レビュー
» 2011年10月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化マシンパフォーマンスの最大化

サーバ仮想化環境内のVMのパフォーマンスを最適化するためには、構成されているコンポーネントの調整とゲストOSの設定の最適化が必要だということは意外と認識されていない。本ホワイトペーパーではパフォーマンスを最大化するための具体的な手法について解説する(提供:クエスト・ソフトウェア)。

[PR/ITmedia]

VM のパフォーマンスは、最終的には使用している物理的なハードウェアと、仮想インフラストラクチャの基礎を構成するハパーバイザによって決まる。この基本構造は年々シンプルになっているが、利用されている環境内のVM のパフォーマンスを最大限に引き出すためには、微調整を必要とする領域がまだいくつか存在している。このホワイトペーパーは、あらゆるハイパーバイザに当てはまる一般的な内容も含むが、特にVMware ESX(i) 4.1 に重点を置いている。

 仮想ハードウェアとゲストOS環境内の、vCPU、メモリ、ディスク、ネットワーク等のコンポーネントから最高のパフォーマンスを得るための設定方法と、ゲストOS内でできる最適化について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -