時期は2月1日〜29日。対応する店舗と機種は、吉野家、松屋、すき家、サンマルクカフェ、Coke ONなど。(2020/1/17)

スマートリテール:
RFIDを活用した店舗での情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開
大日本印刷は、ICタグを活用した情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開した。店舗でのRFID活用によるダイナミックプライシングと広告配信効果、家庭内での新サービスの可能性などを検証した。(2020/1/17)

QRコード決済を使える店鋪は「PayPay」が大差でトップ ICT総研調べ
ICT総研は、1月16日にQRコード決済の利用可能店舗数に関する調査の結果を発表した。QRコード決済事業者4社(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、d払い)を比較したところ、PayPayが次点に大差をつけてトップとなった。(2020/1/16)

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
実は“時代遅れ”じゃなかった 低迷していた明治の牛乳宅配はなぜ再成長してるのか
スーパーやコンビニの台頭で低迷していた明治の牛乳宅配。「宅配専用の機能性商品の開発」と「宅配販売店の営業力強化」で再成長。どういった点がお客に支持されているのか。(2020/1/16)

TSUTAYA、ポケモンGOのスポンサー契約を終了 ジムやポケストップを消去
TSUTAYAがスマートフォンゲーム「ポケモンGO」のスポンサー契約を終了すると発表した。全国のTSUTAYA店舗に設置しているポケストップやジムは1月20日に消去される。(2020/1/15)

Oracle EPM Cloudで損益表作成が10日間から2時間に ビームスが「脱・表計算」
セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスホールディングスは、Oracleのクラウド型経営管理ソリューションを導入し、店舗と事業部の損益表作成業務を効率化して、早期開示を実現。経営層や事業本部長に精緻な経営指標をタイムリーに報告できるようになった。(2020/1/15)

店舗の省人化に有効か:
ロボットが接客する「ゼロ軒めロボ酒場」を養老乃瀧がオープン 多店舗化も検討
居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧がロボット酒場をオープン。ロボットが接客をしたりドリンクを作ったりする。実証実験の結果を踏まえて多店舗化も検討する。(2020/1/15)

MONOist 2020年展望:
小売店舗が主導するリテールAI、業界横断の取り組みで閉塞状況の打破へ
労働力不足の影響が顕著になっている小売店舗は、IoTやAI、ロボットといったデジタル技術の活用による業務効率化が喫緊の課題だ。その中でも、カメラで撮影したデータから小売店舗内における顧客の購買行動や動線などを分析する「リテールAI」が注目を集めている。(2020/1/15)

アパレルブランド「BEAMS」、損益計算書の作成にOracle Cloud導入 作業時間を10日から2時間に
日本オラクルが、アパレルブランド「BEAMS」を展開するビームスHDに「Oracle EPM Cloud」を提供した。ビームスHDは、店舗と事業部での損益計算書の作成に同ツールを使用。作業時間を従来の10日間から2時間に短縮した。(2020/1/14)

脱「ドラッグストア」?:
池袋のマツキヨが「アミューズメント」化! 男性向け化粧品を強化した“体験型店舗”に 実際に行ってみた
2019年秋、池袋のマツキヨがリニューアル。「体験型店舗」を掲げ、旧来のドラッグストア像から脱却を狙う施設となっている。男性向け化粧品も充実し、これまでにない客層も狙う。どんな店になっているのか、実際に行ってメーク体験もしてきた。(2020/1/14)

Yahoo!ショッピング、5〜10%のPayPayボーナスが付与されるセールを実施
ヤフーは、1月11日〜1月15日に「ワイ!ワイ!SALE」を開催。期間中に「Yahoo!ショッピング」などの対象店舗で買い物をすると、対象金額の5〜10%のPayPayボーナスライトが付与される。(2020/1/10)

ゲオモバイルが1月11〜13日に週末限定セール iPhone 7が約2万円に
ゲオは、1月11日〜13日に全国のゲオモバイル23店舗で「週末限定セール」を開催。各キャリアの「iPhone 7」やauの「Xperia XZs SOV35」など、対象商品を最大30%オフで提供する。(2020/1/10)

サイゼは「ラム」、富士そばは異色そば:
松屋が「シュクメルリ」を全国販売 外食チェーンに押し寄せる“珍”メニューの波、いずれも人気
松屋が1月14日から、ジョージアの料理「シュクメルリ」の全国販売を開始する。19年12月に一部店舗でテスト販売していたが、好評を博して全国販売へと踏み切った。「松屋世界紀行」というシリーズで、今後もこうした世界のメニューを展開することも予定しているという。松屋以外でも、世界の“珍”メニューの導入が始まっている。(2020/1/10)

無人の店舗狙ったコインランドリー窃盗相次ぐ 利用状況が確認できるIoTシステム逆手に
首都圏のコインランドリーチェーン店では2019年8月から、精算機が壊され現金が奪われる窃盗事件が相次いだ。犯行グループは公式Webサイトで公開されている店内の利用状況をリアルタイムに確認し、無人の店舗を狙って犯行に及んでいた可能性がある。(2020/1/9)

スマートリテール:
コンビニ実験店舗に設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供
NECは、セブン-イレブン麹町駅前店に対し、設備の稼働管理や商品棚定点観測サービスを提供する。設備の故障の予兆検知や棚の状況把握などにより、店舗運営を効率化する。(2020/1/9)

幸楽苑、51店舗を閉店へ 水害の経験踏まえ収益力を強化、人手不足にも対応
人手不足の中、人材の有効活用も狙いとのこと。(2020/1/6)

au PAY、家電量販店で20%還元キャンペーン 最大1万ポイントを付与
家電量販店の対象店舗で「au PAY」を使って支払うと、最大20%のau WALLET ポイントを還元するキャンペーンを実施中。期限は1月13日まで。最大1万ポイントを付与する。(2020/1/6)

「もはやコスト」――デジタル化で来客数減る銀行支店 店舗の有効活用に頭を悩ます
銀行の店舗は顧客との接点になる重要なインフラだが、収益力の低下とデジタル化による来客者数の減少でコストになっていることも多い。各行は店舗の有効活用に向け、さまざまな試みを実施している。(2020/1/6)

課題山積の地方こそ、グローバルで戦える:
もうけは悪、補助金漬け――そんな地方都市で実績上げる、サツドラ社長の戦略
「課題山積の地方こそ、グローバルで戦える」――。そう意気込むのは、北海道を中心に国内約200店舗のドラッグストアを運営するサツドラホールディングスの社長を務める富山浩樹氏だ。地方都市の生き残りを賭けて戦う富山氏に、戦略の詳細を聞いた。(2020/1/6)

飲食店も「働き方改革」:
お客様はもう、神様ではない? 「ロイヤルホスト」「すかいらーく」など各飲食チェーンで徐々に広がる年末年始休業の波
年末年始に休業する飲食店が増えてきた。幸楽苑、ロイヤルホストなどに続き、一風堂やすかいらーくも今回から一部店舗で休業する。ある調査では、8割近くの人が年末年始における飲食店の短縮営業に肯定的な回答をしている。「お客さまは神様」の時代はもう終わりかもしれない。(2019/12/31)

単なる「パクり」ではない:
いきなり!ステーキ大量閉店の裏で着々と牙を研ぐ「やっぱりステーキ」の不気味な存在
いきなり!ステーキが急ブレーキしている。出店計画を見直すとともに、44店舗の閉店を決定。売り上げも大きく落ち込んでいる。その裏で注目を集めているのが「やっぱりステーキ」という店だ。名前こそ似ているが、単なる「パクり」で片付けるのは早計か?(2019/12/27)

どうする? 銀行の支店は「もはやコスト」
関西の銀行が店舗の活用に頭を悩ませている。銀行にとって顧客との重要な接点となるインフラだが、各行とも近年の超低金利で収益力が低下。各行は支店網の再編に着手しており、ある地銀トップは「もはや店舗はコスト」と言い切る。(2019/12/26)

最大1000円相当のボーナスが20回に1回還元される「まちかどペイペイ 第2弾」、2020年3月31日まで延長
2020年1月末に終了を予定していた「まちかどペイペイ 第2弾」が2020年3月31日まで延長。引き続き「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗での支払いに「PayPay」を利用すると、最大1000円相当のボーナスが20回に1回還元される。(2019/12/26)

PayPay、「まちかどペイペイ 第2弾」3月まで延長 20回に1回、最大1000円相当を付与
PayPayがポイント還元キャンペーン「まちかどペイペイ 第2弾」を3月末まで延長する。対象店舗の支払いでPayPayを使った人に対し、20回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスを付与する。(2019/12/26)

店舗ごとの個性あふれる「ロフト」の福袋 「オタ活」「安眠」「開運」などのテーマで、生活がちょっと楽しくなりそう
2020年は新しいことを始めてみたい。【追記あり】(2019/12/26)

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
お菓子を売るのになぜサブスク? 「snaq.me」がECでも店舗でもなく“定期便”を選んだワケ
自分好みのお菓子がポストに届く“おやつの定期便”がじわじわと利用者を増やしている。定期購入はコンビニやスーパーで買うのと比べてハードルが高くなるが、なぜサブスクでお菓子を売ろうと考えたのか。(2019/12/26)

業務を効率化するITツールの最新事情:
洪水被害から小売店舗を早期復旧 日本企業の「Microsoft Teams」活用事例
(2019/12/26)

「紙巻派」には厳しい結果に?:
20年4月以降の「原則禁煙」で飲食店の売り上げは上がるのか、下がるのか データから読み解く
2020年4月に施行される改正健康増進法。多くの飲食店は「原則禁煙」となり、紙巻たばこを喫煙しながら飲食できる店舗は激減しそうだ。原則禁煙は店舗の売り上げにどう左右するのか、PMJが発表したデータから読み解く。(2019/12/25)

いきなりステーキがいきなり大量閉店 「恐れていたことが」「近所の店舗も……」とTwitterに衝撃
店頭の「社長からのお願い」も話題になっていました。(2019/12/24)

NEC、レジなし店舗を本社ビル内に開業へ 商品持ち出すだけで決済、代金は給与から天引き
NECが、商品をレジに通さずに決済できる小売店を、2020年2月に本社ビル内にオープンする。社員が手に取った商品をセンサーで検知し、退店と同時に決済処理を行う。給与システムと連動しており、購入代金を天引きする。(2019/12/23)

NEC、社員向けに「レジなし店舗」オープン 自動で給与天引き
店舗内に設置したカメラや画像認識技術などを組み合わせて、商品をレジに通さず決済できる店舗を本社ビル内にオープンする。購入者は欲しい商品を手に取った後、そのまま退店するだけで決済が完了する。(2019/12/23)

池袋・サンシャイン60通りに:
バンダイナムコ、13年ぶり都内大型出店 激戦区でゲームセンター市場活性化狙う
バンダイナムコアミューズメントは12月27日、東京・池袋の繁華街に「namco池袋店」をオープンする。ビデオゲームを備えた繁華街店舗を東京都内に出店するのは13年ぶり。(2019/12/23)

「売ってナンボ」の風潮に危機感、データドリブンな居酒屋に ワタミがクラウド型ERPを導入する理由
居酒屋チェーンを運営するワタミがクラウド型ERPを導入し、データを活用した店舗運営に乗り出していることを明らかにした。レガシーシステムから脱却し、データを活用した店舗運営に切り替えるという。経営企画本部 IT戦略部 部長の若林繁氏に、その背景と狙いを聞いた。(2019/12/20)

生活者の約7割がキャッシュレス決済の頻度増加 中小事業者(店舗)の導入は49.6%に――電通調べ
電通が「キャッシュレス意識に関する調査」の結果を発表した。生活者編では約7割が「10月以降、キャッシュレス決済の頻度が増えた」と回答し、中小事業者(店舗)編では全体の49.6%がキャッシュレス決済を導入していることが分かった。(2019/12/19)

やよい軒「みそ汁をアルコールに変更できます」 一部店舗で実施中の“大胆な手”が「こういうの求めてた」と好評
ご飯、おかず、生ビール。(2019/12/19)

アルコール注文の2割が「みそ汁との交換」:
「おかわり有料化」はもう諦めた? やよい軒、みそ汁をアルコールに変更できる“裏オプション”
やよい軒が「やよい呑み」なる裏メニューを一部で実施している。8月から東京都内の数店舗で実施していたが、好評を受けて12月から20店舗に対象を拡大。アルコールメニューの充実だけでなく、みそ汁をアルコールに変更できるオプションもそろえている。アルコールを注文のうち2割が「みそ汁との交換」によるものだという。(2019/12/19)

コーヒー×TSUTAYA 地方スーパーの仰天戦略
書店の減少が止まらない。読書・雑誌離れが進む中、手軽に購入できるインターネット通販が追い打ちをかけ、今年、全国の店舗数は1万3千店を割り込んだ。だが、この状況にもかかわらず出店を増やしているのが、カフェを併設する書店“ブック&カフェ”業態だ。(2019/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。