ニュース
» 2011年08月31日 18時22分 公開

IDCがファイルストレージの市場動向を発表 ファイルベース容量が需要増

ディスクストレージの出荷容量に占めるファイルベース容量が増えており、2011年にはブロックベース出荷容量を逆転するとIDCは予測する。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは8月31日、国内ファイルストレージの需要動向に関する調査結果を発表した。

 調査によると、ディスクストレージシステムの出荷容量に占めるファイルベースの容量構成比は、2005年から2010年にかけて34.2%から48.0%に上昇、2011年にはファイルベース出荷容量がブロックベース出荷容量を逆転すると予測している。2015年には76.6%に達する見込みだ。ブロックデータと比較してファイルデータは、生成に携わる人数が多いことや、生成される各データ量が増加していることが需要増の要因とみられている。

 また、2010年から2015年にかけての国内ディスクストレージシステム出荷容量の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を45.1%、同期間のファイルベース容量のCAGRは59.3%と予測しており、ディスクストレージシステム出荷容量の伸びをけん引するのはファイルベース容量だとしている。

 今後、国内企業はファイルストレージを重点に置いた投資を余儀なくされる状況になっていくほか、ファイルストレージの機能として、容量削減機能(重複排除やデータ圧縮)、階層型管理、シンプロビジョニングなど、データの効率的な管理を実現する技術に需要が高まるとIDCはみている。

2005年〜2015年の国内ディスクストレージシステム市場 ファイルベース/ブロックベース別出荷容量実績と予測(出典:IDC Japan) 2005年〜2015年の国内ディスクストレージシステム市場 ファイルベース/ブロックベース別出荷容量実績と予測(出典:IDC Japan)

関連キーワード

ストレージ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -